十分な教育資金と老後資金のために


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +12.0% となりました。
前週比は +1.1% で推移しました。

20170526_パフォーマンス推移表




2.全体所感

今週は日経平均など全体指数の動きは
比較的落ち着いた週だったように思います。
一方で、マザーズなど中小型銘柄を中心に、
堅調に推移したようです。

日経平均の出来高は総じて少なめで、
手掛かりに乏しいといった感じでしょうか。

海外では、トランプ大統領の外遊や、G7で開催等で
首脳同士の動きが見られたりしたようですが、
国内では、加計問題とかが騒がしかったようですね。

やっぱり日本はまだまだ平和ボケというか、
なんとかならないのかなーと眺めていました。

決算も通過して、
その後の株式分割や優待などの材料を手掛かりに、
あるいは、四季報データの更新などにより、
株価が高騰したりしているようで
短期的にはこの急騰の波に乗れるか乗れないかで、
パフォーマンスも大きく変わってくると思います。

私も隣の青い芝生を見て、
凄いな~と思う一方で、
自分が取るべき利益ではないので、
悲観する必要はないと思っています。

そんなことより、悲観というか懸念していることは、
今の相場環境では何かしらを妥協しないと、
私の今の知見では対処が取れないことで、
そんな中でどう対応していくのかということです。

血眼になって決算をチェックしたといえるほど、
血眼になっているわけでもなく、
どちらかというとどうせ買える銘柄なんてないんだろうなと、
どこかでネガティブな思考の中で、
惰性感も満載なので、その自分に悲観すべきだと感じている所です。


現金比率もだいぶ厚めになっているので、
許容出来ない妥協は禁物ですが、
許容出来る範囲で銘柄ときちんと向き合わねばならないなと思っています。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170526_ポートフォリオ内訳

PF準主力(5%以上の保有比率)のコムチュアの一部利益確定に伴い、
保有比率が5%超えの銘柄が、3銘柄に更に減ってしまいました。
しかもそのうちの丸和運輸機関は既に割安性が薄まっていると判断しているため、
きちんと比率を上げて組入れる銘柄を早く確立しないと、と考えている所です。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170526_保有銘柄一覧(週間騰落)

先週、高騰してきたWDBホールディングスは反落となっています。
シュッピンも直近は高く、分売で需給も崩れているようですから、
こちらの下落もまぁそうなるだろうね、ということなのです。

ですが、日本管理センターの下落は
幅としては僅かなのですが、まぁ不甲斐ないですよね(笑)。
鳴かず飛ばずの状況が続いている、
そう強く感じているところです。

不動産セクターって不安だし、
材料もない(絶対、優待新設とかないしね、とか)し、
配当利回りだってびっくり驚くようなものでもないし、
過去の成長から見ればマイルドになったようにみえるし、
まぁいい所なしってことですかね。

そしてそんな銘柄を唯一の保有比率10%超の主力銘柄として、
未だに保有している私はやはり時流に取り残されたかのように
自分自身を不甲斐なく感じてしまいます(笑)。
それどころかさらに買い増し機会がないかとすら思っています。

変化をとらえ、値動きに乗り、
勢いがあるところへスイングさせていく、
ファンダメンタルズ重視といえどもそういうことが
大事という最近の流行りが益々確からしいと思うとともに、
だからといって自分の投資方針と違うこういう要素を
新たに取り入れてみようと安易に思ってはいけないと、
強く自制する自分もいますね。




保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170526_保有銘柄一覧(指標)


コムチュアは目標株価までの上値余地が10%を切ってきたこともあり、
目標株価はあくまで目安とはいえ、
上位銘柄として維持するにも悩ましかったこともあり、
一部を利益確定しています。

ソーシャルワイヤーは目標株価のGAPだけみると割高感もあるのですが、
一方で機械的に目標株価に織り込めていない要素もある気がしており、
むしろ少し買い戻しをしたいくらいに思っています。
(下方修正時に、どうしても指標的に主力からは落とさざるえなかった・・・)
ちょうど、今日の総会にも出ているので、
もし機会があればその様子も記事にしてもよいかなーと検討している所です。

丸和運輸機関、全国保証も割安性が薄まっていると捉えていますが、
これ以上現金をむやみに厚くしてもなと思いつつ、
銘柄としての魅力はそれぞれに不変なので、
その狭間で対処どうしようかなという感じです。




4.個別銘柄トピックス



■WDBホールディングス
医薬品開発を主とする子会社において、
薬事申請における各種資料作成業務(翻訳など)や
製造販売後調査の一連をまるっと受託するサービス提供のリリースがありました。
私は全くの素人なのですが、
医薬品開発から販売に至るフローには、
様々な煩雑な手続きがあるのは想像に難くなく、
その一連を短納期も含めて受託出来るというものです。
提供方法は個別受託なのでしょうが、
より取引の活性化と効率化のためにも、
クラウド化してサービス提供型(ストック性)にシフトは出来ないのかな、
と思うのですが、どうでしょうかね。



■ソーシャルワイヤー
本日の株主総会に出席しました。
質問が少なくて残念でした。
私は、2事業及び人材育成について質問しました。
どれも納得の回答を得られました。
この件は、機会があれば記事にしたいと思います。
それからファンダメンタルズには関係ありませんが、
大株主のユナイテッドが一部を売却しているようです。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170526_資産残高推移表



特にコメントはありません。



6.雑記


サラリーマンをしていると色々不条理なことが多いですね。

上司が部下に向かって「ちゃんとやれ」、「しっかりやれ」とか
吠えていて、
それをただ黙ってやり過ごす一同、みたいな光景が散見されます。

私の職場でも例外なく、そんなやり取りで
時間が無駄に浪費されています(苦笑)。

「ちゃんと」とか「しっかり」ってとても曖昧です。

人によってもその基準は違いますし、
置かれている状況も異なるため
ある人にとってはベストを尽くしており、
それがちゃんと、しっかりだったとしても
他の人にとっては、いい加減と映るかもしれません。

まぁ私は会社員としては既に将来を諦めていますので、
黙ってやり過ごしてのらりくらりすることには
とても長けています(笑)。

一方で投資においてはのらりくらりというわけにはいきません。

会社説明会などで社員の方や、
特に社長や重役の方が、「しっかりやる」とか「きちんとやる」という
説明には出来るだけ疑問を持つように心掛けています。

これらの表現をしている時に、
どれだけ真面目に捉えているか、
また仮に真面目に捉えて時間と労力をかけていたとしても、
投資家目線で見ると、何かしらの成果に繋がっていることが実感できないと、
NGとなるわけですので、
有効な手立てとなっているかという目線でみないといけないと思います。


労務管理をしっかり(きちんと)やります = 早く帰れ~の声掛けを毎日やっています
ではだめなわけです。

また単なる声掛けではなくアクションとして強制的に電気を遮断してでも
帰宅を促しています、それ位真面目に「しっかり」対応していますも、
個人的にはNGなのです。

例え短期的に労働時間の削減効果という形での成果に直結しなかったとしても、
本質的な改善活動のために生産性向上のための施策の立案を時間をかけてやるとか、
優先度をつけて捨てる業務を意思決定するとか、
こういう方向で取り組んでいて初めて、あぁ、しっかり(きちんと)やっているな
と思うようにしています。

これからのIRイベントでも改めて抽象的な「しっかり」とか「きちんと」は、
よく咀嚼して自分なりの解釈を重ねて評価するようにしたいなと思いました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/888-b1039239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り