投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成

■3762 テクマトリックス 東1
巷ではAI、IoTといったIT系銘柄は人気となっている。
同社も情報インフラの構築とアプリ開発を生業にしている成長志向会社。
クラウド型にも強みがあるようだが、このような会社に対して強みは何か。
AIやIoTの可能性という一般論としては可能性が拡がるのは定説だが、
一方でこの領域を生業にしている会社は中小ベンチャーも含めると数多あるからこそ、
本質的な会社の強みがどこにあるのか。
同社の場合、少し資料や動画を視聴すると、
「クラウド」、「医療」、「セキュリティ」辺りが挙げられそう。
医療分野のクラウド型サービスは、黒字化してきたということで、
クラウド型という事から考えると今後収益は急拡大する可能性がある。
しかし、医療分野での電子カルテなどの広域医療情報システムは、
CEホールディングスなど専業もある中で、どうも凹凸がある。
医療法人は案外、設備投資には消極的な印象があって、
高齢化という医療ニーズが増す中で成長しそうでありながら、
どうも先行きに自信が持てない部分がある。
セキュリティは同社の起業の頃からの注力領域ということで、
今も一定の優位性はありそうだが、一方で今はセキュリティなくしては
情報基盤構築などありえないので、圧倒するものがないと評価が難しい。
結局、キーワードに挙げた部分で一定の強みがありそうだが、
どこまでのポテンシャルがあるのかは確信が持てないという印象。
ただ、社長の動画の様子やWebのメッセージなどをみていると、
創業からのサクセスストーリーや中計へのコミットメントもあり、
どこかコムチュアを思わせる。
今期のガイダンスは中計未達を示唆しているものの、
そのトレンドに沿ったものという説明も動画であり、
数値へのコミットメントがどこまであるのかも少し気になるところ。

いずれにしても、もう少し真面目に各商品・サービスの優位性評価をしないと、
詳細な分析が不能。

市場からの需要が引き続き堅調であることもあり、
当面は高成長で推移しそうであるが、
CAGR20%は少し強気かとも思う。
時価総額が400億~500億の会社が更に倍となり
1000億の規模になるとすると、
何せ人材育成などの投資も益々増加するだろうし、
会社のガバナンスコストも一層高まるところとも思う。
CAGR15%程度でみておくのがよさそう。
その目線で目標株価を算出してみると、
22.3期EPSは140で評価PERは20倍~25倍くらいとすると、
2800円~3500円で中央値の3150円となり、
今の株価から4年後に2倍までいくかどうかといったところ。

医療分野のクラウドサービスが黒字化した後に、
どの程度のスピード感で拡大していけるのかという点と、
セキュリティ分野でAIやIoTというテーマを背景に、
同社の商品サービスがどこまで優位性を持って導入していけるのか、
このあたりの進捗状況次第では大きく化けそうではある。

コムチュアと同じ匂いがするんだけど、
金融分野に強みがあるコムチュアであれば、
医療に強みのあるテクマトリックスという印象。
もちろん、金融や医療だけではなく、
他業態や領域に進出しようというのも同じ流れ。

コムチュアはNRIへの売上が大きいが、
テクマトリックスはNECへの売上が大きい。
NECは大手ベンダー系のSIerの中では劣勢という認識があり、
一方でNRIは金融に強みがあり、
顧客基盤という面からも少し心配もあるかなー(気にし過ぎかな)。
過去業績の安定性の面からもコムチュアに軍配。


■4595 ミズホメディー JASDAQ

臨床試薬の器具、消耗品、検査薬などを扱う。
インフルエンザ検査に関する商材は既にデファクトスタンダードとなっていて、
機器の更改販売のフローと消耗品が継続的に発生。
またインフルエンザ以外にも肺炎など様々な感染症に対応するための
商材ラインアップを拡充中。
更に簡易的に検査が出来る機器も独自開発。
そもそも、同社は技術屋会社で一貫した自社製品開発など、
拘りがとても強い。なので、社長もどこか口下手な印象。
佐賀の地方会社でアクのある拘りある系の会社なので、好みの会社。
インフルエンザの流行期になると物色されがちだが、
インフルエンザ以外の様々な新商品の投入や、
既存商品の検体検知力の向上など付加価値向上型も魅力。

遺伝子レベルの検査への対応など、
今後も研究開発や生産ラインの投資も継続的に必要なこともあり、
成長率からするとややマイルドか。
CAGR15%程度で21.12期EPSは184、評価PERは25倍とみると、
目標株価は4600円。4年で+60%程度の上値余地ということで、
今がやはり手が出しにくい価格帯という判断。

なお、需給面で目先JASDAQから将来的に東証1部へ昇格期待もありそう。
(東証2部経由かな)


■3724 ベリサーブ 東1

ソフトのデバック(ソフト検証)を行う会社です。
ゲームソフトにおけるデバックとしては、
ハーツUGやポールトゥウィンなどがありますが、
これらの検証とは違い、
電子機器や車載搭載機器に実装するソフトの検証を行います。

ソフトの構築で人手が足りないことは周知のことですが、
IoTという時流の中で、益々需要は旺盛になっていく分野だと思います。

ソフト構築は工程別に求められるものも異なりますが、
下流になればなる程、人力技という印象です。
従って製造工程(いわゆるプログラミング)や試験工程は、
どうしても労働集約型になりがちであるという点と、
設計工程で実装した内容をチェックしていくわけなので、
上流の設計工程をマネジメントしているキーマンがいないと、
試験工程で品質を網羅出来ない構造があるという点が肝です。

このようなことを念頭におくと、
まず労働集約型であるという点についてですが、
昨今ではテストの自動化というツールが有用になっており、
試験データの作成やその走行をある程度自動化することが出来ます。
同社においてもこのようなツールを活用しているようですし、
その一環として特化型ワークフローで効率を重視している様子は伺えます。
但し、同社ならではという強みまではなかなかすぐには発掘出来ませんでした。

相応のSIer会社であればオフショアやツール適用など、
様々な施策の中で効率を求めて、
出来るだけ労働力に頼らないやり方は既にやられており、
この点で差別化要因があるようには感じません。
(決して劣っているというわけでもないので、良くも悪くも普通という印象)

また2点目の設計工程への寄与度という点では、
開発フェーズからの参画で実績という内容が触れられています。
しかし、同社が開発フェーズで強い優位性がある、
つまりSIerとしての優位性がどこまであるのかは未知数です。
推測ではありますが、SCSKから独立した会社で、
未だ筆頭株主という事を考えると、
要するにSCSKが手掛けるプロジェクトに参画しており、
その中で特にテスト工程に強みのある会社として
請負をしているということなのかなと感じました。
(完全なる推測なので違っていたらすみません)
それであればSCSKの工程分担会社という見方も出来るかもしれません。

そもそもSCSK自体もSI業界の堅調さの中で成長していくでしょうから、
その流れに同社も乗って一定の成長は期待出来るかもしれません。

営業利益率がこの業界としてはやや高く10%を超えています。
固定資産が少なく償却費が少ない構造であることで原価率も低いのですが、
研究開発費なども低く(それでいいのかな?)、販管費率も抑制されています。

とざっくりビジネスの状況を把握した上で同社をみて感じることです。

まず、現金そんなにため込んでどうするの?ということです。
財務は岩盤で現金を還元するなり投資するなりしないとなりませんが、
どうするつもりなのかということです。
投資に回すつもりがあるにせよ、還元姿勢が極端に弱いので、
もう少し見直すべきだと思います。

次に経営姿勢についてです。
SCSKから独立したという会社ですが、大株主には経営陣が一切いません。
この時価総額であればもう少し役員が株式保有でもって
株主の方を向いた経営があってもいいのかなと感じます。
IR活動もかつてはセミナーや資料開示もあったようですが、
直近ではそれも消極的になった印象です。
経営への意欲や株主への姿勢などやや消極的かなという印象を持ちました。


良い点としては、従業員の給与水準ですが、
41歳で平均年収640万は、悪くはない水準です。
こちらも想像ですが、SCSKはホワイト企業に邁進する会社ですから、
その文化をうまく継承できているとすると、
この年収数値以外の従業員の定着という面で良い面はあるかもしれません。
ただ、離職率など定量データで裏どりしたいところです。

株価水準ですが、PER水準は10倍台後半で、
この相場にあって見た目はそこまで高くないかなという印象です。
成長性については、需要は旺盛ながらも対応出来るキャパという観点もあり、
CAGRは10%程度が現実的だと考えています。
22.3期EPSは290、評価PERは20倍くらいとみると、目標株価は5800円位ですかね。
5年で+60%程度なのでまぁ微妙かなと思います。
CAGRがやや控え目でかつ評価PERも20倍程度と控え目で見たのは、
安定性、還元性において低い評価であることによります。
収益構造がフロー型が主体で安定性に凹凸があると思われ、
今でこそ他案件でカバーできているのですが端境期の存在も考慮すると、
CAGR水準もこの程度で、かつ還元姿勢も含めて考えると、
評価PERもこの程度かなと思います。
受注状況の定量データもあるのですが、
試験工程を中心とした領域であることを考えると、
売上計上までの期間はそこまで長くないと思われ、
安定性評価の際の助けになるかといわれるとそこも微妙かなと思い、
やはり安定性評価でもそこまで高い評価が下せません。

ちょうどsunさんのブログで取り上げられていたこともあり、
埋没していた監視銘柄リストからピックアップして、
改めて簡易的な所感をメモしてみました。


コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
やっと、SharedResearchーReportで3277サンセイランディックが公開されましたね。
2017/10/23(月) 21:32 | URL | 謎man #J3YII32Y[ 編集]
>謎manさん
こんにちは、謎manさん。
コメントを頂きまして、ありがとうございます。
また、返信が遅れてしまいまして、失礼いたしました。

サンセイランディックのレポート出ていましたね。
私も開示された日に読みましたが、
ボリュームもたっぷりで読み応えがありました。

といっても私は既に主力銘柄として長らく保有しており、
同社の信者化していることもあり(笑)、
あまり新たな発見はありませんでした。
でも振り返りを行い改めて頭の整理をするには有用でした。

来期に開示される次期中計への期待が高まりますが、
急激な伸長というものも考えにくいのと、
同社がそういう経営スタイルではないこともあり、
意欲がありながら地に足のついた内容が
開示されるのを期待したいです。

株価は相場の堅調さに比べると、
なかなか評価がされにくく、
まったりしているところですが、
焦らずに応援をしていきたいな、と思っています。
2017/10/24(火) 23:43 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/947-d7178f08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り