十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+20.8%(2017/8/10時点)

1.相場・指数の確認と雑感

日経平均   14,462.52 +51.25 (+0.36%)
TOPIX  1,164.33  -1.61  (-0.14%)
東証2部指数   3,578.76 -12.88 (-0.36%)
JASDAQ指数 96.88 -0.54 (-0.56%)
マザーズ指数 793.62 -12.35 (-1.53%)

今日は昨日上昇幅の大きかったマザーズの下落を除くと、
方向感のない感じでした。
場中ではそれなりに値幅があったようですが、
終値では先物から動いている日経平均を除くと微減です。
売買代金が今日はなんとか2兆円に乗せています。


2.PF状況の確認
本日時点のPF損益は+29,000(前日比-5,400円)となっています。
これにより含み損益率は+1.69%(前日比-0.21%)となりました。
今日は売買をしていますので、前日比は参考値です。

2405 FUJIKOH 641 -34 (-5.04%)
公募売り出し価格が639ですから、ほぼ同値まで下落してきました。
公募増資での希薄化懸念などから当面は軟調なのでしょうね。

現在ロシアに対する経済制裁が発動されています。
もし資源の輸出規制などへも制裁発動が本格化してくると、
日本でもロシアからの資源調達が滞る可能性だってあるかもしれません。
それがちょうどエネルギー需要が高まる夏に向けて懸念が顕在化とかすると、
再び再生エネルギー関連の議論が盛んになるなんてならないでしょうか。
まぁなったとしても注目されるのはエナリスとかなのでしょうけどね・・・

3179 シュッピン 1105 -75 (-6.36%)
ちょうど26週線が1107ですからその近辺まで調整してきました。
ついに含み損に転落したわけですし、
このまま明日以降26週線を下抜けると、またPFが悪化していってしまいます。
当社は増税後の反動減の懸念から売られているのだと思いますが、
ECへシフトする中で、収益構造は大きく好転していくと考えています。
一時的な反動減があったとしても、業績は順調に推移するのではないかと思います。
というわけで、ホールドです。


3.売買記録・コメント
◆買い
なし
◆売り
7879 ノダ 469円×100株 =46,900円

残念ですが、相対的にPFの中で魅力が低下しているのと、
もう少し資金効率が望めそうな銘柄に少しでも資金を充てる必要があると判断し、
損切りしました。
常に10%以上の含み益をキープして安定的に株価は推移していましたが、
公募増資の発表が余計でした。。。
当面業績も低迷しますし、少々魅力が低下したところに、
このような下落があったので、潔く切りました。
だいたいこのようなときは底であることが多いのでしょうか、
今の判断を後悔することはないようにしたいです。


4.その他トピック
現在携帯のMNPを検討しているのですが、
キャッシュバック文化で、ずっと同じキャリアを使い続けてきた私としては、
調べれば調べるほど、欲が出てきてしまうもので困ったものです。
株式投資に直接関連する一言ではなく申し訳ありません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/73-27e67ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り