十分な教育資金と老後資金のために

【決算精査】 9466_アイドマMC(18年3月期_1Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング

四半期決算で特に特筆すべきこともない平凡な決算です。
(この後の記載も特に目新しいことはありません)

増収増益決算ではありますが、
売上伸長もそこまで大きくないですし、
当然サプライズもないため、
株価は一時的には売られる展開ということで、
想像通りの反応となっています。

前期には薬王堂の仕事を手掛けることになったなど、
一部で盛り上がりもありましたが、
そんなに定量面で急拡大するわけもなく、
よからぬ期待(?)をされた方にとっては、
失望感に強い内容だったでしょうか。

私は会社業績予想を支持していますし、
そのトレンドに沿った推移と認識しており、
特に可もなく不可もなくで想定通りの推移と判断しています。

個別には、CASHBACKアプリの全国展開のリリースという
内容もありますが、既に発表されていたのと、
そもそもまだこの事業に疑心暗鬼で期待をしていない状況なので、
特に何か判断を変えるようなものではありません。

以上のことから、本決算については想定通り「3」の評価となります。


2.定量数値の確認


(1)売上の推移

◆1Q累計
9466_アイドマMC(18年3月期_1Q累計)売上推移


5%程度の増収です。
成長期待銘柄としては力弱いものではありますが、
一方で同社の営業や事業拡大の進め方からすると、
この程度という事になろうと思います。
顧客との量を爆発的に伸長させることに重きを置いているというより、
個別の顧客からの信任を得るために、
質を向上させ、段階的に強化をしていくような印象ですので、
強い基盤を構築しながら伸ばせるならこれでいいかなと思っています。


(2)利益の推移

◆1Q累計(営業利益)
9466_アイドマMC(18年3月期_1Q累計)営業利益推移

利益率からしても特に変調はありません。
販管費率がピタリと同じになっていますので、
それなりにマネジメントされているのかなとは思います。
特に論点はありません。



◆1Q累計(純利益)
9466_アイドマMC(18年3月期_1Q累計)純利益推移


特に営業利益と異なるトレンドは見当たりません。
敢えて言えば、少額とはいえ、BSに有価証券が計上され、
それによるものと思われる受取配当金による営業外利益が計上されています。
全体からすれば無視出来るものですが・・・。



(3)上期予想について


同社は上期着地を開示していないため、
皮算用も割愛します。



(4)セグメントの状況

同社は単一セグメントであるため、
特に記載することはありません。


3.IR照会

特に必要性を感じなかったため、
照会は実施していません。


4.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

9466_アイドマMC(18年3月期_1Q)株価推移


少し上で買っていますが、現状から600円台前半くらいであれば、
買付単価を上げてもいいかなと考えています。
少し買い増しを行った後での買付単価で622円ですから、
もう少しゆとりがあると考えています。

20.3期基点での目標株価で1200円としていますので
そこから21.3期基点に見直すタイミングで1300円台半ば程度の水準に
なるものと思っていて、2倍水準を意識した時に600円後半となりますので、
買付単価としては600円台前半であれば十分と捉えています。

同社の場合、時価発行新株予約権の仕組み導入も開示しており、
それも念頭に置きつつ、私も比率を調整していきたいと思っています。


~なお、当記事は私の主観に基づき記載されていますので、
投資判断をされる際にはご自身の尺度で十分検討を行って頂くようお願いします。~


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/920-90b23b7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り