投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

※東証IRフェスタ参加のため、記事更新が遅れました。

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.8% となりました。
前週比は +0.7% で推移しました。

20180316_パフォーマンス推移表


現金も高いですし、動きのある銘柄も保有出来ていないので、
いまいち特徴のない動きです。
隣の芝生をみれば・・・ですが、こういう選択をしているのも自分の選択ですので、
別に悲観もしていません。

中長期投資ですし、テーマ性や日々の騰落ですったもんだするやり方ではないため、
粛々と見守るだけです。


2.全体所感

個別にみると、テーマ性のある銘柄や、
分割など需給面を手掛かりとして株価が大きく動くケースも多いです。

全体の流れとしては、国内の政局や米中の動きなど、
様々な動きがある中で、相場全体は方向感がない感じなんでしょうか。

これから本決算も出ていよいよ来期EPSも出揃うわけで、
コンセンサスとして数%の増益が更にPERを下げて、
日本株は割安性が高まるというシナリオもありそうです。

ただ、為替の動向も不安定ですし、
期待通りの増益が出揃うのかという点と、
その先の将来への期待がどういうPERを許容するのかは、
私はよくわかりません。


個別銘柄としての今後の推移やもっと先の期待をもとに、
個々にバリュエーションをみて、投資を楽しみたいと思います。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180316_ポートフォリオ内訳


今週はステップを買い増しています。
元々ずっと買い増しておきたいと思っており、
ようやく保有比率5%以上の準主力へ格上げとなりました。
だいぶ地味な銘柄ですし、私の年利目標からすると、
ぎりぎりの水準ではありますが、熟考の上での対処です。

しかしチャート上はだいぶ崩れた感じになっていますが、
なにか不安や悪材料でも控えているのでしょうかね。
私はチャートは無視しているので(いい加減学べ!?)、
粛々と事前に決めた通りに対処をしました。

この他、大きな変化はありません。

現金は40%台半ばと目安としている水準からしても、
やや厚い状況が続いています。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180316_保有銘柄一覧(週間騰落)


WDBホールディングスや丸和運輸機関と、
目標株価も超えている銘柄の下落が目につきました。
既に利益確定は済ませておりますが、
まぁ高いものは調整されるのは当然だよね、と思っています。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180316_保有銘柄一覧(指標)


ポートフォリオPERは14.8倍とまぁ妥当な水準ではありますが、
私の年利回り目標からみると、もう少し低くてもよいかなとは思います。
本決算を通過してどの程度となるかはまた様子を見ていきたいと思います。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■サンセイランディック
東証IRフェスタでじっくり話を聞いてきました。
特にこれまでの見立てを変えるものではありませんでしたが、
やはりいい会社だなと思いました。
詳細は、またイベントレポート記事がUPできれば、
そこで言及したいと思います。



■日本管理センター
月次が出ています。
細かな数値で右往左往するものではありませんが、
引き続き、低調な動きになっています。
特にコメントはありません。
というかこの情報だけでファンダメンタルズを語れないといったところです。


■ルネサンス
雑誌への掲載など引き続き細かなPR情報は出ています。
四季報に、元氣ジムのPB拡充への意欲が示されています。
前号では着手だったものは拡充へ一歩進んだ感じですね。
フィットネス運営会社からのアプローチは
どこも模索しているところでもありますから、
頑張って展開していって欲しいですね。
PBだけでいいのかというのは、ちょっと悩ましいところだと思っています。


■ステップ
同社は高校受験対応がメインであり、
大学受験は育成中なので、まだサブとはなりますが、
大学合格実績速報も出ました。
目玉?となる東大は人数は増えています。
全体でみると、私大はトータルでみるとやや前年減っていますが、
総じてみればまぁ順調といったところでしょうか。
英語への対応が急がれるので、
そこでの対応力に躍起になっている同社が、
今後変化に対応して進化していくのか注目したいです。
もっともこの成果がでるのは、ずっと先ですがね。
長期投資ですね。


■ソーシャルワイヤー
新宿と青山の貸会議室の終日プランのリリースがありました。
背景はよくわかりませんが、周辺の競合との値段や利便性の競争上の問題か、
利用者からの要望が多かったということなのか、
その辺はよくわかりませんが、終日利用となることで、
実質的に単価が上がる期待はあるのかなと思います。
様々な形態で色々試してもらってその場その場にマッチしたやり方を
進めて頂ければいいかなと。


■東鉄工業
監査役が一身上の都合により辞任のリリースです。
監査役が辞任ってなんかやばい雰囲気もありますよね。
内部的に変なことやっていないかがやや気掛かりですが、
ご本人の体調などの問題(まさに一身上の都合)なだけかもしれません。


■丸和運輸機関
新任取締役として顧問から2人が就任です。
飯原氏はセブン&アイでオムニチャネルなど
物流面も統括されていた方でしょうか。
今後が期待される人事だと思います。

中国の煙台は撤退ですか。
その後、あまりリリースが出ていませんでしたが、
なかなかうまくいかないのですかね。
投資の方向性の見解に相違があったということですか、
やはり様々な面で難しさがあるのでしょうか。

和佐見社長の保有株を譲渡するようです。
役職員への大判振る舞いですね。
10億円をざっくり1000人の正社員に譲渡とすると、
1人当たり平均100万円ですから、ボーナスですね。
同社は業績面からボーナスも抑制しているでしょうから、
このような形で還元することにしたと推測しました。
しかもストックオプションのように、
その後のモチベーション向上にも繋がるため、
よいやり方だなと思います。

更に、コープの物流事業に関して、
関東圏の事業の譲渡を受けるようです。
このあたりは適時開示を出してもよいと思いますけど、
どうなんでしょうかね。
アマゾン対応もある中で、益々マネジメントは大変になります。

20日に個人投資家向け説明会があるので、
ぜひ参加したいのですが、
平日昼でさすがに窓際でも厳しいかもしれません。


■シュッピン
増配のリリースが出ています。
前回の上方修正時にやってもよかったのではと思うのですが、
倉庫新設などの投資の状況を見極めてからということだったんでしょうか。

執行役員制度の新設と、代表権が小野社長1本体制となります。
鈴木会長はよい形でバトンが引き継げてよい感じですね。
経過期間をみても順調でより成長も加速していますので、
今後若い世代に交代し、鈴木会長のノウハウを
うまい意味で進化させていって欲しいですね。


■エイジア
TOKYO創業ステーション Startup Hub Tokyoへのアンケートシステム導入の
事例紹介でています。
単にアンケートシステムを実現しましたというものではなく、
その設問の工夫やクロス分析が可能となるような
収集したデータの活用にも配慮した良い事例のように感じました。

今後も企業や組織にとって、「声」を収集することには興味関心も高く、
効率的な運営へのニーズは高いと思いますので、
着実に実績が積み重なっていくものと思います。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180316_資産残高推移表



特にコメントはありません。



6.雑記

東証IRフェスタの話はまた別記事とする予定なので、
ここでは敢えて書きません。

春休みが近づいてきています。
子供とどういう思い出をつくるか、今から考えています。

カメラ旅に行くことは決定しているのですが、
この時期だからこそ経験出来ることを色々共有したいなと思っています。
案外休みも少ないので、貴重な休みを有効活用したいですね。

小学1年の息子と関東圏で出掛けるとして、
どんなアイデアがあるでしょうかね。
何かお勧めでもあればご紹介頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.2% となりました。
前週比は ▲0.6% で推移しました。

20180309_パフォーマンス推移表


騰落については、先週から続落となっていますが、
まぁこの程度の幅であればなんとも感じません。
私は、現金を高め、また銘柄もより安全サイドにシフトしていることもあり、
パフォーマンスに勢いがないのもやむ得ない、
というかそういう勢いを求めていないわけですから、
当然のことと受け止めています。


2.全体所感

相変わらず目先のニュースに振らされやすく、
値幅の大きな展開が続いています。
今日1日の日経平均の値幅は527円で前日終値比で2.5%動いています。
週間の値幅は1000円弱で4.5%程度の幅となっています。

日経平均の値幅が大きいとか、
だからどうしたって感じかもしれません。
ただ、実際こういうボラティリティがあるから、
目先の損得にも色がつく面もありますから、
投資ブロガー(?)としてはネタとしては無視も出来ません。
銘柄間も四季報の情報も含めて、
情報戦が繰り広げられてるようにもみえており、
各自の目先の損得もだいぶ差が開いてくる展開かと思います。

ただ、実際、投資家としては、ふ~んという感じでしかありませんし、
目先の損得に振らされない立場を取っていますから、
マイペース、マイペースと言い聞かせているわけです。
どうしても敏腕さんの状況が否が応でも目に入ってきますから、
年利回り目標+10%という私が、
それについていく必要はないわけです。
値幅の大きい環境、銘柄によっても飛んでいる銘柄もある中で、
ついつい、欲が出がちになりますから、
まだ私も未熟だなと思うわけです。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180309_ポートフォリオ内訳


今週はあいホールディングスを売り切り、
ポートフォリオから消える事になりました。

先日一部売却した時にも言及していますが、
佐々木ファンドとしての期待や、
ニッチで根幹を抑えたような事業買収、
その先にあるものへの期待が変わったわけではありません。

当然ながら期待を持っているわけですが、
この社長ファンドという期待以上に会社への思い入れや、
実態が見えにくい点が、私のスタンス上、優先度が下がった結果です。
それに加えて、より慎重なポートフォリオへのシフトも考慮し、
中途半端なポジションを全て閉じる決断をしました。

というか、現金を5割弱まで高めて維持している中で、
銘柄群までより安全サイドにシフトする、って
やる気あるのか?と聞こえてきそうですよね(笑)。
やる気は一応あるんですが、チキンなんですよね。。。

持たざるリスクとか揶揄されてしまうかもしれませんね。




保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180309_保有銘柄一覧(週間騰落)


主力の中で、日本管理センターが結構下がっていたんですね。
(このシートを見て始めて実感しました・・・)
理由はよくわかりません。考えても無駄でしょう。
四季報にでもよくない事でも書いてあるんですかね(笑)。

サンセイランディックも弱いようですし、
不動産がそろそろオワコンってことですかね。
ずっと言われているんですがね。
でも、ずっと懸念されているシノケンなんて、
もう大手のレーティングまで付いちゃって、高値更新していますしね。
まぁまちまちってやつですかね。


WDBホールディングスは強いですね。
2月の下落からの再度の高値更新も早かったですね。
CRO等なかなか今後難しい面も出て来そうですけど、
どんどん高くなっていくのをみて、唖然としているわけです。


東鉄工業も強いですね。
こちらは主要顧客のJR東日本から、
ホームドアの設備投資計画のアナウンスがありました。
このことをポジティブに評価しているようですね。
というか、この程度の拡充は元々想定範囲内と思います。
そんなこといったら、中央線の12両化に伴く設備更新や、
新幹線のインフラ補強など、様々な工事が今後予定されています。
JR東日本は中期ビジョンの中で、
第一に安全投資はきちんと対処していくこと、
特に直近のメンテナンス不足等に起因する事故を省みた施策が
絶賛進行中ですからね。
というわけで、このホームドアの件も、とっとと嵐は去り、
株価もこなれてきてくれて、
更に今期下方修正も出してもらっていいんです(笑)。

エイジアは後述の人工知能を扱うSENSY社との業務提携を発表しており、
そこから株価も堅調に推移したようです。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180309_保有銘柄一覧(指標)


今週はこれまでの注文票を基本的に引き継ぎ、
注文を出していましたが、一部の銘柄はあと少しのところでした。
ポートフォリオPERは15倍割れとなっておりますので、
決して割安水準ではありませんが、現金との兼ね合いとも相談しながら、
徐々に買っていく感じになると思います。




4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■サンセイランディック
櫻井英明氏のインタネット放送の番組に社長が出演されています。
同番組はネットの生放送らしいですが、
設備の故障やらで、放送が出来ず、収録データがUPされていました。

そして、冒頭で定番のカップとソーサーの話です。
カップが上物、ソーサーが底地で、双方が揃う(権利が揃う)から、
役目を果たせる、そのものの価値となるという事例説明です。
もう何回聞いたことか。
社長が実家に帰った時に、ソーサーにケーキが盛られて出てきて、
やっぱり溝があって食べづらいから、
本来の役割を果たすためには・・・の下りももうお馴染みです(笑)。
視聴してもらえばわかりますが、新たなネタはありません。

それから株主総会の招集通知が出ました。
昨年より少しレイアウトもみやすくなりましたかね。
お土産ないよ、が協調されています。
お土産はないけど、
底地くんと記念撮影できますとか書いておけばいいのに(笑)。
まぁニーズないのかな。でも女性とか結構率先して写真撮ってましたけどね。



■シュッピン
月次が出ています。
数値そのものは順調ですが、
Eコマースの伸長が少し弱い?という感じもして、
念のためIRに電話しました。
まぁ問題ないでしょう。
というか、売上推移だけみると、修正後の計画も超えてきそうですね。
あとはセールの強弱でうまく調整してくるでしょう。






■エイジア
パーソナル人工知能を手掛けるベンチャー企業と提携ですね。
開示日にこのSENSY社について調べてみましたが、
いまいち情報もなく、現時点でもまだよくわかりません。
慶応大学発のテクニカルに強い印象の会社で、
これが固有のAIアーキテクトを持っている会社なのか、
もう少し見極めが必要かなと思います。
ただ、慶応大学だけでない学術メンバーもおりますし、
技術顧問に慶応大学の教授らもついており、
経営手腕は未知数ですが、技術は一定のレベルにはありそうです。
ただ、まだ評価不能なんですよね。
また、そもそも目を向けるべきは、
そのAI技術がどうWEBCASとシンクロしてシナジーを出すかということなので、
この辺りの展望は総会までにもう少し勉強して、
質問してみたいなと思います。


■ひらまつ
同銘柄は嫁さんの指示に基づき(笑)、
運用初期にブログ口座内で買った銘柄です。
ジーフットのようにトップラインがなかなかついてこず、
案の定、下方修正が出ています。
配当も減配があったので、
これは株価にはネガティブに効くでしょう。

ホテル事業は順調のようですが、
結婚式需要が想定以上に減っているようで、
やはりコンパクトな会が流行っているんでしょうかね。

私は単元の完全優待目的なので、
強いていえば、ブログ口座から外すかどうかなのですが、
口座内でこれだけ外すのも管理が面倒なので、
まぁこのまま放置ですね(笑)。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180309_資産残高推移表


特にコメントはありません。



6.雑記

先週にカメラや写真の祭典であるCP+の件を書きましたが、
重い腰をあげて行ってきたわけです。
そしてまぁ見事に感化されたわけで、
もう少し真面目に写真を撮りたいな、とウキウキして帰ってきました。

しかし、今週末は会社の新卒採用のリクルーター活動で予定が詰まり、
来週は四季報と東証IRフェアでこれまた多忙ですね。

撮影に出掛けたいと思うと、
そうさせてくれなかったりするわけで、
そうすると益々欲求不満が溜まるという悪循環になります。

目の前にあるもので、でもなかなか手に入らないと
フラストレーションがたまりますよね。

株でもそうですよね。
魅力的な銘柄があと少しで買える基準になるんだけど、
それがあと一歩で買えないとか。

あるいは食事でもそうですね。
限定何食のランチが目の前で終了すると、
なんかとても損をした気になるというか、
もう他のメニューでは満足感が得られなくなってしまうというか、
不思議な感覚になります。

できないことをを嘆くのではなく、
与えられた中で、どう満足感を高められるかと
前向きな発想で何事にも取り組むようにしていきたいと思います。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.8% となりました。
前週比は ▲2.0% で推移しました。

20180302_パフォーマンス推移表


相場は少し落ち着いてきたかなと感じていた矢先に、
やや不穏な雰囲気になってきました。
日銀黒田総裁も、出口戦略の時期について、
踏み込んだ発言があったようです。
冷静になれば、将来について考えねばならないことは明らかですし、
そこまで驚くものではないはずですが、
なぜこのタイミングだったのかは色々思惑が働きそうですね。
FRBの人事も動く中、また相場全体が不安定となっている中で、
敢えて踏み込んだのか。う~ん、よくわかりません。
というか、投資家としてはあるまじきことかもしれませんが、
この考察を深めるモチベーションもあまりありません。

いずれにせよ、まだまだボラティリティの大きな状況は続きそうですね。



2.全体所感

2月の下落局面から立ち直りを見せていた中で、
再び3月に入り下落方向の動きが出て来ました。
NYダウの動向に影響を受けているようにも思えますが、
主体別売買動向などをみると海外の売りが急増しており、
どこまで売られるのかという漠然とした不安もないわけではありません。
一方で、足元のEPSの上昇は際立っており、
バリュエーション面から買えるという判断も働いたのか、
反発局面もみてとれています。

結局このあと、上下どちらに向かうかは相変わらずわかりませんが、
バリュエーション面からはEPSの向上により確かに割高感はありません。
ただ、PERは将来の期待にも影響されるわけですが、
今の為替水準なども踏まえて、
来期予想がどの程度になるのか(そもそも増益なのか減益となるのか)、
正直よくわかりません。
※あくまで上場会社全体がという意味です

もちろん私のポートフォリオも、
全体相場のトレンドに影響は受けるわけですから、
相場の方向性には一定の関心はありますが、
考えてもわかりませんから、
長期的に見て成長しそうな会社を見定めて、
ポートフォリオを構成しておくことを実直にやっていくだけだと考えています。




3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180302_ポートフォリオ内訳


今週は新規銘柄を1銘柄追加しています。
といってもおっかなびっくりで打診買いです。
いつもこうなんですよね(笑)。学びがないといえばそれまでです。

なお、購入銘柄は、記載の通り、1835 東鉄工業です。
えっ?って感じですよね(笑)。
個人投資家から同社の名前を聞いたこともないですし、
(いや別に他の個人がどうであってもどうでもいいのですが)
そもそも何の会社?1000番台だしゼネコン?
え?もうオリンピック前の今が山でないの?
そのあと、建設需要落ち込むし、オワコンでないの?
というか、こんなシクリカルな業界の株に急になんで?
今期進捗も悪いし、下方出そうだけど大丈夫?とかとか・・・
まぁ色々な声が聞こえてくる気がするのです(笑)。

私ももう少し待ってとも思って、しばらく我慢していたのですが、
最後は勢いで新規組み入れをしてしまいました。

なお、以下のツイートで、
銘柄分析シートの表紙のみを先行してUPしています。








保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180302_保有銘柄一覧(週間騰落)


ソーシャルワイヤーが大きく下落していますが、
それは直近で高騰していましたし、当然だと思っています。
日々の騰落になんでだろうと考えても理由なんてありません。

後ほど触れますが、同社の月次情報が開示されていますが、
アットプレスの配信数がやや弱いかなという点が気になります。
先行指標順調に伸長していますから、
直ちに懸念されるものではないと思います。
今日の株価下落はこのあたりも影響あったかもしれないですね。




保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180302_保有銘柄一覧(指標)


ポートフォリオPERは15倍を割り込み、
通常モードに落ちてきてくれました。
まぁ、これで通常モードになってきたという感覚で、
決して、安くなったという理解ではないため、
今も積極的に買いを入れていることもありません。

とはいえ、ポートフォリオPER14.9倍での
現金比率目安は35%としており、
実態が44%といまだ厚い状況であることもあり、
少しずつ指値は置いています。
来週以降、これらが刺さって欲しいような、欲しくないような。。。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■ステップ
普段話題がなく良い意味で退屈な銘柄ですが(笑)、
この時期は受験の合格実績が出ることから、
注目するシーズンですね。

同社のメインターゲットである公立高校受験の合格者実績が出ました。
進学校毎の数字が速報でUPされていますが、
まぁ学校別に見ると多少の凹凸はありますが、
総じてみれば堅調な合格実績だと思います。

総数でみても増加していますが、
それは出校で生徒数も増えていますから、
当然といえば当然かもしれませんが、
TOP校を中心に増勢ですから、
個々で1位を確保した学校、そうでない学校、
もしくは新たに1位になった学校とまちまちかもしれませんが、
安心出来る内容となりました。

本来であれば、新規ドミナント形成しているエリアとそうでないエリアとで、
そのエリアの合格実績などをセグメント分けしてみていくと、
もう少し状況がわかるかもしれませんが、
労力との費用対効果の観点からやめておきます(笑)。


■全国保証
組織改編が開示されていますが、
システム部が正式に創設されました。
同社の審査を含めた業務においては、
まだ紙媒体での運用などが残っており、
システム対応が本格的に取られることで、
様々な業務改善も期待できますので、
もう少しシステム対応は増強してもらえるといいと思います。


■WDBホールディングス
業績やリリースに関するものではなく、
(ちょっと邪道ですが)株価動向についてですが、
ここ2日の株価動向をみてみると、前場で安く始まった後、
共に大きく反発して引けるのが続いています。
そもそも2月の下落も即座に戻していることから、
相当強い株価を形成しているようです。
同社の株価は私も悩ましい位に高評価であり、
不思議な強さだな、と思っています。


■ソーシャルワイヤー
まず月末恒例の社長メッセージは中計計画についてです。
内容自体は改めての中計の補足説明ということで、
特に内容には想定していた内容から変わるトーンもありません。

背景として、まず機関投資家の訪問機会が増えているとのことで、
東証1部昇格への準備と思われる動きもあり、
今後IRも多忙を極めそうです。
なにより、社長及び社長室長(IR)が大変優秀ですから、
機関投資家も面会されると虜になるのではないかと思います(笑)。
一方、売上は30億程度とまだまだ小粒の会社ですから、
大きなファンドが資金を投下するにしては、
小型過ぎるわけで、だからこそ、個人にチャンスがあるものと思っています。

ボトムの底上げが想定超に効いているという感触は、
まさにコメント通り、何より社長自身が
一番手応えを感じられているのだと思います。


中計の中盤戦へ入っていく中で、
同社は上場ゴール会社とならない意思を強く感じますので、
有言実行を目指して邁進してもらいたいです。
その中で、不足している分については、冷静に受け止められており、
このメッセージはM&Aへの意欲とも読むことが出来ます。
中計実現に向けてまずはこのタームで一定の仕上げをしていく中で、
M&Aはリスクが高いものでもありますので、
まずは適正の価格で買えること、
のれんがモリモリで初期で利益水面下で、
その後の収益性をみてライフでOKというのは、
やはり相応の自信がないといけません。
事実、多くの会社が、その後、見込み収益を下方修正し、
一括償却、減損といったことに繋がっていきますので、
十分慎重に対応してもらいたいと思います。
ただ、慎重さばかりではスピード感が損なわれるので、
最終的には経営判断かと思いますので、
また注目しておきたいところです。

それからKPI開示(月次)が出ています。
2月というのは特に小売などで落ち込む時期なわけですが、
それがどこまで影響するのかはよくわかりませんが、
アットプレスのリリース配信数がやや弱いかなという印象です。

3Q期間と比較すると2/3月を過ぎた今の状況を単純にならすと、
4Qでは従量制、無制限共に減少となります。
特に無制限ユーザーにも弱さが見られるのは気になります。

一方で先行指標は順調です。
これが1-2月でたまたま配信機会が端境期になっただけというだけで、
配信数が減ったことで、チケットの利用が進まずに、
増加している要素もあるような気もします。
とはいえ、順調に伸長しているため、特に慌ただしくする必要もなく、
引き続き、注視はしておきたいと思います。

この他、六本木のクロスコープのキャンペーンやいイベレボ譲渡完了なども
リリースが出ています。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180302_資産残高推移表

特にコメントはありません。



6.雑記

現在、パシフィコ横浜でカメラと映像の祭典である CP+ が開催されています。

私もカメラ愛好家の一人として、足を運ぼうか悩んでいます。
様々な新製品や新たなサービスを知る機会として楽しいものなのですが、
どうせカメラもレンズも当分は買えないわけで(嫁の決裁が下りるわけがない)、
単に欲求不満を溜めにいくことになりそうです(笑)。

会場にはコンパニオンのお姉さまも多数いらっしゃいます。
私も勇気を持って、少し撮らせてもらおうかなんて考えていますが、
冷静に考えるとそれを撮って、PCに取り込んでどうするの?って思いますし、
まして、うっかりアマゾンフォトに同期されてしまい、
同アカウントIDを設定している嫁の持つFIREタブレットに、
今日の写真とかでコンパニオン写真が並ぶリスクもあり、
そんなことをしない方がいいかなとも思います(笑)。

そういえばシュッピンの運営するマップカメラもCP+のレポートを
ツイッター等で配信しており、
そこから購買へ繋げる地道な活動もなされていますね。

行きたい気持ちがあるのに行かないとそれはそれでモヤモヤしますし、
行って刺激的な商品やサービスを前にしつつ享受出来ないのも、
なんだか残念です。
ただ、コンパニオンさんには悶々としないように気を付けたいと思います(笑)。



人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +4.8% となりました。
前週比は +2.5% で推移しました。

20180223_パフォーマンス推移表



私はたまたま年初来プラスをなんとかキープできています。
ですが、このことは全くもって重要なことではありません。
全てはこのタイミングでの偶発的なもので本質ではないという理解です。
なお、現金比率を厚くしていることから当然のことなのですが、
上下の変動幅が相対的に小さく抑制されている点は、
個人的には満足しています。
日々の騰落は気にしないので、
上下の変動幅なんてどっちでもいいわけですが、
やはり私のリスク・リターンの状況を鑑みると、
そんなにジェットコースターのようになってもらいたくないという
わがままな気持ちがある事は事実ですからね。



2.全体所感

2月に入ってからの大きめの下落の波が一服したのでしょうか。
再度大きく下落する動きは今のところ見られず、
疑心暗鬼の中で、徐々に反発してきている状況のようです。

過去の経験から、この辺りで再度底を見にいく動きが来るという予想や、
一方で足元の好調な業績を見れば割安感が台頭しているという解説もあり、
結局上にいくのか下にいくのかわからない様相です。

私はかねてから、相場の先行きは読めないし、読まない方針ですので、
このようなよくわからない予想はとりえあずスルーしておきます。
特にVIXなどの各種レシオ云々の話は、
普段全く気に留めていない指標を見ても自分には扱えませんし、
そもそもこういった騰落関係の指標で何かを推し量り、
投資判断を下していくとは私の投資方針には掲げていませんから、
気に留める必要のないものです。

私のポートフォリオも現金比率を厚くしているわりには、
それなりの反発している様子が見てとれ、
指数との比較は意味をなさないという前提はありますが、
そこそこ健闘しているのかなと感じています。
好調な業績に支えられ、その後の安定的な業績や還元という観点で、
ゆっくりと評価をされていってくれればよいので、
引き続き周りの値動きのよい銘柄や投資家に目を奪われることなく、
対応をしていきたいと思います。

特に決算が通過して、
企業側からは株式分割や分売などの需給面や、
将来の昇格を匂わす開示が増えてきているようです。
それに加えて、四季報相場が始まっているようで、
先取り配信などの影響を受けてのことか、
また(会員でない私からすると)不可解な高騰や急落が起こるものと思います。
業績とは直接は関係しない需給や四季報情報などで、
株価は短期的に大きく動くことになりそうですが、
重ねて、マイペースを意識して退屈な投資に徹したいと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180223_ポートフォリオ内訳



今週はあいホールディングスを一部売却して
保有比率を下げました。
ツイートもしましたが、同社の見立てが変わったというより、
私の信念不足によるものです。
同社への期待は社長のMAの目利きやニッチな商材でありながら、
今後のIoTを含めたテーマに則した有望な商材を扱っており、
その魅力度に何か期待感が変わったわけではありません。
銘柄分析シートを更新するプロセスで改めて評価基軸に従って精査をし、
また目標株価のシミュレーションなども施していきました。
そして同社について語れることが少なく、
良くも悪くも思い入れがない状態でもありました。
そんな中で、ポートフォリオの変化もあって保有比率が5%以上になりそうで、
様々な悩みの中で対処をしています。

残りについては、佐々木ファンドへの出資と割り切って様子見をするか、
売り切るかはまだ悩んでいます。






ポートフォリオの構成も大きな変化もなく、
現金は45%と引き続き厚い状況が続いています。

買いは入れていますが、
とても約定するような指値ではありません。

引き続き、注文票を予め作成し、
各指値が約定後の取得単価の水準感などを慎重に計算しており、
安易に指値を引き上げるわけにもいきません。
別にトレンドを読んでいるわけでもなく、
単にこの保有比率に対して、自分が欲しいと思える取得単価として、
折り合えないということです。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180223_保有銘柄一覧(週間騰落)



各銘柄強弱はあれど、総じて堅調に株価は推移したようです。
日本管理センターは決算説明会も通過して、ようやく巡行状態になりました。
ソーシャルワイヤーは相変わらず暴れ馬ですが、
需給の改善や1部昇格も果たして流動性が増えればもう少し落ち着きますかね。
私は明確に買い増し意思こそありますが、
その水準には妥協はできないと考えておりますので、
ただ眺めているだけになりそうです・・・(涙)。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180223_保有銘柄一覧(指標)



あいホールディングスですが、先週に調整をかけましたが、
更に精査をして各評価を更新しています。(赤字箇所)

CAGRを10%として、安定性評価A→Bとしています。
業務提携などを進めるMA型の成長シナリオの中では、
安定性として見た時に、特段の強い安定性があるとまでいえないと
判断した事により、並の評価としています。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■サンセイランディック
ラジオ日経に松崎社長が出演されたようです。
オンデマンドで一応聴きましたが、
特に目新しいことはなく、
底地って何?というところからの初歩的な内容でした。
まぁそうなりますよね。。。


■日本管理センター
決算説明会の動画がUPされています。
パワポ資料のトーンがだいぶ変わった印象を持ちました。
エバンゲリオンを意識した資料なんでしょうか。
戦略会計のEVAとかけているとか?
私は同アニメは見た事がないのですが、
この特徴的なメッセージ様式はその流派なのかなと。
まぁそんなことはどうでもいいんですが、
全体の印象としては、より長期目線になっていることと、
サービスの網羅性をより意識しているのかなと感じた点です。
それから戦略会計ってなんぞ?というか唐突だね、といった印象です。

新中計が始まり、2019年までの期間を引いているわけですが
MOTTOで2024まで引いているんですね。
エクセレントカンパニーを完成させていくためには、
2,3年では足りないということのようで、
それは実態としてそうなのだと思います。
6年タームで進化をする意思表示でもあるかなと思いますが、
中計期間との平仄というか考え方には少し戸惑う部分もあるかなとも思います。

サービスの網羅性という点は、これまでの提携や買収から伺いしれていますが、
改めてその狙いや幅出しの重要性や狙いについて、
解説がなされています。
単なる管理会社からの脱皮がどのように実現するのか、
それを楽しみにしたいなと思います。

戦略会計という言葉が出てきて、
ここだけCFOに代わってプレゼンをしています。
これはどういう意味をなしているのかまだよくわかっていません。
これまで同社は資本利益に着目し、
中計目標にもROEを採用してきているわけですが、
ROICやEVAとかを測定項目としている点にも唐突感があります。
様々な株主からの見え方として、
このような明示化の仕方がよいということなのでしょうかね。

特に見立てを変えるようなことはありません。
武藤節は相変わらずの魅力です。
株を売りたくなったら、動画を見て洗脳されればいいので簡単です(笑)。


■ルネサンス
食事指導として、糖質を控えたお弁当や間食などのキットを提供するそうです。
最近はブームですし、食事指導だけでなく、
より踏み込んだものですが、まぁ収益を上げるというより、
既存の付加価値を少しずつでも向上させていく活動の取り組みでしょうか。

健康経営優良法人2018~ホワイト500~に選定されたそうです。
まぁ昨年に続いての選定ですし、新たに取り上げるようなこともないでしょう。


それから今週は日経記事にも出ていましたが、
既存店舗の一部で24時間営業の試行を行うようです。
IR照会の結果そのようなことを考えているとも聞いていたので、
驚きはありませんが、コスト増などの要素にもなる一方で、
顧客の利便性や競合に対する模倣戦略として、
どういう立ち位置がよいのか、よく研究して欲しいなと思います。



■ステップ
季節柄、合格情報などがUPDATEされてきています。
私立の有名校の実績も快調となっていますが、
フォローワーの方から様々な要素があってのことと、
考察を与えて下さり、冷静に受け止めることが出来ました。
そもそも公立校の結果が大事というのもその通りで、
行く末を見守りたいと思います。

それから、神奈川県の塾講師に対する処遇改善を
県労働局から指導が出ているそうで、
ステップにも当然のことながらその指導が届いたことと思います。
株主総会のQAでも処遇改善や働き方改革に向けた取り組みは、
議論をさせて頂きましたが、
ステップとしても引き続き取り組んで欲しいですね。
なお収益面での影響はさほどないと思っています。
そもそも競合も含めての対処となり、
いざとなればステップブランドで多少の価格転嫁も比較的容易と思います。
(安易な価格転嫁はやらないと思いますが)
このあたりは冷静に市場も受け止めているようでよかったですね。



■全国保証
決算説明会の音声データがUPされているようですが、
なぜか開いても再生されません(涙)。
この後、真面目に聴講したいと思います。
まぁたいしたサプライズもないと思いますが。



■丸和運輸機関
個人投資家向け説明会が開催されるようです。
自社Webサイトからリンクがありますが、平日の昼です。。。


■アイアールジャパンホールディングス
アクティベストリスクをAIで測定するサービスを提供のリリースが出ています。
というか、今まで少なからずでもAI使ってなかったのか、と思いますが、
頑張って欲しいですね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180223_資産残高推移表

ポートフォリオPERがやや戻りが急ですかね。
3月で本決算が通過すれば少しは落ち着いてくれますかね。



6.雑記

今週は週央に日経マネー4月号が発売となり、
その付録に私のことが掲載されています。 → 詳細は こちらの記事

その後、ツイッターやメール等でご質問やコメントを頂いた皆さまには感謝です。
コメントを頂くと、また考えるきっかけにもなりますので大変ありがたいものです。

あくまで雑誌なので、ただ読み進めてしまうと、
その真意がライトなものになりがちなので、
あくまで自分の思考のきっかけとする位置づけで、
敏腕投資家の方の記事を拝読したいと思います。


人気ブログランキングへ


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.3% となりました。
前週比は +1.7% で推移しました。

20180216_パフォーマンス推移表


年初来のプラス、マイナスには拘ってはいないのですが、
浮き沈みの瀬戸際な状況をどこか他人事のように眺めています。
そんなものを眺めていても何も生まれないのですがね・・・(笑)。


2.全体所感

株式市場は週後半でだいぶ雰囲気が良くなったでしょうか。
NYダウや為替の動向は相変わらず厳しい動きを見せています。
週前半は期待があって朝は堅調にスタートしても
いわゆる寄り天という状況が続いて、
引けにかけて削られるということが続いていました。
そんな中で徐々に悲観色も滲んできていたわけですが、
ようやく終日堅調な推移となったこともあり、
ややホッとしたというような雰囲気を感じているところです。
とはいえ、為替の円高推移なんてのもあって、
引き続き疑心暗鬼の中にあるのもまた事実です。

となると、結局この先どうなるかなんてわからないですね(笑)。
全体相場がどうなるのかなんてやはり予測出来ないという立場ですから、
あまり市況を読んだ気になって小手先でやろうとせず、
いつもと変わらず平常心でいたいところですね。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20180216_ポートフォリオ内訳


今週前半は第二弾の指値群にだいぶ接近していたのですが、
残念ながら(幸運にも?)刺さることはありませんでした。
結果、ポートフォリオの構成は大きく変わっていません。

現金比率も40%半ばとなっており、
フルポジ派の方からすれば信じられないでしょうね(笑)。
相場を読まないといいつつ、現金比率の増減で、
タイミングを図るような姑息なやり方にも映るかもしれません。
そもそもそんなに守ってどうするの?やる気あるの?
そうですね、やる気は常にあるつもりなのですが、
投資方針にも現金確保をすることを掲げています。

よくよく突き詰めて考えれば、現金をコントロールすることは、
一長一短の要素もありますし、
フルポジ派の意見にも納得するところもあります。
ただ、特に今のように市況が不安定な時に、
急に自分のスタンスを変えると、
知らず知らずのうちに妙なフィルターがかかった状態での
変更管理を施すことになります。

何より今のやり方がしっくりきているのもあり、
私は当然このままのやり方でいくつもりです。




保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20180216_保有銘柄一覧(週間騰落)

マザーズはまだ週間マイナスとなっていますが、
日経平均を中心に週間プラスに転じてきています。
私の保有銘柄もまちまちではありますが、
週間プラスの銘柄も出てきてくれています。
もちろん、週間の騰落なんて何の参考にもなりませんが、
日本管理センターやWDBホールディングス等の好調な業績の銘柄が、
きちんと評価をされてきているのは嬉しいですね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20180216_保有銘柄一覧(指標)


決算も出揃う中で、何ヵ所か赤字の箇所を更新しています。

サンセイランディックと日本管理センターは本決算を通過した事から、
各指標を後進しています。
また期が進んだことにより、日本管理センターの目標株価を更新し、
直近の株価との対比も踏まえて割安性指標をB→Aへ格上げしました。

それから、あいホールディングスのCAGRを14%から12%に調整しました。
特に明確な根拠はありませんが、
改めて決算通過を受けて銘柄シートを作成したりする中で、
14%の成長はやや強気過ぎるかなという感触を持ち、
今回調整することにしました。


エイジアは前回暫定評価だったわけですが、
今回改めて評価を更新しています。
成長性はCAGRで18%と会社見通しからやや控え目にみていますが、
しかし、成長性は高いと判断してA→Sへ格上げです。
安全性も改めて優良な財務を見つめてみると秀逸であると考え、
同様にA→Sへ格上げをしています。
逆に組織力の箇所は、IR担当との最近の接触がない事なども踏まえて、
一旦ニュートラルとするため、A→Bへ評価を下げました。
今後、総会などで改めて会社の状況を見聞きして、判断したいと思います。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。


■サンセイランディック
本決算並びに中計については、 決算精査記事 にて言及しました。
また決算説明会の説明資料がUPされており、
近く、その動画もUPされると思いますので、
松崎社長の早口で熱弁を奮う姿を拝まないとなりません(笑)。

■日本管理センター
同社も本決算を開示しており、 決算精査記事 をUPしました。
実は、同記事は、私のブログ記事の1000記事目であることに、
今更気が付きました。
よくもこんなに冗長なブログが1000記事も書き続けられたものです。
自分で感動しています(笑)。
それはそうと、英文の決算資料がUPされていますが、
同社としては初めてではないでしょうか(違っていたらすみません)。
海外からの機関投資家の流入が多いんでしょうかね。

■ルネサンス
世界共通の指標で測定した、働きがいのある会社ランキングなるもので、
6年連続でベストカンパニーに選出されたようです。 → リンク
同社は、私の初期の銘柄分析記事でも従業員の満足度に言及しておりますが、
高い満足度が長期的に見ればよい効果を生むと考えています。
もちろん満足度が高いだけではだめなのですがね。。。
そもそもこういうランキングもどこまで実体を表しているのか、
他の要素でも決まっているのではないかとか思ってしまいますがね。
でも従業員への配慮がもし本当に企業文化として存在しており、
その満足度が高い野であればいい事だと思います。
あとは株価も堅調に推移してもらい、株主の満足度も・・・(笑)。

■アイドママーケティングコミュニケーション
電子レシートのニュースを最近よく観るようになりました。
スーパーやコンビニなどの決済システム自体の将来像が
大きく変わろうとする中で、レシートの構造も大きく変わりそうですね。
株探ニュースでも当件が登場しており、
ビジネス機会になりそうとの言及がありました。 → リンク
基本的なことですが、電子化する情報インフラを作る事業と、
それを活用する事業とに大別されます。
インフラは情報基盤の共通化などで業界として整理が進む機運が高まっています。
一方で、それを活用する事業はオリジナリティが出てきます。
この辺りはエイジアもかなり攻勢をかけている印象がありますが、
どういったAIエンジンを担いで、どういうモデリングをするのか、
それを実運用のサービスとどう結びつけるか、
それを知るために顧客業態を深堀していく動きを取る必要があります。
直近のベンチャー出資の動きや、技術トレンドの把握に動く
社長の様子等を垣間見ると、
なかなか見どころがあるなーと思っています。

■あいホールディングス
決算が出ています。銘柄分析シートはほぼ作成済ですが、
記事に出来ていませんね。
同社はどうも分析をしていくのが苦手です。
というか、佐々木ファンドのようなもので、
あまり個々のニッチ事業を突き詰めていっても、
落としどころがみえないんですよねー(笑)。
会社の内情(組織力)も社長の手腕こそ魅力ですが、
それ以外のところがみえてきません。
従って良くも悪くも思い入れがないんです。
私の保有銘柄や選定プロセスからすると異色の銘柄なんですよね。

■ステップ
高校受験の合格者速報が更新されています。
早慶系列各校については、昨年の実績と比べて、
特別変化はないように思います。
既に昨年実績人数を超えている学校もあれば、
まだ満たない学校もあります。
まだ全日程の結果が出てもいないため、
今後の確定を見てみたいと思います。

■全国保証
証券会社からレーティングが更新されているようです。
投資判断の格付は、買いで目標株価は5500円だそうです。
私の目標株価は3年後目途で6000円です。
少し近づきましたね。

■WDBホールディングス
自己株買いを早々に実施してしまいましね。
こんなボラの大きい時に早々にやりましたが、
たまたまでしょうかね。

■ソーシャルワイヤー
こちらもボラが大きい中で分売をやりました。
2200人の株主は確保できましたでしょうかね。
もう1回くらいおかわりするでしょうか。
またこれにより、ユナイテッドの持ち株比率が更に下がっています。
まぁこの辺りは昇格期待の需給ですし、無視します。

それからフィナンシャルタイムズなどが選定する、
アジア太平洋地域の成長企業のランキングに
同社がランクインしたそうです。 → リンク
2013-2016の売上伸長がベンチマークのようですね。
てか338位ってどうなんでしょうね(笑)。全くよくわかりません。
ちなみに私の保有株では他にシュッピンも
もっと下位ですがランクインしていました。
ちなみに投資に役立つかなとCSVデータから
japanでフィルタリングしたりして、ざーっとみてみました。
シノケンとかも入っていますよ(笑)。
確かに売上は急増しているでしょうしね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20180216_資産残高推移表


少し戻しましたかね。



6.雑記

当ブログの記事数が1000記事を超えました。
記事の数が多ければいいわけではないのですが、
ここまで長く続けられることができているのは、
読者の皆様をどこかで感じているからです。

自分自身を律するためにも、
また読者の皆様頂く叱咤激励の声に励まされ、
また自分で考えるきっかけになったりと、
今後も継続していきたいと思っています。

このブログに割く時間をもっと読書などへの勉強に当てるか、
銘柄分析に使えばいいのかもしれませんが、
この無駄にもみえるブログ運営は、
なかなか言葉では言い表せない効果を私にはもたらしてくれています。

投資手法同様、人それぞれだと思いますが、
私はこのような日々がマッチしているようです。

今後も引き続き、よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
◆最近のお気に入り