十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)


その3 の続きです。


サンセイランディックの社長プレゼンです。

底地くんのキャラクターは、
社員の方が考えたとかで、
そのモデルはあの強面の松崎社長だとかそうでないとか。。。


DSC_0104.jpg


同社の決算説明動画は既にUP(こちら(再生されます))されていますので、
あまり驚くようなものはありませんでしたが、
冒頭に底地ビジネスの超概要を纏めた3分動画を視聴しました。

私は本来社長が自ら説明すべきとい立場ですが、
同社の場合、その努力はカップ&ソーサなどを用いて、
きちんと説明する姿勢があり、今回もそれは同じでした。
その上で、より理解を促すために、
かつ3分という短い時間で導入するツールとしては、
とてもよいと感じました。

実は恥ずかしながら私はこの動画を初めて視聴したのですが、
公式サイトの事業説明の方にUPされていました。
投資家向け情報でなかったのと、
私が投資初期の頃に事業説明のページを見た時には
見覚えがなかったので、フォローが足りていませんでした。

特に目新しい材料はありませんでしたが、
話のトーンで色々感じたこともありました。

元々、同社のビジネスモデルはWin-Win-Winの関係を重視していますが、
その哲学がきちんとブレていないし、
それどころか実例としてそういった哲学を遂行している話も聞けて、
私はその誠実な事業を改めて評価する形となりました。
権利調整は複雑さを増していますからね。

で、現実的にはまずは数値を毎期トレースしていくことが必要です。
今期の下期偏重予想に対する自信度を話されていました。
あとでブースに戻ってから少しお時間を頂き
QAさせて頂いたのですが、
今の仕入の状況から見るに十分自信のあるものであるし、
その意思を少しでも表明するために、
増配額を少し頑張ったつもりということでした。
(配当性向は依然低いですが、確かに増配は少し多かった印象はありました)

仕入については、足元で大型案件も仕入が出来ているという話は、
以前から認識していたことなので、
まだ今期予定仕入は全部は出来ていないけど、
既に案件が見えているということでした。
まだ安心は禁物ですが、また半歩自信を持つことが出来ました。

印象的だったのは、今期の見通し達成のための仕入頑張るというより、
既に来期に向けた危機感を持っているところも感じられ、
次期中計策定に着手するにあたり、
100年企業を目指すという意味で、
どんどん先のことを施策を含めて検討してもらいたいと思います。

社長のプレゼンは相変わらず思いが溢れくる勢いで早口でしたが、
とても熱意のあるプレゼンでした。

席も満席でしたので、これで少しでも同社の理解が広まり、
少しでも認知度が上がってくれればうれしいですね。


次は監視銘柄のアニコムホールディングスです。


その5に続く。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/860-50157a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り