十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


【決算精査】 3179_シュッピン(17年3月期_2Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


決算短信の増益率は20%台での伸長となり、
一見好調そうですが、
前期はシステムトラブルのリカバリに端を発した
利益率低下による減益を受けてのことなので、
そこまで驚くようなものでもありません。

決算説明資料からも、
売上は計画未達である一方で営業利益は計画通りの様相です。
累計で見ると利益は計画超過ペースで来ていますが、
その要因はほぼ1Qで作られていることと、
それがメーカー側のカメラの新商品投入が背景となっていることもあり、
別に今更何か評価をするべきものではないと捉えています。

とはいえ、12月の繁忙期を無事に通過して、
それなりの成果を生み出し、いつも過大気味の計画にも3%程度の
超過ペースで来ていることから、まぁよかったんではないでしょうか。


それより、1月の月次が同時にリリースされていますが、
売上も好調さをキープしています。
伸長率は大きめですが、前年の伸びが相対的に少ない点は
考慮が必要でしょう。
そして何より注目は、会員数の増加ペースが更に上がっている点です。
ECの伸長も大きくユーザー数も好調に続伸しており、
その背景としてようやく同社も着手したマーケティングツールが奏功しているようです。

こういった施策がうまく展開出来てくるとすると、
新たなコンテンツビジネスなどにも対応していける可能性も広がり、
楽しみな展開です。


評価としては、確かに見た目上、順調な決算ですが、
一方で会社計画から見てその計画線ということを冷静に捉えると、
マーケティング施策の奏功や月次の伸長など明るい材料はあれど、
想定通りの評価ということになろうかと思います。

というわけで、総合評価は「3」(想定通り)です。



2.定量数値の確認


(1)売上の推移

◆3Q累計
3179_シュッピン(17年3月期_3Q累計)売上推移


◆3Q単計
3179_シュッピン(17年3月期_3Q単計)売上推移


全体の売上を見ると3Qではやや持ち直しが見られたでしょうか。
株価もトランプ相場で復調しているので、
足元で嗜好品への消費もやや戻っているということでしょうかね。

セグメント別に見ても、
自転車は相変わらず平凡な推移ですが、
それ以外は好調な状況が持続しているようにみえます。
特に資産の目減りが低い富裕層の時計需要が多いのでしょうかね。



(2)利益の推移

◆3Q累計(営業利益)
3179_シュッピン(17年3月期_3Q累計)営業利益推移




◆3Q単計(営業利益)
3179_シュッピン(17年3月期_3Q単計)営業利益推移


こちらも2Qの減速感を払拭する計画達成の水準まで戻しています。

ただ、あくまで前期比で見ると利益率も好転しているわけですが、
前期は特殊な状況だったわけですから、
利益率水準は前々期と比較してみると、
だいぶその水準まで戻ってきていますが、あと一歩でしょうか。
本社移転などで販管費も前々期比で見ると押し下げ要素なのですが、
どうにか同じ水準に向けた改善が見られます。


なお、純利益ベースでは以下の通りです。
特に営業利益以下で特記すべき項目はありません。


◆3Q累計(純利益)
3179_シュッピン(17年3月期_3Q累計)純利益推移





◆3Q単計(純利益)
3179_シュッピン(17年3月期_3Q単計)純利益推移






(3)利益の状況と今後の見通し

残り2ケ月ですが
今回のような決算が出ると、
すぐに上方修正を期待する声が大きくなります。
本当か?と思うので、きちんと皮算用してみます。

<今期の通期会社予想>
売上 25,600百万円
営業利益 1,085百万円
純利益 724百万円

<今期の4Q会社予想>※3Q実績から通期予想の差分
売上 7,613百万円
営業利益 251百万円(4.3%)
純利益 405百万円(5.3%)

<前期の4Q実績>
売上 5,726百万円
営業利益 162百万円(2.8%)
純利益 123百万円(2.1%)


売上は未達でしょうね(笑)。
しかも仮に繁忙期である3Qと同程度の
実績となった際でも未達になりますね。
実際には3Qと同じ売り上げは厳しいでしょうね。

利益面では売上が未達になる事を考慮しても、
営業利益率で4%前後で射程となります。
となると、前期のセール影響はさておき、
前々期の状況も考慮すると、まぁいい所かなと思います。
個人的には売上や中古比率などで余程利益率が取れないと、
上方修正の可能性は薄いと考えています。

明るい材料は、マーケティングシステムについて、
どうやら効果が出始めているようなので、
それが奏功してくるとユーザ数伸長も相まって
それが収支貢献してくると今後が楽しみです。



(4)セグメントの状況

カメラと時計は絶好調、
筆記用具はまぁまぁ、自転車はいい加減にしろ状態です。
特に今までの印象と変わりませんね。



3.IR照会

今回はIR照会は不要と認識しました。
というより、何を聞いてよいか、
少し時間を置かないと聞きたいとしても聞けないという状況です。


5.株価推移

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

3179_シュッピン(17年3月期_3Q)株価推移

売買タイミングが恐ろしく下手くそですね(笑)。



6.さいごに

足元の利益率などから
計画達成可否もしくは修正有無に興味関心が高いのが相場ですが、
私は同社の成長性継続可否に興味を持っています。

同社の新たなマーケティングシステムが奏功と至る所で文言がありますが、
これは単にこれ位しか書くことがなかったということなのか、
何か具体的に定量面でも効果が出始めているのか、
この辺りは気になります。

今までまともにマーケティングをやっていなかったこともあり、
それをやるだけで儲かるというのは羨ましい限りですね。

資産が連日安値を切り下げていく中で、
企業活動は計画通りに順調に推移している点はとてもありがたいですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/849-225553fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り