十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +2.9% となりました。
前週比は ▲1.3% で推移しました。

20170414_パフォーマンス推移表





2.全体所感

今週も相場は続落となり弱気ムードに包まれています。
とはいえ、総悲観というわけでもなく、
中途半端に反発を見せることもあり、
なかなかストンと落ちないでずるずるいく形となっています。

私は相場の経験が浅いので、
いまいち感覚がつかめないのですが、
こういうダラダラとした下落はなんとなく嫌なものだなと感じています。

背景としては地政学的リスクということで、
今回は日本の隣国を巻き込んでのことなので、
もし有事の事があった時に、
どの程度、実体経済に影響があるのか見通せないため、
対応に苦慮してしまうものです。
有事なんてないだろうという立場もあれば、
いやいやあるかもしれないよという立場もあります。
そのどちらに転ぶかにベットするような投資スタンスではないので、
ここで右往左往する必要はないはずですが、
初めての経験なので自分なりに色々シナリオを想定して
考えてみますが、考えた所でなかなか見通せませんね。

地政学的リスクとしては朝鮮半島のことだけでなく、
フランス選挙や米ロの関係など様々な外部環境の変化が
目まぐるしく、私のような素人には解釈しようと思っても、
そうそう簡単ではないんですよね。



3.ポートフォリオ

本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170414_ポートフォリオ内訳


今週も取引をしていませんので、
なんとなく全体が下がったものの、
ポートフォリオの構成そのものに大きな変化はありません。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170414_保有銘柄一覧(週間騰落)


週間騰落をみるとまちまちですが、
4月からの月間で見ると、
準主力以上では、日本管理センターとコムチュアあたりが
下落率が大きいです。
それ以外ですと、一部利益確定をして5%未満に落としていた
アイドマMCやソーシャルワイヤーが大きな調整を強いられています。
どちらも騰がった反動という理解をしており特に割安になったと
心底思えるような水準ではないと認識しています。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170407_保有銘柄一覧(指標)


日本管理センターの下落ぶりは先週もここに書きました。
PEGレシオも1倍を切ってきており買い増しを検討したいものの、
現状の比率や事業のリスクなどを考えると、
なかなか思い切って手を出せないでいます。
先週の記事でもここで「慎重に判断したい」と自ら言っていて、
そういう意味で思い切って手を出すという愚行に出なかったのは
まずは良かったと思います。
とはいえ、慎重に判断して行動を起こすことも大事なので、
よく考えたいと思います。
目標株価までのGAPも1桁%まで縮小していた銘柄が複数ありましたが、
WDBホールディングスのみになりました。

この辺りからも、総じてみると
やはり下落して割安になったというより、
上昇していた部分が調整しているに過ぎないという感覚です。





4.個別銘柄トピックス


■ 3276 日本管理センター

管理戸数と滞納保証の月次が開示されています。
管理戸数が明らかに鈍化していますが、
このこと自体は別にどうでもいいですし、
市場もだいぶ冷静に受け止めてくれるようになったなと思います。
滞納保証の伸長は目覚ましいわけですが、
この辺りは実際、どの程度収益化されるのかはまだよくわかりません。

同社の1Q決算が開示されてくるわけですが、
前期ではイーベストの収益計上でQ単位では大幅増益となっており、
その反動から、1Q単では減益決算想定ですので、
決算短信のみ見て失望売りがでないかなと、
安易に狙っています(笑)。



■ 3277 サンセイランディック

役員に対してインセンティブとしての新株式発行の詳細情報が出ました。
業績成長を共有するために一層邁進してもらいたいものです。
特に内容に文句はありません。


■ 3929 ソーシャルワイヤー

会議室のリニューアルオープンのリリースが出ています。
今回のリリースに限らず会議室の付加価値を保つために、
様々な細かな対応を行っています。

そして同社は3月決算ですが、早い決算開示スケジュールを引いており、
そろそろ来期の予想が出て来ますので、楽しみですね。
株価水準が今期の下方修正を受けてもあまり軟調にならず、
こちらも対応が悩ましいです。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。
20170414_資産残高推移表


ジリジリ減っていますが、
今の増減にはあまり気を奪われることなくいきたいなと思います。



6.雑記

こういう相場局面では、
素人の私も人並みに怖くなりますし、
不安に苛まれることもあります。

ただ、怖くなって保有株を投げるとか、
いやいや戻すでしょ~という感覚で買い戻すとか、
そういう感情で取引をすることはなくなりました。

結果的に下落の波に飲まれてしまい、
目先ではネガティブな結果になるかもしれませんが、
そもそも私は常に相場との付き合い方を勉強している立場ですから、
失敗してもよいと割り切っています。

失敗を受け入れられることは
とても大事なことだと私は思っています。


子供が小学校に入学し、
あれはできるか、これは大丈夫かと、
自分の子供がいかに失敗せず無難に学校生活を
スタート出来るかばかりに気を奪われ気味ですが、
私はどんどん失敗してこいと送り出しています。

実際に上履きを履き忘れて教室に行ってしまったり、
水道の蛇口を回し過ぎて濡れてしまったり、
上着に名札をつけたまま上着を脱いでしまって、
名札がない状態で写真撮影に臨むことになったりと、
数日で沢山の失敗をやらかしているようです。


そんな時に、目に涙をためながらも
必死に学校生活を送っているようで、
そんな些細でありながら本人にとっては偉大な試練を
親としては励まして次に繋がるというメッセージを送り、
本人がより強くなれるようにしています。

なんでもっとしっかりできないんだ、と怒っている親御さんもおられますが、
子供にとってはしっかりやっているつもりなのだと思いますし、
多くのプレッシャーをかけて規律正しくさせることは、
まだまだ時期尚早だと思っています。

自分で考えて行動出来るようになるためにも、
出来るだけ、あれはだめ、こうしなさいというアプローチは
しないようにしたいと思っています。


もちろん、そのように付き合うことは、
周囲に配慮をしてもらうなど協力を頂くことが前提なので、
担任の先生や周囲の大人達にも温かく見守ってもらいたい旨、
頭を下げてお願いするのが親の務めかなと勝手に思って行動しています。


相場はなんだか雲行きが怪しいわけですが、
日常の最近の私は入学した子供に出来るだけの時間と配慮をもって過ごしており、
そういう夢中になることがあると案外相場で資産を減らしていることの
ストレスも忘れられるなと思います(笑)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/873-7da99d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り