投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

日経マネー誌の中で、「納得感」を大切にしていることを、
私のスタンスとして示しました。 → こちらの記事


今回は、この納得感について、
私なりの補足の意味を込めてメモを書き起こしてみました。




私のような凡人が株式投資に向き合うに当たって、
大事にしなければならないことは、「納得感」だと考えています。

日経マネー誌に取り上げて頂く際に、
どうしてもこの「納得感」が大事ということに関しては、
自分が大切にしたいことの根幹でもあったため、
記者の方にはご面倒をおかけしましたが、
文末に一行挿入をして頂きました。


株式投資を通して高いパフォーマンスを継続することは、
もちろん目指すべき方向だと思います。
しかし、「儲け」が先行するとどうしても「手法」が先にたち、
目先の効率を重視することになると考えています。
このことは決して悪いことではなく、
むしろこのような活動を通して、自身の投資手法を確立され、
実際大きなリターンを手にしている成功者はたくさんおります。
自分もその一人として日の目をみるようになりたい、
そう思うのは自然のことだと思います。

一方で、自分が株式投資に向き合うにあたっては、
儲けるための手法に拘るのではなく、
自分に最適なリスクとリターンのバランスをみながら、
「あぁ、こんな会社なら応援したいな」と感銘を受けた会社へ
応援をしたいというプロセスが必要だと感じています。
損得は最終的にはとても大事なですし、
自分の目指すリターンを睨みながらという前提にはなりますが、
そこへのプロセスや結果について「納得できること」は、
長期に渡って、相場とお付き合いをしていく上で大事だと考えています。

よく銘柄に惚れてはならないとも言いいます。
または、応援したいというモチベーションなら、
その会社の商品やサービスを消費者として消費して応援すればよいとも言われます。
確かに、銘柄に惚れるがばかりに視野が狭くなり、
ネガティブな要素をもみ消してしまってはいけませんし、
応援したいだけで通用するきれいごとでは済まされない面があることも事実です。

しかし、株式を購入し、その企業の成長を期待する、
それが市場の現状の評価よりバリューアップされることを願う、
つまりその企業を長く応援したいという想いが伴っているか否かは、
「投資をしよう」と思う大前提だと考えています。
(主に中長期投資の場合ということになろうかと思いますが)


このような保有する喜びというプロセスを踏むことで、
仮に損を出しても、指数を下回ったとしても、どこか納得できるものです。
少しの株価の乱高下にも一喜一憂しなくなりますし、
目線を自然と長期的な捉え方にシフトさせることが出来ます。


ですから、私は「儲かりそう」というより、「納得性」を重視しています。


このことを踏まえて、私は会社のごく一部ではありますが、
接することの出来る「人」を見るように心がけています。

経営者がどういうビジョンを持たれているのか、
もしくは現場で活躍されている社員(主にIR担当ということになりますが)が、
どのようなことを気にかけて働かれているか、どういう方向性を持っているのか。
このような姿をIRへの電話や株主総会など限られたシーンではありますが、
垣間見ることにより、感じることが出来ると考えています。

私のような弱小個人投資家であっても、
社長やIR担当の方はきちんと私のことを記憶し、
そしてコミュニケーションを取ろうと取り計らって下さいます。

会社のことを理解しようとこちらから働きかけ、
そしてその要望に可能な限り応えてくれようとしてくださることは、
株主としても心強いですし、そういう姿勢で自社の商品やサービスを
マーケットへ投入して事業も頑張ってくれているのだと思うと、
目先の数値がどうこうということだけではない(数値はもちろんとても重要ですが)、
違ったシンパシーを感じるようになります。


これから下落相場も経験する中で、
こんな生ぬるいことを言ってられなくなるかもしれません。
ただ、どうせ半ば心中するつもりでその企業の一部を保有するのであれば、
損得というよりはまずは納得できるかという感覚を大事にしていきたいと思います。

なお、リターンの損得の許容度はこの納得感とは別に、
リスク管理という視点で現金比率や
各銘柄の保有比率のバランスを調整して対処していくべきものと考えています。
納得感だけではもちろんいけないので、この感覚を第一に大事にしつつ、
リスク管理に努めて、自分にとって居心地のよい状態をキープすることが、
長く投資に向き合い、楽しめるコツではないかなと感じています。


纏まりのないメモですが、
私が納得感を大事にしている思いとして補足いたしました。


コメント
この記事へのコメント
sunさんのブログで少し接点を持ったコーで間違いありません(笑)
自己紹介が足りず、失礼しました。

この記事やルネサンスの記事(最後まで読みましたよ)でも感じましたが、
詳細なファンダメンタル分析をしたうえで、
最後の判断基準が「人」や「納得性」であったりする。

こういうところが何と言ったら適切なのか分かりませんが、
まるのんさんのブログがたまらなく好きなところです。

僕はsunさんだけでなく、みきまるさんや犬次郎さん、南郷さんのブログが好きでよく読みます。
皆さん、投資家として素晴らしすぎる能力を持ったうえで、
株式投資を存分に楽しんでいることが伝わってくるところが好きな理由です。

おそらく暴落相場になったとして、
フリで嘆くことはあっても、それは本心ではなく、むしろ楽しむんじゃないか。
ましてや投資哲学がブレるなんてことはないように思えます。
それは、まるのんさんも同じではないでしょうか。

とりとめのない感想になりましたが、
これからも更新楽しみにしています!





2017/11/28(火) 20:25 | URL | コー #-[ 編集]
>コーさん
こんにちは、コーさん。
再度、ご返信を頂きましてありがとうございます。

やはりsunさんのブログで拝見していたコーさんでしたか。
改めて、よろしくお願いいたします。

まずあの長文・駄文のルネサンスの記事も
お読み頂いたとのことで、驚きと共に感謝申し上げます。
ご指摘のように私はファンダメンタルズの分析は結構いい加減で、
最後は人とか納得感といった精神論で片付けてしまうところがあります。

記事にはしませんでしたが、バランスシートなどからも
価値を推し量ったり、資産の質やそこから将来生み出されるキャッシュフローを、
現在価値に割り引いて・・・なんて基本もやればいいのでしょうがね・・・。


私もsunさんのブログも含め、
みきまるさんや犬次郎さん、南郷さんのブログもよく読んで勉強しています。
皆さんとても優秀な方で物事の捉え方や目先の事に踊らされずに、
どこかにしっかりした芯を持った方ばかりですね。
それに比べると、私はまだ精神論が中心なので、精進しないとなりません(笑)。

暴落は楽しむ余裕なんてなくて、
自分自身でもどう対処できるのか、
力試しをしてみたいという点では楽しみですし、
今のやり方が長期でみたときに本当に優位なのかも
検証できればいいなとは思っています。
その意味ではいずれくるだろう暴落は
楽しみにしているというより覚悟しているといった感じです。

感想などお寄せ頂きましてありがとうございます。
今後も、ぜひ気軽にコメント頂ければ幸いです。

お返事までに数日要してしまうこともあるかもしれませんが、
まぁご容赦頂ければと思います。
2017/11/29(水) 21:55 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/968-e2228809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り