十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)



【決算精査】3277_サンセイランディック(16年12月期_2Q決算)

銘柄分析シート

1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング


主力の決算ですので、先に開示されている銘柄と順番を入れ替えて、
優先して精査記事をUPしています。
(先に発表している銘柄も順次こちらの一覧上で分析シートは更新しています。)


決算のPL情報より気になるのは、
毎度のことながら仕入状況です。

短信上の最終ページに詳細データにて記載がありますし、
BSの販売用不動産の積み上がりをチェックするのが最初にすべきことです。

仕入の状況は1Qに引き続いてやや想定より進んでいない印象ではありますが、
この程度のブレは当然想定している範疇であり、
あとは内部で何か問題が起こっていないかを念のためIRに確認をします。

結論としては、私は特に問題はないと判断しました。

足元の業績面では1Qに続いて、まぁ良いのではないでしょうか。
売上がやや未達という反面、主に販管費の削減が奏功した形となり
利益面では上振れしているようです。
ただ、直ちに上方修正を期待するようなものでもないですし、
仮にそれが修正に繋がったとしても
あまり構造的にポジティブとなったわけでもないと判断しています。

従って、総合評価は「3」(想定通り)となります。


2.定量数値の確認(実績)



(1)売上の推移

3277_サンセイランディック(2016年12月期_2Q)売上推移


売上は堅調に推移しているようですが、
会社予想との比較という点では
上期の予想はやや未達(3%程度)ということになりました。

これは別に咎めるようなものでもないと感じますので、
計画線に乗っているとみてよいと判断しています。




(2)営業利益の推移

3277_サンセイランディック(2016年12月期_2Q)営業利益推移


累計期間で見ると、前期比で増益ですが、
2Q単で見ると減益となっています。
これは前期の2Qの積み上げが大きかった反動ですし、
そもそも四半期のブレの大きな銘柄ですから、
こういった比較はあまり意味がありません。

会社計画との比較という点では約24%の上振れですから、
それなりに大きな乖離となっています。

やや大きいブレですから少し中身を見てみます。

・粗利率(1Q単→2Q単)
 32.8% → 28.2%

・販管費率(1Q単→2Q単)
 24.8%→18.7%
 

累計期間で見ますと計画では営業利益率が7.0%予定だったところ、
実績は8.9%と計画比で良化しており、
それは販管費の低減のためとわかります。
この理由はIRに確認したいところですが、
急に販管費率が構造的に下がるようなことはないと考えているので、
この実績を過大に評価すべきでないことはすぐにわかります。


(3)純利益の推移

3277_サンセイランディック(2016年12月期_2Q)純利益推移


営業外で事務所移転費用がやや大きな額計上されていますが、
特に営業利益ベースと論点は同じかと思います。



(4)仕入・販売状況

前述の通り、やや仕入が不安かなと感じます。
ただ、1Qから比べると仕入状況も好転している兆しも見えます。
前期は前期の下期にリカバリするために仕入を強化していた時で、
一気に仕入を進めていたこともあり、
余計に前期比の仕入落ち込みが大きくみえますが、
グラフでみてみると、1Qはともかく2Qでは
そこまで軟調という感じでもなさそうです。
ただ、いずれにせよここが肝ですから、IRに確認します。

◆仕入の状況
3277_サンセイランディック(2016年12月期_2Q)仕入推移


◆販売の状況
3277_サンセイランディック(2016年12月期_2Q)販売推移


というわけで、IRに電話です。
(私の主観に基づき記載していますので、ご了承下さい)

まるのん
仕入の状況についてですが、1Qに引き続き軟調に推移している印象だが、
会社としてはどのように状況を認識しているか。

IR
指摘の通り、計画に比べてやや出遅れている状況ではある。
但し、少なくても今期の業績面からいえば、
販売用不動産も引き続き積み上がっているため、
特に心配は不要と認識している。
今の仕入の弱さが今後も続いた際の影響としては、
次期の2Qあたりとなるが、現在次期の見通し策定にも着手しており、
その中で見極めていくこととなる。
現状の仕入の状況については、社内でも様々な角度から分析を行っているが、
そこから見えてきたのは、大型の物件を中心に
いわゆる売り物になっていないようなものが多いことがわかってきた。
不動産市況が強気に推移している中で、
売主の打診的な動きであったり、かなりの強気価格設定のために、
いわゆる買える仕入環境がない状況があった。
このような状況のため、これを他社も含めて買えていないこともあり、
実際謄本チェックなどを施してそのことを確認している。


まるのん
1Qから続いている状況はどのくらいの期間続くとみているか。

IR
詳細は申し上げられないが、7-8月において再度大型物件も仕入が出来ており、
回復傾向は見て取れている。
但し、あくまで短期間での浮き沈みがあるものなので、
今後も安定的な仕入のために頑張っていきたい。


まるのん
エリアリンクなど他社では仕入れが順調とみえる内容も見聞きしているが、
そのことについて、どのように捉えているか。

IR
元々のボリュームが少ないこともあり、
過去からの増減だけではなんともコメントがしづらい。
エリアリンクのIR動画なども拝見しており、
先方のやり方については諸々承知していて・・・(ちょっと割愛します)・・・。
※要するに現時点で脅威ではないという解釈


まるのん
仕入が軟調に推移している中で、
従来の仕入条件を変えるようなことはやられているか。
(利益率の確保の条件など)

IR
稟議のために独自の基準を設けているが、
これを変えたり、利益率を落とすような判断をすることはない。

まるのん
仕入の状況として売主の様子見スタンスや、
売り物のタイミングなどの外部要因のものであり、
それは足元では回復の傾向がみられ、
特に内部に課題があったり業界として変調がみられるということではないと理解した。

IR
その認識で問題ない。足元の回復の状況は、
これから契約手続きに入るものもあるので、
完全に回復しているとは断言できないし、
今後も確約されるものではないが、そこまで悲観している状況ではなく、
これから幹部が集まり色々な将来の議論をするところであるが
そのような議論の中で、現状の課題も踏まえて議論する予定である。


まるのん
2Qの利益の上振れは主に販管費の低減によるものと理解しているが、
どのような理由によるものか。

IR
人件費に関わる部分で労務管理や採用人数の差分などによるものである。

まるのん
採用人数の差分によるコスト下振れということは、
計画に比べて採用出来なかったということなのか。

IR
当初の計画より少なかったというのは事実であるが、
体制面で懸念が生じているわけではない上に、
下期でも体制強化のコストは見込んでおり、
全体として体制面で特に懸念が生じているわけではない。

まるのん
2Qの利益上振れというのは、コストの繰り延べなどの要因ではなく、
単純な上振れということで、通期計画に対して好転して推移していると理解すればよいか。

IR
はい、その通りの理解で問題なし。



まぁ概ね想定通りですね。
仕入の状況をどう判断するかですが、文章では書ききれませんでしたが、
きちんと分析を社内で深掘りしている印象で、
かつそこまで悪い雰囲気を感じるものではありませんでした。
もちろん、IR担当の方も指摘の通り、今後も推移は注視が必要とは思いますが、
それは今に始まったものではありません。
そういう覚悟がないとなかなか付き合えないと思います。

2Qの販管費の低減は少し体制面で気にはなります。
とりあえずどこまで会社側の見解を信じるかですかね。
少なくても上振れ=ポジティブとは直ちに評価はしづらい内容です。



4.その他

相変わらず株価は軟調です。
全く持って人気がないのですね。

3277_サンセイランディック(2016年12月期_2Q)株価推移


今度は仕入が軟調とネガティブ視されてまだまだ下がるのでしょうか。
株価を見ても仕方ないのですが、
チャートはこの先の悪材料を織り込んでいるともいわれますし、
何か悪材料が控えているのでしょうかね。


さいごに相互リンクで懇意にさせて頂いている、すぽさんのブログで、
同銘柄が紹介されていました。

とても参考になり、勉強になりました。

こちらの記事








コメント
この記事へのコメント
取引時間後の開示だったんですね。
今日は私の主力、準主力の開示が多かったですが、どれもそこそこ順調な決算でした。
サンセイランディックは準主力ですが、最近の軟調さを見て買いますか検討中です^^;
2016/08/11(木) 03:11 | URL | かい #t5k9YYEY[ 編集]
サンセイランディックの決算記事について興味深く拝見しました。

今期1Q以降売られ続けたのは、まるのんさんご指摘の通り仕入高が前期1Q比55%となり来期売上げへの懸念が出たとみてよさそうです。

前期仕入高は前前期比150%となり、今期売上げ予想が前期比127%となっています。今期仕入高はがんばっても前期比100%が限界のようにみえますので、がんばっても来期売上げ予想は今期比110%程度とみるのが妥当なように思います。そう考えると現状では今期仕入高に不安を残していますので、PER7倍はフェアバリューか、若干割安程度のようにも感じます。(利益率が一定と仮定した場合です)

今期2Q仕入高は明らかな回復をみせており、マーケットは十分にありますから、株価がヨコヨコかさらに下がるようなら買って今期仕入高のさらなる回復を待ちたいところでしょうか。今期仕入高の前期比100%が叶えばPER10倍の1100円は短期的に可能にみえます。いずれにしても今期3Q仕入高がキーになると思います。短期的な話で申し訳ありません。

いつもつたない愚見ばかりで申し訳ありません。まるのんさんはすべてお見通しかもしれませんね。。
2016/08/11(木) 16:25 | URL | 素人投資家A #-[ 編集]
>かいさん
こんにちは、かいさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
サンセイランディックは相変わらず軟調な動きですね。

輸出関連などを中心として軟調な決算が多い中、
順調な決算とのことでよいですね~。
私は軟調を通り腰、悲惨な銘柄を引き当てているので、
相変わらず芳しくないですが、頑張っていきたいものです。
2016/08/12(金) 23:40 | URL | まるのん #-[ 編集]
>素人投資家Aさん
こんにちは、素人投資家Aさん。
いつも有益なコメントを下さりありがとうございます。

今の仕入の状況はご指摘の通り
来期への予想に直結しますね。
仕入が最終的に前年割れとなるかは、
私はどちらにも転ぶと考えています。
前年割れとなった際に何が問題で、それが構造的な問題でなければ、
私は我慢を貫くと思います。
逆に仕入が順調にいったとしても、
それがたまたまタイミングがよかったという運の良さではなく、
構造的に何か強みを身に付けたということでもなければ
喜ぶこともないと思います。

サンセイランディックに対しては、
確かに今期、来期の見込みは大事ですが、
そこまで大きな成長を元々期待しておらず、
10%ちょい位が妥当と考えており、
仕入のタイミングによっては10%を割る年もあるかもしれない、
その程度に考えています。
その点からすると、
私は今の株価水準は十分安いと考えていますが、
ブレる要素を嫌われるという点で、
多少価値を割り引いて考える必要もあるのでしょう。


仕入が回復傾向にあるものの、注視をする必要があることは、
これまでもこれからも同じですが、
その結果より状況プロセスに注意を払っていきたいと思います。

色々な考察を頂きまして、大変参考になりました。ありがとうございます。

2016/08/12(金) 23:52 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/774-a7d241eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り