十分な教育資金と老後資金のために


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +18.0% となりました。
前週比は ▲0.1% で推移しました。


20170707_パフォーマンス推移表



2.全体所感

今週は各指数はそれほど大きく動きませんでした。
マザーズがやや下落していますが、
元々とても年初からずっと堅調に推移していますし、
この程度の増減は大したものではないでしょう。

私はチャートを読めないので、
今が強気なのか弱気なのかもよくわかりませんが、
個別銘柄をみていくと、私の監視している銘柄の中でも
チラホラと少し下がってきたかなというものが出てきた印象です。

ただ、そもそもこれまでが堅調だった反動の範疇でもあり、
いくら現金比率が高い状況にあるとはいえ、
保有銘柄の買い増しも含めて、
なかなか買えないというのが現状です。

目先の予想なんてできないし、
それを恐れる位なら、とっとと現金100%にすればいいわけです。
別に目先を恐れているわけではないのですが、
やはりなんとなく下がってきたかな~という相対的な感覚だけで、
安易に買いを入れずに、絶対的に水準を意識しつつ、
定性面での銘柄の魅力度にも目を向けて、
妥協なきよう行動することが後悔しないために
大事なことだと考えています。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170707_ポートフォリオ内訳


今週は優待目的としていたジーフットを売却しました。
月次で今期も相変わらずトップラインがグダグダというのもわかっており、
決算自体はまぁそうなるよね、ということなのですが、
優待を消費しようとお店にいって欲しいものがない(笑)、
しかも3度目の優待券消費なのですが、
全ての機会でレジがもたつきまったく社員教育が行き届いていないことや、
接客も全く改善する余地がなく、
愛想をつかしたというのが正しいですね。

同社はPB化や店舗拡大、オムニチャネルなどの
新たな施策で定量面での期待をもっているわけですが、
どの施策も経営と現場が乖離していることがなかなか改善していません。
なにより株主総会などを通してみている経営も
魅力が伝わってこないということで、
最近、こういう定性的な会社魅力度も重視していこうとしている中で、
その面でもマイナス評価ですらあり、優待のニーズも下がっていることもあり、
もはや保有したくないと思ってしまいました。

まぁ半分は気が付いていたので、優待分だけ残していわけですが、
いよいお見切ったということです。

過去の売買をトータルで見ると、
概ね2年弱で35%程度の利益確定ということになり、
イマイチな結果となりました。

やはり経営の誠実さや現場までが一体感を持って事業がされているという
基本的なことがとても重要なのだなと思いました。(当たり前)

一方で、同社の商品や店舗コンセプトなどで
新たなことは引き続き継続しているので、
もしかすると今後それらが徐々に寄与してくれるかもしれません。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。
20170707_保有銘柄一覧(週間騰落)



週間騰落としては、丸和運輸機関とWDBホールディングスが下落しています。
WDBホールディングスは騰がったから下がっているくらいの感覚ですし、
そもそも水準が高いこともあり特に気にしていません。
むしろ2000円割れ位は十分あるでしょうから、
どこで買い戻すかという感覚で見ています。

一方で丸和運輸機関もAMAZON社との取引の期待から、
騰がった所からの反動という意味では
WDBホールディングスと同様のトレンドなのですが、
AMAZON社の荷物の配送にごたついているという報道もされており、
今後の追加投資なども含めて数値面でもネガティブだと考えており、
かつ同社のマネジメントがどこまで通用するのか試練だと思っています。
そのため、この下落はまだ序の口で、
今後の課題解決の動向次第では、より注視が必要な状況と理解しています。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170707_保有銘柄一覧(指標)




4.個別銘柄トピックス


■日本管理センター
私は不動産オーナーではありませんし、そのつもりもないのですが、
同社のメーリングリストには登録しています。
様々な物件の情報メールの中で、
スーパーイーベストという新たな商品についてという内容がありました。
現状で既存のイーベストと何が違うのか、
まだよくチェックをしていないのですが、
新たな商品というのがどういうニーズから生まれたのか、
何が特徴か少し勉強しないとなりません。

■シュッピン
月次が出ています。
好調が続いています。ユーザー数の増加も強く安心感があります。

■ソーシャルワイヤー
渋谷の貸会議室を増床するようです。
同社の増床基準は、以前に既存入居率が一定水準を超えた時に判断すると
聞いていたので、渋谷の地でも一定の評価を受けて順調だとわかってよかったです。
KPI(月次)も総じて好調です。

■日本BS放送
決算が出ています。
一応銘柄分析シートで概況は把握しましたし、
決算説明資料も丁寧ですので、特に問題ないですね。
まぁもう優待銘柄ですが(笑)。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170707_資産残高推移表


特にコメントはありません。



6.雑記

何事もそうですが、覚悟が必要だと思っています。

仕事でも育児でも投資でも。

私はサラリーマンですが、
仕事をする上で、納得できないことがあれば、
相手がだれであろうとはっきりとNOを突きつけます。
それは自分の中でその業務やその先を見通した時に、
うやむやな状態でやることに意味を感じないからです。
ですので、人事評価が得られなくても
別に構わないし、煙たく思われてもよいと
覚悟を決めています。
もちろん、なすべきことがあれば、
それには諦めない覚悟をもって取り組みます。

育児でもそうです。
子供にどこまでごまかさずに向き合うかは、
実はとても覚悟がいることです。
勉強しようと働きかける時には、
子供任せにせず、自分がどこまでも付き合う覚悟をしないとなりません。
そもそも子供を授かるとは覚悟を決めることだと思っています。

投資でも自分の投資方針に覚悟を持って
相場に向き合い、自分に向き合い、企業に向き合うべきだと思っています。
今の丸和運輸のように非常に難しい局面においては、
その覚悟が、ただ信じるとか精神論だけになってしまうのはよくないですが、
一方でそこに資金を投じるということは覚悟をもって接するべきだと思っています。

なので、今のようにその覚悟が揺らいでいるのであれば、
単に精神論で放置するのではなく、
一度立ち止まってみることも大事なのかもしれないなと思っています。

覚悟を持っているかは、自分には嘘をつけません。
真実は自分の深層心理できちんと理解しているので、
あとはそれに従い、適正な行動をするのみなのです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/907-8b35be0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り