十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +7.3% となりました。
前週比は +1.0% で推移しました。

20170428_パフォーマンス推移表



2.全体所感

週間パフォーマンスとして定点観測となりますが、
2営業日ですので、なんだかパフォーマンス測定ばかりやっているな、
という印象ですね(笑)。
決算シーズンなんだからもっと決算でも見たら?と指摘を受けそうで、
どこかでまた叩かれそうですが、まぁそれはそれでいいです。
決めたことなので、粛々と記事を書いていきます。

2営業日の中で半導体製造機器の上昇が
日経平均を大きく押し上げているようですね。
半導体といえば、少し前から設備投資の追い風に乗って、
好調へ転じているようで、株価も見直されているようで、
今回も何かのタイミングで大幅増となっているようですね。
確かに東京エレクトロンとか全く投資枠外なのですが、
改めて長期チャートを見るときれいな右肩上がりで凄いんですね。

連休明けからは本格的に決算開示シーズンに突入しますが、
さてどうでしょうかね。
今の所、保有株や監視銘柄では概ね違和感がない内容になっていますが、
コラボスなどえ!?と思うような銘柄も散見されるので、
油断を許さないな、なんて思っています。

ただ、それはあくまで目先のことを気にかけているからであり、
腰を据えて相場と向き合いたいと思います。

とはいえ、実際には本決算の内容によっては投資行動を
細かく調整してしまうんだろうな、とも思っています。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170502_ポートフォリオ内訳

特に2日で何かが変わるものではありません。



保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170502_保有銘柄一覧(週間騰落)


アイドマMCを除くすべてが上昇しています。
最近珍しい光景だなと思っていますが、完全に偶然ですね。
アイドマMCは決算後に買いたかったのだけど、
下落が中途半端でした。まぁこんなことは再三経験しているので、
仕方ないかと思っています。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170502_保有銘柄一覧(指標)


コムチュアの決算を受けて、各指標を見直しています。
想定CAGRを14%から会社見通しの11%へ修正しました。
ROEやDOEを最新化しましたが、いずれも高い数値で驚きますね。
DOEも日本管理センター、ひらまつに次ぐ還元指標であり、
10%超えというのはなかなかなものです。
目標株価は、コムチュアの決算精査記事 でも記載の通り
20年3月期を見据えた修正をかけています。

このことで、目標株価までの上昇余地もやや広がりましたが、
それでも期待値は相対的に小さいため、
保有比率との兼ね合いからどうするか悩ましいところです。
私のように資産規模が少なく比率を調整するためには、
単元が40万を超えてくると少し扱いにくいとも思います。
まぁこれはあくまで個人的な事情によるものなのですがね。




4.個別銘柄トピックス

決算シーズンに突入しているのと、
決算以外に特にトピックスも見当たらないため、
今回も個別銘柄トピックスは割愛します。


5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20170502_資産残高推移表




6.雑記

監視銘柄でファンデリーが決算は微妙だったのですが株価が高騰したり、
コラボスが想定より大きく控え目な予想を出したり、
ミズホメディーにIR照会して本格検討着手した瞬間に高騰したりと、
なかなかうまくいかないですね。実際にはこんなことばかりなのですが、
それに目くじらを立てて、機会損失だぁ~とか騒いでみてもストレスになるだけですし、
もう少し腰を据えて長期の目線でどっしり構えていないとだめですね。

決算シーズンで材料も出てくる中で、
今後もたらればの連続なのですが、
それがたまたまうまく作用して成績が好転することもあれば、
うまく作用せず成績が苦戦することもあります。
ですが、短期的に見ると、
そんなことは偶然であると考えています。

経験豊富な方から見ると、
短期であっても見るべきポイントがあって
対処方法があるのにそれを知らないだけだろう、と見えるかもしれません。
その立場から見れば、
短期だって偶然ではなく必然なんだよとお叱りをうけると思います。
実際短期でも成功されている方も多いですし、
そもそも時間的な効率もよいですからね。
ついつい隣の芝生が青く見えて、
値動きがよいものに乗りたくなることもありますが、
いずれにせよ、自分のスタンスをこれからも堅持していきたいものです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/880-61177b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り