十分な教育資金と老後資金のために

3月は週末と月末が一致していたうえに、
更新のタイミングによってこの月末記事のUPが遅れました。
そのため、既に鮮度が失われていますが、
粛々と定常的に記載している月末記事をUPしておきます。
(記録用ですので、読者の皆様は適宜スルーして頂ければと思います)



1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +6.9% となりました。
前月比は +3.2% で推移しました。

20170331_パフォーマンス推移表




2.全体所感

今月はやや軟調な動きから反転しつつあり、
瞬間風速では年間目標の10%に迫る動きもありましたが、
その後、失速してしまいました。
それでも十分過ぎる内容だし、
むしろ割安性が薄まっていることへの危機感を呈する形で、
3月を終えました。

特にマザーズや東証2部の中小型株に資金が集中していく中で、
参加者に楽観ムードが広がる中で、
少しずつ利益確定による現金比率の向上を続ける形となりました。

実はこの記事は週末に家族旅行に出掛けた後に記載しており、
その後、4月1週目の前半に調整局面が来ており、
その下落でここでのパフォーマンスも幻となった中で、
イマイチ鮮度が損なわれている中で、
毎月続けていることであり、自分の旅行のせいで
割愛するのは自分に許容出来ずに書いています。
もう少し現金比率を大胆に高めておくべきだったというのは
後の祭りだし、一応目安となる現金比率以上に高めているわけで、
既に若干弾力的運用の範疇になっていることもあり、
後悔はありません。

明日以降、戻すのかもしれませんし、
追証や今の高値を許容出来ない売りが
更に続くのかもしれません。
そんなことはわかりませんので、どうでもいいことです。

自分のスタンスを曲げずに貫くことだけをやればいいと思っています。




3.銘柄に対する所感

各銘柄の月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20170331_保有銘柄一覧(月間騰落)


ここは週末パフォーマンス記事と重複するため、
詳細は割愛します。

月間で見てみると、まず主力PF1位の日本管理センターは、
鳴かず飛ばずの横ばいですね。
一方で10%台で上昇しているもののうち、
WDBやソーシャルワイヤーは5%以上の比率があったことと、
目標株価に接近又は超過していることも踏まえて、
利益確定を進めたことがわかります。
この辺りは、利益確定が早かったかなと思う一方で、
適正な取引だったとも思っています。



4.運用来パフォーマンスについて

20170331_運用来推移


まるのんPFは運用来で+72.7%となりました。
TOPIXが+16.1%となっています。




◆月初のポートフォリオ
20170228_ポートフォリオ内訳

◆月末のポートフォリオ
20170331_ポートフォリオ内訳



なお、資産の状況については以下の通りです。


20170331_資産残高推移表
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/870-69388839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り