投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

Author:まるのん
アラフォーのイクメン窓際サラリーマン。
投資方針に忠実に運用し、
将来の教育資金や老後資金への不安へ対処していく。
中長期視点で現物日本株へ投資。
サブブログ「まるのんのフォトはなし」で趣味の写真も公開。
年初来:+0.9%(2019/5/31時点)



【決算精査】 3277_サンセイランディック(19年12月期_1Q決算)

■銘柄分析シート
PDFファイルリンク

■決算説明資料(会社開示)
PDFファイルリンク



1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


1Qでの営業赤字から回復し、上期予想も超過しての着地です。
四半期単位にみると営業赤字となったり、急に計画を超過してみたりと忙しいですが、
株価の方は地を張っていますね(笑)。

元々1Qで計上予定としていた居抜きは2Qで計上されてきた一方で、
底地は計画を下回っている状況のようです。
底地の方が利益率は高いわけですが、そこが大幅に計上未達となりつつも、
計画超過となったのは驚きましたが、
そもそも超過しようや赤字だろうが、四半期決算で論じても仕方ありません。

底地の状況がやや気掛かりではありますが、
仕入も概ね計画通りに進捗しているようです。
表面上は来期の中計最終年度に向けてやや弱くもみえますが、
まぁ今の市況でリスクを過大に仕入膨らませるのも怖い気もしますから、
居心地がよいのかもしれませんね。
私の総合評価は想定通り「3」となります。


2.定量数値の確認


(1)売上・粗利の状況

SnapCrab_NoName_2019-8-9_17-34-49_No-00.png


粗利率は30%程度で前期の2Qではやや大きく40%弱までありましたから、
この点では粗利率は下落していますが、
過去のトレンドから見れば大きく外れるものでもありません。


●底地
計画より下振れしているようですね。
ここは後述の通り、IR照会をしています。

●居抜き
計画を超過しています。
1Qから期ずれしたものも含めて計上出来て良かったですね。
ちょうど、1Qの時のIR照会の通りの結果となっています。

●建築事業
増税の駆け込み需要があったようです。
それでもセグメント赤字なんですけどね。。。


(2)販管費の状況

SnapCrab_NoName_2019-8-9_17-34-57_No-00.png


販管費は2Qでだいぶ抑制した印象です。
販管費率は2Q単では14.8%となっており、これは過去を見ても最低水準です。
とはいえ、額面では増額しており、給与に還元しているようですので、
いい傾向かなと思います。



(3)営業利益の状況

SnapCrab_NoName_2019-8-9_17-35-10_No-00.png


粗利率が安定する中で、特に2Qでの販管費のコントロールにより、
2Q単の営業利益率は15.7%となっています。
前期も高かったのであまり目立ちませんが、このビジネスモデルで、
この利益率が出るのは凄いな―と思います。


(4)今期予想の確認

上期の計画は超過していますが、
案件の入り繰りもあるでしょうし、特に底地の動向がリスク含みでもあるのか、
通期予想は据え置いています。



(5)配当の確認

配当も特に変更なしです。


(6)セグメント毎の確認

底地は一部に販売の遅れがあるのでこの点は注視です。
建築は相変わらず赤字ですが、最終的には黒字化にするということだったはずなので、
下期の動向に注目です。


(7)建築事業の受注状況

決算説明資料で受注も前期比+175%となっていますね。
まぁ前期までは弱すぎたともいえますし、
母数が少ないので%で表記してもあまり意味がないかもしれませんね。


(8)仕入・棚卸状況

仕入も底地、居抜き、所有権のバランスが良く仕入れられており、
棚卸資産も引き続き高水準を維持しています。

不動産は市況が転じてきているともいわれていますが、
実需で仕入の際に販売チャネルをあらかじめ見通しての対応をとっており、
そこまでリスクは高くありませんが、やはり居抜きではリスクも高まるので、
急な市況転換により在庫を抱え過ぎてしまうことには注意が必要ですね。


3.定性情報の確認

特に新しい情報はありません。



4.その他情報の確認


(1)株価推移の状況

株価は地を張っています。


SnapCrab_NoName_2019-8-9_17-35-33_No-00.png




(2)IR照会の状況

IR照会をしています。
あくまで私の激しい思い込みによる主観に基づき記載されており、
曲解している箇所も含め正確ではない可能性が含まれています。
その点、ご容赦くださいませ。
また、配慮をして書いていますが、
もし会社側を含めどなたかにご迷惑をおかけするようであれば、
即刻記載を削除いたします。


底地の販売が計画を下回っているとのことだが、
以前にも測量の遅れや業務が回っていない、
あるいは想定していた買い手の都合で新たな契約先を見つける必要があるなど、
様々な要因があったが、今回はどのような経緯か。


大型物件にチャレンジしたのだが、区画の引き渡しが続く中で、
最終的に残った区画の一部がどうしても販売停滞している面がある。
これまでの在庫の適正化の一環で特命チーム等で対応しているように、
適正な利益を確保しつつ、多少利益を削っても販売に注力し、
プロジェクト全体としての利益を確保するように今後も対応していく。

※つまり一部に販売停滞しているものがあって、
その販売に少々手間取っているということですね。



その販売先はこれから探すという状況なのか、
ある程度商談が進み纏まる方向に進んでいる状況なのか。


ゼロベースでこれから探すというより、既にいくつかの候補があって、
利益の状況をコントロールして、プロジェクト全体として利益確保を目指している。



景況感の変化なども影響しているのか。


景況感の変化というより、経験が浅い大規模底地を手掛けたという側面もあり、
想定していた利益もやや強気になった上での仕入であったかもしれない。
そのため、販売にやや苦戦しているという状況であり、
景況感の変化という捉え方はしていない。
但し、景況感の変化というと、底地は心配しておらず、
むしろ居抜きの方がリスクは高いと考えている。

※これは今までもずっと教えて頂いたことですね。


建築事業はまだ赤字だが、増税駆け込みの影響があったのか。
それを踏まえての赤字とはどう捉えているか。


増税の駆け込みはあったと考えている。
今期に黒字にするためのリカバリプランをもっており、
下期に向けて検収が進み黒字化できる見通しで捉えている。


当社は業績の計上見込み時期によって進捗を見ても意味ないと
知りつつ、上期は超過しているか下期は何かリスク含みな事項はあるか。
通期を据え置いているので聞かせてもらいたい。


特段のリスクはないが、やはり底地の動向は注視している。
今後多少利益率が下がっていくことも想定しつつ、
プロジェクト全体の利益を確保していくよう取り組みを継続していきたい。



5.さいごに

1Qの時のような赤字という悲壮感もなく、
一転計画超過ですが、底地の状況などやや気掛かりな面もあります。
赤字になっても特段不安もありませんし、
今回超過したといわれても楽観もありません。
それくらいニュートラルに達観していればいいかなと思います。


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +3.1% となりました。
前週比は ▲0.0% で推移しました。


20190809_パフォーマンス推移表



今週は横ばいです。
週明けには色々被弾する予定ですけどねw


2.全体所感

米中の問題が債権市場や金利に大きく影響を及ぼしたり、
色々と騒がしいわけですが、孫さんのツイートで自省した次第です。




決算シーズンに入っていますが、
この示唆のある言葉を旨に表面上の数値やそれを受けた株価に
惑わされて自分の想定していた事と違うことをするのは控えたいなと思います。

投資判断も自分の期待シナリオに沿っているのか沿っていないのか、
その点をよく見て一喜一憂しないように改めてありたいなと思います。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20190809_ポートフォリオ内訳


今週はヤオコーがPFに仲間入りし、現金比率は20%まで下がっています。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。


20190809_保有銘柄一覧(週間騰落)

あまり週間では動きがなかったようです。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。


20190809_保有銘柄一覧(指標)


ヤオコーの評価は色々暫定ですが、PERは17倍と決して安くはないですね。
それでもPFにぶち込んだのでやらかしそうですね(笑)。


4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、コメントを残しています。
なお、株価の動きを踏まえた率直な思いも適宜メモしていきます。


■ステップ
STEPキッズ茅ヶ崎校の募集が始まりましたね。
来春開校ですが、数年で黒字化してくれる想定だと思いますが、
キッズ分野はまだ拡大余地も大きそうですね。


■ソーシャルワイヤー
決算が開示されています。



■東鉄工業
決算が開示されています。



■サンセイランディック
決算が開示されています。
まだ決算精査記事をUP出来ていませんが、概ね順調ではないでしょうか。
あまり四半期単位の進捗見てもしょうがないですからね。
1Qで営業赤字で市場は驚きましたが、
2Qは計画超過とかなってて、もう四半期決算やめたらって感じですね(笑)。
なお、IR照会も行っておりますので、別途記事UP出来れば補足したいと思います。


■翻訳センター
決算が開示されています。
大幅な減益で悶絶ってやつですね。
PTSはストップ安でまだまだ売りたい人が多いようです。
そんなに期待が高かったんですね~株主総会の過疎ぶりをみても、ちょっと意外です。
こちらもIR照会を行っておりますので、
もし記事UP出来れば補足したいと思いますが、
保有比率も低いので記事UPは割愛するかもしれません。


■ヤオコー
決算が開示されています。
四半期では微減益ですが、特に問題はないと思います。
増税後にどの程度落ち込むのでしょうかね。


■日本管理センター
決算が開示されています。



■WDBホールディングス
決算が開示されています。
記事はまだUPしていませんが、順調ではないでしょうかね。
減益がやや嫌気されるでしょうかね。

1Qは連休で営業日が少なかった点が減収要素となっています。
CRO事業で海外の状況はとりあえず最悪期は脱したのでしょうか。
特に懸念のコメントは書かれなくなっていますね。
人材や拠点への投資をしているため、今期は横ばいで着地を想定していますが、
ドコニコがリリースできなくなっていることから、
当初計画予算に対してどのような作用をするのかも注目しています。


■シュッピン
決算が開示されています。
エクセルはUPしていますが、IR照会を残しており、
今日電話できたので、改めてUP出来たらUPしたいと思います。



■トーカイ
決算が開示されています。
普通に増益になっていますね。
株価がかなり売られていたので、どんな減益が出てくるのかと
身構えていたせいか、普通で拍子抜けしました。
自己株買いが同時リリースされており、
さすがに株価対策してきましたね。
あと過去に従業員の不正があったようで、これは残念ですね。


■システムインテグレータ
異常検知プログラムのエイシアがMSのAzureの認定を受けたそうです。
適時開示もされていないので、あまり知られていないでしょうかね。


■ホクリヨウ
決算が開示されています。
赤字決算ですね。
償却費や元々の雛の仕入が集中する計画とのことで、
想定通りと読めますね。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。


20190809_資産残高推移表


来週は比較的大きく毀損しそうですが、
もう毀損する貯金もないんですけどね。。。。


6.雑記

夏休みも後半戦に突入ですね。
子供に色々な景色や経験を共有して過ごせているのでとても楽しいです。
流石に窓際ではありますが、
もう少し会社に出社して仕事もしないとな、と思っています。

◆最近のお気に入り