十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+4.4%(2017/2/24時点)


1.パフォーマンス
まるのんPFは年初来で ▲0.5% となりました。
前週比は ▲1.3% で推移しました。

20170120_パフォーマンス推移表



2.全体所感

今週は各指数ともやや軟調に推移したようです。
ですが、総じて見ると年初から堅調な印象です。
今の横ばいも、トランプ大統領就任前の政局的な不確実性もあり、
様子見ムードで大きくは買えないという印象にもみえます。
就任及びその後の大統領令等無難に通過してくれば、
来週以降また堅調さを取り戻すような気がします。
(と思うということはその逆かもしれませんがね。。。)

為替の動向についても言及があり、
ドル高容認なのか牽制なのか、よくわかりませんが、
一言一言に振らされる神経質な相場展開が続くのでしょう。

そして、そろそろ決算発表シーズンに突入します。
サプライズなど要らないので無難に通過してもらいたいですが、
為替が大きく円安に動いていますし、
景況感も年後半に上向いているらしいので、
どんな傾向が出てくるのかよく観察したいと思います。
具体的にはどの程度、以前の下方修正の寄り戻しがあるのか、
それにより、日経平均PERがどの程度まで下がるのか、
定量面でも注視したいと思います。


3.ポートフォリオ
本日時点のポートフォリオ内訳は以下の通りです。

20170120_ポートフォリオ内訳


先週の分売で新規組入れをしたアイドマMCの買い増しを行っています。
本当はもう少し買い増ししたいのですが我慢の1週間でした。
今週買い増した分も多少妥協しています(笑)。

これまで様子見をしてじっくり買い増ししようとしていた、
エムケイシステム、コラボスなどで思うように購入出来なかった反省から、
少し思い切って指値を上げています。
とはいえ、買い増し規模はごく小規模です。
現状の相場が楽観的だからこそ、
慎重に購入するべきなのですが、
一方で前述の反省もあり、
よくよく自分と相談して行動した結果がこの中途半端な対応です(笑)。

この他は特に大きな構成は変わりません。
ただ、株価の下落をもって全体が目減りしただけのことです(笑)。


保有銘柄の週間騰落は以下の通りです。

20170120_保有銘柄一覧(週間騰落)


まぁ見事に下落しています。
特に日本管理センター、丸和運輸機関、全国保証辺りが弱いでしょうか。

この中で材料が出ているのは、日本管理センターです。
ただ月次管理戸数はもはやあまり気にするものではありません。
仮にこれに反応しているものだとしたら私はあまり心配していません。
一方で次期中計への懸念であれば、まぁそれは納得します。
その代り、次期中計が20%増益でないとわかっても、
悲観しないでもらいたいです(笑)。

いずれにせよ、私が注視するファンダメンタルズには
鈍感なせいかもしれませんが、何ら偏重を感じませんので、
ただやり過ごすだけですね。


保有銘柄の各指標は以下の通りです。

20170120_保有銘柄一覧(指標)


定点観測記事は日本BS放送まで公開しています。
ホクリヨウ、ジーフット、ひらまつはまだ記載もしていません(笑)。
既に優待銘柄と化しているので、そのうち機会があればと思っています。

改めてこの一覧を見てみると、
上位銘柄のPER水準が騰がっていますね。
元々10倍台前半が多かったわけですが、
成長への期待をより優先するよう方針をシフトしていたり、
そもそも相場全体が堅調のためですね。

目標株価へのGAPも縮小していますから、
本当にこういう布陣でよいのか、
監視銘柄の棚卸も進めているので、
俯瞰してどうあるべきか考えたいものです。



4.個別銘柄トピックス

・日本管理センター
 月次管理戸数が開示されています。
 結局16.12期末では7.3万戸となりました。
 業績予想前提では7.8万戸となり6%強の未達となりますが、
 既に推移を見るとそれは予見していますし、
 その理由もタクトの振り方を変えたからであり、
 コントローラブルなものであると認識しているため違和感がありません。

 一方で入居率ですが、実績は88.0%となり、
 業績予想では88.8%ですので、こちらも未達となっています。
 こちらは実際に収益に直結する内容でもありますが、
 これまでの傾向から好調なイーベスト等で
 数値はきちんと合わせてくると思っています。

 全体として特に騒ぎ立てるようなものではありません。
 不動産を巡っては新築マンションが低調とか、
 金利上昇で資金調達の効率性が低くなっているとか、
 表面的には逆風のような印象もありますが、
 一方で中古住宅の流動化は相変わらず活況という状況も現実です。
 これらの様々な変化があるからこそ、
 今後もうまく戦略をフィットさせてくれると期待しています。

 同社は株価が相変わらず落ち着かないのですが、
 何ら心配をしていませんので、
 まずは次期中計を自分でもきちんと評価したいなと思っています。

 ちなみにみずほから大量保有でポジション減のようです。


・ソーシャルワイヤー
 クリッピングサービスを活用して、反社チェックサービスの提供をリリースしています。
 反社会的勢力との取引リスクは、
 リリースにある通り、ビジネスリスクですし、その費用対効果が悩ましいのも、
 正しい市場認識だと感じます。
 また同社が多く相手にする中小企業やベンチャー企業であれば、
 よりそれは鮮明なニーズだと思います。
 そういう意味では「機会」はあると思います。
 問題はその量が十分かという点ですが、
 それはまだよくわかりません。
 そもそもベンチャー企業が定常的に100件以上の調査が必要なものなのか、
 料金体系も含めて妥当なのか、よくわかっていません。
 また各メディアをクリッピングしているという業務の中で、
 そのナレッジをうまく蓄積し、効率的に調査するという「強み」を有しているとすると、
 機会と強みをうまく生かした王道の戦略の一環かなと感じました。

 いずれにせよ、同機能を単品でメイン販売するというより、
 クリッピングサービスの付加価値向上の一環かと思いますので、
 今後も新規の種まきを正しい市場認識の下、取り組んでもらいたいなと思います。


・丸和運輸機関
 中国煙台での低温物流に関する合弁会社設立のリリースが出ました。
 特に何かというわけではないのですが、
 準備を進めているというステータスから小さくも大きな一歩でしょうか。
 今後に期待したいと思います。

 
・コムチュア
 こちらもみずほから大量保有が出ており微減ですね。
 翌週早々に日経に業績観測記事が出るでしょうかね。


・ホクリヨウ
 1Q決算が先週末に開示され、40%を超える営業減益となり、
 今週は株価も下がったようです。
 理由は同社の鶏卵の品質や販売チャネルの問題ではなく、
 外部環境である鶏卵相場の軟調さ、
 というか前期までの一時的な特需状況が発生したことによる収支悪化なので、
 全く問題ないと考えています。
 むしろ短信上でも言及されていますが、
 予想比で見れば、むしろ計画より少し好調かなという印象すら持ちました。
 業績予想に対するコミットメントが強いという根拠のない自信もあり、
 優待分でお付き合いしています。

 鶏卵相場ですが、直近では年初の下落から上昇基調に戻っているようで、
 東京相場では前期比で1%程度の下落まで

・ひらまつ
 仏ミシュラン二ツ星シェフ「フィリップ・ミル」氏との業務提携の開示がありました。

 経歴なども掲載されていましたが、
 ふ~んという感じですね(笑)。
 六本木のレストランを改装するのですね。

 リリースの中でやはりプロパの人材育成に配慮がある点は
 好感が持てますね。
 単に巨匠に好きなようにやってもらうのではなく、
 そのあらゆるノウハウを社員へ教育してもらう点に言及がありますね。



5.資産状況

資産の状況は以下の通りです。

20170120_資産残高推移表

なかなか増えないと2週連続で書いていたら、
遂に今週は減ってしまいました(笑)。
まぁそんなもんですね。



6.雑記

トランプ大統領が就任しましたね。
この記事は金曜日の夜に珍しく会社の飲み会に参加した後に、
深夜に記載しているので、今もこれを書きながら、
中継を見ています。

アメリカは大統領制ということもあり、セレモニーが派手ですよね。
日本は新首相が就任してもこんな派手さはありませんね。

大砲を打ちスタンディングオーベーションで迎える、
金管楽器に合唱と続きます。
そして演説も独特ですね。
構造的な課題を並べて、それを抽象的な表現で解決していく
大きな方針を示すのです。
日本で見られる愚直で具体性に欠けると非難されることを恐れ、
無難なテーマで深掘りしてお茶を濁すというようなこともありません。

宗教国家でありキリスト教が浸透していることもあり、
「誓う」ことが大事なのですね。

安倍さんがとにかく誓います!なんて言っても、
某党はそれを具体性に欠けたものと非難して耳を貸しませんしね。

米国とはうまく付き合っていく必要があることは、
誰しもが疑わないことでしょうから、
国益を踏まえた外交全般について期待したいですね。

そのためにもトランプ新大統領においても、
有益な議論が交わせるような、
冷静かつユーモアにあふれた人徳を持って頂ければいいなと思います。

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。最近、よく拝見させていただいております。
少し昔の記事などを見させてもらうと、インバースETFを結構な長期持ち続けていらっしゃるようです。
インバースETFの減価は、一年で20%程度に及ぶ場合もあるので、少し心配になり、書き込みました。
減価のことを把握した上でもつのなら良いですが…
2017/01/21(土) 21:00 | URL | 一見形 #-[ 編集]
>一見形さん
こんにちは、一見形さん。
当ブログをご覧頂いているとのこと、
いつもありがとうございます。

インバース型ETFはご指摘の通り、
長期で保有すべきものではなく、
実際に前年1年でも相応の減価が見られており、
定量的に見てもそれは明らかです。

私は昨年、そのことを承知で
PER指標から相対的な割安度を認識して、
それに応じた比率を保有するという
投資方針を掲げて取り組みました。

もう少しメリハリをつけた比率設定をしていれば、
相場の騰落でずっと大量に持ち続ける
ということにはならなかったかもしれませんが、
私の設定した比率では、
あまり増減させる必要がないこととなり、
減価の影響が大きく出てしまいました。

損をしたというわけではないのですが、
改めて自分のリスクヘッジの方法を検討し、
今は原則は保有を控えようと考えています。
このため、今も段階的に比率を下げていっています。

今後も原則は保有を控えて、
持ったとしても保有期間も意識したものにしようと、
そのような投資方針を掲げました。


減価のことは重々承知して、
長期で持つべきものではないという
「常識」を逸脱していることは、
重々承知しています。

ご心配をおかけして申し訳ないと共に、
親切に教えて頂こうと気に掛けて頂きまして、
感謝申し上げます。


今後とも、よろしくお願いいたします。


2017/01/22(日) 22:38 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/841-d3bc7690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り