十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


【決算精査】 9466_アイドマMC(17年3月期_3Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング

増収増益でかつ2桁の増益ということで順調な決算となりました。

同社は西日本エリアの業容拡大のため、
福岡支店を開設し、
今回の決算では盛岡支局の設置も同時リリースされており、
全般的に新規取引の拡充取り組みが、
順調に推移しているようです。

もっとも、ドラックストアの場合、
マーケティング力を背景とした企画力などを活かした
付加価値向上型というより、
効率的に低コストで販促を行うサポートということで、
スーパーなどの小売と比べると利益貢献は限定的となると思いますので、
手放してで喜んでばかりもいられません。

盛岡支局は、薬王堂との取引開始に伴う、
パイロット的に自社社員を小規模派遣するという程度で、
実際のビジネス寄与は今後の展開次第ともいえます。
今後同社の提供スキームに優位性があるのかどうかの
ひとつの材料にこの盛岡支局が支店に変わる(?)位の、
進捗が見られるかには期待をしておきたいなと思います。
現時点では冷静に捉えるべきだと思います。

通期業績の上方修正期待が台頭してくることを想定し、
会社側の短信においても、
順調な進捗率に対して、
4Qでの新規取り組みの広告費による
先行投資との兼ね合いを理由として据え置きをしていますが
株価の動きを見る限り、
また勝手に期待シリーズに突入している気がしますね。

仮に上方修正があったとしても、
その程度にもよるのでしょうし、
広告の先行投資は不確実な部分も多く、
キャッシュバックアプリはむしろ懐疑的に感じています。
全般的には会社予想通りに進んでいると思いますので、
総合評価は「3」(想定通り)です。


2.定量数値の確認


(1)売上の推移

◆3Q累計
9466_アイドマMC(17年3月期_3Q累計)売上推移



◆3Q単計
9466_アイドマMC(17年3月期_3Q単計)売上推移


3Q単で少し増収トレンドが大きくなっているように感じます。
福岡支店開設の影響などの業容拡大取り組みが、
じわりと定量面にも効いてきている効果だと思います。
過去データが乏しいので、比較が難しいですが、
通期の過去実績を見ても順調に右肩上がりですね。
今期は少し上振れするかもしれませんね。



(2)利益の推移

◆3Q累計(営業利益)
9466_アイドマMC(17年3月期_3Q累計)営業利益推移




◆3Q単計(営業利益)
9466_アイドマMC(17年3月期_3Q単計)営業利益推移


営業利益も四半期毎に着実に向上してきています。
利益率も改善が進んでいます。
ただ、季節要因なのかどうかはやはりデータが乏しく、
一概に成長のためとも言い切れません。

累計のグラフを見ると改めて上振れが意識されてきますよね。
短信の先行投資の規模感など気になりますが、
足元の状況より、その先行投資の先の刈り取りも含めて、
その実現度合などに注意を払うべきですね。

なお、純利益ベースでも同様のトレンドです。


◆3Q累計(純利益)
9466_アイドマMC(17年3月期_3Q累計)純利益推移




◆3Q単計(純利益)
9466_アイドマMC(17年3月期_3Q単計)純利益推移






(3)利益の状況と今後の見通し

3Qの結果を踏まえて通期予想の実現可否を皮算用です。
(長期スパンなのであまり重要5性はありませんが)

<今期の通期会社予想>
売上 7,352百万円
営業利益 822百万円
純利益 526百万円

<今期の4Q会社予想>※3Q実績から通期予想の差分
売上 1,495百万円
営業利益 102百万円(6.8%)
純利益 56百万円(3.7%)

<今期の3Q累計実績>
売上 5,857百万円
営業利益 720百万円(12.3%)
純利益 470百万円(8.0%)


まず売上ですが、同社の売り上げは
季節要因などは多少はあると思いますが、
急激な外部環境の変化がなければ、
収入が大きく変わる構造ではないと考えています。

スーパーがある時から急に広告をやめるとかないですね。
景況感が悪くなってくると頻度を下げるとか、
カラーからモノクロにするなどはあるかもしれませんが、
この4Qでそのような急激な変化は今の所はないと認識しています。

従って、今期の各四半期の売上を見ると、
20億弱ですので、確かに小売は2月が落ち込みが大きいとは言われますが、
それでも18億程度の売り上げはあるのではないかと思います。
となると、売上の着地は77億程度ではないでしょうか。(全く根拠はありません(笑))
これは業績予想の5%弱の上振れですから、
売上が起因しての上方修正はないと考えています。

次に利益ですが、売上想定の77億に対して今期の営業利益率が続くと想定すると
12.3%を営業利益率とすると9.5億程度が着地ラインとなります。
この場合も予想比で15%程度の上振れですから、
30%基準からすると上方修正などないかなと思います。
(あったとしても30%以上の開示基準には達していないと思われる)

またそもそも、この皮算用は短信で触れられている
先行投資は実施されない場合の話です。
実際には多かれ少なかれ先行投資を実施するのでしょうから、
この点から平凡な計画水準での着地になるのではないかなと思います。

つまり、今の株価が業績上振れを期待しているものだとすると、
まだまだ買い場は来てくれるかもしれませんね~。


(4)IR照会

今回は不要と判断しました。
というより、IR説明会には一度足を運びたいですね。


(5)さいごに

全く新鮮味のない精査記事ですが、
そもそも新鮮味があって、新たな事実(良くても悪くても)がボロボロ出てくるような、
慌ただしい銘柄は、自分の想定以外のことが多く発生しているという点では、
素人の私が手を出すべきではないのですよね。

足元で、東証1部に昇格出来るのかとか、
材料によって株価も強い違和感のある展開が続きますが、
私は自分の尺度を大事にして納得性のある行動に繋げていきたいですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/848-eebeb5a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り