十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)



1.パフォーマンス   ※ ( )内は月間パフォーマンス

            年初来パフォーマンス  (月間パフォーマンス)
 まるのんPF : + 9.4%   (+0.6%)
 TOPIX    : ▲10.8%   (+2.5%)
 日経平均   : ▲ 9.5%   (+3.0%)
 東証2部   : ▲ 7.2%   (+2.1%)
 JASDAQ  : ▲ 3.7%   (+3.4%)
 マザーズ   : +29.0%   (+1.5%)


2.全体所感

5月といえば、セルインメイと言われますが、
結局そんなものは関係なく、5月は上昇という結果になりました。

特に日経平均が強かったわけですが、
為替はドル円で106円から110円へと円安になっていますし、
ちょうど5月冒頭は勝手に期待していた追加緩和が裏切られ、
悲観の中終わっていたところから始まったので、
まぁ当然の反発なのかもしれません。
浮き沈みをしながらも一貫して上昇しており、
だいぶ雰囲気も楽観的なのでしょうか。
増税も見送りとなり、小売業など消費面で先行きは好材料のようです。
本当にそうなのか?と私はかなり違和感があるのですが、
いずれにせよ、私のような素人の感覚より、
マーケットの方が正しいのでしょう。
というか正解なんてないのでしょうから、
今がどう市場参加者に映るのかだけで目先の値動きが決まるのでしょう。

私のポートフォリオも僅かですが、月間で上昇しています。
恐らく今月は多くの投資家の方が好成績だったと思いますが、
それから見ればだいぶ見劣りしているのですが、
これで十分満足です。
何を血迷った事を言っているの?と思われるかもしれませんが、
今の私の実力や運の要素を加味しても、
十分な水準
だと感じています。
ただ、それだけのことです。



3.銘柄に対する所感

月間騰落の大きかった銘柄は以下の通りです。

 ◆上昇率上位
  3910 エムケイシステム  +25.5%
  2384 SBSHD       +23.5%
  3844 コムチュア      +21.2%
  2764 ひらまつ       + 6.2%
  3276 日本管理センター + 5.5%
 
 ◆下落率上位
  9467 アルファポリス      ▲18.6%
  2152 幼児活動研究会    ▲17.5%
  3179 シュッピン        ▲ 9.7%
  7164 全国保証        ▲ 7.4%



他の銘柄も含めた月間パフォーマンスは以下の表の通りです。


20160531_保有銘柄月間パフォーマンス



明暗がはっきりしていますが、その理由が大事だと思います。
業績推移や中長期的に評価出来る新たな材料によるものか、
単に盛り上がっただけ、もしくはただショックが来ただけなのかです。


エムケイシステムは全く業績面の評価や材料はなく、
単に盛り上がっているだけでしょう。
SBSHDは先月までにあまりに悲観し過ぎだったものが多少落ち着いたのと、
直近IPO銘柄の株式保有があり思惑を誘っているのもあるかもしれません。
これもあまり嬉しい上昇ではありません。
コムチュアは決算について私もややポジティブで評価したように、
想定よりよい印象を受けておりこれは嬉しい上昇です。
ひらまつや日本管理センターは決算はほぼ想定通りですが、
想定通りということは順調ということなので、
市場から普通に評価が継続していることはありがいたいことです。

マイナス側ですが、アルファポリスは随分下落しました。
長期的に直ちにNGとなるものではありませんが、
決算もややネガティブに評価した通り、
ゲーム事業へのリスクもより高まっているとの認識の下、
比率を下げていますが、これは迅速かつ妥当な判断だったと感じています。
(株価が下がったから結果的に良かったという意味ではありません)
2ヶ月で半分まではいきませんが、まぁよく下がりましたが、
この辺りが今の評価で妥当な所の印象ですから、
決して今が安いとも思えません。
今後、中計の修正有無や説明のIRをリクエストしているので、
その内容を精査して改めて対応を考えたいと思っています。

幼児活動研究会は前月に続き続落で2ヶ月で20%超の下落です。
決算前に期待や政策期待などで高騰していて、
私はここで一旦利益確定を済ませていますが、
買い戻しを検討してもよいかなと感じています。
ちょうど、立会外分売も明日あるようですしね。
決算についても想定通りに推移していますから。
 
シュッピンは私は想定通りなのですが、
市場は未達や無理な中計の維持など、
不信感が台頭しているのでしょうね。
昨日は証券会社から大量保有報告で買い増しが観測されていますが、
まぁ今の比率で応援を継続することに変わりはありません。
総会や今後の推移を見守ります。

全国保証は完全にマイナス金利の懸念が台頭しているのでしょうか。
マイナス金利の影響は限定的というのはIRで確認はしていますが、
仮に影響があったとしても、
それは同社のビジネスモデルを崩す脅威にはなるとは考えていません。
一時的に影響が多少は出て業績に陰りが出たとしても、
代位弁済など費用構造に多大なる影響が出るなど、
想定超のリスクが高まった時には対処が必要でしょうが、
今の所、その懸念は不要と認識しています。


銘柄選定は全て首尾よくいきません。
そもそも私はまだ到底銘柄の選定力は未熟です。
それにしては、むしろ上記でも振り返ったように決定的にダメだ~となる銘柄が
ないのはよいことだと感じています。


<参考> 前月(4月)の個別銘柄パフォーマンス

20160428_保有銘柄月間パフォーマンス




4.運用来パフォーマンスについて

20160531_運用来推移



2014年当初からの運用来パフォーマンスは+63.3%となりました。
日経平均は+5.8%、TOPIXが+6.0%となっています。
3月に急伸したPFは4月、5月と小休止となっていますが、
上記の個別銘柄にきちんとチェックの目は緩めずに、
あとは市場の雰囲気に任せて放置するしかありません。
現金を少し高めているので、どう対処するかは冷静に考えていきたいと思います。



◆月初のポートフォリオ
20160428_PF内訳



◆月末のポートフォリオ
20160531_PF内訳




 今月の取引は以下の通りです。
 それぞれ取引のタイミングではツイートしていますので、再掲になります。
 なお、インバースETFは今月はトータルでは売り越しです。


 売 3179 シュッピン (一部売却)
 売 9467 アルファポリス (一部売却)

 買 3277 サンセイランディック (買い増し)
 買 3910 エムケイシステム (新規買い)
 買 2475 WDB (新規買い)



詳細のPFの順位は以下の通りです。

********************

 1位 3276 日本管理センター(1) →
 2位 3277 サンセイランディック(2) →
 3位 3844 コムチュア(5) ↑
 4位 9090 丸和運輸機関(4) →
 5位 2384 SBSHD(9) ↑
 6位 2686 ジーフット(8) ↑
 7位 7164 全国保証(6) ↓
 8位 3230 スターマイカ(10) ↑
 9位 9467 アルファポリス(3) ↓
10位 3179 シュッピン(7) ↓
11位 9414 日本BS放送(12) ↑
12位 1384 ホクリヨウ(11) ↓
13位 3910 エムケイシステム(新) -
14位 2152 幼児活動研究会(13) ↓
15位 2475 WDB(新) -
16位 4245 ダイキアクシス(15) ↓
17位 2764 ひらまつ(15) ↓
-   1360 日経ベア2倍ETF



なお、資産については以下の通りです。

20160531_パフォーマンス推移表



最後にキャプチャも貼っておきます。

20160531_証券会社キャプチャ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/747-951cb230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り