投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

【決算精査】 3179_シュッピン(18年3月期_2Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「4」 (☆★★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


非常に好調な決算です。
会社からの決算説明資料もより明確にわかりやすくなっており、
IR担当の辻本さんの活躍が光ります。

この資料で全てが判明しているので、
改めて記事にするまでもないのですが、所感を記しておきます。


今回の決算は、
事前に2Qの業績予想修正が出ていたため、
注目していたのはカメラと時計の利益率と在庫の積み上げでした。

カメラは2Q単ではニコンの高額新品がリリースされて、
新品売上も引き続き乗っかっていることもあり、
これは利益率の低下要素です。
また、月次売上の開示で、トップラインが好調なことがわかっていましたが、
それがセールをどの程度強くやったのかも確認できるので注目していました。
もっとも、マップカメラの情報を時折参照している限りは、
セールを強くやっている感じもなかったのですがね。。。

結果、カメラ事業のセグメント利益率は8%前半で安定しており、
前期の年末商戦のあった3Qと同水準となっています。

同社の場合、想像するに利益率を上げすぎる事で、
顧客目線で見た時の離反意識には慎重を期していると強く感じており、
いわゆるぼったくった感じではないと思います。

従って、この程度の利益率が確保された点は、
素直に評価できると感じました。

また、高額品が好調というのはIR照会でも認識していたところですが、
その認識の通り、四半期で過去最高のセグメント利益率となっています。
株高恩恵という側面もあるようで、
外部環境に助けられているのもありますが、優秀な決算でした。


また在庫についても引き続き40億オーバーの水準を維持しており、
これだけ売り上げておきながらの積み上げなので、
仕入も順調ということでしょう。
決算説明資料上からは、この2Qだけみると
やや仕入が1Q比で落ち込んでいるわけですが、
新品投入などのタイミングもあり、
いずれにせよ、先取交換の施策が定着後はレンジが変わっています。


と、だらだら書きましたが主要2事業の利益率もきちんと確保されている点、
今後の収益源の商品在庫も十分積み上げられていることがわかり、
ポジティブな内容だと思います。

ファンダメンタルズには直接影響しませんが、
株式分割が開示され、優待権利は100株で維持なので、実質拡充です。


月次で好調なことを確認できていましたが、
利益面でも問題なく、分割による需給にも好影響を与えるということもあり、
全面的にややポジティブな決算と受け止めました。

総合評価は「4」のややポジティブとなります。




以上から、総合評価は「3」(想定通り)となります。



2.定量数値の確認


(1)売上の推移

■2Q累計
3179_シュッピン(18年3月期_2Q累計)売上推移


■2Q単計
3179_シュッピン(18年3月期_2Q単計)売上推移


月次開示通りなので特に目新しいことはありません。
単計では特に増収幅が顕著ですが、
前期の2Qでキヤノン新品の反動で減収ということもあり、
より顕著となっていますね。




(2)利益の推移

■2Q累計(営業利益)
3179_シュッピン(18年3月期_2Q累計)営業利益推移

■2Q単計(営業利益)
3179_シュッピン(18年3月期_2Q単計)営業利益推移

カメラ、時計の主要2事業できちんと利益を確保しており、
更にトップライン向上の恩恵で販管費率も低位となっており、
営業利益率は年末商戦のある3Qと比べても良化しており絶好調です。

また細かいですが、自転車事業も2Q単では
やや盛り返してセグメント利益は黒字となっています。
全体からみると微々たるものですが、
赤字はいけませんので頑張ってもらいたいですね。



■2Q累計(純利益)
3179_シュッピン(18年3月期_2Q累計)純利益推移


■2Q単計(純利益)
3179_シュッピン(18年3月期_2Q単計)純利益推移

特に営業利益から特異的な変化はありません。
純利益も同トレンドです。


(3)通期予想について


1Q決算精査時の記事で、
上期は上方修正までは出ないのでは、
なんてとぼけたことを書いていましたが、
私の皮算用なんてそんなもんですね(笑)。

ということで皮算用はやめておきます。
というか、12月の商戦の如何によることもあり、
今ここで計算をしても・・なので。


(4)セグメントの状況

セグメント情報として銘柄分析シートにも記載していますので
ここでは割愛します。


3.IR照会

特に実施していません。


4.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

3179_シュッピン(18年3月期_2Q)株価推移

だいぶ株価も高くなりましたね。
そして私の売買ポイントが下手くそ過ぎます(笑)

割安で成長性がある銘柄を保有するはずなのですが、
よく保有継続しているなと思います。



5.さいごに

ユーザー数の増加が加速しており、
仕入環境も好転しており、
うまく施策が奏功している様子がうかがえます。

絶好調の最中ですが、そこで手放しに喜ぶだけではなく、
次の施策をどう進めていくのかにも注目していかねばなりません。

写真シェアリングサービスをどう収益化していくのかなど、
まだやれることはたくさんあります。

年末商戦の盛り上がりの是非とか、
今期の通期修正の有無だとか、
そういう目先のことに捉われずに長期投資を貫くためにも、
視点を長く持ち応援していきたいなと思います。


決算説明資料が秀逸なので、
個別の精査記事が雑ですみません。



~なお、当記事は私の主観に基づき記載されていますので、
投資判断をされる際にはご自身の尺度で十分検討を行って頂くようお願いします。~


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/956-7eb41ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り