十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+20.8%(2017/8/10時点)


1.年初来パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

 まるのんPF  : + 1.8% (▲1.0%)
 TOPIX    : ▲15.2%  (▲2.1%)
 日経平均   : ▲13.8%  (▲2.3%)
 東証2部    : ▲ 8.9% (▲2.1%)
 JASDAQ   : ▲ 6.7% (▲0.8%)
 マザーズ    : + 2.8% (▲6.4%)


2.全体所感

先週は少し中小型株にも資金が戻ってきたのかな、
なんて考えていましたが、気のせいだったようです(笑)。
株価が騰がった、下がったということには、
出来るだけ言及しないようにと考えていますが、
私のような素人投資家はいつもネタにしてしまっています。

結局足元で株価の事に触れても、
それは儚いものですし、週明けにどうなっているかなんて、
全く想像が付きませんし、
そもそもちょっとやそっとの株価変動で、
ポジションを大きく動かすような投資手法を取っていませんからね。


来週は日銀がマイナス金利の深堀りなど、
既にいくつか噂話が漏れ聞こえてきていますが、
これまでの金融政策の「総括」をされます。

本来のマイナス金利の深堀りの本質的な意図は、
私には完全に理解が出来ていません。
これは真摯に勉強しないとと感じています。

一方で株式相場は銀行株がどうだの、資産関連株がどうだのと、
また来週はがたがたなるのでしょうが、
あまりこういうものに振り回されないようにしないとなりません。

日銀が大きく判断を出していく中では、
ボラティリティも大きくなるでしょうから、
自分がそういう目先のことに感情を乱されやすいということを十分把握して、
そのうえで、想定外の取引をしないように気を付けたいです。




3.ポートフォリオ


今週も大きくポートフォリオの構成は変わりません。
ツイートもしていますが、
ソーシャルワイヤーを指値ミスで結果的に買い増しとなりました。
いずれにせよ、買い増し予定で指値を入れ続けていたので、
少し単価は想定より高くなりましたが、
大勢には影響はないと考えています。

主力と準主力の計6銘柄で比率は50%ちょい越えとなっており、
もう少しメリハリをつけるべく、
ポートフォリオの整理を進めていきたいと考えています。


※クリックすると画像が大きくなります。

20160916_PF内訳




20160916_セクター内訳




以下に示すように、PF中下位の銘柄に弱さが目立ちました。
また主力群のサンセイランディックは相変わらず弱く、
四季報にでも激震ネガティブサプライズでもあるのかと思ったのですが、
別に普通でしたね。
この後、仕入軟調で次期減益~とかなるのかもしれませんが、
なんだか指標面ではとても安くなりましたね。

ソーシャルワイヤーは、株式新聞に取り上げられたそうで、
瞬間的には10%以上の高騰を見せましたが、
こんなわけのわからない値動きは、さすがにすぐに是正されるのですね。

WDBは下落が大きいのですが、
直近で堅調な推移でしたので、当たり前の調整でしょうか。
チャートは見方がわからないのですが、
25日移動平均線を下回ったので、一旦トレンド転換とみて、
売却が正しいのでしょうか。全くわかりませんが、
元々トレンドなんて無視していますからそれを貫きます。



20160916_保有銘柄一覧(概要)






念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 3276 日本管理センター
 3277 サンセイランディック
 3929 ソーシャルワイヤー
 9090 丸和運輸機関
 3844 コムチュア
 2475 WDB
 7164 全国保証
 3230 スターマイカ
 2686 ジーフット
 3179 シュッピン
 2152 幼児活動研究会
 9414 日本BS放送
 2384 SBSHD
 1384 ホクリヨウ
 3682 エンカレッジテクノロジー
 3910 エムケイシステム
 2764 ひらまつ
 ※評価額順に記載しています

 1360 日経平均ベア2倍ETF


※詳細の銘柄一覧です。
20160916_保有銘柄一覧






4.資産状況


パフォーマンスはまぁこんなもんでしょうか。
マザーズ指数が相変わらず暴れていますね。


※クリックすると画像が大きくなります。

20160916_パフォーマンス推移表


資産もなかなか増えませんね。



20160916_資産残高推移表




5.雑記

四季報が発売になりましたね。
四季報の取材力なんて・・・とよく私は不満を感じているものの、
とはいえ、どう表現されているかはなんとなく気になります。

四季報がネガティブだろうが、ポジティブだろうが、
私は私の判断に照らして判断していくので、
まぁイベントのようなものです。


例えば、日本管理センターは元々サプライズのない決算が通例ですが、
前号の四季報で独自増額をして、今号でそれを戻して会社計画線に戻しています。
前号-今号の比較だけ見ると予想数値が下がっているとネガティブにも感じますが、
元々、前号で独自増額そのものが???でしたからね。
事実私の前述の銘柄一覧上で、前号の独自増額は完全にスルーして、
独自EPSを想定しているので、個人的にはショックはありません。

どうしても四季報も中小型銘柄はあまり真剣見がないな、と感じる銘柄も多いです。


四季報のイベント投資なんて手法もあるようですが、
実際四季報の記載や数値は堅調でも株価は下がるものもあれば、
悶絶悪評価も株価は反応しないなど、様々な動きをするようで、
何を手掛かりにすればいいのか謎です。


3連休は躍起になって精読をしたいのですが、
それよりやはり家族との時間も大事にしたいのです。
というわけで、結局何事もバランスだろうと、
割ける時間の中でやっていきたいと思います。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/787-aa28d31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り