十分な教育資金と老後資金のために

【決算精査】 9090_丸和運輸機関(17年3月期_1Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


1Qで新センター新設コストによる利益の伸び悩みが見られましたが、
その改善状況が気になっていました。
決算内容からはその改善が進んでいることがわかりました。

また単にコスト安による効果だけでなく、
きっちり2桁増収を伴っているところが良いなと思います。

燃料費の低減や、
人件費を抑制することによる利益増は、
限度がありますからそれだけで利益増となっている場合、
効率化がうまい会社だなとはなりますが、
長期的な成長となるとその要素だけでは不安になります。

同社の場合、経営資源をシフトさせている食品物流事業で
25%のセグメント増収となっています。
新規先と既存先の業務拡大のコラボレーションによるもので、
引き続き、同社の提供するサービスが顧客には受けているのだと思います。


計画対比で見ても売上、利益共にやや上振れで着地しています。
確かに1Qでコスト先行による減速でハードルがあがったところに、
この計画超過ですから嬉しい気持ちもありますが、
冷静に考えると、まぁ若干の上振れがあったものの、
計画通りの推移と読むことが出来ます。

そのうえ、同社にとっては荷量が一番増える3Qの業績が大事ですから、
足元の経済状況を見ると油断を許さないものとも認識しています。

以上のことから、1Qではややネガティブに近い想定通りの評価、
2Qではややポジティブに近い想定通りの評価といったところで、
2Q累計としての上期決算の評価はニュートラルに想定通りといった所です。

というわけで、総合評価は「3」(想定通り)です。



2.定量数値の確認


(1)売上の推移

◆2Q累計
9090_丸和運輸機関(17年3月期_2Q累計)売上推移

◆2Q単計
9090_丸和運輸機関(17年3月期_2Q単計)売上推移

売上は引き続き順調に推移しています。
特に食品物流事業が堅調です。
これは同社が低温物流事業へ経営資源をシフトさせており、
その効果が継続しているようです。
新規顧客先が拡大していることと、
既存顧客での業容拡大とが双方で寄与しているので、
安定感があります。
一方で先行きはどうなんでしょうかね。
スーパーを始めとした小売り各社の業績は横ばいで頭打ちの印象です。
私の近所にあるいなげやも下方修正を出していますし、
節約志向が高まっている印象もありますね。

主要顧客のマツモトキヨシが含まれる医薬医療物流についても、
四半期で3%弱で推移しています。
インバウンド需要の低下が懸念される中で、
直近もIRに電話した際の感触では荷量への影響はないとの感触でしたから、
その通りの効果となりました。
マツモトキヨシHDの月次開示も頭打ちで芳しい状況ともいえませんので、
今後の動きには注視が必要かもしれません。



(2)利益の推移

◆2Q累計(営業利益)
9090_丸和運輸機関(17年3月期_2Q累計)営業利益推移


◆2Q単計(営業利益)
9090_丸和運輸機関(17年3月期_2Q単計)営業利益推移


1Qで利益率が悪化していましたが、
その後どうなったでしょうか。

      今1Q → 今2Q
粗利率 11.5% → 11.5% (横ばい)
販管費率 5.7% → 4.2% (▲1.5%)
営業利益率 5.7% → 7.3% (+1.6%)

      前2Q → 今2Q
粗利率 11.2% → 11.5% (+0.3%)
販管費率 5.0% → 4.2% (▲0.8%)
営業利益率 6.2% → 7.3% (+1.1%)

1Q対比で見てみると、粗利率は横ばいですが、
販管費率の改善が主因で営業利益が改善していることがわかります。

前2Q対比で見てみると、粗利率は原油価格の低減もあれど、
そもそも人件費が高騰していることと、
新卒採用による更なる原価増もあることから、
それで粗利率が若干改善しているところをみると、
トップラインの向上が効いているのかなと思います。
3Qでは更にトップラインが上がる需要期になり、
利益率も10%近くまで向上するため、
この効率化が継続されると期待できるかもしれません。


なお、1Qでの新センタコスト増のその後ですが、
開示直後のIR照会で改善プロジェクトチーム発足を聞き、
その1ヶ月余りの期間を経てどう推移しているかを、
追加でトレースしてIR照会してきましたが、
その時に十分改善が進捗しているようだったのですが、
まだ道半ばの要素もあるとのことで、
それが粗利率がそこまで好転せず、しかし全体で見れば
営業利益はきちんと確保した、そんな印象の利益です。

なお、純利益ベースでは以下の通りです。

◆2Q累計(純利益)
9090_丸和運輸機関(17年3月期_2Q累計)純利益推移



◆2Q単計(純利益)
9090_丸和運輸機関(17年3月期_2Q単計)純利益推移




(3)利益の状況と今後の見通し

2Qの結果を踏まえて通期予想の実現可否を皮算用したいと思います。
(長期スパンで見るのであればほとんど無意味であるわけですがね・・・)

<今期の通期会社予想>
売上 66,000百万円
営業利益 4,483百万円
純利益 2,738百万円

<今期の下期会社予想>※上期実績から通期予想の差分
売上 33,386百万円
営業利益 2,362百万円(7.1%)
純利益 1,245百万円(3.7%)

<前期の下期会社実績>
売上 31,298百万円
営業利益 2,085百万円(6.7%)
純利益 1,321百万円(4.2%)


前期の下期実績と比較すると今期の下期では、
6.7%増収、13.3%営業増益となります。

今期の上期は、前期比で12.2%増収、18.2%営業増益となっており、
売上はやや保守的?と思いましが、
需要増の3Q期間を見た時に、
昨年の3Q期間と今年の3Q期間での印象はまるで違う気がします。
まだインバウンドの陰りもそこまで顕著ではなく減速感が出始めたくらいですし、
株高でイケイケドンドンだった頃ですね、昨年は。
今年はインバウンドの影響は現時点では限定的ではありますが、
それでも低下傾向ですし、株安や節約志向も広まっている印象もあり、
決して楽観できない状況でしょう。

そう考えると、まぁ計画線で10%を若干割り込む位とみておくのがよく、
計画線といった所な気もします。

また利益率は前期より0.4%利益率が改善しますが、
上期の改善が続けばある程度は達成できるかなという印象です。
ただこれも3Q期間のトップラインがどこまで積み上がるかということも
決して楽観できないこともあり、計画線で想定しておくのがよいと思います。

従って、従来通り、会社予想を支持していきたいと思います。



(4)IR照会

今回はIR照会は不要と認識しました。
但し、今後の3Q期間のマツキヨの動向なども注視し、
必要に応じてフォローしていきたいと思います。


(5)さいごに

株価の動向ですが、想定PERを元に仮想株価を引いた表は以下の通りです。

9090_丸和運輸機関(17年3月期_2Q単計)株価推移



今後がどうなるかわかりませんが、
この泥臭い会社をこれからもフォローしていきたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/806-c68b9b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り