十分な教育資金と老後資金のために

1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で +1.8% となりました。
前週比は +2.4% で推移しました。

20170127_パフォーマンス推移表



2.全体所感

トランプ大統領は現実路線に落ち着くわけもなく、
バシバシ大統領令にサインをしまくりですね。
そして、NTダウも2万ドルを超えてイケイケな感じになっています。
日本株も新興中小型株を中心に、
堅調に買われており、楽観ムード一色な様相です。

中小型株が堅調ということは、
個人投資家も潤うわけで、
ということは、私のパフォーマンスも好調なはずなのですが、
どうもそういうわけではないようです(汗)。
まぁそれはそれで私も慣れっ子になっていますし、
自分と折り合いさえつけばそれでいいのです。

ここで、では全体相場がどうなるかという事に思考を巡らせ、
しかし結局根拠のない自分の予想を元に、
どう振る舞ったとしても納得感のある結果にはなりません。

実際、予想をしてみてもよくわかりません(笑)。
トランプ大統領が米国の様々な問題を背景に、
良し悪しは別として政治判断を下しています。
民間企業の経営判断に影響を及ぼす言及はもちろんですが、
為替などへの介入も今後気掛かりですね。
通商交渉も為替条項を設けるとか、
素人からするともうわけがわかりません。
まして、それが株式市場に、そして保有株にどう影響するか、
予見が出来ません。
ということで、わからないことはリスク管理で適正なお付き合いをしていく、
推し量れるファンダメンタルズの部分に注力して納得いく成果へ繋げていく、
それを貫きたいなと考えています。


3.ポートフォリオ
本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170127_ポートフォリオ内訳


今週のポートフォリオ構成は見た目で大きく変わった点があります。

PF1位と2位が入れ替わりました。
保有枚数は変わっていませんが、
日本管理センターの値動きが鈍い一方で、
ソーシャルワイヤーが堅調に推移したためですね。

日本管理センターが鈍いのはなんとなくわかるのですが、
ソーシャルワイヤーが堅調なのは決算期待でしょうか。
だとすると、またすぐに元の順番に落ち着きそうですがね。。。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170127_保有銘柄一覧(週間騰落)


ソーシャルワイヤーとアイドマMCが週間で10%を超える上昇ですね。

ソーシャルワイヤーは決算前の期待でしょうか。
アイドマMCは本則市場への昇格申請の材料の期待に、
一部の著名な(?)個人投資家にも取り上げられたようで、
複合的な結果でしょうか。

ソーシャルワイヤーは確かに指標面ではまだ割高ではなく、
PRTIMESと比較するとよりそれが顕著です。
ただ、決算はそこまでよくない(というか普通だ)と私は思っているので、
決算通過でだいぶ下がるのかなと感じます。

アイドマMCはPTSも活用して、
上昇中の中おっかなびっくりで買い増しを続けています。
ただ、全般相場が堅調、楽観中の中なので、
焦らずにいかないといけないのですが、
機会損失も怖く、慎重に今後も判断したいと思っています。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170127_保有銘柄一覧(指標)




4.個別銘柄トピックス

・コムチュア
 本日3Q決算及び増配が開示されています。
 利益率がやや落ちていますが、MAの影響ということで、
 特に問題ないと確認しましたので、違和感がありません。
 別途、決算精査記事をUP出来たらしたいと思います。


・シュッピン
 同社は遅れているIT活用によるマーケティングへ注力していますが、
 入荷お知らせメール機能のリリースが発表されています。
 というか、今更?という感じなのですが(笑)、
 リリース文を読むと、直近の各種施策による、
 PV数の増加などへ寄与しているようで、
 この点はまずは一安心です。
 遅れているIT活用を時代遅れと切り捨てるのか、
 拡大余地と認識するのか、まぁ色々な見方が出来ますね。

 
・ひらまつ
 四半期売上が開示されています。
 あまりよくないような感じがしますが、
 完全なる優待銘柄なので、あまり深掘りしません(笑)。

 ただ、広尾の改装や今後のホテル注力など、
 ゆっくりと待ちたいと思います。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20170127_資産残高推移表



6.雑記

株式相場では、たられば話はお馴染みです。

あの時買っていれば、あの時売っていればとかですね。

直近で言えば、スターマイカ―を売らなければ・・・とか、
Hameeをもっと長く持っておけばとか・・・とか、
インバースETFなんてやめておけば・・・とかとか(笑)。

その時に何かしらの自分にとっては一定の合理性を持って判断しているので、
確かに儲け損ねたという点では残念ですが、
納得性を重視するスタンスのため、
たらればは所詮たらればと割り切るようにしています。

考えてみると、人生においてもいくつかの帰路がありましたし、
これからもあると思います。

大学受験に失敗し、浪人すると決めた時、
滑り止めを確保して違う大学に入っていたら・・・
とか就職活動で違う会社に入っていたら・・・とか。

子供を今後私立受験にチャレンジさせる機会を応援するか否かとか、
自分が新たなキャリアをどう選択するかとか。

ただ、不思議と株以外のたらればは後悔がありません。

私は浪人した後に入学した大学も、
結局受験に失敗し、第一志望ではない大学に入学しましたし、
就職活動でもどこにも妥協がなかったといえば嘘になります。
つまりベストではない選択を余儀なくされているケースが過去にも存在しています。
しかし、株式での儲け損ねた場合と同じように、
そこにたらればで後悔の念に駆られても不思議ではないんです。
このような後悔の念がないということはどういうことなのか

自分のたらればとの心の持ち方が重要であり、
他の投資家の周囲との比較により焦りやストレスフルな状況に陥りがちです。
これはまだ株式投資は「儲ける」ものであり、
より「儲けている」方が神なので、そこでカリスマ性もっていくためには、
実績も必要です。


私もうまく自分の心と付き合っていけるため、
現状の損得に捉われることなく、
納得性さえ抱ければ、やり過ごせる、と信じていたいと思います。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/842-e9d9f970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り