十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +4.8% となりました。
前週比は +1.9% で推移しました。

20170421_パフォーマンス推移表






2.全体所感

先週までの弱気で悲観的な雰囲気は後退し、
反発する中でSNSなどをざーっと拝見している限りでは、
その戻りに安堵と楽観ムードが再び、という感じでしょうか。
一方で外部環境は地政学リスクなども含めてあまり変わっていないとも感じ、
疑心暗鬼の一面もある、そんな印象の週となりました。

ただ、そんな自分の印象などどこ吹く風で
相場は時に合理的に、時に非合理的に動きますし、
その騰落にああだこうだいったところで、
何も自分に示唆を与えてくれるものではありません。

これから3月期本決算のシーズンに突入しますが、
今期予想がどの程度のガイダンスになるかに注目していますが、
今の日経平均やTOPIXの水準を考えてみると、
相応の増益基調の期待を織り込んでいると思われますので、
全体相場の雰囲気がまずどういう方向に傾いていくか、
横目ではきちんと把握することを努めたいと思います。

その上で大事なことは日経EPSのトレンドではなく、
個別企業、とりわけ保有銘柄や監視銘柄の動向ですので、
何が変わり、何が変わらないのかをよく観察していきたいと思います。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170421_ポートフォリオ内訳



ポートフォリオの構成は変わりません。
ここに最近いつも「変わりません」と書いていることは、
私にとっては概ねよいことだと解釈しています。
構成的には現金比率については、
目安比率より高めである状況が継続している点は指摘しておきます。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170421_保有銘柄一覧(週間騰落)


今週もまちまちの騰落となっていますが、
総じて見れば相場の恩恵もあり弱いながらも反発しているようです。
先週の下落が大きかったソーシャルワイヤーがやや強めの戻りで、
あとは目先の好調さが垣間見れるシュッピンが強いでしょうか。
シュッピンは目標株価までのギャップも再び小さくなってきています。



保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170421_保有銘柄一覧(指標)

シュッピンの目標株価接近によりだいぶ評価が高くなりつつあります。
予想PERベースでも30倍を超えており、対応を検討すべき所に来ています。
但し、私の場合、既に準主力未満の優待保有目的の比率まで落としているため、
あまり今からどうこうしようとは考えていません。
ただ、そういう状況認識をしておくというだけだと今は考えています。

個々のPEGレシオを見てみると2倍近傍まで高まっている銘柄もあり、
やはり私の中ではポートフォリオも決して胸を張って割安状態とは
言い切れない状況と認識しています。
とはいえ、ポートフォリオPERは13倍台ですので、
一応は10%~15%の年利回りを想定している立場からすれば、
許容してよい水準感であるとも感じています。




4.個別銘柄トピックス


■ 3179 シュッピン

4/20に写真の共有サイトがリリースされました。
本格的なコンテンツ提供ということで
写真愛好家の集客やコミュニティ育成に期待が持たれます。
既に他にもメーカー主導サイトや、GANREFなどのSNSに近しいサイト等、
色々類似したサイトもある中で後発となりますが、
地図データと紐づけている点を個人的には今後期待しています。
写真愛好家にとっては、機材の情報や撮影テクニックはさておき、
肝心の撮影地情報の共有というのはあまり機能的な情報源がなく、
そういうものを探せるきっかけになると嬉しいな、と思います。
地図データと社員のリンクといえば、
例えばGoogle検索でも写真の確認は出来ますが、
そもそも趣旨というか目的が異なるため、
あまり競合としては認識する必要はないと思います。
今後のコンテンツ内容の拡充を期待したいと思います。
なお、フィスコから業績予想レポートが出ており、
18.3予想EPSは75.2となっています。
ちなみに四季報は79.4、私の予想は68.2ですね。
まぁ数当てゲームではないのですがね。


■ 9466 アイドママーケティングコミュニケーション

会社からのリリースは東証1部昇格及び増配発表以降静けさが続いています。
個人的にはIR説明会でもどこかでやって欲しいのですが。
一度も会社と接点もなく一度対面で会社説明会を受講した上で、
質問もしてみたいなと思っています。

小売においてコンビニ事業に次ぐ規模を持つドラッグストアの台頭が注目されています。
ウェルシアの成長が食品など日用品の幅出しのような動向が明確になっており、
差別化が難しい薬商材だけでなく、差別化がやりやすいドラッグストア分野を、
単に効率化に寄与するだけでなく、バローで獲得してきた、
食品や日用品に係る商材扱いで攻めの提案活動をぜひ実現してもらいたいですね。

株価がだいぶこなれてきて、
直近の分売価格も割り込むなど、
そろそろ相場から忘れされていくフェーズになると思うので、
内容次第で再び買い戻しをしたいと思っています。


■ 3929 ソーシャルワイヤー

会議室を撮影スタジオとして利用する専用プランの開始だそうで、
確かに雰囲気があるスタジオというには絶好の使途だと思います。
一方で懸念しているのは、こういった撮影スタジオとしての利用は
スポット利用の比率がとても高いと思います。
ですので、収益の安定性という意味ではあまり受け入れ難い印象を持っています。
あくまで空室の場所をただ空けておくだけではもったいないし、
実際にそういう引き合いがあるのであれば、
正式なメニューとしてやろうという事だと思うので、
別に困ることはないし、今までやってきたことと変わらないはずですが、
ストック性や長期契約に重点ヲ置く経営からすると少し変化が見られたな、という印象です。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170421_資産残高推移表


資産もやや反発しました。
まぁ何もコメントはありません。




6.雑記

4月に入って子供が小学校に入学し、
子供のケアに注力していることもあり、
投資に割く時間が大幅に減っています。

なにかに理由をつけて、投資への配分が下がっているということは、
客観的に見ればうまく結果が出ないから、
嫌になっているのではと思われるかもしれません。
私個人としてはそのような認識はしていませんし、
別に今の足元の結果は良いとも悪いとも感じていませんので、
あまり影響を受けているとは考えていません。

この週間パフォーマンス記事は、
せめて週間での定点観測位は時間を作ってやろうと、
是が非でも続けていくつもりですが、
それ以外は効率化と放置しても差し支えないやり方を、
より追求しないといけないなと思っています。

決算短信から如何に楽に銘柄分析シートへ展開するか、
それを如何に把握、認識をするか。
ブログで形式化するプロセスをどこまで継続するか、
もしくはそこは諦めて割り切るかの検討も必要です。

もう少し考えて試行錯誤してみたいと思います。


いつも子供ネタで恐縮ですが、
小学校に入学して親としては
学校生活に困っていないかとか、
きちんと先生の話を聞けているか、
友達の関係構築はどうかなど、
気掛かりな点を挙げればキリがありません。
親としてついつい優等生のようなふるまいを期待してしまいますが、
実際、それは子供の問題であるため、
友達の量で充実度を測ったり、先生の話をきちんと聞けて問題にも答えられる姿を
期待してしまったりしますが、
そんなものは親のエゴであり、
子供にとってみれば害の方が大きいと思っています。
親が根掘り葉掘り学校でのことを聞けば、
子供ながらにプレッシャーを感じるでしょうし、
日々の学校生活の状況を聞いて親として一喜一憂するのも、
短期的な目線に立ったものと感じます。

特に私は父親としてもっとどっしり覚悟を決めて
学校での小さな問題も内心ではやきもきしたとしても、
表面的には動じず大丈夫だと勇気づけをする役割を果たせねばなりませんし、
それが長期的に見て子供のためになると信じているので、
そのように振る舞いたいなと思っています。

それにしても育児というか教育というのは、
とても難しいなと思います。

これから年次があがっていくと、
成績の問題やその先には受験の問題など競争が待ち構えています。

ただ、本当の競争相手はきっと自分自身なんだと思います。
もはや良い高校に入り、良い大学に入ることは、
その後の成功のストラテジーとして唯一のものではありません。
そもそも成功の定義も多様化していますからね。

私も時節柄、サラリーマンとしての仕事で、
新卒採用面談の対応を行うこともあるのですが、
新卒学生も多様化しており、
確かに総合的に感じる学生の魅力度と学歴に
相関がないといえば嘘になると実感しますが、
とはいえ、それが前提条件であるようなことは全くありません。
それだけ各自の学歴だけでは推し量れない
経験値や物事への取り組み方など、
バックグラウンドがとても重要です。

自分の子供にも単に優等生を期待して、
寄り添うのではなく、
敢えて回り道をしたとしても、
様々な経験やその経験から人との繋がりにも広がりを持つことで、
人格的に豊かになってもらえる環境を用意してあげたいと思っています。

そのために親として出来ることは、と色々調べたり、
一緒にイベント等に参加したりしていると
どうしても投資に割く時間比率が下がってしまうのです。

言い訳のように聞こえるかもしれませんが、
改めて感じるのは、そういう限られた時間でも
ある意味日々の値動きは放置出来る位の
スタンスで運用方針を定めてその通り行動するという合理化が
私のような初心者投資家が気軽に相場に参加するエッセンスかなと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/874-98f2fe14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り