投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +36.4% となりました。
前週比は +3.3% で推移しました。


20171201_パフォーマンス推移表




2.全体所感

1日前が月末だったこともあり、月末記事 に所感を記載していることもあり、
特に新たに書くこともないです。
と言いつつだらだら書くわけですが(笑)。

改めて個人投資家のパフォーマンスが続々と開示されており、
そちらを眺めていると、改めて堅調な相場であることがわかります。
資産が2倍なんてもはや当たり前な様相ですが、
ただ、いくら堅調とはいえ、資産を短期で2倍とするためには
それなりにレバレッジをかけるか、
特殊な波乗りノウハウを駆使していかないといけないと思います。
もしくは大きく特定の銘柄に張って、
モメンタムに支えられた結果であると理解しています。

私はそのような「殖やし方」にばかり傾倒して浮気するのではなく、
引き続き、自分のスタンスを粛々とやっていくようにしたいと思っています。
私が「儲け」に注力してしまうと絶対に失敗する自負がありますので。

日経平均が高いか安いか、この先どうなるかなんて、
結局わからないというのは、月末記事 に記載した通りですが、
私の運用資産の推移は、私に今のスタンスからみると、
明らかにスピード違反で勢いがあり過ぎるという感触があります。
(周囲と比べると、とても秀でているわけでもなく、むしろちょっと弱いくらいですが)

確かに私のポートフォリオは指標面で見てもそこまで割高感があるわけでもないのですが、
現状の資産は、当初に定めた30年の長期資産シミュレーション上からみると、
2021年半ば位の想定規模となっています。
つまり運用4年目にして、4年弱計画を前倒しできていることになります。
このような感覚を踏まえて、そろそろ来年の投資方針や行動指針について、
具体的に明文化をしていかねばなりません。
方針は大きく変えるつもりはありませんが、
より安定重視にという事になると考えています。

こうやってして、また皆さんから遅れをとってしまうわけですが、
それでいいと思っています。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20171201_ポートフォリオ内訳

現金比率が36%となっていますが、
これまで現金が厚めであったわけですが、
ポートフォリオPERが15.5倍まで騰がったことで、
目安となる現金比率も同水準となり、
居心地よい現金比率となってきた感じです。

あくまで目安なのですが、
そういう状況であるということを認識して対処していきたいと思います。

具体的にはやはり今の私の期待する年利10%の目安を鑑みた時、
ポートフォリオPERが高くなっているのがそもそもの課題であると考えており、
ポートフォリオPERをもう少し下げることかなと考えています。
つまり、高PERの銘柄への対処です。
高PERを維持できなくなって株価が調整するのが先か、
私が比率調整をするのが先かといったところでしょうか。

ただ、高PERがより高値を取るということが定石となっている中で、
なかなかその決断にも勇気が要るわけです。
前述の通り、「儲け」を意識してしまう弊害かなとも思いますので、
よく自分の納得感とも相談して決めていきたいと思っています。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20171201_保有銘柄一覧(週間騰落)


サンセイランディックはとりあえず決算前の水準まで戻ってきました。
アイドマMCや全国保証は決算説明会がポジティブだったでしょうかね。
アイドマMCはともかく、全国保証は特にポジティブ視する材料もないので、
偶然かもしれませんね。
それから、丸和運輸機関の上昇が大きいですが、
信用売りの買戻しなんてしょうかね。
いずれにせよ、目先の業績感は不安が大きく、
今の株価水準はとても割高だと認識しています。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20171201_保有銘柄一覧(指標)

特に目新しい変化はありません。



4.個別銘柄トピックス

保有銘柄の中で、
個別にトピックスがある銘柄について、
コメントを残しています。



■アイアールジャパンホールディングス
TOKYO PRO Market J-Adviser資格取得と、
クラウドファンディング運営会社との業務提携が開示されています。

プロ向け市場の取引所への上場会社や
非上場会社への支援ということで、
より上流側の領域へ拡大をしてきた印象です。
既存市場への上場会社への対応だけでも様々な案件があると思うのですが、
(というか1Qの時のIR照会で旺盛な受注環境を認識してました)
更に領域を広げることはどのように捉えるべきかまだよくわかりません。
よりスタートアップに近い会社であれば、
それだけ支援出来ることも多いでしょうし、
そういう会社の中で大きく成長する会社が出てきて、
それが引き続き同社の顧客となるとより規模の大きな仕事にも繋がります。
長い目でみれば面白いと感じます。
一方で、現状の領域でやれることは沢山ある中で、
限られたリソースをより広い領域へリーチすることで、
既存領域への対応力が希薄化する要素がないかは注視が必要とも感じます。
今日の今日なので、もう少し時間をかけて考えてみたいと思います。


■WDBホールディングス
決算説明会が開催されました。
詳細をここに書くことは控えますが(様々なことを考慮してのことです)、
中野社長の見識の深さや、大胆さ、創業者としてのプライド等、
様々な面を改めて垣間見ることが出来ました。
ツイートもしましたが、特にCRO事業は私は知識がないため、
少しずつ調べて基本理解を進めるようにしています。
なお、いちよし証券から目標株価を3300円へ上方修正したようです。
今日、即座にそこにタッチしています(笑)。
株価はだいぶ高いですね。。。


■シュッピン
会社からのリリースは特に出ていませんが、
どうやら四季報先取り?で取り上げられたようです。
(私は非会員なので、あくまでツイートなどの情報です)
これを受けて株価は更に高値をとってきており、
どこまでいくんだろうという感じですね。
遅れていたマーケティング施策がようやく奏功してきており、
今後が楽しみではあります。
株価的には月次情報にも過度な期待がかかるでしょうが、
12月の繁忙期がどうかに注目ですかね。
とりあえず在庫は十分と思うので、頑張って欲しいですね。


■全国保証
アナリスト向け説明会の動画がUPされています。
また、個人向けのIRセミナーに同社の説明会がセットされたため、
こちらには参加してきました。
いずれも特に新しい材料はなかったのですが、
石川社長の誠実さを改めて観察する感じになりました。
ただ、質問した際に、住宅ローン保証だけでなく、
瑕疵担保保証など他の領域への取り組みの捉え方について質問しましたが、
そのような会社へ働きかけたり、又は声をかけてもらったりで、
今後も様々な協業も考えていきたいという趣旨があって、
ここはちょっと意外な感じがしました。
いつもIR担当でお世話になっている方も随行されており、
軽くご挨拶できてよかったです。


■ルネサンス
経産省のおもてなし規格認証を取得したようです。
スポーツクラブ業界では第一号のようです。
これは現場スタッフの対応力の高さ、
とりわけ「人」に注目している私としては嬉しいニュースです。

また、東京都スポーツ推進企業認定も3年連続で認定となったようです。
この辺はオリンピックへの対応企業と言う面もあり、
コナミスポーツクラブやセントラルスポーツも同様に認定されているため、
まぁ形式的なものと捉えています。


■ソーシャルワイヤー
月末恒例の社長ステートメントが出ています。 → こちら
今月はIR活動への振り返りということで、
株主として、IR姿勢も重視しているため、
率直なこれまでの経緯や現状認識にはとても好感が持てます。
矢田社長らしく、我流を追求しようとしたり、
ビジョンを掲げて現場に任せるという対応も素晴らしいですね。

KPI(月次情報)も更新されています。
まぁ特に変調なく順調です。
先行指標がようやく横ばいになりました。
今後さすがに少し下がりますかね。どうでしょうか。

自己学習型のオンライン翻訳サービスが公式にりりーすされました。
頭だしはありましたが、正式なサービス提供開始のリリースです。
あくまで付随的ではありますが、
専門的領域の翻訳サービスがどこまで浸透するか楽しみにしておきたいと思います。



■ホクリヨウ
株主優待のたまご券をお送り頂きました。
株主総会では宮城進出の件で言及があったようです。
内部留保を厚くしており、配当が低いことを許容している、
というかむしろ成長に期待しているため、
早く具体的な内容を知りたいですね。
多賀城市ということで、仙台圏が商圏となりますね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20171201_資産残高推移表


特にコメントはありません。



6.雑記

この季節になると、
子供へのクリスマスプレゼントに頭を悩ませます。

子供が欲しいものをサンタさんに頼んでくれれば、
父親としてはあとは粛々と処理するだけなのですが、
肝心の、何を頼むのかは毎年一筋縄でいきません。

そもそもおもちゃにはあまり興味を示さず、
一応プラレールやトミカなどの王道は歩み、
それなりに所有しているわけですが、
むしろおもちゃとしてのプラレールより、
アマゾンさんからの大量かつ様々な大きなの空段ボール等で
工作をして電車を作る方が好きのようです。
子供もそのことを自覚していて、
おもちゃをねだることはなく、
飽きが来やすいおもちゃを選択肢から外せるのは、
親としても何気に嬉しいわけです。

来年以降本人が興味を持てるきっかけをもたらせるものがいいな、
と感じているため、子供の選択肢の補助に、
程よい距離感で子供を見守りたいと思っています。

わが子は小学1年男子なのですが、
この時に典型のおもちゃ意外でなにかおもしろいものはないでしょうかね・・・


コメント
この記事へのコメント
来年上がる株
中央自動車工業
日本モーゲージサービス
三協フロンテア
2017/12/08(金) 00:36 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
>通りすがりさん
こんにちは、通りすがりさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

まず、「来年上がる株」を
教えて頂きましてありがとうございます。

私も未熟ながら企業が成長して、
結果的に市場から評価されることで
株価が騰がることを分析を通して評価をしています。
見立てが外れることもあれば、
その評価までに時間を要することもあります。

ですので、通りすがりさんが教えて下さったように、
「来年」「あがる」というキーワードはとても魅力であると同時に、
コメントで教えて下さる程に確信を抱けるのかに興味があります。

「いつか」「騰がりそう」ならわかるのですが、
なぜ「来年」なのかとか、
上がることに確信めいた感情を抱けるのか、
もしよければ秘訣を教えて頂けると嬉しいです。

私はいつも不安の中におりますので、勉強させて下さい。


頂いた3銘柄への見解については、
もし上記回答を頂けた上で、
ご要望があればコメントさせて頂きと思います。

よろしくお願いいたします。
2017/12/08(金) 23:10 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/970-772a83b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り