十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)



【決算精査】2384_SBSHD(16年12月期_2Q決算)

銘柄分析シート

1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


開示から随分時間が空いてしまっていますが、
粛々と決算精査記事をUPしていきます。
今日はPF中位で中途半端なポジションとなっているSBSHDです。
ちょうど、本日決算説明会が開催され、
説明資料(PDF)も開示されています。

同社については、既に決算前に上方修正の開示がありましたが、
それを更に上回る内容となりました。
但し、その主因は同社の保有する物流施設の売却益によるものであり、
かつ、元々の計画にも織り込まれていたわけで、
そこから若干取引価格が上振れしたことに起因するものであり、
そこまでサプライズがあるわけでもありません。
増して、毎期このような売却益が計上出来るわけでもありませんから、
特にポジティブな評価とは捉えていません。

もっとも同社の物流施設の開発ノウハウはそこそこスキルがあるようで、
これまでも相場の助けもあってうまいこと売買での収益も計上出来ていますから、
同社は物流会社というより不動産会社と見てもよいような気もします。
実際、利益ベースでは影響力がむしろ大きいですからね。

物流事業で国内は荷量が鈍いものの業容拡大で増収を確保しており、
その点は評価できるかなと思います。
海外分が落ち込むのは前期比で見ればやむ得ず、
全体でここまでの減収幅で済んだとみるべきなのでしょう。
また物流事業における利益についても拠点立ち上げによる費用までカバーできず、
これも計画通りということですから、引き続き行く末を見守るだけかなと思います。

不動産事業はまぁ多少上振れしてよかったねとなりますが、
そもそも一過性のものなので、あまり評価しても仕方ないかなと思います。

物流拠点の立ち上げコストに注視が必要な状況ですし、
荷量がより減少した時の落ち込みも懸念ではありますが、
思ったより2Qで健闘した印象ですから、
なんとかまずは計画達成に向けて頑張ってもらいたいと思います。
総合評価は「3」(想定通り)となります。


2.定量数値の確認(実績)



(1)売上の推移

◆2Q累計
2384_売上高推移(16年12月期_2Q累計)
◆2Q単計
2384_売上高推移(16年12月期_2Q単計)


海外の落ち込みがあるものの、施設売却の効果もあり、
2Q単では増収となっています。
国内の物流事業でも増収を確保したようで、この点は良かったかなと思います。
今後、更なる荷量が減った際にどこまで業容拡大で凌げるかですかね。
セグメント別のデータは、前述の銘柄分析シート内に表記しています。




(2)営業利益の推移

◆2Q累計
2384_営業利益推移(16年12月期_2Q累計)

◆2Q単計
2384_営業利益推移(16年12月期_2Q単計)


2Qで施設譲渡益(36.7億円)を計上していますから、
その影響で突き出ています。単純にこの効果がなければ減益となります。
海外の連結が外れたことと、施設立ち上げを継続していることもあり、
元々計画線ということを考えると特にネガティブな内容ではありませんが、
立ち上げの今後の動向などにも引き続き注視は必要なのでしょう。


(3)純利益の推移

◆2Q累計
2384_純利益推移(16年12月期_2Q累計)

◆2Q単計
2384_純利益推移(16年12月期_2Q単計)


特に営業利益の傾向と変わりませんが、
通期の着地見込みと2Q累計着地が肉薄しています。
下期を余程固くみているのか、やはり費用先行ということになるのか、
どう解釈すればよいのかよくわかりません。
しかし、市場からの信用をまずは取り戻すということで
計画必達を掲げていますし、まずは今期の行く末を見守ることになると思います。



(4)IR照会

本日の決算説明資料も開示されたことなので、
IRに照会をさせて頂きました。
主観的にサマリしておきます。

まるのん
通期予想に対して上期実績の進捗率が高いように感じているが、
下期に特段のコストを想定しているものか、
それともこれまでの経緯を踏まえて堅くみているということか。

IR
これまでの経緯を踏まえて必達目標を掲げる必要があると認識しており、
堅めの見通しに基づき、現時点では据え置いている。
3Qが終わった頃を見て修正が必要であれば開示するが、
より慎重に見極めたいとの思いから、開示ルールの30%以上の乖離は
現時点では認識していないため、修正は出していない。

まるのん
上期において荷量が鈍く推移しているものの、
拠点数の増加の要素でカバーしている構造にみえているが、
今後の景況感の停滞が長引くことで
荷量が引き続く鈍ることによる影響を懸念している。
下期においても一定の拠点数の拡大が寄与するとは思うが、
会社としてどのように捉えているか。

IR
ここ数年下期に荷量が落ち込む傾向が続いており、
今の状況を踏まえるとやはり下期の状況は
ネガティブにみておく必要があると認識している。
指摘の通り、前期に比べれば拠点数も増えていることから、
各拠点の荷量が落ちても全体の総量でカバーして
そこまで悪影響が顕在化するとは考えていないが、
より慎重な立場に立つ必要があると認識している。


まるのん
そのような不安要素があるから、通期予想を様子見で据え置いていると
そのように理解すればよいか。

IR
そのとおりである。
現予想から少しでも上積み出来るように頑張る所存である。


まるのん
本日開示の説明資料では、中計のゴールは変えないとあるが、
今更M&Aの寄与は望めないと考えているがどのように理解すればよいか。

IR
誤解を与える表記で申し訳ないが、中期計画として一旦2000億/80億は凍結し、
自立成長分にどれだけ積み増せるかを来期予想までに精査を行う予定である。
海外含めたM&A戦略も来春まできちんと精査した上で、
反省を踏まえて仕切り直したいと考えている。


まるのん
自立成長分となると1550億/62億となると、
今期予想の利益66億を下回り減益もやむ得ずというようにも感じるが、
やはり今期の施設譲渡益の跳ね返すのは難しいという理解であるか。

IR
元々現中計は過去に立てたものであるので、
当然そこから物流施設の立ち上げも国内では順調に推移しており、
現中計の数値からどれだけ積み増せるかということだと理解しており、
なんとか今期よりも増益という形を作れるように鋭意検討を行っている。
そのキーとしては、やはり今期に立ち上げている5万坪の施設の収益化が、
肝となるため、オペレーションを含めて、
早期に高収益化出来るように、日常のオペレーションの改善を進めており、
その進捗は計画通りに推移している。

まるのん
とはいえ、施設譲渡益の利益率と物流事業の利益率とでは雲泥の差があり、
これだけの譲渡益でかさ上げされた状況から、
来期増益基調に持っていくのは並大抵のことではないと考えているがどうか。

IR
繰り返しになるが、今期の立ち上げ施設のオペレーションを含めた
収益化が実現されれば、横ばいから増益には持っていけると考えている。
ただ、逆に今期に想定超の積み上げが実現してしまうと、
その分ハードルも上がるので、会社としてはその辺が悩ましいとは考えている。
あくまで安定的な成長によって市場の信頼を取り戻すことが
急務と捉えているので、そのような業績面でまずはしっかりやることが
大切だと考えている。



私は今期EPSは現会社予想と同じ108、
来期EPSは譲渡益計上の反動があると考えて101と見ているため、
多少の減益であれば許容できると考えていますが、
その辺も真摯に検討をしているようなので、まずは安心しました。
まぁ来期EPSを当てるゲームをしているわけではないので、
あくまでトレンドを把握するための皮算用でしかないわけですが。



3.その他

決算開示後、株価はだいぶ戻してきていますが、
これもまた不可解だなと感じます。
確かに一過性の譲渡益がやや想定より上振れたということはあり、
かつそれが2Qに期ズレしただけなのですが、
こうも評価が変わるのかなと思います。

足元の主業である物流事業において、
荷量の落ち込みなどネガティブな要素も孕んでおり、
目先で見ると、決して明るい感じでもないと思うのですがね。
まぁしかし、それを割り引いてみても、今の株価水準は十分安いとは思うのですが。


コメント
この記事へのコメント
まるのんさんこんにちは

SBSと関係ないことで恐縮なのですが、今回の記事の「銘柄分析シート」を拝見して、詳細な内容に驚きました。


こうして1社1社、自身で様々な数値を追って行くと、会社の小さな変化にも非常に敏感になれそうで、私もぜひ真似したいと思いました。

しかし、エクセルの技量が劣悪で、なかなかこのような分かりやすいシートを作る自信はありません。

この「銘柄分析シート」は、まるのんさんは、エクセルを使って作られているのですか?



2016/08/23(火) 22:59 | URL | 大ちゃんパパ #-[ 編集]
>大ちゃんパパさん
こんにちは、大ちゃんパパさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

銘柄分析シートはエクセルを使った完全自作のワークシートです。

出来るだけ効率的に作成したいと、
データベースから自動でデータを抽出して、
ある程度自動化するように試みていますが、
ご指摘の通り、自ら数字を入れるからこそ、
気が付く変化もあるように思い、
今の形を継続しています。

ワークシートには皆様に開示している参照シートと、
素データを投入する入力シートに分かれており、
入力シートにPLやBSなどの情報を転記することで、
参照シートやそこに表記されるグラフも
描写されるようになっています。

とりあえず色々な指標が列挙されていますが、
一体自分がどこに注目するのか、
もう少し論点を整理したいですし、
そもそもこのような定量データを緻密に寄せ集めることに、
どこまで意味があるのかもよく悩んでいます。

ビジネスモデルや競争戦略などの定性的な部分に
もっと目を向けるべきなのでしょう。
確かにそのような定性的な強みが定量データに表れてくるので、
全く度外視しているわけではないのですが、
もう少し数値に頼らない分析が必要なのかもしれません。

ちなみにエクセルはそこまで難解な数式も使っていません。
四則計算位でしょうか。ぜひチャレンジされて見て頂きたいですし、
私にもそのエッセンスを共有頂いて、
私も大ちゃんパパさんに学ばせて頂きたいと思いました。

今後も、どうぞよろしくお願いいたします。
2016/08/24(水) 23:03 | URL | まるのん #-[ 編集]
まるのんさん

詳細に教えて頂きありがとうございます。

・「データベースから自動で抽出して自動化」こんな方法もあるのですね!トライしてみます、すごいですね

・「入力シートと参照シート」というのもなるほどです、すごい参考になります、ありがたや。。最初っから参照シートに打ち込んでいるわけではないんですね。

こういうアイディアややり方を教えて頂けて本当にありがたいです。

自分も上達して、何か少しでもお役に立てる情報をご提供できたらうれしいです。頑張ります。

引き続きよろしくお願いいたします!
2016/08/26(金) 06:52 | URL | 大ちゃんパパ #-[ 編集]
>大ちゃんパパさん
こんにちは、大ちゃんパパさん。

こちらこそ、興味を持って頂きましてありがとうございます。

データベースというか、XBRLデータなどから、
自動変換して数値を拾っていけるといいなと思っています。
短信のPDFを空けて、必要な箇所の数値をひとつずつ手入力するのは、
それはそれで良い面もあるのですがね。。。

何かやられてみて不明な点などあれば、
私にお答えできることであれば、なんなりと聞いて下さいませ。
私もそれを通して勉強させて頂きます。
2016/08/27(土) 00:45 | URL | まるのん #-[ 編集]
今回の投稿内容、とても良いと思いました。
今までのSBSHD関連の投稿文章の中でも一番僕は好きです。

特に
「来期EPSを当てるゲームをしているわけではないので」
という文章が光り輝いていますね。
2016/08/27(土) 09:50 | URL | MEANING #BTpCRXMw[ 編集]
>MEANINGさん
こんにちは、MEANINGさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

SBSHDも含めて、ろくな記事を書いていないかもしれませんが、
MEANINGさんに少しでも共感を頂けたとのことで、
そのことをコメントを頂きましてありがとうございます。

EPSを想像することは私は否定していませんが、
当たった、外したの議論より、
その想像の根拠となるビジネス環境のことを考えて、
それがシナリオ通り行っていれば、
各断面でどうであったかは参考程度にしかならないと思います。

これからも少しでも長期投資家に近づけるように、
頑張っていきたいと思います。
2016/08/28(日) 21:29 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/780-5479271a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り