投資方針に忠実に退屈な投資で資産形成


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +22.7% となりました。
前週比は +1.4% で推移しました。

20170825_パフォーマンス推移表




2.全体所感

北朝鮮情勢や北方領土、トランプ政権の解任や壁問題など、
世界では色々なことが起こっていますが、
株価指標は案外冷静に推移しているようです。
各指数は、東芝指数と化している東証2部指数を除くとほぼ横ばいです。

ジャクソンホールでどのようなことが議論され、
世界経済、とりわけ為替がどのような反応をするのか、
またその後、様々なアナリストがああだこうだと論評されると思いますが、
それを踏まえてどういう方向に織り込まれていくのか、
注目なのでしょうが、どうも注目する気になれません(笑)。

というか私自身がこういうたいそうなトレンドを
主体的に捉えることができないので、
自分の力量のなさとやる気のなさだと感じています。

ただ、そもそも必要性を感じていないのです。
ジャクソンホールでイエレンさんがどういう話をするか、
それで為替のトレンドが形成されたとして、
では保有株のファンダメンタルズにどのように影響をするのか、
もしくは長期的な経営にどう影響するかなど、
あまりにかけ離れたことで合理的な判断が出来ません。

結局、自分の投資法では、
こういう難しい世界経済のトレンドを全て主体的に把握していなくても、
もっとシンプルに考えられるべきとも思っているのです。

ですからもちろんニュースには目を通しますし、
自分なりに解釈する努力はしていくつもりです。
実際白川総裁時代には、このジャクソンホールがきっかけで
日銀の政策決定にも影響があったという事実もあります。
しかし、そのジャクソンホールの解釈をより深めようとしたり、
精度をあげようというモチベーションがありません。

マイペースにやっていきたいと思っています。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170825_ポートフォリオ内訳

先週に続き、今週もそれなりに買い注文を入れていました。
しかし、結局指値が約定せず、唯一、ステップの最初の買いのみ約定で、
やや保有比率があがりました。

現状で各銘柄(新規銘柄を含む)への配分比率を決めて、
その比率に中期的にもっていけるようにと、
指値を決めているのですが、まぁ思うようになりませんね。
指値にスケベ心が強すぎるのかもしれませんが、
各指値がかかった後の取得単価のバリューエションをみて、
納得ができるかという観点で決めているので、
どうしても安易に指値を妥協しないし、
そういうプロセスを入れているので妥協しにくくなるように仕向けています。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170825_保有銘柄一覧(週間騰落)

アイアールジャパンHDが高値を更新して強いですね。
何故なのかわからないんですよね。
先日の1Q決算では勝手な期待に応えられずということで、
失望で株価も下がってたんですけどね。
私も失望どころかやや期待感も大きくなったので、
そこで多少は買い増しをしていますが、
もう少しヨコヨコからじり安で買い増しチャンスと思っていたのですが、
まぁそういう値踏みするようなことをしているとろくなことがありません(笑)。
こちらもマイペースでゆっくりいきます。

あいホールディングスは決算を受けて下がっています。
四季報などの予想から見ても今期予想ガイダンスが弱いということで、
もう少し売られるかなと思っていましたが、
思っていたより下がりません。
決算前までに3000円台を超えて堅調だったので、
その反動もあるだろうと思っていたのですが、
2000円台後半くらいで落ち着きそうな気配です。
個人的には思い切って2000円割れ位まで調整してくれてもいいのですが、
まぁそれは高望みでしょうし、
私は同社を主力まで上げるつもりはないので、まぁどちらでもいいです。


また週間騰落では横ばいですが、
じり安となっているステップですが、前述の通り買い増しをしています。
同社への見立ては変わっておらず、
成長率が低い分、より長期目線でみての買いで、
であるならば、まぁ少しずつ買い増しておきたいとずっと考えておりました。

少し脱線しますが、
私は取引履歴を出来るだけリアルタイムでツイートしているのですが、
そこで現在はブログを休止中であり、
私が投資に向き合う上で、いつも学ばせて頂いているゆうゆーさんから、
コメントを頂けたことが嬉しかったです。
同銘柄はあまりにも退屈であり個人投資家界隈でも
一切話題になっていない中で(話題になってもらわなくて上等ですが(笑))ので、
このようなやり取りが出来たことを嬉しく感じました。
だからなんだってことなんですけどね。
この銘柄に限らずですが、
他の投資家の方のコメントは多いに参考にしつつ、
自分で主体的な判断が出来ると確信している銘柄だけを残し、
そうでない、誰かの判断やコメントに依存していると感じたら、
きちんと売却して清算をするようにしたいとも思っています。
投資判断では、著名な方の意見に拠り所を求めると、
その時はどこか大船に乗った気になり楽になりますし、
実際それで成功することもあるかもしれませんが、
そうなったら全てがおしまいだと思っています。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170825_保有銘柄一覧(指標)

特にコメントはありません。
随時、目標株価を修正検討しているものを反映していきたいと思います。



4.個別銘柄トピックス

■サンセイランディック
決算説明資料並びに決算説明会の動画が開示されています。
細かな内容は割愛しますが、
やはり地に足のついた活動を想像させます。
建築事業の回復がまだ道半ばですが、
そういう点にもきちんと説明をすべきではないかと考えていましたが、
説明会ではきちんと言及があり良かったと思います。
採算性も重視した受注というのは、
良くも悪くもあるかなとニュートラルに捉えましたが、
そもそもこの事業にそこまで期待を寄せていないので、
まずは黒字化に向けて頑張って欲しいです。

主業の底地などの不動産販売事業では、
外部環境だけで救われているのではなく、
内部の販売体制の付加価値向上が具現化している様相もあり、
引き続き楽しみですね。

また障がい者支援に関する内容は、
同社の貢献主義のようなものを感じさせる活動だと感じます。
現状では業務提携で千葉の船橋での一部試験的な活動ですが、
今後、こういう求められる活動が事業として確立していければよいですね。
ただ儲けを出そう(いや、それがとても大事だと思うのですが)というノリだけではなく、
意義あることをやろうという姿勢が鮮明で好きなところです。

強面だけど実はとてもやさしい(実際社内でもやさしい社長で通っているらしい?)社長の
前のめりのプレゼンですが、
新中計の策定を進めている中で、
今の市況も反映されてくると思うので、
それなりのものを出してくれると感じているところです。

ただ、本質的には、市況に右往左往するのではなく、
もっと長い視点でみていかないといけないと思っているところです。


■アイアールジャパンHD
ホームページがリニューアルしています。
特に中身のコンテンツは変わり映えしません。
というかデザイン以外で何がどう変わったかイマイチわかりません(笑)。


■丸和運輸機関
株式分割が発表されました。
というか発表されてしまいました。。。

私の想定では、アマゾン関連の売上増や追加投資、体制強化の先行コストを含めた
業績予想の修正をやるタイミングで分割かなと思っていました。

ただ、同社は過去にも分割を続けて実施しており、
この位の株価水準であればやってくるということは、
ある程度市場も織り込み済だったのではないでしょうか。

なお、ひふみ投信から大量保有が出ています。
同ファンドの責任者である藤野氏の著書の中で、
地方銘柄への脚光を向ける中で同社の名前もあがっていましたが、
このタイミングで大量保有をするというのは、
率直なところ、あまり理解ができないでいます。

アマゾン荷量の参入を単純に評価した買いではないでしょう。
業績予想から見ると今期にはネガティブなはずです。
立ち上げコストだけでなく、
一部で炎上している遅送への対策費も計上せざる得ない状況でしょう。
まさかそういうシナリオをファンドが認識していないことはないでしょうから、
それを踏まえても買いということと思いますが、
あまりファンドが買ってくるのがイメージ出来ないんです。
どうせなら、今期にげろった後でよいのではないかと思うのですがね。
実際、私もげろった後を狙っているわけですが。。。
まぁ皆が思う事をやっていてはだめということですかね。


■全国保証
例年恒例となっている住宅ローンキャンペーンを実施とあります。
リフォームなども対象なのですね。
例年恒例なので、業績予想にも織り込まれているでしょうし、
まぁ静観してみていればよいニュースですね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170825_資産残高推移表


特にコメントはありません。




6.雑記

今週は8月権利確定の優待権利獲得のための
クロス取引の対応をしていました。
これまでこの優待クロスは私の投資方針上は、
許容はしているもののメインではないし、
当ブログの投資方向性ともかけ離れているため、
意識的に記事をあげていませんでしたが、
自分のためにも今後は記事をあげていきたいと思います。


ところで、職場で少しだけ変化があったのですが、
変化を楽しめる人と、変化を不安に捉えてしまう人といます。

もちろん私は後者であり、少しだけストレスを感じているところです。

この不安は何で生まれるかということなのですが、
この先にどんな業務やなすべきことが待っているのか、
「わからない」ことが起因しています。

自己啓発本などをみれば、
それを如何に乗り切るかを様々なアプローチで書かれていますが、
多くが頑張るとか様々な状況を受け入れるとか、
精神論に帰着していて結局気の持ちようということになり、
イマイチすっきりしないのです。
(なので、自己啓発本はあまり乱読したくないんです)

それで、まず今後起こりうる良い事、悪い事、
様々なことが起こった時、
しかし、それは私や家族にとって存続危機になるものでもないし、
そうなることが予見されたら、KYでも逃げればよい、
という大前提に立つことです。

その上で、「わからないこと」の中で、
自分で対処できることとそうでないことを明確にわけることです。

ある業務があったとして、
それをやるかやらないかの意思決定権は私は持ち合わせてなければ、
それをやるかやらないかどちらに転ぶかわからない状況を、
ああだこうだいっても仕方ありません。
自分で対処しようのないものを明確に意識することで、
この無用な懸念から来る不安を軽減させることが出来ます。

一方でその業務を自分でやるか更にアウトソースするかは
自分が選択できる余地があります。
自分でやれば周囲から崇められるかもしれませんが、
誰かにアウトソースすれば場合によっては
丸投げする奴だと陰口をたたかれるかもしれません。
自分が周囲から受ける眼差しという形で
自分の言動への責任を負う必要こそあれ、
やり方に一定の裁量があるわけです。
ですから、その時々の状況を踏まえた言動をしていけば、
自分が許容できる不安はコントロールできます。


自分でできないことは悩まず受け入れ、
自分でできることはその時々で自分が居心地よい、
もしくは妥協できる範囲で行動していけば、
わからない状況から来るストレスと解消されるかもしれません。

これは株式相場でも同じようなことがいえます。

明日株価が下がるか騰がるかということは、
Mr.マーケットのご機嫌によるかもしれませんし、
今であれば、北の将軍様の口先、
もしくはトランプさんのツイッターによるかもしれません。
自分ではどうする事も出来ません。

しかし、家計を脅かさない範囲で保有するとか、
それに危機感を感じたら現金にしてみるとか、
自分出来る対処はいくらでもあります。
年利10%の目標ですら私にはハードルが高いのですが、
それは私がわからないことに対して自分が対処出来る範疇で
わからないことへの許容度が低いという事に他なりません。

リターンはリスクによる決まるといわれますが、
本当にその通りなのだと思います。


新たな業務でも株式運用でも、
あるいは子育てでもなんでもそうなのですが、
今後の未来への不確実性への不安を感じた時、
自分でできる事の中で、どう対処すべきかだけに意識を集中して
居心地の良さを見出しながら、
肩に力を抜いて生きていきたいなと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/926-a0f345d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り