十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+20.8%(2017/8/10時点)



我が家ではランドセル探しが本格化して、
週末も様々な鞄工房のお店を歩き回ってきました。

子供の事となると単に安いものというだけでなく、
品質が良いもの、職人さんの想いが伝わってくるもの、
6年間を楽しく子供が使ってもらえそうなものと、
様々な観点があって、選ぶのも楽しいわけですが、
当の息子はあまり興味がないようで、
大人の方が本気になって探しているという滑稽な状況です。


ランドセル商戦はなかなか奥深いもので、
何かと付加価値をつけたり、
有名な子役などを使って宣伝広告を強化してみたり、
本当にそこまでの材料が必要なのかと思われるような材質をふんだんに使っていたり、
様々な部分で差別化をしており、それが価格転嫁されているわけで、
我々消費者にとっては、何を重視するのかが非常に悩ましい状況になっています。


私は基本的にはケチな性格なのですが、
自分が納得出来る部分について惜しまないでお金を使ってもいいと思っています。
この納得出来る部分というのがミソで、大きく自分の価値観に依拠しています。

まず、過度な広告宣伝や店舗運営における販売管理費が
価格転嫁されているものは私は敬遠する傾向にあります。

中には、○○シリーズというネームバリューがある方が、
ステータスや安心感などが違うとここに価値観を持つ方もおり
それは全く否定しませんが、私はなぜそのブランディングや管理費のごくごく一部とはいえ、
それを価格転嫁されているものには抵抗があります。

それより無名ながら品質やものつくりに拘っており、
その高い技術力に対する工賃が上乗せされているという意味で、
価格転嫁されているものであれば、喜んで支払いたいと考えています。

各ショップを回ってみると、
手渡されるカタログ、店舗形態、店頭スタッフの量など、
見てみると、それぞれのお店のスタンスがよくわかります。

見た目は地味でも確かな意思を感じて、
それが自分の価値観と合致するお店の商品は、
それだけでときめきを感じます。


投資家としての立場に立ってみても、
企業を見る際に、この企業はどういうスタンスで事業をしているのかを
よく見て、自分の価値観と合うことも大事な要素ではないかと思います。

もちろん、事業内容そのものが自分の趣味志向と合う合わないという、
短絡的なものではなく、その事業を営む上で大事にしているスタンスという意味です。
企業にはマインドがあって、
それは企業理念やら行動指針とやらで明文化されていたりもして、
これは理想形の標語のような抽象的なもので、
投資判断を下す際には私は流し読みをしてしまっているわけですが、
もう少し企業へ投資をするという際には、
その企業の理念やマインドが自分の価値観に合うかどうかというのも、
気に掛けるようにしたいなと感じました。

ビジネスモデルに優位性があるのかとか、
継続的に成長を続けていける環境が見据えられるかとか、
そもそも株価は適正な価格に比べて安いのかどうかとか、
当然ながら投資判断を下す上では欠かせない要素は手を抜けませんが、
そこばかりに目を向けるのではなく、
その企業がどういう企業なのかを俯瞰する視点というのも大事だと思います。


そういう俯瞰してみえてくる、
その企業のマインドは例えば「人」に対する姿勢にも表れてくると思います。
「人」を大事にしているといいながら、
ただ大量採用して使い捨てに近いようなことを平然とする企業もあれば、
徹底的に教育をする(不器用なのでそれが所以でなかなか利益が伸びないケースもありますが)企業もあります。
株式投資で儲けるためには、こういった抽象論の部分に目を向けていると、
銘柄選定の効率や勝率が下がるのかもしれませんが、
自分の価値観にフィットする企業へ投資していた方が、
気持ちも穏やかになるし、多少のことに一喜一憂せずに冷静にいられるのではないかと思います。
(別に穏やかで冷静さを保つために投資をしているわけではないのですが・・・)


ランドセルと同様、その時の流行廃りや周囲の評判に流されずに、
自分がいいなと思うものを素直に所有し、
そして末永く大事に保有する気持ちというのを大事にしていきたいなと思います。


それにしてもランドセル、どうしようかな。。。
コメント
この記事へのコメント
ランドセル探し頑張ってください。実は私もつい、この間までランドセル探ししていて、今はもう落ち着きました。
ランドセルの記事と思って読んだらだんだん奥深い話になりましたね。
企業の理念を投資にどう活かすかは人それぞれだと思います。私は、そこまで深く調べたりはしませんが、ホームページに書いてある経営理念くらいは軽く見て、感覚的にしっくりくるかどうかは見ています。
正直、将来の成長が見えている企業でも、理念で引っ掛かるものがあると、投資意欲がわかないんですよね。
利益をあげようと思うと、無用なこだわりかもしれませんが、私の中ではそれなりに大事だと思っています。
2016/06/07(火) 01:12 | URL | ありだん #-[ 編集]
おはようございます。

知ってるかもですが・・・
密かに有名な鞄工房山本で僕の所は購入しましたよ(^^)

少し高めですが・・・
僕が出した訳ではないですし・・・
品質も良く納得してます(笑)

夏前にはなくなるので、購入するのであれば早めが良いですよ♪
2016/06/07(火) 02:41 | URL | ふくまめ #eW9Fw/XQ[ 編集]
まるのん先生!

お疲れ様です。

まるのん先生はほぼ僕と同じイクメン世代ですね!

色々考えましたが、親のお金の使い方やモノに対する態度は子供に大きな影響を与えますよね。

私は父親が公務員で中流の暮らしでしたが、親がランドセルは高価な(あくまで田舎レベルですが)ものを買ってくれ、今でもよく覚えています。

半面、洋服などは長持ちしますし、ユニクロでも良質ですのであまりお金をかけませんでしたね。

今でも根本的なお金の価値観は両親に起因していますね。

そういう意味で子供にはきちんと価値観を見せないとだめですね。

とアタマではわかりつつおもちゃをせがまれると買ってしまう今日この頃です(笑)

2016/06/07(火) 21:08 | URL | ゆったり #-[ 編集]
>ありだんさん
こんにちは、ありだんさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
また返信が遅れまして失礼いたしました。

既にランドセル探しも落ち着かれたとのこと、
はやいですね~
我が家も今が佳境で、そろそろ決まる予定です。


大抵、企業理念というものは、
多くの方がしっくりくるようなものが掲げられていると思いますので、
この時点で、こんな理念を掲げるような会社はないだろうということは稀です。

むしろ特徴があって拘っているなと思う企業は、
それがきちんと実践されている所が多く、
それが貫かれている限り信頼がおけると感じています。
例えば丸和運輸機関とかがそれにあたります。
一見するとかなり癖のあるものが掲げられていますが、
それがトコトン貫かれているところは気に入っています。

逆に無難なことを掲げられていながら、
実際の行動がその理念に沿わないような、
単なるスローガンで終わっている会社は
気を付けなければならないと感じています。

2016/06/08(水) 23:29 | URL | まるのん #-[ 編集]
>ふくまめさん
こんにちは、ふくまめさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。
また、返信が遅くなりまして申し訳ありません。

鞄工房山本は私も実物を見にショップに行きました。
私もまだ候補に残していますが、
もう少し他のものと比べて最終判断したいと思っています。

私も今月中には遅くても決着をつけたいと考えています。
それにしても、ランドセル相場は値付けや商習慣が独特で、
これはぼろ儲けも可能ですね。
もちろん儲けはそこそこで消費者のことを第一に考えている
会社(?)がほとんどだと思いますが。
2016/06/08(水) 23:32 | URL | まるのん #-[ 編集]
>ゆったりさん
こんにちは、ゆったりさん。
いつもコメントを下さり、ありがとうございます。

広い意味での金融教育は非常に大切ですね。

どういった事にお金を使うのか、
またその時にどのような判断をするのか、
親が子供に対して模範を示さねばならないと感じています。

私も考えてみると、親の価値感を引き継いでいる実感がありますが、
このケチ根性だけは独自に養われたものと自覚もしています。

私もおもちゃをせがまれることが多かったですが、
最近では子供も少しは自身での判断も出来るようになったのか、
色々なことを自分なりに考えているようで、
成長も実感しているところです。
2016/06/08(水) 23:35 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/750-29697d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り