投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

オムニチャネルという言葉を最近聞かなくなった気がします。
一時期、顧客との間で様々なチャネルを持つことがもてはやされ、
ネットとリアルの融合の可能性が話題になっていました。
今でもこの潮流は続いているものと思いますが、
これが当たり前になったということなのでしょうか。

先日、このオムニチャネルサービスを消費者として利用したのですが、
そこで感じたことついて少しお話をしたいと思います。
結論としては、いくらチャネルの「仕組み」が高度化しても、
根源的に人材あるいは現場力が大変重要だなということです。


オムニチャネルというと、
一般的には小売店がリアル店舗とEコマースとの融合がイメージされ、
実際にオムニチャネルを前面に出した戦略が打ち出されています。
(もちろん、金融機関をはじめ、小売業以外でのオムニチャネル化は進んでいます)

ユニクロはリアル店舗を持ちながら、Eコマースへの誘導が鮮明です。
店舗で買い物をして、Eコマースでのクーポンを撒いたり、
サイズや色の在庫も店舗では欠品があっても、
Eコマース上では比較的在庫も豊富に取り扱われています。
一方でEコマースで注文した際の配送については、
逆にリアル店舗での受け取りによる店舗活用や、
コンビニ各社等と連携することで、
少額配送に対しても集中配送による効率化で対応しています。
ユニクロのこの戦略が奏功しているかは評価が分かれる所と思いますが、
利用者目線では確かにオムニチャネルの実現により便利になったと感じる所です。

私が保有するシュッピンという会社は、
Eコマース特化の意識が高い会社です。
カメラや時計といった高額商材のリユース品を中心とした商材を扱いますが、
私は同社においてもオムニチャネルを実感するところです。
実はカメラ、時計とそれぞれに1店舗ずつのリアル店舗がありますが、
ここでの専門知識を有したスタッフや実際のリユース品の品質管理など、
リアルに体験することが出来ます。
その状況を見ることが出来るからこそ、
ネットを介して安心して買い物ができるという面もありますし、
逆にネットで吟味して取り置きをした上で店舗で購入なんてケースは、
特に時計では多いようです。
また、一言でネットで販売といってもそのきっかけとして
PCはもちろんスマホやタブレットいったハード毎のチャネルを意識していたり、
写真共有サイトのSNSに関心を持ってもらって誘導するなんて
新たな試みにもチャレンジしており、
これも広義的にオムニチャネルの一環と理解しています。
(リアルで撮影した写真の投稿やその情報と購買への結びつけ、ネット活用という点で)


オムニチャネルは、様々なチャネルで顧客と接点を持つことで、
利便性を向上させるだけではなく、
購入機会をより増進させる効果を出すという側面があります。
このサイクルがうまく機能するとより顧客から支持されますし、
結果トップラインも伸びていくというわけですね。

しかしです、このオムニチャネルという構想を実現したとしても、
それを機能させるかどうかは、やはり人材、現場力がものをいうわけです。


一つ目の事例として、以前に株式を保有していて、
利益こそ出たものの私の中では失敗投資となったジーフットについてです。
ASBEE等の靴屋さんを展開する同社は、
イオン系列ということもあり、モール内などに積極的に店舗展開をしています。
同社では接客コンテストなんて催しながら、
顧客満足度をあげる取り組みを重ね、
商品展開もPB化を進める中で、店舗拡大によるトップラインの向上と、
PB化推進による原価率低減が相まって成長を続けてきました。
店舗でもタブレットを活用したリアル消費動向のチェックなどの施策を
経営サイドが進める中で、当然ながらネット販売との融合にも対応してきました。

靴は洋服以上に在庫管理が難しく(バリエーションも多く箱も大きい)、
ABCマートのようなドミナント戦略に基づく
在庫融通の仕組みも取られてませんでしたから、
店舗とネットを融合する着目点は面白いと思ったわけです。

サイズ×色の希望の品が欠品していても、
店舗で決済を済ませて後で自宅に商品が配送されてくるというのは、
購買機会の獲得も漏らすことなく魅力ですし、
ネットで取り寄せしておき、リアル店舗で試着して購入判断をするわけで、
きちんと機能すればとても良い仕組みです。

しかし、残念ながら私が消費者としてASBEEに行って、
一度たりともこのオムニ戦略のオの字を感じることは出来ませんでした。
そもそも試着していたり商品を探していても、
店員さんから声を掛けられることもないですし、
こちらから声をかけてサイズを申告しても、
「今在庫ないですね」、以上みたいな(笑)。

私の中の期待としてはせっかくオムニチャネルの仕組みがあるのであれば、
商品を探している時に、店員さんがサイズや色を聞き、
場合によっては店舗陳列がない色までもタブレットとかで見せてくれて、
なんなら荷物にならないように配送しますか?くらいの提案が欲しいです。
そして、あと1品買ってもらえれば配送料も無料になるので、
お子様の靴もいかがですか?くらいあってもいいですよね。
もしタブレットで顧客情報取れれば過去の購買履歴から、
よりフィットした商品を提案してくれれば満点だと思います。

しかし、残念ながら、そもそも店員さんのモチベーションが低いのか、
単に経営が用意しているオムニチャネルの仕組みを知らないだけなのか、
真意はわかりませんが、せっかくの仕組みを死なせてしまっているなと感じるのです。

一度、株主総会でこの件を踏まえて、人材や現場力について質問しました。
せっかくの仕組みが活かされていない課題を踏まえた、現場力への対応についでです。
しかし、経営の認識としては人材育成には力を入れているし、
今後も頑張るという薄い回答でした。
これが2年続き、この無策ぶりに我慢出来なくなって株式を売却しました。



二つ目の事例として、もうひとつの残念な事例を最近体験しました。

セブンアンドアイホールディングスが展開する、
イトーヨーカドーでの買い物のシーンです。

某店舗で日用品の買い物をしていたのですが、
たまたま私の欲しい商品だけが欠品していました。
(イトーヨーカドーでしか買えないものだったのです)
そして、店員さんに在庫がないか確認をするわけで、
まぁよくある話です。

在庫があれば問題がないわけですが、
在庫がないとなるとまぁ普通はお取り寄せしましょうかの
ルートに入っていきますよね。

当然ながら在庫がなかったわけですが、
限定品なので取り寄せは出来ないというわけです。
仕方がないので、近隣の店舗で在庫があるか
確認してもらうことにしました。
すると数駅離れた店舗に1個在庫がありますということでした。
ですので、改めてそれを取り寄せは出来ないのか聞いたところ、
店舗間の在庫融通はできないんですといわれてしまいました。
まぁ仕方ないか、では取り置いてもらって、
その店舗まで足を運ぼうと思ったのです。(定期圏内でしたしね)
すると、取り置きもこの店からは出来ないというのです。
え?じゃあ、その1個を競ってダッシュするってことですか、、、。
この辺から既に嫌気がさしてきます。
もちろんクレーマーになりたくないので、
店員さんとは穏便に相対しましたけどね。

お店を出て、その在庫を持っているという店舗に電話します。
(普通ならここでもう諦めますけど、事情があって絶対欲しかったのです)
担当売り場につなぎますと転送され、一旦担当者いないから折り返すということで、
ようやく担当売り場の方とお話をします。
そして該当の商品の取り置きをお願いすると、快諾して対応してもらえました。
ん?取り置きできるじゃんって思いますよね。
そして定期圏内とはいえ、
今から電車に揺られ買い物に出掛ける面倒さに辟易しながら、
お店のゲートを出ると、そこにオムニセブンの旗がなびいています。
ん?まさかと思ってオムニセブンのサイトをネット検索すると、
私の欲しい商品が普通にオムニセブンで買えることが判明しました。
配送料も近場の店舗受け取りなら無料です。
早速ネットで注文をして、取り置きしてもらった商品をリリースしてよい旨を電話して・・・。
商品の受け取りは取り寄せも取り置きも出来ないといわれた店舗ではなく、
更に近場のセブンイレブンにしましたけどね。


はっきり申し上げて、イトーヨーカドーの日用品の売り場なんて、
閑散としていて、私が在庫確認した際も、店員同士が雑談をしている位、
ヒマな感じなんですよね。
そんな中で、取り置きも受け付けず、まるで売る気のない店員が残念でなりません。
鳴り物つきでオムニセブンを始めてもう数年が経った気がしますが、
せめて在庫確認の時に、オムニセブンからのネットなら買えるようですよ、
くらいの提案があっていいですよね。
なんなら、自店舗を受け取り店舗にして発注する(実質、取り寄せみたいなもん)にしても
いいと思うわけです。
なぜこれをやらないのか、やれないのかと考えた時に、
やはり人材及び現場力の問題なのかなと思いました。


ジーフットでもセブンアンドアイでも共通しているのは、
オムニチャネルの仕組みはそこにあるのです。
きちんと、いや普通に使えれば、消費者におお気が利くねと思ってもらえる
基盤がそこにあるのです。
そんなに扱うのに難しいものではありません。
なにせ、個人がスマホでピッツピッやればモノが買えてしまうわけですからね。
でもそれを普通に仕組みとして活用しようという気が現場に全くないのです。

オムニセブンがアマゾンに勝てるのかなんて、この仕組みが始まった頃、
記事などでも取り上げられていましたが、
そもそもその次元ではないのです。
なにせ基盤だけあって現場が全く使う気がないのですから。
商品数が少ないとか配送網の工夫など、
様々なネット融合に対する課題対処への議論が交わされていましたが、
一番の問題は当たり前の結論ですが、人材と現場力の欠如ということだと思いました。


投資家としては、
最近は何かとIT化、業務効率化、AIなどなど言われており、
どういう仕組みが入るかということに関心が向きがちですが、
その大前提として、人材そして現場力が備わっているかという点に
改めて注目しないといけないなと感じたところです。

逆に仕組みが脆弱だったとしても、
人材や現場力が高ければなんとかなるのかもしれませんし、
それを仕組みにより高められれば伸び代はとても大きいものなのかもしれません。


経営目線では、組織が弱体化しているから、
何か新しい仕組みを導入してイノベーションを起こそうとなると思うのですが、
それは順番が間違っているのでしょう。
人材の底上げや現場のモチベーションをまずはあげるための施策を考え、
もっとやりたいという現場の声に応えられるような
効率化やスケールする仕組みを入れていくという順番なのだろうと思います。
(理想であり難しいとは思いますけど)

私もサラリーマンとして働く中で、
仕組みを導入するもしくは検討する立場にもありますが、
そもそも人材レベルやモチベーションが一定水準以上ないと、
いくら仕組みを入れても活用されませんし、
改善より寧ろ改悪に向かっていくということを実感しています。
よくある形骸化というやつですね。

ですので、人材や現場力が高い、すなわち組織力に秀でていると感じること、
そしてそれはその会社が好きになることにも通じるので、
そういう会社を選んで、自分が末永く納得して投資していける会社と
歩みを育んでいきたいなと思います。


事例として挙げたのはあくまで私が体験した不幸な所にフォーカスした内容で、
両社そのものを否定する趣旨ではありません。
ただ、身に降りかかった事実を記載しており、他意はありません。
主張したいことは、人材や現場力は大前提として必要な要素であり、
いくら高度化した仕組みもその要素が欠けると活かされないということです。
そして、自分が投資先として選ぶ際には、
仕組みとしてすごいことをやっている(やろうとしている)という視点の前段に、
それを活かす人材や現場力があるかという点を注目しようということです。



人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +4.2% となりました。
前週比は +0.3% で推移しました。

20180608_パフォーマンス推移表



はい、今週もまたまたまた横ばいです。
もう1ヶ月以上、横ばいです。


2.全体所感


日経新聞などでも恐怖指数が低水準だと解説があるように、
なんだかんだで穏やかな相場ですね。
上にも下にもいかず、為替がやや振れてもそこまで影響を受けず、
のらりくらりの状況のように感じます。
TOPIXこそまだ若干年初来でマイナスで推移していますが、
日経平均もほぼ年初トントンの水準感となっています。

来週には米朝会談もあってこのこと自体はチキンレースだと認識してますが、
日米の通商問題も新たなスキームなんてものも出てくる様相で、
特に外需など大型株の動向がどちらに向かうのかななんて漫然と考えています。
実はチャートを読める方からすると、
そのトレンドの変化が出ているのを察知しているのかもしれませんが、
まぁ私の投資手法ではそんなトレンドフォローをするようなことはやらないし、
できないわけですから、ただ傍観しているだけになります。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180608_ポートフォリオ内訳


上位3銘柄が保有比率8%程度の水準でひしめきあっており、
順番の入れ替えが毎週起こっています。
せめて、保有比率TOP水準であれば、
せめて2桁%の保有比率が欲しいですが、
この辺りが守りというか自信のなさなのかもしれませんね。

5%以上の保有比率ではステップ、日本管理センターが次点で続いています。
日本管理センターは株価が本当に弱いですが、
まぁ1Qの状況や外部環境を踏まえるとやむ得ないかなと思います。
勝手に比率が落ちていってくれているので、結果オーライだと思っています。

5%ぎりぎりという所では、トーカイと東鉄工業となっています。
どちらも守りを意識している、その割には還元性も秀でているわけではなく、
やや異色に感じる会社かなと客観的に思っています。
両社とはまだ付き合いも浅いため、今後少しずつ会社のことを
好きになっていければと思いますが、
その過程でイマイチと思えば撤退もするかもしれません。
(これはこの2社に限らず、失望することがあればそうなりますけどね)
東鉄工業は週末の金曜にやや大きく下落していますが、
野村證券様よりレーティングの格下げを頂きまして、
華麗に売られたようです。







以下、丸和運輸機関やWDBホールディングスやシュッピンと
既に売り上がりの残分となっている銘柄が占めています。
これらの銘柄はいずれは買い戻したいと思っていますが、
まぁどの銘柄も株価は頭打ち状態にあり、
特にWDBホールディングスなどはだいぶ調整していますが、
それでも全く買い戻しを考えにくい水準です。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180608_保有銘柄一覧(週間騰落)


個別にみると、日次ではプラマイ大きく振れている銘柄もありますが、
まぁ横ばいですよね。
丸和運輸機関がやや上昇していますが、
日々の騰落が大きくて、たまたま週末断面ではこうなったということでしょう。
原油価格の動向がネガティブに映るでしょうから、
どうしても表面的にボラが大きくなりますね。







保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180608_保有銘柄一覧(指標)


日本管理センターの目標株価GAPが大きくなりつつありますが、
外部環境として、金融機関の融資姿勢の変化が鮮明で、
それが足元業績に影響が出ていることもあり、
あたふたすることもないとは思いますが、
IR姿勢の消極化などもここ最近気になっていることもあり、
イマイチ買い増しをする気がおきません。
IRページの形骸化からもう少しなんとかならないでしょうかね。
まぁ本質的な部分ではないとは思うのですがね。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■ルネサンス
横浜地域の2店舗でジムエリアの営業時間を24時間化する旨、
リリースが出ています。
これで国立市の1店舗目に続き、24H型の店舗は3店舗になります。
先日IRに電話してQAした時にも今後もハード面の要件をクリアし、
ニーズが見込める所へは試験的に適時適切に広げていくとのことですので、
今後もこのようなリリースは出てくると思います。
実施可否の判断として防犯対策等の追加イニシャルコスト分を、
回収できる目処が立てばチャレンジしていきたいとの意向でした。
また、特に深夜より早朝のニーズの方が大きそうという感触が出ているため、
今後は24時間に拘らずにやることも検討されるかもしれませんね。
いずれにせよ、もう少し地域なども踏まえた
需要を見極めていく段階かと思います。



■東鉄工業
会社照会の動画ライブラリが更新されています。
投資家向けというより、あくまで会社の紹介ですから、
事業内容や社会的責務とかに触れられています。
とはいえ、最後には、会社としての将来を示している
中期経営計画についても言及されてます。
この動画、なにせ17分超にも及ぶ大作なんですよね。
でも、どういった事業をやっているのかは、
私のような素人にもわかりやすく構成されていると思います。
そして建設業に属するわけで、
一般的には設備投資や建設需要に大きく影響を受けることから、
シクリカルと認識されるところではありますが、
影響は受けないなんて思っていませんが、
インフラを裏で支える仕事の特質上、ベース部分が大きく毀損する、
なんてことはないかなと想定しているところではあります。


■丸和運輸機関
物流業界紙のカーゴにおいて、
同社の事業活動全般についての記事が掲載されています。
詳細については興味がある方はお読み頂いた方が早いですが、
だいぶ意欲的に様々なことにチャレンジしていることが伺えます。
特にアマゾン社への値上げの箇所は今後実績を作って、
本格的な交渉に当たるということで、まだまだ余地もありそうなのが、
少し驚きました。また7-8割が既に黒字化できているというのも
ちょっと意外ではありました。
人財採用・育成はより定着率を高めたり、働き甲斐のあるやり方に
更に見直しをかけているようです。
人事制度(給与制度)もここ最近改善したばかりですが、
育成にも目を向けてくれており、
今後も体育会系のノリで頑張ってもらいたいですね。


■WDBホールディングス
株主総会が近づいており、召集通知が我が家にも届きました。
昨年の総会(こちらの記事)で、
東京での懇親会もぜひやろうと社長と盛り上がったわけですが、
有限実行となり、今年は総会後の7月にパレスホテルで開催が決定したようです。
但し、先着順とのことですので、
希望される方は早めに申し込まれるといいと思います。
事業説明会と懇親会のセットですし、東京開催は初めてのことと思います。

それから、社長の挨拶文が更新されています。
基本的な論調は従来と変わりありませんが、
より地に足のついた内容になったと感じました。
従来は新しいチャレンジもして1000億企業を目指す、
でもそのために既存株主の期待を裏切らないよう増収増益を継続するといった
メッセージ性がより前面に出ていた印象です。
しかし、今年の挨拶文は、経営者として大事にしてきた姿勢、
社会の公器としての義務・責務について触れられており、
その中ではコアコンピタンスである
人材サービスにより特化していく宣言となっています。
新たなチャレンジについてもCRO事業含めて言及はありますが、
あくまえ基本は人材サービス業であるということで、
改めて原点を見据えた内容となっているように思います。
1000億の旗を降ろすのか、なんて野暮な突っ込みをしてしまいそうにもなりますし、
実際のところ、社長がどういう思いでおられるのか、
また会話をする中で感触を得ていきたいと思います。


■シュッピン
月次情報(PDF)が開示されています。
5月は平常月ですが、昨年の伸長率が+20%を越えている中で、
今期もこれだけの伸長をみせてくれているのは凄いと思います。
前年の伸長率が今後も大きくなり、
夏頃には+40%台の高いハードルを受けての率になるので、
%表記では今後も厳しくなるかもしれません。
ただ、額面で見ると、この5月は一昨年のクリスマスや年度末商戦と
ほぼ同額の水準に積み上がっており、これは個人的には驚きなんですよね。
ユーザー数の伸びも大きくなっており、今後にも期待が持てますね。
ちなみに株価は既に高成長を織り込んでいるため、
失望もありませんがニュートラルな評価となっていますね。



■ソーシャルワイヤー
インキュベーション事業で新宿の増床により、
新個室も含めて運用されたようです。
需要に応じて少しずつ拡張していくスタイルは、
リスクをうまく軽減していますね。


■エイジア
「みまもりせんせい」との連携API事例を公開しています。
子供の見守り分野に特化した一斉配信システムは
ニーズも大きそうですので、現状の運用をより堅牢にするためにも、
同社パッケージの活用が進むといいですね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20180608_資産残高推移表



特にコメントはありません。



6.雑記

今週日経BP社から発売された誌面に、
私の事を取り上げて頂いて、皆さんに応援を頂いています。




ツイッターでは多くの方のフォローを頂きまして、
改めてありがたいことだなと思っています。
個別にお礼などは出来ておらず、無礼をご容赦頂きたいと思いますが、
今後も投資の事でも投資以外のことでも、
気軽に交流が持てれば嬉しく思います。

なお、某有名掲示板では、億り人でもないのに掲載されてると、
私への名指しのご批判を頂いている書き込みも拝見しました。
その件については、上記のツイートした記事の中でも言及していますが、
私自身が十分その恥は認識しておりますので、
まぁ哀れみでも失笑の目ででも見て頂ければと思います。



さて、週末でカメラ撮影に出掛けたいと思っていますが、
やはりこの時期はあじさいですよね。
王道としては鎌倉に足を運ぼうかと計画を立てていたのですが、
少し体がお疲れモードでもあるので、もう少し気軽に撮影できるところに
留めておこうかなと思っています。


人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り