投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +37.0% となりました。
前週比は +0.6% で推移しました。

20171208_パフォーマンス推移表





2.全体所感

今週は水曜日に日経平均が一時500円ほど下落しました。
これは、今年最大の下げ幅だそうですよ。
こんな程度の調整で?という印象ですが、
それだけ今年の相場がマイルドであるということですかね。

この調整の背景をどう捉えているのかを調べてみたのですが、
(といってもアナリスト等の解説に目を通した程度ですが・・・)
まぁ、後付けの理由でもっともらしく書かれているのですが、
どれもこれも全く参考になりませんでした(笑)。

英国で銅の価格が急落したとか、
中国の先行きが不透明とか、
NYダウに弱さがみられてとか
FOMCを控えての様子見だとか。。。

結局、その後の2日で水曜の下落分を全て吸収して戻り、
週間でもトントンという結果となりました。
日々の値動きやその解説というのは、
本当にアテにならないということを改めて実感しました。
というわけで、アナリストの見解ですらあまり参考にならないわけなので、
私の全体所感なんてのは、もっと意味がないですね(笑)。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20171208_ポートフォリオ内訳


現金比率が34%と先週より2%下がっています。
全体資産が更に膨らんだことと、
アイドマMCを買い増ししたことに伴うものです。
この高揚する相場の中で買いを入れていくというのは、
どうにも悩ましいのですが、色々考えての判断です。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20171208_保有銘柄一覧(週間騰落)

証券会社のレーティングで目標株価の変更を受けてなのか、
WDBホールディングスが高く、
シュッピンは好調な月次情報もあって一段高で、
共に高値を更新し続けています。

アイアールジャパンHDは四季報先取りの影響で高騰していた反動でしょうか。
今日の寄付き付近でだいぶ下ひげをつけたようだったので、
一瞬、この底で買えればよかったんじゃないの、なんてスケベ心が湧いてくるあたりが、
まだ未熟者の証拠ですね(笑)。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20171208_保有銘柄一覧(指標)


特に目新しい変化はありません。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。



■日本管理センター
年末年始の休業のお知らせが出ています。
1/8までお休みということで、
会社として1/4-5はお休みなのですね。
リフレッシュをするという点でも良い事だと思います。

■サンセイランディック
こちらも年末年始の休業についてのお知らせです。
こちらは1/4まで休みなので、1/5が仕事始めですね。
来期がスタートするわけですが、
次期中計の走り始めとなるわけで、
盛大に決起して心機一転頑張ってもらいたいですね。

■WDBホールディングス
中間報告書が郵送されてきましたが、
その中に新卒採用の人材を紹介して欲しい旨のレターが入っていました。
といってもあくまで採用試験へのエントリーのいちチャネルの扱いのようです。
株主として同社のことをよく理解している方からの紹介は、
一定のマッチングの可能性があるということのようです。
しかし、相変わらず個性的な会社ですね。
どうせなら、派遣社員となる方も広く募ればいいのにと思いました(笑)。

■シュッピン
月次情報が出ています。
特にコメントはありません。EC売上や会員数の増加傾向など、
全般なんのツッコミどころはありません。
個人的には愛用しているキヤノン5Dシリーズの最新機種が
値下げされていて、ちょっと気持ちが揺らぎました(笑)。
一番の繁忙期ですから、過度なセールも程々にして、
うまくマネジメントして欲しいですね。

■ルネサンス
中間報告書がUPされています。
特に目新しいことは書かれていませんが、
隅々に期待感を持てる投資の種まきのことにも言及がされています。
また働き方改革が前面に出ており、
このようなことがたとえ表面的であったとしても
きちんと言及がある点からも従業員への配慮に満ちた会社であると、
改めて認識することができます。

■丸和運輸機関
こちらも中間報告書が開示されています。
郵送されたものを開封して、
真っ先に赤字で「物流革命への挑戦」という
どぎつい文字にちょっと驚きました(笑)。
中身もだいぶ凝った作りになっています。
「超拡大」と敢えて「超」をつけているのも今回からではないですかね。
「超」って・・・って感じですが、まぁこの会社らしいと思います。
2019年3月期の経常利益が65億で今期が50億見込みなので、
中計を遵守できるならば、来期は30%の増益となる換算ですね。
中計にはAMAZONのことは見込んでおらず、
足元ではコスト優位となっているものの、
これを乗り切れればより大きく成長できると野心に溢れていますね。
AMAZON対応がいかに急務で対応せざる得なかったか、
計画外の様々な事案に対応してきたことが、率直に述べられており、
今回はなかなか読み応えがある内容と感じました。

■ソーシャルワイヤー
仙台の貸し会議室で年末キャンペーンだそうです。
こういうキャンペーンってどの程度促進に機能するんでしょうかね。。。




5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20171208_資産残高推移表



特にコメントはありません。



6.雑記

ビットコインの高騰が話題になっていますが、
さすがに私の周囲でもよく聞くようになりました。

私が株式投資をしていることを知っている方からも、
ビットコインってどうですかね、と聞かれる頻度が急増しています。

どうですかね、と聞かれても正直困るのですが、
そういう質問をしてくる多くの方は、
結局のところ、短期でお小遣い稼ぎができそうという発想で、
儲け至上主義ですし、
後押しをして欲しいだけな気もしますから、
適当にいいんじゃないですか~と同調してのらりくらりするようにしてます。

ビットコインが持つ「価値」をどう評価し、
その価値に対してどういう解釈で「投資」という概念で
資金を投じられるのかわかりませんので、
私は投資だとは認識していません。

まぁ宝くじを買うよりはいいんじゃないか、くらいの感覚なのです。

私はリターンを推し量る上で、
自分の理解を超えたリスクを正しく認識できないため、
自分が手掛ける対象ではない、というお堅いスタンスを崩しておらず、
どれだけ周りが儲けていようが、
それは異なる世界のこと、
ゆうなれば、プロ野球選手が億プレイヤーとして
活躍しているのを見ているのと同じような感触なのです。

このことは、投資スタンスの異なる立場の方と、
自分を比べて地団駄を踏むという過去の経験を通して、
今では気にならなくなったということと近しいです。

同じ株式市場でもレバレッジをかけたり、
特定銘柄に大きく張るというやり方と、
少額で分散させ過ぎのチキンな私のやり方とでは、
プロセスも結果も異なるのは当たり前なのです。

自分がやろうと決めたことをやるのはまだ簡単です。
自分がやらないと決めたことを、
やらないでいることは案外難しいのですが、
それを貫きマイペースで頑張りたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
仮想通貨については、南郷さんが身銭を切って実験していますね。南郷さん自身ギャンブルだよねと言って分散投資の一環として取り組まれており、あれぐらいスタンスが明確なら投資として成立すると思います。

本で読む限り、ビットコインは決済手段、特に海外相手のものとしては相当な「価値」があるのはハッキリしています。

ただ、まるのんさんが指摘されるようにその「価値」に対して「投資」をするとなった場合、やはり投資理由を見出すことができないと感じます。投資理由が見出せないということは、なぜ保有するのか、売買する際の理由付けができないということなので、これでは投資とは呼べないなと。

もちろん、あくまで自分にとって、ですので仮想通貨に投資している方をどうこう言うつもりは全くありません。まるのんさんみたいに鉄の精神力を持っているわけではないので、いくら儲けているんだろう、うらやましい~とすぐグラついてしまう自分を何とかする方が先決です(笑)

ボーナスを頂いたので、みきまるさんのブログで紹介されていた書籍を何冊か購入しました。地道に少しずつ研鑽して、何があっても泰然自若、といきたいものです。
2017/12/09(土) 12:32 | URL | コー #-[ 編集]
>コーさん
こんにちは、コーさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

投資の定義は人それぞれですので、
ビットコインが投資に当たるかどうかの議論も様々だと思いますし、
その事自体はたいして重要ではないのかもしれませんね。

とはいえ、私の中で、「ギャンブル」と「投資」は
明確に異なると認識しています。
どちらがより正義かということもないので、
双方を楽しめるのであれば、それはそれでいいと思います。
当然、ビットコインを含めた仮想通貨への資金投下について
否定するつもりはありません。
むしろ少額でもやってみるとまた色々見えてくるものもありそうで、
知見を広げるという意味でライトにやるのはいいかもしれませんね。
むしろ私のように厳格さばかりを前面に、
やってみることすらしない事もまた無知の極めであるかもしれません。

通貨としての価値については、私は本を読まないので、
あくまで持論ですが、そもそも決済手段のボーダレス化による恩恵など、
後付けの理屈にしか感じません。
現状では決済手段の可能性という側面より、
やはり得体の知れない価値への夢といった感じで捉えています。

強いていえば、ブロックチェーン技術を使った堅牢さという評価もありますが、
本来はないはずのことですが盗まれたとか、
むしろ堅牢し過ぎることが仇になるケースも
今後はより目に触れる事になりそうだなとも思っています。


ビットコインを始めとする仮想通貨に投資している人は、
純粋に騰落のボラティリティが大きいため、
目先でその値幅を抜いて儲けたいというのがほとんどではないかなと思います。

仮想通貨の決済手段の可能性や仕組みの堅牢さが長期的にみて、
世界の決済にイノベーションが起こる、
大袈裟に言えば、基軸通貨がドルからビットコインになる、位の事を展望して、
保有するのであれば、それは紛れもなく投資だと思います。
ただ純粋にこれを期待して投資をしようと思っている人であれば、
その通貨を買うより、
取引所やビットコインを扱うための様々なハード、ネットワーク、電力設備等々の
インフラファシリティーにも投資をされるものと思います。
仮想通貨が世界を変える、という志があって、
長期投資のポートフォリオとして仮想通貨を組入れているといわれれば、
その方の話はよくよく聞いてみたいなとは思いますね。

そうではなく単に儲けているというだけであれば、
そりゃ1年保有していれば10倍を超えているし、
ここ数日でも2倍近くにはなっているわけで、
それを聞いたところで、へぇ2倍ですか、10倍ですかとなるだけです。
野球をろくに出来ない自分が、
プロ野球選手が何億の年俸をもらっているのかをみて、
悔しいとか思わない感覚と似ているのです。


みきまるさんは本当に精読されていて
頭が上がりませんね。私もちょうどアマゾンのセール期間なので、
また在庫で「いつか読む本」を積み増していくことになりそうです(笑)。

仮想通貨の件は、取りまとめのない返信となり申し訳ありません。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。


2017/12/10(日) 02:44 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/971-9a7d02b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り