十分な教育資金と老後資金のために

1.年初来パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

 まるのんPF  : + 5.6% (+0.7%)
 TOPIX    : ▲13.3%  (+7.3%)
 日経平均   : ▲14.9%  (+6.9%)
 東証2部    : ▲11.9% (+2.2%)
 JASDAQ   : ▲ 7.3% (+1.3%)
 マザーズ    : + 6.8% (▲1.8%)


2.全体所感

先週の記事で、今週はボラの大きな週になりそうと、
根拠のない予感を示していましたが、
終わってみれば日経平均はとても強くて、
週間での上昇が7%と大きく反発しています。
私もこの波に乗れればよかったのですが、
不甲斐ない結果に終わっています。

マザーズ指数は元々高く推移しているということもありましたが、
週間ではマイナスですし、
東証2部、JASDAQとも小幅な反発となっており、
大型株が為替の円高で大きく下げていたところに、
円安側へ戻ってきたところで、
これらの銘柄に買いが入ったということだと思います。

為替は再び90円台へいくのかと思わせておきながら、
結局106円位まで円安側に戻ってきています。
色々なニュースを人並みに追いかけているつもりですが、
全くなぜこうなるのか理解が出来ていません。

色々自分なりに根拠を求めようと思考を巡らせてみても、
考えるだけ無駄という結論になります。

このように主力大型株の戻りが強くなってくると、
雰囲気もよくなってきて、徐々に買いが盛り上がり、
活況となってくるのかもしれませんが、
一方で今の感触はとても明るい見通しには立てない自分もいます。

物価が上がるどころか、相変わらず日に日に
デフレ回帰の流れが強まっているような印象を受けます。
昨日のファーストリテイリングの決算を見ていても、
ようやく底をついた印象はあるものの、
消費行動は冷え込んでいると言わざる得ないと感じます。
(株価はS高で反応したようですが)

円安になったとにわかに盛り上がりを見せていますが、
それでも多くの企業の為替レートの計画前提は110円/ドルです。
まだまだ円高側であるわけですし、
これから1Q決算シーズンに突入するわけですが、
益々その影響が顕著になってくるのではないかと危惧しています。


政府による経済対策は株価が暴落していた時から10兆円規模だとか言われ、
既に明るみになっていたわけですが、
選挙が終わり、いざそのニュースが改めて賑わうと、
また期待だけが先行していくのももう慣れたものです。
では、更なる財源確保のために国債発行するそのリスクはどうするのかとか、
そもそも経済対策として実効性のあるものが打ち出されるのかも、
まだ見極めなければならない段階だと考えています。
安易に政府やさらに言えば日銀の金融政策に期待をしていくのも、
少し冷静に見ていく必要があると思います。
日銀に対してもまたまた追加緩和がコンセンサスになっているようです。
確かにそろそろやるかもしれませんし、やらないかもしれません。
やれば株価は高騰するのでしょうか。
それは構造的に日本株が正当に評価を受けて買われる、
すなわち私が自分が納得して乗れる波なのかどうか、
そういうこともよく考えていかねばなりません。

単に儲ければいいということでテクニックを磨くのも、
手っ取り早い気がしてついつい気になってしまいますが、
投資方針には掲げていないことはやらないことにしていますから、
機会損失になろうと、相場観がないと揶揄されても、
ひたすら必要な現金とベアを見極めて調整しながら、
いつくるかわからない個別株の評価を待ちたいと思います。





3.ポートフォリオ

※クリックすると画像が大きくなります。

20160715_PF内訳



20160715_セクター内訳


20160715_保有銘柄一覧(概要)



今週は指数が続伸していく中で、
ベアと現金の比率の兼ね合いもあり、
週央で色々PF内で調整を図りました。

具体的にはベアを指数の上昇によるPER水準を見て買い上がると共に、
現金比率を確保するために、個別銘柄を現金化していきました。
まず、都知事選挙で待機児童問題のテーマ性でなぜか高騰した
幼児活動研究会を半分売却しました。
目標株価までは40%弱の余地がありますが、
自信度などトータルで考えた結果です。
またジーフットも更にポジションを少なくしています。
こちらはもう少し高値で利益確定して様子見していましたが、
決算の内容、電話の内容、月次の内容に加えて、
今の消費面の動向などをトータルで考えて、
現金化が必要なこのタイミングで追加の利益確定をしました。
今後機会があればもう少し売ってもいいかなと思っています。
ダイキアクシスは既に1単元を自身への戒めのために保有していましたが、
現金が必要な状況でしたので完全に売り切りました。


実は先週も記事にした通り、
やや金融不安に繋がる傾向を感じているところもあり、
PF内がもう少し続伸していけば、
もう少し売っておきたいなと考えていたのですが、
ここまでPFが弱いとそうもいかないものですね。
この辺りの値動きを見て行動が左右される辺りがまだ未熟な部分です。


ベアの買い増しについてですが、
こういう指数が強く反発している局面では、
慌ててベアを買わずに、
少し流れを見てみてから対処するべきなのかもしれませんが、
比率目安ルール上、客観的に見て少しずつ買い増していくべきという判断ですので、
強そうだからという感覚での行動を変えないように粛々とやりました。
もう少し相場観も踏まえた柔軟で融通の利くスタイルも、
経験を積んだ先には判断材料のひとつとして加えてみたいと思いますが、
それは今ではないですね。
より好調な時にこそ、新たな判断をするべきですし、
その方が冷静な判断が出来そうな気がします。




念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 3276 日本管理センター
 3277 サンセイランディック
 3844 コムチュア
 9090 丸和運輸機関
 2475 WDB
 3929 ソーシャルワイヤー
 7164 全国保証
 3230 スターマイカ
 2384 SBSHD
 2686 ジーフット
 3179 シュッピン
 9414 日本BS放送
 2152 幼児活動研究会
 9467 アルファポリス
 3682 エンカレッジテクノロジー
 1384 ホクリヨウ
 3910 エムケイシステム
 2764 ひらまつ
 ※評価額順に記載しています

 1360 日経平均ベア2倍ETF



4.資産状況

※クリックすると画像が大きくなります。

20160715_パフォーマンス推移表



20160715_資産残高推移表




なかなか資産が伸びませんが、忍耐の連続です。
今週は指数に比べると大きく出遅れていますが、
以前ならだいぶイライラしたものですが、
それもまぁ仕方ないと受け流せるようになっただけでもよいです。
私の今のスキルではこの程度が限界なのだと思います。
いや、むしろこれでも上出来な方なのでしょう。
何事も身の丈がよいので、欲を出さずにいきたいと思います。

さて、3連休ですね。
天気はあいにくあまりよくないようですが、
祖父母の家に家族でお出掛けの予定です。
田舎でゆっくりしてきたいと思います。




コメント
この記事へのコメント
まるのん先生、こんにちは。

いやー市場は強い動きですね。英国以前の水準に戻ったとか戻っていないとか。

ただし、トルコの件もありますし、市場自体が値動きが激しいですので、いつ、また下落するかわかりませんね。。。

地に足をつけた企業の保有と過度な反応による下落株を購入する方法で何とか、7~8%まで戻してきました。

早く目標の10~15%になったらBS11を買い、貸し株料で稼ぎ、相場下落時に監視銘柄を購入する作戦を実行したいです(笑)

それにしても、日銀頼りは脱却してほしいですね。

正直投資家としては利益が出てうれしいのですが、経済学的には褒められた政策ではありません。
地道に規制緩和、個々の企業のイノベーションをするしかありません。

3連休ゆっくりお過ごしください!
2016/07/17(日) 13:07 | URL | ゆったり #-[ 編集]
>ゆったりさん
こんにちは、ゆったりさん。
お返事が遅れまして失礼いたしました。
すっかりネットから離れた連休を過ごしておりました。

世界情勢は引き続き不安定な状況ですので、
私も油断できないなと感じつつも、
では何をするかというと今までと何も変えないことが、
今の私にはよいだろうと判断しています。

ゆったりさんの投資の現状も好転されているようで良かったですね。
今後目標に向かって自分のペースと手法で少しでも近づけるように、
頑張っていきたいですね。

2016/07/18(月) 23:20 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/765-2965a714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り