投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +27.0% となりました。
前週比は +0.4% で推移しました。

20170922_パフォーマンス推移表





2.全体所感

今週は衆院の解散やFRBの資産圧縮政策及び年内利上げ観測が出たり、
更なる追加緩和への布石(?)とも思われる日銀の対応など、
様々なニュースが駆け巡りました。

週初には四季報の影響なのか、
ポジティブな記載のあった銘柄の株価が高騰してウハウハだった方も
たくさんおられたのではないでしょうか。
いずれにしても引き続き、投資家は楽観的であるという印象を持っています。
一方で、周囲では着実に利益確定を進めている方もおり、
まぁ人それぞれなんだな~という感じです。

北朝鮮が新たな実験を検討なんていう
相変わらずのニュースも聞こえてきており、
今日もそこまで株価は影響を受けなかったようですが、
また週末でああだこうだとコメンテーターなどの解説も聞かれそうですが、
そういうものに一喜一憂するのは意味のないことだなと感じています。

ただ、トレンド云々は横に置いておいて、
自分の中でポートフォリオの割安度やリスク許容度が
過度に逸脱していないかなど、
よく観察していかねばならないなとも考えています。

自分が自分のポートフォリオや言動に対して、
納得感をもって要られているかという事が大事ですので、
今後もその問いかけをし続けていきたいと思います。


3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170922_ポートフォリオ内訳

今週はソーシャルワイヤーの一部利益確定に伴い、
同社がギリギリ5%の比率まで落ちています。
本当はもっと応援したいし、保有量を減らしたくないのです。
しかし、明らかに割安ではないため、分割を待たずに決断を行いました。

それ以外はポートフォリオに変化はないかと思います。
やや丸和運輸機関の上昇が大きく順位が上がっているくらいですかね。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170922_保有銘柄一覧(週間騰落)


丸和運輸機関とサンセイランディックが高値を抜いてきています。
特に丸和運輸機関は気味が悪い位強いんです。
分割も2分割ではなく3分割でもよかったんではと感じますが、
まぁどうせ落ち着く所に落ち着くでしょう。
それにしても5000円の壁は厚いかなと思っていましたが、
あっさり上抜けました。やはり株価の短期的な動きなんて、
まったく予想できないですね。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170922_保有銘柄一覧(指標)

とりあえず先週の煩悩から、
ソーシャルワイヤーを一部利益確定を行うことで、
ポートフォリオPERは15倍をぎりぎり割れているわけですが、
引き続き私の求めるリターンから比べると
割安感が薄まっている印象は拭えません。
ですから現金比率の目安も投資方針に照らすと31%となりますが、
現状で39%まで厚くしています。




4.個別銘柄トピックス

■ソーシャルワイヤー
インドで金融機関向けのリサーチセンターを開設というリリースがありました。
インドは金融機関にとっても魅力的なマーケットであるとは思いますが、
進出には情報不足やファシリティの課題があると認識しており、
この辺りをうまくパッケージにして提供するというのは、
この事業そのものでの収益は出ないと思いますし、
むしろ先行投資的な要素になると思います。
しかし、マーケットを開拓しようとする顧客を厚くし、
同社のサービスが足掛かりとして機能することは、
中長期的に大変意義のある事だと思います。

■ホクリヨウ
ツイートもしましたが、上方修正に伴う増配がなかった点など、
いくつかIR照会を行いました。
今後の設備投資計画などを鑑みた時に、内部留保を厚くしておきたい、
というのが増配を見送った理由です。
関東圏の進出については明確な言及はありませんでしたが、
将来のためにきちんと成長する姿勢は
斜陽産業にある中で期待を感じる内容です。
バリュエーションも手頃ですから、
引き続き、低位でたまご券をもらいながら応援することになると思います。
ちなみに今期予想のガイダンスは超保守的になると思いますので、
大幅減益予想に驚かないように今から覚悟を決めておきたいと思います。
(あくまで個人的な勝手な憶測ですが。。。)



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170922_資産残高推移表

ポートフォリオPERがじわりと上がってきているので、
やはり割安性を重視した銘柄にもう少しシフトするべきかもしれませんが、
今の銘柄はどれも割安性が薄まっているので難しいですね。
ですからその分を現金比率を厚めにしており、
全体のバランスを取っているつもりなのです。


6.雑記

直近で自分の投資手法や過去の実績を
改めて振り返る機会があったのですが、
自分の手法も少しずつですが変化していて面白いなと感じました。

それが良い方向の変化なのかはわかりませんが、
その時々で自分のルールの範疇で重視する点を微妙に変化し、
調整することは意味のあることなのだろうと思います。

基本的な芯はぶれることなく、
しかしその範疇でアプローチを試行錯誤することは、
有意義だなと思います。

株式投資だけではなく、
料理でも育児でもなんでもそうなんですよね。

料理で出汁を取る時に、
少し時間を調整するとエグみが出てしまったり、
逆に絶妙なうま味が引き出せたりします。
玉子焼きでも火加減ひとつで全く異なる料理になります。

子供に勉強を教えるにも、
新しい単元で教える時にどういう事例で話をするとわかりやすいのか、
子供により興味をもってもらえる働きかけはどういうものかとか、
常に同じ目的ややり方の中で、微妙にアプローチのやり方を変えてみることは、
自分のためにも有益ですし面白いことだなと思うのです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/936-1c752f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り