十分な教育資金と老後資金のために

【決算精査】 3929_ソーシャルワイヤー(17年3月期_1Q決算)

銘柄分析シート


1.サマリ
総合評価:「3」 (☆☆★★★)
※総合評価は5がポジティブ、3がニュートラル(想定通り)、1がネガティブの5段階レーティング

決算短信表紙を見ると数値が悪いな~という印象を受けるかもしれませんが、
私は全体の結論としてややポジティブに捉えました。
(評価を4とするか3とするか悩みました)

もちろん、勝手な独りよがりでは困りますし、
実際いくつか質問をしたいこともあり、IRへ照会しましたが、
大変素晴らしい対応をして頂きました。

同社のIR姿勢を私はとても評価していますが、
その期待を裏切らないものでした。

今回の決算は前1Qとの比較が短信上からは出来ず、
通期業績予想の進捗率などをパッと見ると、
大丈夫か!?となります。(って私だけか、そんな早合点は。)

決算説明資料(PDF)を見れば、
きちんと解説があります。
はっきりいって、この資料だけ見ればもう十分です。

上場後間もないことでデータも限られることから、
私が独自に作成している銘柄分析シート
並びにそこからの従来形式の考察はあまり意味がありません。
(とはいえ、一応、銘柄分析シートは前述のリンクの通りUPはしましたが)


私が特に注目したのは、
為替と引当金の計上以外は、
良くも悪くも計画内という開示ですが、
それが単に定性的なものではなく、
先行指標となっている前売りチケットの好調さという
定量データからもそれが把握できる点にあります。
私は今期の会社見込み業績通りのシナリオとして、
CAGR18%程度を見込んでいますから、
計画内ということであれば特にポジティブに判断しないわけですが、
チケットの売上が前期比で40%を超える好調さということであれば、
今後これがストックの収支に繋がるわけで、
先行きはとても明るいものになるのではないかと感じています。


会社の規模がまだとても小さいですから、
ストック性を意識して実際に足元の売上、
更にその先行指標となる数値も良好であれば、
安心出来るのではないかと考えています。

今期は人材投資などの先行投資が発生しており、
これが将来の成長の糧として機能するかは、
よくよく注視をせねばなりません。
これはどの会社も言い訳にする「将来のための先行投資」が、
本当に実現されるものかをよく見極めなければならないのと同様に、
同社の今回の先行投資について注視は必要だと思います。


以上から計画内という中でも、
中身のある計画内であり、気持ちとしてポジティブに受け止めており、
評価を4「ややポジティブ」にしたいところではありますが、
そこはやはり計画内は計画内ということで、
今回の評価は3「想定通り」と落ち着かせることにしました。


なお、決算後のPTSで暴落していますが、
私も指値を入れて置いたら約定していたので、
ちょっと驚きましたが、
逆に冷静に見ると、3桁突入まで下落してもおかしくない
決算なのかもしれません。
明日はS安までいってしまうのでしょうかね。
そうしたらまた買ってしまいそうな自分がいますが・・・。

私にはそんな悲観的には見えないのですが、
市場からみればそう見えるのであれば、
それが正解なのでしょう。
そしてその市場のコンセンサスに反する行動をしている私は、
愚か者かもしれません(笑)。
いつもこんなことをしていて、いつか痛い目を見るんだろうなと思います。
痛い目に何度か遭わないと理解出来ないのだろうなとも思います。



2.定量数値の確認


(1)売上の推移

売上は順調に推移しています。
決算説明資料上にも記載もあります。
売上が順調に推移しているのであれば心配いらないと考えています。


(2)利益の推移

決算説明資料を見ると、
確かに1Qは物足りなさを感じます。
前期は1Q~3Qまで好調でしたから、
これがいわゆる上場ゴール的なものなのか
一抹の不安がないわけでもないですが、
私はこのIR姿勢の素晴らしさを考えても、
また今の状況を踏まえてもチャレンジングな停滞と受け止めています。



(3)利益の状況と今後の見通し

1Qの結果を踏まえて上期予想実現可否を論じても
あまり意味がありません。
しかもそもそも上期予想は非開示のようですから、このセクションも割愛します。


(4)IR照会

決算説明資料の中で気になった点は3点です。

まず先行投資のひとつとなっている人材獲得について、
1Qで集中して行ったとありますが、
これが質的な問題がないのか、
またそもそも今の採用難の中、どのように調達出来たのかという点です。
その先に、本当にこれが一過性の投資と言い切れるのか、
この辺りを気にしています。

2点目は販管費増の要因となっている
全社費用の中の決算関連費用の箇所です。
決算関連って、毎期四半期に決算があるはずなのですが、
何者だろうか?と思いました。

3点目はインキュベーション事業において、
今の景況感の停滞ぶりなどに端を発した
変調はみられないかという点です。
特にここ最近は伸長率が鈍っている様にも見えました。



Q
人材増強を集中して行ったとあるが、
今の人材獲得難の状況の中で、どのように人材獲得を行ったのか。
また、質的側面で魅力ある人材が獲得出来ているのか。

A
今1Qの人員増強はほぼ新卒入社の社員によるもので、
説明記載の通り、計画内のものである。
質的面では優秀な新卒が獲得出来ており、
更に言えば、上場効果もあり、来春入社予定の新卒採用においても、
非常に魅力ある人材を集めることが出来ており、
質問の趣旨からやや脱線するが、上場の効果を明らかに実感している。

今回の新卒社員は主にニュースワイヤー事業に配属させており、
ここでまずは戦力となるべく教育をしていると共に、
フレッシュな人材を獲得出来たことで、社内の人材ローテーションもかけられ、
組織を活性化させることが出来ている。


Q
全社費用が前期1Q比で増ということで、
一時的な減益要素として仮説があるが、
この理由として決算関連他とあるが、
決算関連作業は今後も続くと理解しており、
なぜ一時的なものと判断するのか。

A
この理由は主に前期は非上場であったところから、
今回上場して様々な決算作成作業が生じたものであり、
それが前期比で見ると費用増となった理由である。
また一時的な面として、今回の支出の大きな要素であった、
株主総会の開催に伴う会場費等を支出したものであり、
これは1Q単独で発生する費用であるため、
一時的な部分と表記したものである。
(なるほど、もう少しちゃんと調べて考察してから質問すべきでした。恥ずかしい。)


Q
インキュベーション事業の売上高、稼働席数の伸長がやや鈍化しているようにみえるが、
今の国内外の景況感も踏まえて何か変調がみられるか。

A
むしろ好調といった状況である。
先日のリリースの通り、更に業容拡大のために新宿や仙台に拠点数を増やしている通りである。
稼働席数は全体の席数は決まっており、
現状稼働率は85%程度と高止まりしており、
ここから100%にするのは容易ではない。
(原理的にはなりえてもすべてがきっちり埋まるというのは現実的ではないのですね)
このため、更なる伸長を見据える意味でも先行投資として、
業容拡大のための投資を行っている。
この施策により、割当可能な席数のロットが増えることで、
更に利用して頂く機会を増やし、伸長率も高く推移出来る見込みである。

また、IRページに記載の通り、入居企業様はサービス業が一番多い。
景況感によるお客様の入居動態には変調は見られず、
むしろIRページに併記している通り、
入居期間も日に日に長くなっている。

同社が提供するスキームではスケールアウトにフレキシブルに対応出来るのは、
他社もそれなりに対応しているものの、
スケールダウンをする際にもスピーディーに要望にお応えできるような体制を整えている所が、
利用をして頂く際に訴求力となっている。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/770-d40675b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り