十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+4.4%(2017/2/24時点)


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で ▲0.5% となりました。
前週比は ▲1.3% で推移しました。

20170120_パフォーマンス推移表



2.全体所感

今週は各指数ともやや軟調に推移したようです。
ですが、総じて見ると年初から堅調な印象です。
今の横ばいも、トランプ大統領就任前の政局的な不確実性もあり、
様子見ムードで大きくは買えないという印象にもみえます。
就任及びその後の大統領令等無難に通過してくれば、
来週以降また堅調さを取り戻すような気がします。
(と思うということはその逆かもしれませんがね。。。)

為替の動向についても言及があり、
ドル高容認なのか牽制なのか、よくわかりませんが、
一言一言に振らされる神経質な相場展開が続くのでしょう。

そして、そろそろ決算発表シーズンに突入します。
サプライズなど要らないので無難に通過してもらいたいですが、
為替が大きく円安に動いていますし、
景況感も年後半に上向いているらしいので、
どんな傾向が出てくるのかよく観察したいと思います。
具体的にはどの程度、以前の下方修正の寄り戻しがあるのか、
それにより、日経平均PERがどの程度まで下がるのか、
定量面でも注視したいと思います。


3.ポートフォリオ
本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170120_ポートフォリオ内訳


先週の分売で新規組入れをしたアイドマMCの買い増しを行っています。
本当はもう少し買い増ししたいのですが我慢の1週間でした。
今週買い増した分も多少妥協しています(笑)。

これまで様子見をしてじっくり買い増ししようとしていた、
エムケイシステム、コラボスなどで思うように購入出来なかった反省から、
少し思い切って指値を上げています。
とはいえ、買い増し規模はごく小規模です。
現状の相場が楽観的だからこそ、
慎重に購入するべきなのですが、
一方で前述の反省もあり、
よくよく自分と相談して行動した結果がこの中途半端な対応です(笑)。

この他は特に大きな構成は変わりません。
ただ、株価の下落をもって全体が目減りしただけのことです(笑)。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170120_保有銘柄一覧(週間騰落)


まぁ見事に下落しています。
特に日本管理センター、丸和運輸機関、全国保証辺りが弱いでしょうか。

この中で材料が出ているのは、日本管理センターです。
ただ月次管理戸数はもはやあまり気にするものではありません。
仮にこれに反応しているものだとしたら私はあまり心配していません。
一方で次期中計への懸念であれば、まぁそれは納得します。
その代り、次期中計が20%増益でないとわかっても、
悲観しないでもらいたいです(笑)。

いずれにせよ、私が注視するファンダメンタルズには
鈍感なせいかもしれませんが、何ら偏重を感じませんので、
ただやり過ごすだけですね。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170120_保有銘柄一覧(指標)


定点観測記事は日本BS放送まで公開しています。
ホクリヨウ、ジーフット、ひらまつはまだ記載もしていません(笑)。
既に優待銘柄と化しているので、そのうち機会があればと思っています。

改めてこの一覧を見てみると、
上位銘柄のPER水準が騰がっていますね。
元々10倍台前半が多かったわけですが、
成長への期待をより優先するよう方針をシフトしていたり、
そもそも相場全体が堅調のためですね。

目標株価へのGAPも縮小していますから、
本当にこういう布陣でよいのか、
監視銘柄の棚卸も進めているので、
俯瞰してどうあるべきか考えたいものです。



4.個別銘柄トピックス

・日本管理センター
 月次管理戸数が開示されています。
 結局16.12期末では7.3万戸となりました。
 業績予想前提では7.8万戸となり6%強の未達となりますが、
 既に推移を見るとそれは予見していますし、
 その理由もタクトの振り方を変えたからであり、
 コントローラブルなものであると認識しているため違和感がありません。

 一方で入居率ですが、実績は88.0%となり、
 業績予想では88.8%ですので、こちらも未達となっています。
 こちらは実際に収益に直結する内容でもありますが、
 これまでの傾向から好調なイーベスト等で
 数値はきちんと合わせてくると思っています。

 全体として特に騒ぎ立てるようなものではありません。
 不動産を巡っては新築マンションが低調とか、
 金利上昇で資金調達の効率性が低くなっているとか、
 表面的には逆風のような印象もありますが、
 一方で中古住宅の流動化は相変わらず活況という状況も現実です。
 これらの様々な変化があるからこそ、
 今後もうまく戦略をフィットさせてくれると期待しています。

 同社は株価が相変わらず落ち着かないのですが、
 何ら心配をしていませんので、
 まずは次期中計を自分でもきちんと評価したいなと思っています。

 ちなみにみずほから大量保有でポジション減のようです。


・ソーシャルワイヤー
 クリッピングサービスを活用して、反社チェックサービスの提供をリリースしています。
 反社会的勢力との取引リスクは、
 リリースにある通り、ビジネスリスクですし、その費用対効果が悩ましいのも、
 正しい市場認識だと感じます。
 また同社が多く相手にする中小企業やベンチャー企業であれば、
 よりそれは鮮明なニーズだと思います。
 そういう意味では「機会」はあると思います。
 問題はその量が十分かという点ですが、
 それはまだよくわかりません。
 そもそもベンチャー企業が定常的に100件以上の調査が必要なものなのか、
 料金体系も含めて妥当なのか、よくわかっていません。
 また各メディアをクリッピングしているという業務の中で、
 そのナレッジをうまく蓄積し、効率的に調査するという「強み」を有しているとすると、
 機会と強みをうまく生かした王道の戦略の一環かなと感じました。

 いずれにせよ、同機能を単品でメイン販売するというより、
 クリッピングサービスの付加価値向上の一環かと思いますので、
 今後も新規の種まきを正しい市場認識の下、取り組んでもらいたいなと思います。


・丸和運輸機関
 中国煙台での低温物流に関する合弁会社設立のリリースが出ました。
 特に何かというわけではないのですが、
 準備を進めているというステータスから小さくも大きな一歩でしょうか。
 今後に期待したいと思います。

 
・コムチュア
 こちらもみずほから大量保有が出ており微減ですね。
 翌週早々に日経に業績観測記事が出るでしょうかね。


・ホクリヨウ
 1Q決算が先週末に開示され、40%を超える営業減益となり、
 今週は株価も下がったようです。
 理由は同社の鶏卵の品質や販売チャネルの問題ではなく、
 外部環境である鶏卵相場の軟調さ、
 というか前期までの一時的な特需状況が発生したことによる収支悪化なので、
 全く問題ないと考えています。
 むしろ短信上でも言及されていますが、
 予想比で見れば、むしろ計画より少し好調かなという印象すら持ちました。
 業績予想に対するコミットメントが強いという根拠のない自信もあり、
 優待分でお付き合いしています。

 鶏卵相場ですが、直近では年初の下落から上昇基調に戻っているようで、
 東京相場では前期比で1%程度の下落まで

・ひらまつ
 仏ミシュラン二ツ星シェフ「フィリップ・ミル」氏との業務提携の開示がありました。

 経歴なども掲載されていましたが、
 ふ~んという感じですね(笑)。
 六本木のレストランを改装するのですね。

 リリースの中でやはりプロパの人材育成に配慮がある点は
 好感が持てますね。
 単に巨匠に好きなようにやってもらうのではなく、
 そのあらゆるノウハウを社員へ教育してもらう点に言及がありますね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20170120_資産残高推移表

なかなか増えないと2週連続で書いていたら、
遂に今週は減ってしまいました(笑)。
まぁそんなもんですね。



6.雑記

トランプ大統領が就任しましたね。
この記事は金曜日の夜に珍しく会社の飲み会に参加した後に、
深夜に記載しているので、今もこれを書きながら、
中継を見ています。

アメリカは大統領制ということもあり、セレモニーが派手ですよね。
日本は新首相が就任してもこんな派手さはありませんね。

大砲を打ちスタンディングオーベーションで迎える、
金管楽器に合唱と続きます。
そして演説も独特ですね。
構造的な課題を並べて、それを抽象的な表現で解決していく
大きな方針を示すのです。
日本で見られる愚直で具体性に欠けると非難されることを恐れ、
無難なテーマで深掘りしてお茶を濁すというようなこともありません。

宗教国家でありキリスト教が浸透していることもあり、
「誓う」ことが大事なのですね。

安倍さんがとにかく誓います!なんて言っても、
某党はそれを具体性に欠けたものと非難して耳を貸しませんしね。

米国とはうまく付き合っていく必要があることは、
誰しもが疑わないことでしょうから、
国益を踏まえた外交全般について期待したいですね。

そのためにもトランプ新大統領においても、
有益な議論が交わせるような、
冷静かつユーモアにあふれた人徳を持って頂ければいいなと思います。


人気ブログランキングへ

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +0.7% となりました。
前週比は ▲0.6% で推移しました。

20170113_パフォーマンス推移表


2.全体所感
年初の各指数のスタートダッシュが一服して、
今週はJASDAQ指数を除いて微減となりましたが、
まぁほぼ横ばいという状況です。

今週はトランプ大統領の記者会見があり、
そこで貿易赤字の件などで、
日本が名指しで批判されたそうで、
その後、為替も円高に振れて株安に動きました。
日経平均は1日に200円程度下落し、
その程度の下落でも大袈裟に「大幅な調整」と解説されていました。
最近ずっと好調な推移だったので、この程度の下落でも、
なんだか随分せわしないことだと感じました。

そして何よりトランプ大統領の会見を通して、
ここまで相場が動くということで、
改めて今年1年が難しい年になりそうだと再認識しました。
今後大統領という立場に立ち様々な情報発信をしていくはずですが、
その一挙一動にいちいち反応していくわけですからね。

ただ、そんな先行き相場感など、
私には「わからないこと」なので、
わからないなりの対応を慎重に取っていきたいと思います。
その一環でもありますが、現金比率にはとても敏感になっています。


3.ポートフォリオ
本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170113_ポートフォリオ内訳


今週は早速ポートフォリオに若干組み換えしています。

まず、新規銘柄としてずっと監視してきたアイドマMCを購入しました。
分売分への応募分は全部割り当てがなく、
機会があえば市場調達をしてもう少し比率を上げたいなと考えています。
ただ、現状市況全体では割高感も台頭しているので無理はせずにゆっくりとやりたいです。

また現金比率の目安を考慮して、WDB、ジーフット、スターマイカを売却しました。
WDBは期待値などは特に変わりませんが、
目標株価GAPが縮小してきていたことなどを踏まえて一部利益確定しました。
またジーフットとスターマイカは、
既に準主力以上から利益確定を行い優待分のみとしていましたが、
スターマイカは直近決算や近く1部昇格とセットであろう増資も警戒しており、
既に目標株価へも相対的に魅力が減っていることもあり対処しています。
ジーフットも概ね同じ経緯での保有なのですが、
直近決算を見て、3期連続で粗利率向上が見られず横ばい圏となっていることもあり、
そろそろ踊り場が鮮明となってきたこともあり現金を作るために対処しました。
ジーフットは残り1単元となりました。

保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170113_保有銘柄一覧(週間騰落)



週間騰落としてほぼ横ばいなのですが、
シュッピンの下落がやや目につくでしょうか。

儲け時の12月の月次売上高の開示がありましたが、
私はニュートラルに捉えています。
会社の3Q計画にほぼ肉薄する実績です。
セールの兼ね合いで利益率がどの程度かわかりませんが、
要するに計画線で進んでいると今は判断する他ありません。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170113_保有銘柄一覧(指標)

定点観測記事で棚卸をした結果、
BS11について評価を一部変更しています。
決算も開示されていますが、特に見立てを変えるものではありません。


4.個別銘柄トピックス

・ソーシャルワイヤー
 元々同社はプレスリリース配信とレンタルオフィス事業を手掛けていますが、
 アジアBPOというフィールドでドメインを見ています。
 その一貫でシンガポール子会社からリリースが出ていますが、
 金融や美容業界において同地域へ進出するための講演会が催されるそうです。
 こういう付加価値が今後より具現化していくことで、
 同社提供サービスの総合魅力度向上へ繋がるといいなと感じました。
 同リリースが株価にもやや影響を与えたのかもしれませんが、
 それはまだ尚早だと思います。

・シュッピン
 月次開示が出ています。3Q累計で売上は概算で68.4億円です。
 直近の決算説明資料には四半期毎の計画値が棒グラフで表記されていますが、
 見た目で69億くらいでしょうか。つまりほぼ計画通りです。
 セールでどの程度の利益率で着地させたのかわかりませんが、
 同社は適正な利益率確保に向けて改善してきたところなので、
 まぁ結局、普通なのだと思います。
 そしてユーザ数がだいぶ増えています。
 稼ぎ時の月で新規利用も増えたでしょうから、
 今後はこれを継続的に惹きつけるコンテンツなどへ期待したいです。
 リピーターになってもらう必要がありますからね。

・アイドマMC
 ようやくPF組入れを行いました。
 ただ、まだ比率は小さく丁寧に拾っていきたいと思います。
 本則市場への鞍替えのための分売をこなして、
 本日正式に申請したとのIRが出ています。
 謎なのは、この本則市場のIRのせいかPTSで少し買われたことです。
 いやー分売自体に書いてあったしね・・・
 市場は本則市場変更目的の分売は認識していなかったのでしょうか。
 それとも想定より申請が早かったということですかね。

・ホクリヨウ
 ざっくり売上が減収となり、
 利益も前期比半額弱まで落ち込んでいます。
 この減益率見ると心配になりますが、
 私はあまり気にしていません。
 そもそも会社計画比で順調に推移しているので、特に心配もしていません。
 加工卵(液卵)の工場稼働開始していますが、
 その状況などを教えてくれるともっと嬉しかったですね。
 株価は半分担った利益に悲観一色かもしれませんが、
 計画線できちんと推移しています。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20170113_資産残高推移表


まぁなかなか増えないわけですね~(笑)



6.雑記

久々に終電で帰ってから当記事を書いています。
だいぶ疲れていたので、明日でもいいかなと思いましたが、
やはり金曜夜のうちに終わらせようと思って書きました。
ということで雑記はさぼります(笑)。



人気ブログランキングへ

#2017年から従来の形式から記載内容を変更しています。


1.パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

まるのんPFは年初来で +1.4% となりました。
前週比も年初初週のため同様に +1.4% で推移しました。

20170106_パフォーマンス推移表



2.全体所感

昨年の年初からの暴落とは真逆で、
どこまでも堅調な相場が続いています。
主力大型株から新興中小型株まで不気味な位です。

特にAIを始めとしたテーマ性がある銘柄や、
どこかで取り上げられた銘柄などで
もうバリュエーションなんて関係なく高騰しています。
それこそPER40倍でも50倍でも、
あるいは赤字(黒字化期待)の銘柄まで、
もしくはファンダメンタルズは変わらないのに
バリュエーションが大きく変わり、
平気でストップ高を演出したりしています。

私には到底理解出来ないのですが、
実際そんな波に乗って敏腕投資家はここぞとばかりに、
利益を積み上げているのを横目にしてみると、
自分が改めて凡人であると確信します。

実際株価というのは楽観時も悲観時も
大きくオーバシュートするもののようです。
そういう時に自分が理解できるとかできないとか、
理屈を求めても無意味であることも
これまでの3年で学びました。

この楽観的な相場がどこまで続くのかなんて、
全く予測が出来ません。
実際トランプ大統領就任後に、
米国経済指標は好転が当面続くと思います。
一方で行き過ぎた保護主義や地政学リスクの台頭などが、
徐々に顕在化していく可能性も十分考えられます。
私は悲観主義者ではありませんが、
双方向にオーバシュートしている時に、
それにうまく対処をしようと思うのではなく、
凡人なりに、そういう状況下にあるということを認識して、
あとは自分の投資方針に従い粛々と日常をやり過ごすだけです。

ですから、例え今週のように冴えないパフォーマンスだろうが、
私は胸を張って状況を開示し、その時の考えをきちんと記録し、
そしてベストを尽くしたいと思います。


3.ポートフォリオ


本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170106_ポートフォリオ内訳


特に年末から構成は変わっていません。
投資方針で原則控える事としているインバース型ETFですが、
昨年の名残でまだ残しています。
現金比率と合算するとちょうど30%の比率になっていますが、
投資方針に照らすと33%程度の確保が目安ですから、
やや個別株のポジションが多い状況ということになります。
あくまで目安ですが、そういう状況にあると意識しておくことは重要ですね。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170106_保有銘柄一覧(週間騰落)


ソーシャルワイヤーを一部特定口座からNISA口座へ移管したため、
取得単価が若干変わりました。(赤字になっています)
個別銘柄の騰落では、AI関連が買われた恩恵もあってか、
コムチュアが堅調な動きになっています。
また金利上昇が続きフラット金利も久々の高い水準だったらしいですが、
全国保証も堅調な動きです。
ただこれは前年の下落の反動の範疇で、ああだこうだいうものではないでしょう。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170106_保有銘柄一覧(指標)


年初から慌ただしく定点観測記事をUPしてきましたが、
暫定的に投資方針の観点に従ったレーティング情報を反映しています。
こう見ると主力では丸和運輸機関、WDBとコムチュアは目標株価にも肉薄しており、
上昇余地が小さいということになります。
あくまで私が目安として皮算用したものですがね・・・。
目標株価に限らず、この指標は参考程度です。
評価のレーティングもまだ正確さに欠きますし、
想定CAGRやそれを演算するPEGレシオなど更に怪しさ満点ですからね(笑)。
大事なことは正確さに拘り過ぎるのではなく、
参考にして状況把握を継続するきっかけとすることだと思っています。


4.個別銘柄トピックス

・ソーシャルワイヤー
 月次KPIでプレスリリース配信数が対2Qで減少しています。
 しかし、これは2Qが様々な要素で好調過ぎたともいえます。
 前年3Q比では10%前半の伸長となっており、
 特に違和感を感じるものではありません。
 ただ、単価は下がっていると思われるため、
 増収率では前年比で10%をぎりぎり維持している位かなと思います。
 レンタルオフィス稼働席は海外分の伸長が鈍化しているようですが、
 その分を国内の伸長で賄っているように思います。
 こちらは増床分も寄与しており、増加率程に利益貢献は限定的かもしれませんが
 全体としてサプライズこそないものの順調な推移と思います。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20170106_資産残高推移表


特に言及することはありませんが、
改めて宣言しておくと、30年資産シミュレーション上の
今年の目標資産額は1,008万円です。
ここに固執することは何の意味もありませんが、
念頭に置いておきたいと思います。


6.雑記

2017年になったこともあり、
パフォーマンスや銘柄一覧の表記を色々リニューアルしています。
自分なりには熟考して試行錯誤したのですが、
アウトプットだけだとあまり変わり映えしないですよね。
こういうのは自己満足なのでしょうが、
元々自己満足で運営しているものなので・・・(笑)。

自分自身を見つめるためのきっかけとして、
またそれを周知の事実化することで、
皆様からも叱咤激励を受けることで、
少しずつでも改善していければと思っています。


お正月も終わりましたね。
我が家では恒例ですが、
半額になったおせち料理などをスーパーに求め歩き、
栗きんとんとかをおいしくいただいています。
かまぼことか伊達巻とか安くなりますよね。
週末は出汁をひいておいしい茶碗蒸しでも作ろうと思います。





人気ブログランキングへ


1.年初来パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

 まるのんPF  : + 8.3% (+1.7%)
 TOPIX    : ▲ 1.9%  (▲1.6%)
 日経平均   : + 0.4%  (▲1.6%)
 東証2部    : +10.5% (+2.4%)
 JASDAQ   : + 3.5% (+1.4%)
 マザーズ    : + 6.3% (+4.2%)


2.全体所感

年内最終週となりましたが、
今年の冒頭の暴落も記憶に新しく、
ここから更なる高値を追うというより、
疑心暗鬼の様相となっている印象です。

まさかのトランプラリーにより、
TOPIXは年初水準を若干割れたものの、
日経平均も含めてプラスという結果で2016年は終わりました。

そんな勢いに全く乗れないばかりか、
むしろそこで資産を増やせていない私は、
その結果を見ても平凡に見える内容ですが、
私としては満足いくものです。
(目線が低いですかね・・・)

来年は政局リスクが多いなどと言われますが、
そんなものにいちいち反応して、
ああだこうだするつもりはありませんので、
自分の投資方針をきちんと制定して
従来通りやっていきたいと思います。

なお、2017年投資方針のUPもまもなく掲載すると共に、
従来の月間パフォーマンス記事並びに年間の振り返りも、
別の記事で改めて実施したいと思います。

ここでは年末で実家に帰省中ということもあり、
従来の週間パフォーマンスの形式で
粛々と記載していきます。


3.ポートフォリオ


今週は久々に売買を行いました。
といってもヘッジ目的のベアETFの半数を損失確定しました。
このため、PF構成に若干の変化がありました。


※クリックすると画像が大きくなります。

20161230_PF内訳


20161230_セクター内訳


個別銘柄の動きとしては引き続き、WDBホールディングスが強い動きでした。
一方で主力の日本管理センターは権利落ちもあり軟調ですね~
もちろん権利落ち以上の下落というお約束の展開です。


20161230_保有銘柄一覧(概要)





さて、個別銘柄のトピックスです。


ソーシャルワイヤー
月末恒例の社長のメッセージが仕事納めのあった
翌日である昨日、UPされています。
その内容を読むと、誠実なものであると感じます。
上場1年を受けての感想のところで、
変わらず出来たことと、変わったと感じること、
さらに変わらないとならないところがまだ道半ばであること、
そんなに長い文章ではないのですが、
好感の持てる内容です。
連続性のある成長(≒ストック)は手応えを感じているものの、
それにアドオンする非連続成長への
杭打ちに物足りなさを感じると仰っています。
これは包み隠さない真実なのでしょうし、
非連続性の案件を継続して育てていくことが、
同社が高い成長性を維持するためにも必要なことなのですから、
そこに安易な期待は持てないものの、
少なくても応援したいと思えるものですから、
引き続き、主力銘柄で応援したいと考えています。



念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 3276 日本管理センター
 3929 ソーシャルワイヤー
 9090 丸和運輸機関
 2475 WDB
 3844 コムチュア
 3277 サンセイランディック
 7164 全国保証
 3179 シュッピン
 9414 日本BS放送
 3230 スターマイカ
 2686 ジーフット
 1384 ホクリヨウ
 2764 ひらまつ
 ※評価額順に記載しています

 1360 日経平均ベア2倍ETF


※詳細の銘柄一覧です。
20161230_保有銘柄一覧



4.資産状況

今週は微増となりましたが、
まぁ年初来でみると平凡な結果に終わりました。
目標の+15%も未達という結果になりましたが、
3ヶ年の目標はクリアしていますので、
満足すべき結果だと捉えています。

※クリックすると画像が大きくなります。

20161230_パフォーマンス推移表



20161230_資産残高推移表






5.雑記

年末で既に実家に帰省していることもあり、
だらだらモードです。

投資方針や年間振り返りなどは
既に考察しているものを最終確定させてどこかで
記事としてUPしたいと思います。

今年1年はなかなか試練の多い一年でした。
思うように銘柄選定が進まず、
外部環境に怯えたり、うらやんだりとメンタル面でも、
自分を律する事に苦労しました。

しかし愚直に決めたことを守ることで、
効率は落ちてしまうかもしれませんが、
律する意味でもよい経験が積めました。
またブログやツイッターで交流を持たせていただくことで、
自分の原点や恥じない言動に留意することが、
また交流を通して省みることが、
プラスに寄与したことも間違いありません。

今後も多くの方に学ばせてもらいながら、
些細ではありながら壮大な目標に向けて、
一歩ずつ進んでいきたいと思いますので、
温かく見守っていただければ幸いです。

最後に、平凡でうまくない私の日常に、
おつきあいくださっているすべての方に感謝を申し上げます。

来年が皆様にとってよい年でありますよう、
お祈りしております。

人気ブログランキングへ


1.年初来パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

 まるのんPF  : + 6.6% (+0.1%)
 TOPIX    : ▲ 0.2%  (▲0.4%)
 日経平均   : + 2.1%  (+0.1%)
 東証2部    : + 8.1% (+0.6%)
 JASDAQ   : + 2.1% (+0.3%)
 マザーズ    : + 2.0% (▲2.4%)


2.全体所感

もうずっと堅調な相場が続いているので、
今週だけを見るとおとなしい一服ともみえますが、
ここ最近の強さを考慮すると、
底堅い相場と見ればいいのでしょうか。

受渡ベースではあと2日となり、
いよいよ2017年相場に入っていくわけです。
昨年も年末に高く引けて、
年始早々に暴落するということが、
多くの投資家の脳裏に残っているとも思えて
それなりに警戒している方も多いと思います。

2017年はトランプ氏の就任や、
欧州中心に政局リスクが目白押しということもあり、
どちらに振れるかわかりませんが、
不確実性が高いんだろうなと私も認識しています。

ただ、そんなリスクを承知でこの相場へ資金を投じているので、
リスクを嫌うのではなく、うまく付き合っていかねばなりません。
今の付き合い方がよいのか、
投資方針の棚卸を通して見つめていきたいと思っています。


3.ポートフォリオ


今週もポートフォリオには動きはありません。
ここ最近ずっと順位の変動もなく、
落ち着いた状況が続いています。


※クリックすると画像が大きくなります。

20161222_PF内訳



20161222_セクター内訳




保有株についてはまちまちの動きですが、
PF中位の全国保証が軟調なのに対して、
シュッピンが堅調な動きになっています。
全国保証は金利や不動産の販売の状況に
過敏な反応をしているのでしょうか。(違う?)
シュッピンはいちよしから大量保有が出ていますが、
JPX採用も手伝って一時的に堅調な動きが続いています。
四季報の越境ECなどの文言もなんとなく、
小わいわいな様相です。


20161216_保有銘柄一覧(概要)




さて、個別銘柄のトピックスです。


コムチュア
12/11に実施された個人投資家向け説明会の資料(PDF)が公開されています。
特に目新しいことはありませんでしたが、人材戦略が切り出されて
1頁スライドが挿入されています。
データサイエンティストの育成は非ITの要素もあり、
ここの育成60人が今後楽しみですね。
それから採用基準の底上げというのも、
企業価値が向上してくる過程でついてくるものなので、
1部上場というブランドだけでなく、
更なる魅力度向上によって人材獲得にも邁進して欲しいですね。

サンセイランディック
みずほ銀行の支店で借地権セミナーなるもので、
当社社員が講師をされるようです。
こういった地道な普及活動で認知度を上げる活動は、
仕入・販売の両チャネルパスを築く上でも大事なので、
もう少し積極的にやったらいいのにな、と思いますが、
どうなんでしょうかね。。。


ホクリヨウ
各地で鳥インフルが発生して殺処分の対応が取られています。
ということで、同社も大変なリスクにさらされている、
こりゃ大変だーとなると思いきや、株価はあまり反応していませんね。
もう十分売られたということなのか、
単にのんきな投資家が多いのかわかりませんが、
私はそもそもあまりネガティブ視していません。
同社の道内の鶏舎はそれなりの対応がなされており、
かつ、会社としても一層の強化を図っているとリリースが今週も出ており、
リスクがないわけは当然ないのですが、
別に各地のニュースを見て、大変だ~とはなりませんね。
それにしても今年は年末に高騰する相場もここ1週間も保合で
よくいえば安定している、悪くみれば軟調な鶏卵相場ですね。
このような事態になっていることはわかっていたので、
逆にあじかんとかを仕込んでおけば・・・(笑)。




念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 3276 日本管理センター
 3929 ソーシャルワイヤー
 9090 丸和運輸機関
 2475 WDB
 3844 コムチュア
 3277 サンセイランディック
 7164 全国保証
 3179 シュッピン
 9414 日本BS放送
 3230 スターマイカ
 2686 ジーフット
 1384 ホクリヨウ
 2764 ひらまつ
 ※評価額順に記載しています

 1360 日経平均ベア2倍ETF


※詳細の銘柄一覧です。
20161222_保有銘柄一覧


4.資産状況

今週も横ばいです。
鳴かず飛ばずですね。

※クリックすると画像が大きくなります。

20161222_パフォーマンス推移表



20161222_資産残高推移表






5.雑記

結局投資方針の策定は玉虫色のまま
新年を迎えてしまいそうですが、
一応新年に公開して自らの言動を律していきたいと思っています。
私は弱い人間なので、こうやって縛っていかないと、
すぐに暴走してしまいますからね。

今年は尻上がりの相場展開もあり、
個人投資家の雰囲気もとても好転しており、
明るさが出ています。

先行きに強気な見方も多くなっていて、
実際にそのように推移するのかもしれません。
ただ、投資方針上で来年の目標は規定通り+10%となりますが、
それを大きく上回らないようなことも視野に入れたいと思っています。
(遂に頭がおかしくなったかと思われるかもしれませんね)


今号の四季報は久々に真面目に通読を続けていますが、
従来の視点に拘る面と新たな視点に拘る面との両面で
捉えて、やはりいい銘柄だと常連組をピックアップすることはもちろん、
新たな顔ぶれの発掘にもチャレンジしていきたいですね。


そして自称イクメンとしては、
この週末はサンタクロース役という重役があります。
実は現時点でまだ買ってないんですよね、プレゼント。
色々悩んでいて(大人があげたいものも悩み、子供自身も悩んでいる)
まだ決められないようです。
そういう選ぶ時間も幸せな時間なので、楽しんでいます。


人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り