十分な教育資金と老後資金のために
 まるのんPFは、年初来で-2.0%、週間で-2.4%となりました。
 TOPIXは、年初来で-12.0%、週間で-1.4%となりました。

 今週後半の下落はそれなりにきついものになりましたが、
 週間でみると、TOPIXもそこまで下げているわけではないのですね。

 他の国内指数の週間パフォーマンスも、以下のようになっており、
 特に個人投資家にとっては厳しい1週間となりました。

  日経平均・・・-0.6%
  JASDAQ・・・-2.1%
  東証2部・・・-2.8%
  マザーズ・・・-4.8%


 まるのんPFも今週も引き続き軟調に推移して、
 覚悟はしていたものの、とうとう年初来でマイナス転落となりました。
 ただ、公募増資を連続で引くなど残念な実感の割には、
 まだなんとか踏み止まっているのかもしれません。

 いずれにせよ、相場もそろそろ落ち着きを取り戻し、
 まずはPFがプラスで推移してくれるといいのですが・・・。


 なお、米国の指数の週間パフォーマンスは以下のようになっています。
  NYダウ・・・+1.6%
  NASDAQ・・・+1.8%

 中国リスクだとか、ウクライナリスクなど色々言われていますが、
 日本株がまた過剰に下落しているように感じます。
 結局アベノミクスへの期待も後退して、
 黒田さんの追加バズーカ頼みということなのでしょうか???

 昨日の日経の記事にもありましたが、
 財務相から対外及び対内証券売買契約等の状況が発表されています。 (PDFファイルです)

 海外勢が3/9~3/15の期間中に、株式や投信などを1兆円超売り越していることがわかります。
 日経の記事によると、これは東日本大震災時などよりも深刻で、
 ブラックマンデーの頃まで遡るといいます。

 昨年はアベノミクスの上昇相場で、海外勢も多く買い越してきたわけですが、
 昨年のボーナスステージは終わって、通常ステージに戻ったのです。

 しかに日本の景気は色々言われていますが決して悪化するわけではないと思います。
 海外頼み、政策頼みなのは否めませんが、
 それでもこのまま下落していくとは考えられません。

 どこかできちんと買っていかないといけないと認識しています。

 こういう時に個別銘柄をきちんと見極めて、
 下落相場でも信念を持って買い向かい、そしてホールドし続けられることが
 大事なのだと思います。


◆主要運用ベース
20140321_主要運用(資産推移)

20140321_主要資産(パフォーマンス)


※クリックすると画像が大きくなります。

 まるのんPFは、先週比大幅減の-2.4%という結果に終わりました。
 ちょうど先週も2.4%の下落でしたので、2週間で4.8%下落したことになります。
 こういった下落局面では、一旦ポジションを落として現金化しておけばよいのでしょうが、
 2月中旬位から警戒はしていたものの、結局対策を取ることが出来ませんでした。

 あくまで現時点での結果論であり、今の戦略が間違っていたのかどうかは
 わかりませんが、きちんと顧みて次に生かせるようにしたいです。

 今回学ばなければならいのは、
 こういった相場の大きな動き(特に下落局面)との向き合い方です。
 相場を読むことなどできないと私は思っているので、
 相場を読んだ取引は、もはや投資ではなく投機になってしまうと考えます。

 大切な資金を投機に充てるのではなく、
 中長期を見据えた投資に充てたいわけです。

 ただそうはいっても、日々の値動きは気になるし、
 出来ることなら、足元の環境を自分なりに考えて
 機動的に動いた方がよいだろうと考えるのが人情というもののような気もします。

 バフェットさんのように死ぬまで保有する「つもり」で保有するのが、
 本来の投資家の手本なのでしょうが、
 なかなかそこまで悟り!?を開くことも難しいのが現実です。






◆全運用資産ベース(参考)
20140321_全資産(パフォーマンス)

20140321_全資産(資産推移)

※クリックすると画像が大きくなります。

 全運用資産ベースでは、寝かしている資産が大半を占めているため、参考値です。
 全運用資産では、現金比率が高いこともあり、
 主要運用資産のパフォーマンスに比べると若干下げ幅は小さい状況です。

 



◆保有株の状況
 マネックス証券では、日本株の個別銘柄を日常管理しているメイン口座です。
20140321_マネックス株式

 SBI証券では、インデックス投信(海外を組み入れ)とNISA口座です。
20140321_SBI株式



◆個別銘柄の状況
20140321_監視銘柄の状況




【参考】PF資産管理について
 PFの管理は全資産ベースと日常管理している主要運用ベースの2つで管理しています。

 全資産ベースとは、金、RETI、投信などの定額買付を含む資産で、
かつNISA用の現金(夫婦で200万分)を合算した運用成績です。
一方、主要運用ベースは、私が日常取引で売買している日本株の個別銘柄と
その運用向けの現金にフォーカスを当てた運用成績です。
今年の目標として、この主要運用ベースで年利回り15%を目標としています。
TOPIXなどの主要指標との比較の観点ももうひとつの目標に取り入れたいのですが、
まだ定められていません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/75-780ae6d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り