十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)



1.年初来パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

 まるのんPF  : + 7.3% (▲1.2%)
 TOPIX    : ▲ 4.5%  (+0.9%)
 日経平均   : ▲ 3.2%  (+0.2%)
 東証2部    : + 2.6% (+1.1%)
 JASDAQ   : + 0.4% (+0.9%)
 マザーズ    : + 2.2% (▲0.5%)


2.全体所感

今週はいよいよ日経平均も年初来高値を更新したようで、
堅調な相場が続いています。

主体別売買動向を見ても、
引き続き、海外投資家の買いが旺盛です。

トランプ次期大統領の言動がひとつひとつ憶測を呼び、
為替や金利に留まらず商品市況にも影響しているとかで、
原油減産による原油価格の高騰にも影響しているとか。。。

そうなると私が保有するような銘柄は
全く相場の光も当たらずどよ~んと暗い雰囲気が漂っています。
まぁそんな時は小型株なんてそんなもの、
なんて言いたくもなりますが、
まぁ2部指数も堅調ですし、
JASDAQも年初来でプラスを回復しています。
自分が冴えない時の拠り所を探している時点でまだまだだなと思いますが、
実はそこまで堪えていません。

そもそも週間で数%の騰落なんて、
もはや誤差の範囲だと思えるように耐性がつきましたね。

特に保有銘柄への見通しが変わらないのであれば、
ただ耐えるだけです。
ただ、そういう姿勢だとやっぱり効率は悪い気がしますね。
もっと需給とか波に乗るということが必要なのでしょう。

今、来年の投資方針のUPDATEをしていますが、
その時にどういうスタンスを取ろうか、
色々試行錯誤しています。


3.ポートフォリオ


今週もポートフォリオは変わり映えしません。

※クリックすると画像が大きくなります。

20161202_PF内訳



20161202_セクター内訳



上位銘柄が調整しています。
主力2銘柄がこんなことでよくこれで済んでいるなと思います。
逆をいえば、主力が好調でもパフォーマンスへの効果は限定的ということです。



20161202_保有銘柄一覧(概要)



さて、株価へのコメント以外の個別銘柄のトピックスです。


日本管理センターに直接的には関連はしないかもしれませんが、
今朝の日経朝刊に家賃保証会社の登録制度について、
国交省が始めるという記事が目に留まりました。
家賃保証会社と契約者の間でトラブルが生じることもあり、
そもそも不誠実な悪徳企業も散見されることから、
任意とはいえ、それがお墨付きになって事業がしやすいことになります。
これは真面目に事業を営む会社にとっては朗報だと思います。
ただ、任意ですし、特に上場企業は既に、「上場」していることで、
それなりの信任を得ていたはずなので、
あまり変化はないとは思いますがね。

ソーシャルワイヤーは月末恒例の社長メッセージが更新されています。
レンタルオフィス事業のKPI項目の見方を解説してくれていますし、
詳細なデータが付されています。
レンタルオフィス稼働席数の国別推移ですが、国内が伸びている一方で、
海外は伸びが限定的のようです。
また稼働率の推移や増床の考え方も以前にIR解説で認識していた通りですが、
真っ当なやり方だと思います。
何より、最後の「蛇足」扱いになっていますが、
今後は対面のIR説明会を企画しようとしているらしく、
しかもそれを現場のIR担当からの提案によるものらしく、
以前からIR担当の責任者と思われる藤原さんと電話で対応させて頂いている限り、
真面目にIRをやっているという印象を受けています。
社長も積極的ですし、私はこの点はとても高く評価しています。

また、同社は12/1に主業のプレスリリース事業のオプションサービスとして、
SNSの口コミ分析サービスの開始というリリースがありました。
このオプションサービス自体は付加価値向上に資するものですが、
金額的にはそこまでインパクトはないと思いますが、
実は、これが単価を維持するために必要な施策である点は
以前に学びました。
これを常に付加価値を付けていかないと、
単価値下げ要請などで収益性を落としてしまうとネガティブ視するのか、
様々な施策で積極的に付加価値向上に努めているとポジティブにみるのか、
様々な見方があるのだと思います。


丸和運輸機関全国保証と共に
野村IR資産運用フェアへ出展するようです。
これは楽しみですが、平日なんですよね。。。


コムチュアは以前にアクロス社の事業を一部譲渡すると開示があり、
12/1付けで名古屋営業所を開設しています。
愛知県ですので、製造業など新たな事業へのチャレンジ拠点としては魅力があります。
もちろん、同社は金融や小売りなどが得意なイメージがあり、
今後IBMソーシャル技術のシーズを同社の元々の資産とどうシナジーを生み出せるのか楽しみです。


全国保証は決算説明会の動画が12/1にUPされています。
この後、視聴します。


スターマイカはホームページが一新され、
コーポレートロゴも洗練された?ものになっています。
いよいよ一部へ・・・なのでしょうかね。
確実に増資による希薄化がセットだと思いますがね(笑)。


ジーフットはイオングループのブラックフライデーセールをやっていましたね。
私も某店を見にいきましたが、実はそんなに安くなかったですね。
投資家として喜べばいいのか、消費者として悲しめばいいのか微妙でした(笑)。
米国の本場ブラックフライデーは多くがスマホで消費活動されているようですが、
ジーフットのEコマースもどうだったでしょうかね、、、
改めて店舗にいきましたが、どうも冴えない接客なんですよね・・・。


ホクリヨウについてというか、鶏卵相場についてですが、
今朝の日経朝刊に鶏卵相場高騰という見出しの記事がありました。
しかし中身を見れば周知の事実の通り、
確かに年末の需要増で価格は上昇しているものの、
前年比で見れば6%程度安く推移していることに言及されています。
私も毎日ではありませんが、全農のWebサイトで確認していますので、
特に今更感ですが、株主総会でもこの程度の下押しは想定内とのことですし、
期待してよいらしいので、期待せずに朗報を待ちたいと思います。



念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 3276 日本管理センター
 3929 ソーシャルワイヤー
 9090 丸和運輸機関
 2475 WDB
 3844 コムチュア
 3277 サンセイランディック
 7164 全国保証
 3179 シュッピン
 9414 日本BS放送
 3230 スターマイカ
 2686 ジーフット
 1384 ホクリヨウ
 2764 ひらまつ
 ※評価額順に記載しています

 1360 日経平均ベア2倍ETF


※詳細の銘柄一覧です。
20161202_保有銘柄一覧


4.資産状況

先週はなかなか増えないが仕方なしと書いていましたが、
今度はどんどん減っているけど仕方なしということになります(笑)。
何があっても動じないメンタルですね~
想定外の悪材料が出た時にはきちんと対処しますが、
そうでなければ粛々と見守るだけです。


※クリックすると画像が大きくなります。

20161202_パフォーマンス推移表




20161202_資産残高推移表






5.雑記

四季報シーズンに突入しますし、値動きが冴えない銘柄は、
年末に向けて損出しの特殊な需給に応じた動きがみられるかもしれません。
特に出来高が元々少ない銘柄ばかりなので、
ストンといくかもしれないので、サクッと買いたいですが、
さてどうでしょうかね。

現在、来年の投資方針策定を進めています。
その中で悩んでいるのはベアによるヘッジをどうするかです。
長期で持つべきではないものを敢えて長期で持ってみて、
いい事悪いことと色々感じているところもあります。
あと1ヶ月で整理が終わるとも思えず見切り発車になりそうですが、
まぁそれもいいでしょう。


巷はクリスマスシーズンに突入しています。
私はクリスチャンでもないのですが、
なんとなく浮足だったこの雰囲気は好きです。

昔はちょっといい雰囲気のライトアップなどに
ドキドキしたりセンチメンタルな気分になったものですが、
今の最大の関心事は子供へのプレゼントです。
サンタクロースに何を託すか、子供と相談していますが、
なかなか気が利いたものが浮かびません。

男子恒例のトミカ、プラレールはもうお腹いっぱいですし、
飽きそうなものはな~なんてついつい大人目線になってしまいます。
6歳児に何をプレゼントすべきか、悩んでいます。

お小遣いの管理に興味を示しているので、
貯金箱とかもいいかなと思ったのですが、
逆に飽きそうなおもちゃのようなものしかなく、
だからといって真面目なやつだと子供がときめかない(笑)。

国旗に興味を示しているのですが、
既に地球儀も買い与えてしまいました。
国旗の本もブックオフで買ってしまいましたしね。。。


男の子はなんでもおもちゃになるので、
別におもちゃでなくてよいのです。
一緒に経験する、使ってみること自体が
子供にとって遊びなので、そういうものを選べるといいなと思っています。


コメント
この記事へのコメント
まるのん先生!

ご無沙汰しております。

11月より静岡に転勤になり、プライベートも忙しくコメントが滞っていました。。。。

市場は堅調ですね。

私は中長期投資用の口座では年初来約8%ですが、始めた時期が16000円台ですので、残念ながら市場に負けています(泣)

純粋な自分の口座では、チャート及びファンダの面から、オープンハウスを保有しており直近で満足のいく結果が出つつあります。

この度先生も読んでいたDUKEさんの本を読みました。

自分はチャート的に逆張りに慣れていますが、年末までに自分に落とし込み試したみたいと思います。

興味深かったのは(テクニカル以外で)兼業投資家の心構え及びノートに手書きで書くこの重要性ですね。

寒くなってきて、インフルエンザも流行に入ったようですので、先生もお身体ご自愛ください。
2016/12/04(日) 19:33 | URL | ゆったり #-[ 編集]
>ゆったりさん
こんにちは、ゆったりさん。
ご無沙汰しておりますが、転勤されたのですね。
お忙しい中、コメントを下さりありがとうございます。

静岡県は私の勝手なイメージですが、
穏和な方が多い印象で、
いつも静岡県に行くと旅路でのやさしい人柄に触れる機会が多いです。
食べ物もおいしいですので、羨ましいですね。

様々な先人達のスキル、ノウハウをうまく自分の中で昇華させていく中で、
特に長期的なスタンスで臨もうと考える時に、
今の正当性を判断するにもある程度の時間軸が必要ですし、
小手先で手法を真似てみても、
それがうまくいったとしても偶発的なものかもしれませんし、
逆にうまくいかなくてもそれもまた偶発的なものかもしれません。
結局その優位性をどう判断するかは、
なかなか難しいところですね。

私もDUKE。さんの手法は実績を見てもとても優位性があるのだと
認識していますが、
一方でそれを自分に取り込んだとしても、
それが自分に納得性のあるやり方と出来るか出来ないかは別問題です。

ですので、多くのやり方から自分が納得いくやり方を見出し、
それはすぐに結果がついてこなくてもいいし、
もっといいやり方があると思っても、
腰を据えていられるようにありたいなと考えています。

お互い体調には留意して頑張っていきましょう!
2016/12/04(日) 23:11 | URL | まるのん #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/12/06(火) 00:04 | | #[ 編集]
コメントはあまりしてませんが、いつも読ませてもらってます。これからも、よろしくお願いします(笑)

アメリカ大統領選、私は眺めているだけでした。まるのんさんは多少売買なさっていたかと思います。そこで質問なのですが、現金比率を高めるためにエムケイシステムを売却したと記憶しています。
個人的には成長が期待できそうな銘柄と感じていたので意外でした。
よろしければ、所有銘柄の中からエムケイシステムを売却するに至った過程をお教えいたただけないでしょうか?
宜しくお願いします
2016/12/08(木) 23:12 | URL | 株主二年生 #-[ 編集]
>株主二年生さん
こんにちは、株主二年生さん。
いつもお読み頂いているとのこと、ありがとうございます。
このようにコメントを頂けること、とても光栄に思います。
こちらこそ、今後もよろしくお願いいたします。

トランプ大統領云々で取引をしたわけではないのですが、
今年の投資方針に掲げている通り、
東証1部全体のPERとポートフォリオPERに応じて、
現金比率とベアETF比率の目安を定めており、
結果的にその水準が大きく動いたこともあり、
それに応じてPF全体の調整のための売買をしました。

私はトランプ大統領の誕生そのものは、
保有銘柄にとってはニュートラルというか、
影響を見極められないと考えています。
ですので、単にこれで株価が大きく動くとなると、
今の私には到底合理的な対応が出来ないため、
例外扱いなく、目安比率に応じた対処をすることに努めました。

ブレグジットなど大きく相場が動く時には、
本来であれば儲け時なのかもしれませんが、
こういう時には儲けることより、
ルール通りに冷静に対処して
残ることを優先して考えています。

さて、本題のエムケイシステムについてですが、
私も同社への期待度は以前として高く、
特に銘柄そのものの魅力度合いの見立ては変えていません。

理由はひとつは前述の都合で、
現金比率をなんとしても上げなくてはいけなかったことと、
同社のポジションが低く、中途半端だったことがあげられます。
目標株価までのGAPは40%台ということで際立って上値余地があるわけでもなく、
だからといって今の比率のまま極小比率で保持するより、
一旦現金化する選択をすることにしました。
元々取得単価1200円、目標株価2300円で90%台の上値GAPを期待しており、
その過渡期である1500円台での途中下車は忸怩たる思いでした。

極小比率の銘柄で他でもよかったのでは?という疑問もわくかもしれませんが、
実際のところ、極小比率の銘柄はいずれも優待を考慮したものです。
例えばひらまつは嫁さんの強い要望に応えたものですし、
シュッピンは私のカメラ好きのためです。
本来、優待投資は私の投資方針では
メインシナリオではなく許容している程度の認識なので、
むしろ成長重視のエムケイシステムを残すという選択も
十分検討したのですが、あとは相対的に保有銘柄の中では、
PERもやや高い方でしたので、そのあたりも考慮しました。

成長シナリオも明確ですので、
魅力的な銘柄であることは変わりないものと認識しています。

言っていることとやっていることで言動不一致などと思われるかもしれず、
実際にその要素はありそうで、そのあたりが私の未熟さを露呈しているかもしれません。

回答になっているでしょうか。
何か疑問に思われることがございましたら、
お手数をおかけしますが、再度コメント頂ければと思います。



2016/12/10(土) 00:43 | URL | まるのん #-[ 編集]
>トランプ大統領云々で取引をしたわけではないのですが 

買い増しをなさっていたような記憶があったもので、前述のコメントのような表現になってしまいました。お気を悪くさせてしまったら申し訳ありません。

エムケイシステム売却のご説明ありがとうございます。理解できました。まさに疑問だった部分が解決しました。エムケイシステムの方が成長性ありそうに見えるけど…。と感じていた銘柄も優待目的なら合点がいきます。
ありがとうございました
2016/12/10(土) 18:17 | URL | 株主二年生 #-[ 編集]
>株主二年生さん
こんにちは、株主二年生さん。

いえいえ全く気を悪くしておりませんし、
むしろそのように受け取られかねないレスとなってしまい、
逆に余計な気を遣わせてしまいまして、
申し訳ありません。

ご指摘の通り、買い増しと売却と
慌ただしく対応をしておりました。

ポートフォリオの銘柄でメリハリをつけたいということと、
現金比率を高めたいという2つの要請が自分自身にあったので、
それを満たすために対応しました。

繰り返しになりますが、
エムケイシステムはその中では魅力度も高く、
PF主力まであげてもよいとさえ思っていました。
ただ、株価水準は高くはないですが、
割安ともいえない状況の中で、
タイミングを逸したことでタイミングが合わなかったのが、
今回の対処の背景にもあります。

ポートフォリオ下位の優待目当てというのは、
私のスタンスからするとアウトローなのですが、
とはいえ、非合理的だったとしても、
その遊びを一定割合で許容しているので、
それに従っています。


あまり参考になる回答ではなくて失礼いたしました。
2016/12/11(日) 22:07 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/820-3c42b9fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り