十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


サンセイランディックの企業理念の中で、
不断」というキーワードが出てきますが、
私はこの理念に共感するものがあります。
自分が投資に向き合う中でも、
念頭に置いておくべき大事な考えだと認識をしています。

「不断」とは、
永久に存続するため、八分の力で邁進する
という意味が込められています。

同社は不動産セクターに属していますが、
リーマンショックの頃に、
レバレッジ経営でイケイケドンドンだった会社が
軒並みノックダウンしていくのを見た創業者が、
不動産を扱うからこそ、
「不断」の精神を大事にしようと掲げられたそうです。

八分の力」というところがミソだと思います。
「全力」ではないのです。
ともすると、全力でがんばれよ、と揶揄されるかもしれませんが、
事業運営をする立場からすれば、私はこの感覚でいいと思っています。

見方によっては、
「全力でない」という逃げ道を残すことで、
結果が思うように出なかった時にも、
自分自身への言い訳が出来るように守っているなんて言われるかもしれません。

自分自身を省みても、
例えば仕事において、何かの作業に当たる時に、
わざわざ、まぁ出来る範囲でやってみます、といった具合で、
自分で敷居を下げることにより、
その後の姑息な言い訳の余地を残そうと試みたりします。

これは個人が個人の体裁を保つために、
いやらしい人間の性が所以だと思います。
つまり、個人は周囲からの評価や承認欲求に溢れており、
その更に先には自分の周囲から見た際の尊厳(体裁)を守りたいと考える事で、
アイデンティティを堅持することに固執する行動を取る傾向にある。
最近私が夢中になっているアドラー心理学に学べば、
また違う境地でこういった感情に対して
楽に解釈する方法を受け入れられるかもしれません。

もちろん、企業であっても社会から評価を受け、承認されることが
重要な関心事ではあるわけです。
しかし、個人が個人の感情として感じるものより、
もう少しそのトーンは柔らかくなる、
つまり特定の個人の尊厳に直結的に結びつくようなものではなくなる分、
敢えて敷居を下げて逃げ道を用意することへの意識は薄まると考えます。
むしろ、あらゆるステークホルダーに全力で頑張っています、
とアピールした方が心象もよいので我が社は全力で事業に当たります
と宣言する会社が多数だと思います。
中には値下げ要請にもう出精値引です、限界ですという
パフォーマンスを演じる必要性があることもあるでしょうが。
いずれにせよ、企業は全力で事業に徹するというのが多数だと思います。

こんな中で、全力ではなく、八分の力でやるということを、
宣言することは多くの懸念も生みます。
株主へのアピールが欠如したり、社員へのモチベーションが低下するなどですね。
全力であたっても少し無理な位のノルマがあって
初めて燃えるという人も多いでしょうからね。(私は違います)
ただ、サンセイランディックはこのメッセージを短絡的に手を抜くとは捉えておらず、
いわば、八分の力でベストを尽くすということを実践していると感じています。

ベストを尽くすのはその時の全てを捧げて全力で頑張ることに近しいわけで、
一見矛盾をしているようにも思いますが、
「八分の力でベストを尽くす」が私の理想形だなというわけです。



私は駆け出しの投資家として、
常にベストを尽くすのは当然のことと理解しています。
こんなんでも日々ベストを尽くしているつもりです。
(まだまだ改善点は無数にありますが)
しかしベストを尽くすというのは、
自分の身丈ほど、もしくは背伸びをして対峙することではないわけです。

資金面でいえば、フルレバレッジをかける、
もしくは信用枠を安易に使うとか、
もしくは特定銘柄へ集中投下するとか、
そういう資金配分の対応ひとつとってみても、、
全力を尽くすことが、
知らぬ間にリターン至上主義にすり替わっていて、
それが故に気が付いたら身丈を超えるリスクを取っていたという事では、
それがベストなやり方であるわけがないのです。
アキュセラの問題もありますが、常に全力で前のめりになると、
ついつい知らぬうちに身丈に合わないリスクを取っていたということが、
特に私のような初心者には起こりがちです。

銘柄選定においても、より値動きが良い銘柄を
きめ細かく追いかけてその流れに乗るということも、
一見するとリターンを求めるためのベストを尽くす事かもしれません。
ツイッター等のSNSで優秀な投資家の方が、
まさに成果を挙げられている勢いのある銘柄を日々チェックして、
その流れに乗って、とにかくリターンを最大化しようと努めていると、
確かに勝率は上がるのかもしれません。
しかし、それが「不断」の精神で見た時に本当に相応しいのか。
その優秀な投資家がいなくなったら?もしくはそこで失敗をしたら?
常に全力で他投資家や騰がりそうな材料を探し求めることに躍起になり、
そこにベストを尽くすているつもりになっていても、
実はそれはいくら全力を注いでも自分のベストなやり方にはなりえないと思うのです。



私は今はまだ道半ばですが、
自立した投資家にならねばなりません。
そして受容出来るリスクも限られています。
その中で決して高望みし過ぎないリターンを求めていく必要があります。
(年率15%は十分私には高いハードルです)
末永く「不断」の精神で対峙していくためにも、
「全力」でなく「八分の力」がとてもマッチするのです。

資金も100%フルレバレッジを張るのではなく、
相場環境にもよりますが20%程度は現金として持っておくとか。
どんなに自信がある銘柄であっても、
そこに全力買いをするのではなく、
多少の機会損失は甘んじて受け入れて(20%の自信は捨てて)、
適度な比率で資金投下する(80%の気持ちで)とか。

私は現金比率やベア比率に目安ルールを設けていますが、
これも全力で死守するというようにせず、
多少の緩さ(80%の決め事)を許容していくとか、
全てにおいて肩の力を抜いてやっていくことが大事だと思います。




コメント
この記事へのコメント
まるのんさん、こんばんは。

どれだけリスクをとるか(とれるか)によっても考え方は変わってきそうですね。
特別大きなリターンを求めず、安定したリターンを求める場合はまるのんさんの仰る通りだと思いました。
Twitter民の方々は優秀すぎる方ばかりで比較してリスクを取りに行きたくなってしまいますが、自分のスタイルを見つけて貫けるようになりたいものです。

また、前回質問させて頂いたインバースの比率の件ですが、
インバースはポートフォリオと連動しないため管理が難しい
細かい事は日々ブラッシュアップを続けている
というところがポイントだと捕らえました。ご説明ありがとうございます。

最近Twitter始めましたのでそのうちそちらでも絡ませて頂くと思います。
今後ともよろしくお願いします。
2016/06/01(水) 21:13 | URL | beyan #-[ 編集]
>beyanさん
こんにちは、beyanさん。
コメントを頂ましてありがとうございます。

リスクを大きく取れれば、
確かに全力で勝負してもよいのかもしれません。
一投資家としては、そのリスクを取るという責任を受容して、
そういう対応するのもありかもしれませんね。

一方で、上場会社であれば、
全力で取り組みますというのは、
見方によっては危険を孕んでいると、
改めて感じています。

先行投資で減益というのもよくみますが、
それがキャッシュフローの範囲内で
身の丈にあった範疇であればいいのですが、
身の丈に合わない過剰な投資はやはり
私は投資には慎重になります。

そして、私は投資家としても、
身の丈にあった八分の力というのは、
考えとして大事にしていきたいと感じています。


インバースの件は必ずしもよいやり方ではないかもしれませんが、
今のところ、もう少し続けてみようと思っています。

ツイッターの件は、ぜひまたよろしくお願いいたします。
2016/06/04(土) 00:57 | URL | まるのん #-[ 編集]
まるのん先生!

こんばんは。

本件は投資抜きでいろいろ考えました。

人事担当者として、何事も100%で手を抜かずの人はメンタルで不調をきたすケースが多いと感じています。

私の敬愛する労働経済学者の玄田先生も「自動車のハンドルはアソビがあって良い」と言っていますが、本件と同義だと考えています。

翻って投資では余裕資金があるとよいですね。私はほぼフルインベストメントです(笑)。。。

まるのん先生は記事から推察するに真面目すぎるのでたまには息抜きしてください。

(この記事に数日前に投稿しようとしたらシステムの不具合で2回投稿できず(´;ω;`)ウゥゥ今回は投稿できるとよいのですが)
2016/06/06(月) 21:01 | URL | ゆったり #-[ 編集]
>ゆったりさん
こんにちは、ゆったりさん。
システム不具合でコメントがうまく投稿できない状況だったようで、
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

常に全力は聞こえはいいですが、力みすぎると逆に
良い結果を招かないということも自覚しているので、
程よく力を抜いてやることも大事だと思います。

私はそこまで真面目ではなく、
自分で決めたこともなかなか貫けない怠け者ですよ(笑)。
いつも今日も出来なかったと明日に回すタイプです。


2016/06/06(月) 22:01 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/748-dfd60ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り