十分な教育資金と老後資金のために

主力銘柄の一部について、
個別銘柄の銘柄分析シートをUPDATEしました

個別銘柄の一覧上からリンクをしています。


この銘柄分析シートでは、PER水準を付けたチャートを作成しています。
少し前にツイッターでも流行って以来、
私も作成してみています。(まだ活用出来ていませんが)

予想PERとその時点の予想EPSを元にして株価水準を出しており、
実際の株価上にプロットして近似線を引いてみました。
原則は、PERは中央値(=概ね私の評価PER)として、
上下に20%又は30%程度のスプレッドを持たせています。
(一部例外もあります)


ここでは、自分向けの整理も含めてこのチャートを貼付しておきます。



◆日本管理センター
20160621_日本管理センターチャート

→これを改めて見ると、昨年の夏の高騰時はやはりもう少し利益確定を出しておくべきでした。
 目標株価だけでぎちぎちに固めてしまうのもよくないなとよい反省になった事例だと認識しています。



◆サンセイランディック
20160621_サンセイランディックチャート


→私はPER15倍程度は評価されてもよいと考えていますが、
市場は10倍程度が妥当と判断されているようにみえますね。
ただ、同社の場合、まだ規模も小さく収益にブレも大きいので、
あまりPERの評価は参考にならないかもしれません。




◆コムチュア
20160621_コムチュアチャート


→前述の日本管理センターの反省を活かすと、
 上限域のPER20倍を大きく超えてきた時には、
 目標株価に達していなくとも
 利益確定をさせることも検討すべきだと考えています。
 こちらは推移を見守りたいと思います。
 


◆丸和運輸機関
20160621_丸和運輸チャート


→2014年から2015年にかけて、
 PERのレンジが一段上がった印象ですが、
 だからといって、そこまで割高感がある印象もありません。
 ただ、感覚的に、物流会社がPER20倍は私の中の評価PERでも
 最大限の評価を反映したものなので、
 少なくても目標株価の4000円を待たず、
 目先、1年位で見ればレンジの上限を超えた3800円位がいい所かもしれません。
 そういえば、最近リリースされた証券会社の目標株価もこの位でしたね。



◆ソーシャルワイヤー
20160621_ソーシャルワイヤーチャート


→まだ期間が短いので傾きはあまり意味のあることではありません。
 今回新規組み入れはPER15倍の下限まで待ってもよかったのですが、
 買えないリスクも考えて(エムケイシステムの反省も活かし)、
 ある程度、勇気をもって買いました。



◆WDB
20160621_WDBチャート


→さぁ、どこまで下がるのでしょうか(笑)。
 人材派遣業ということで、目先不安&業績悪化のダブルパンチという可能性もあり、
 やはり市場からは見放されますかね。
 



◆SBSHD
20160621_SBSHDチャート



→ここもどこまで下げるのでしょうか(笑)。
 インド子会社の件で年末年始にかけて暴落したわけですが、
 その騒動も収まっているわけですが、
 なかなか回復して来ないですね。
 こちらも目先の景況感やインバウンドの落ち込み懸念など、
 色々ややこしいのかもしれませんね。



 こういうものを作っているとなかなか面白いわけですが、
 作ったことで、何かをやった感が得られますが、
 実はそういう達成感は独りよがりのこともありますからね。
 少なくても今のようなやり方は効率的ではないと思いますしね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/754-4c35c35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り