十分な教育資金と老後資金のために

コメント欄においてリスク管理と対処について、
貴重なコメントを頂きました。
コメントの内容を私なりに解釈すると、
以下のようなご指摘です。
(コメント下さった方へ転載の同意を得ていないため、
私の解釈ということで記載しています)

・リーマンショックが到来するまで投資家は楽観的であった。
・実態経済に影響がないという姿勢は本当に真であるのか。
・リスクが顕在化すると全面安で、結果投げるのが正解だった。
・そんな時に割安になったと買うのか?
・経済リスクだけでなく地政学リスクも顕在化も同様の悩みに苛まれるはず。
・キャッシュを一定程度持っている分、対応はより悩ましいはず。
・リスクが顕在化しても業績の下方修正が出るまで律儀に待つのか

総じてみると、リスクに対して楽観的になり過ぎではないか、
もし顕在化したとしたら、その時の対応はどう考えているのか、
というご指摘だと受け止めました。


私はこれまで何度も言い聞かせてきていますが、
保有銘柄の業績見通しや長期的成長シナリオなど、
投資前提が崩れない限り原則として株式保有を継続することとしています。
もちろん、時価ベースで投資妙味の期待値が一定程度収束したタイミング、
もしくは他の優位性がある場合などには入れ替えもありますが、
基本的に投資前提が崩れない限り保有を継続するというのが基本姿勢です。

但し、世界経済の収縮(リーマンショックのような経済不安)が顕在化した時には、
投資前提の継続性に一部疑義が生じることにもなりかねませんので、
その時には相応に売却をすることになると考えています。
もちろんその時は既にリスクが顕在化した時なので、
連続ストップ安でそもそも手遅れということもあるかもしれませんがね。

一方で銘柄選定の基準として私はいくつかの観点で評価をしていますが、
「安定」の観点の中で不況耐性という観点も組み込んでいます。
従って一定の不況耐性は考慮しているつもりでもあるため、
各銘柄のバリュエーション次第ではありますが、
個々に売る量や銘柄は検討することになると思います。


この辺りが今までの一般論としての原理原則の方針です。


この原理原則の大前提としては、
そもそも資産は大きく減る可能性があることを受け入れる事だと考えています。
もちろん、せっかく築いてきた資産ですから、
少しも目減りさせたくない、そうならぬように最善を尽くすというのは当たり前ですが、
あらゆるリスクを想定してということであれば、
やはり資産の減る可能性は常に念頭に現実のこととして置いておく必要があります。

私の目指している運用利回りは長期資産シミュレーションベースで見ると、
2017年末で2014年当初比で約+70%弱(約600万→約1000万)です。
これに対して、現時点で約+100%強(→約1200万)という所まで来ています。
つまり、ありがたいことにこれまで目標比で貯金が出来ていることもあり、
ざっくり総資産で2割強(約200万)はマイナスになる余地は考慮しています。

私の今のポートフォリオは株式が6割~7割ですが、
この株式が全て30%強のマイナス(ざっくりS安2連続)になった時くらいと考えています。
実際には半額位までは覚悟した方がいいのかもしれませんが、
まぁ全部が30%安となっても、目標ラインということは念頭にありますので、
まだ受容できるかなと今は考えています。
(実際には狼狽すると思いますがね(笑))

減らしたくはないし、そうならぬようにとは思いつつ、
あらゆるリスクに晒されながら運用しているわけなので、
そういうめぐりあわせになることもあるだろうという事を受け入れるしかない、
という考えがあります。



またリスクの捉え方ですが、
事前にリスクを正しく認識することなんてできないと思っています。
リーマン破綻の有無やそれが与える影響など、
専門家ですら予想を大きく外していました。
投資家に限らず楽観していましたからね。

直近でもチャイナショック、ギリシャショック、
ブレグジット、ドイツ銀行の懸念などありましたし、
地政学リスクやエボラショックなんてものもありました。

これらを保有企業のファンダメンタルズに影響はないと評価していますが、
確かにそれが顕在化するか否かわからないですし、
企業活動の影響もわかりません。
たまたま今までのリスクは事業活動に大きな影響は及びませんでした。

今後のリスクについても、実際にどうなるかわかりませんが、
でも現状の様々なリスクについても、
現時点では合理的にみて影響はないだろうとみるしかない、
それが実情だと思います。
(もちろん安定性の評価は事前にやってはおくわけですがね)

リスクを取らないとリターンはないという考えですので、
このリスクは一定程度は受け入れて冷静に
対処していくしかないと思います。

ただリスクをある程度はコントロールする必要があるとは思います。
シクリカルな銘柄に極端に寄せないとか、
岩盤な事業基盤を持っている銘柄を組み入れるとか、
配当などの下支え余地のある財務基盤があるとか、
不動産や製造など特定セクターに寄せ過ぎないとか、
まぁ色々ありますよね。
暴落局面では業種など関係なく暴落しますが、
その後の回復も踏まえた時に分散は一定程度は効果があると推測しています。

確かにリーマンショックの直後にすぐに売却が正しいともいわれていますが、
長期的に見れば、早々に回復して長期で持っていれば報わるということも、
それなりにあったと考えています。
そもそもニトリなど関係なく上昇してきた銘柄もありますしね。
時間的な効率は犠牲になってしまうかもしれませんが、
必ずしも全部売却だけが正解ではないのではないかという仮説も持っています。


なんだか取りとめがなくなって纏まりがなくなっているので、
あとはご質問にお答えしておきたいと思います。

Q
リスク顕在化後に軒並みストップ安を受けて、
安いと買うのか。

A
リスクの種類にも拠りますが、
企業業績に不透明感があるのであれば、
現状EPSやその後の想定CAGRを安易に採用して
バリュエーション評価しないと思います。
リスクの状況と値動きの状況とを鑑みて少し売るかもしれません。
ポートフォリオの下落余地と長期資産シミュレーションを意識して、
皮算用して俯瞰して決めることになるのでしょうね。


Q
北朝鮮の軍事リスクについて、開戦となった場合の対応について

A
日本国内への着弾ということがあれば、
やはり一時的な経済混乱は免れないとも思うので、
全体の比率を下げる対処を行うと思います。
具体的にはNISA分くらいは残して特定分を売るくらいが
今はちょうどよい塩梅かなとは思っています。


Q
下方修正が出るまでは株価に関係なく保有継続するのか。

A
リスクが顕在化して、それでもなお、保有企業の業績に不透明感がなく、
なんの変化もないとみればそうなりますが、
多かれ少なかれ調整は事前にする事になると考えます。



私は楽観主義ではなく、
わからないということを受け入れて
これでも保守的に冷静な判断を下しているつもりです。
とはいえ、事が起こりリスクが顕在化されてパニックになれば、
まだ未熟な私も群集心理に感化され、
実際にはそれなりに投げることになるとは思います(笑)。



この文章が象徴するように、
やはり具体的に読者の方からツッコミを頂くと、
どうも釈然と整理した文章が書けないでおります(いつも?)。
ということは、まだ私の中でも危機管理とかリスク管理が、
ルーズだという証左でもあると思います。
よい気付きの機会を頂けるコメントに大変感謝しています。


少し気は早いですが、来年の投資方針のチューニングの観点に向けて、
少しずつ考えを整理したいと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/934-95c80754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り