十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


まず最初にお断りしておかねばなりませんが、
私はブランド戦略など難しい勉強は一切していませんし、
よくあるビジネス書にあるブランド力に関する書籍にも触れていません。

完全なる主観と狭い視野しか持ち合わせていません。
(というか、あらゆる分野に私の知見など無いに等しいわけですが)


ブランドは価格に見合う安心の認知度だと捉えています。

喫茶店でコーヒーを頂こうとした時、
ブランド力のあるスターバックスは、
提供サービス、コーヒーの品質、お店の中の心地と、
あらゆる面で安心出来ます。
(スターバックスの回し者ではありません)
もちろんそれなりの価格で決して安いわけではないのですが、
それでもその価格に見合う価値があり、
安心出来るから選ばれるのだろうと思います。
無名な個人の喫茶店があっても、
まず認知していないという問題と、
そこに価格に見合う満足感が伴うかわからないという、
安心ではない不安がつきまとい、
余程の強者でない限り選択することはないと思います。

マクドナルドは安い価格もさることながら、
安心出来る品質とさくっと食べられるファストフードしてもてはやされましたが、
相次ぐ品質問題などで安心が損なわれて、
価格に見合う安心が伴わず、このことをブランド失墜と表現されました。

自動車や家電製品を扱う製造業であっても、
運用会社などのサービス業においても、
コンビニやスーパーを始めとした小売業においても、
前述の外食にしても、
あらゆる業界でブランド構築は
顧客へ選ばられるためには欠かせない戦略のひとつですし、
それが曖昧だと、商品戦略、顧客戦略、広告戦略など、
自社のポジショニングニングも曖昧となってしまいます。


ブランドが高いとか低いといいますが、
ブランドは高低で表現されるのには少し違和感があります。
フィットしているかどうかといえばいいのでしょうか、
価格と安心が釣り合ってフィットしているか、
価格か安心のどちらかに偏っているか、
そのフィットの程度がブランドなのかなと感じています。


保有銘柄を選ぶときには、
改めてこのブランドについて考えてみるとよいのかもしれません。

価格と安心が釣り合っているものの認知度が不足している会社、
価格がもたらされる安心に対して魅力がある会社、
今後安心感が増える見込みがありそれに伴い価格転嫁が実現出来そうな会社などです。


さて、こんなことをふと考えたのには、きっかけがありました。


実は先週末に子供に電子ピアノを購入したのですが、
その決断に至るまで、調査開始から約3ヶ月、様々な企業の製品に触れてきました。

ピアノといえば、一番の売れ筋でもあり、
認知度も高いヤマハ製品がまず検討の筆頭となります。
当然ヤマハのピアノを買っておけば、
アフタサービスもしっかりしている印象がありますし、
製品の仕上がりも良くも悪くも大衆目線で見て十分満足出来るものになっているだろうとか、
とにかく安心感が先行して、価格もそれなりですが、
その安心感を考えればその価格も妥当なもののように感じていきます。
つまり、価格に見合う安心の認知度が高くブランドがフィットしている感覚が強いわけです。

電子ピアノ選びでは鍵盤のタッチ感や、
その鍵盤のタッチによりもたらされる表現力のバリエーション、
より生ピアノに近い音質と特に幼児にピアノを買い与えるには、
出来るだけ良いものを買いたいという気持ちになりますが、
多くの先生がレッスンで使うピアノはヤマハのグランドピアノなので、
そういう観点からもヤマハのものをと誘導される、
ヤマハの戦略が練られているわけです。

しかし、一方で電子ピアノは他にも各メーカーから製品が出されていて、
認知度が低くそもそも知らないメーカーもあれば、
電子ピアノ作ってたんだ~というメーカもあります。

そして複数のお店で専門的な店員さんと沢山お話をさせて頂き、
そこで多くの店員さんがヤマハについては、
やはりブランド料が価格に乗っています、同じ品質の商品と比べると、
他メーカーより若干価格は高めになっているという共通見解でした。
もちろんピアノなので、音の好みなどによって、
品質も主観的なものなので、一様に品質の優劣を並べることは出来ないのですが、
それでもヤマハについては安心という認知度が価格に反映されているのでしょう。

私は3ヶ月の間ではありますが、
素人ながらも自分にとって(子供にとって、家族にとって)一番必要と思える点は何か、
同じような境遇の方の口コミ、そうではない方の口コミなどを踏まえて
何を妥協するか、何を捨てるかを中心に考えていきます。
これは何を重視するかの裏返しでもあり、
その点では事業戦略とも通じますね。

このように突き詰めて考えていくと、
たかが3ヶ月でも本当に必要なものがみえてきます。
そこまで考えると、安心に対する価格が相対的に安いなと思えるメーカーもあり、
結果的に、ヤマハ以外のメーカーを選択しました。

実際に使ってみて、やっぱりすぐに壊れて(?)後悔するかもしれませんし、
むしろきちんとしたアフターサービスもあり良かったと思えるかもしれません。

私はだいぶ変わり者なので、
電子ピアノ買うにしても3ヶ月を要します。
普通は量販店か近くの楽器店に行って、
そのお店の店員さんにアドバイスもらって購入を決断する位でしょう。

そうなると、やはりヤマハが強いのは納得が出来ます。
(ちなみにヤマハも私にはとても優秀な製品、サービスだと今でも思っています)



ちなみに購入した電子ピアノは20万円台と高価なものです。
10万円のものでも、更に安いものも選択出来たのですが、
投資と同じで、5年後、10年後を見据えて
つまり子供の成長のことを考えて決断しました。

もし5年経って力量に対して表現力などの製品側の限界が来てしまうと、
子供にとっては不幸です。
一方で、途中でやめてしまうかもしれないので、
まずはお試しでエントリー機をというのも念頭にはずっとありました。
ただ、子供がきちんとやりたいと主張しているので、
そこに責任感を持たせると同時に
親としてそれを信じて良いものを最初から買い与えるのも悪くないと感じました。

幼児だからといって、
やりたいと言っていたとしてもどこかに疑いを持ってしまうのは、
親の先回りした見方でもあるので、
出来るだけそういうことはせずにいたいと思っています。

私は子供に対して出来るだけ興味関心があることに対しては、
本物をきちんと買い与えたいと思って、
これまでもカメラも買い与えました。
(これは妻を言いくるめるカメラ同盟を組む不純な理由も多少ありますが(笑))


お金をかければよいと思っているわけではなく、
むしろ普段は極めてケチの部類に属しているのですが、
子供に対してこれは必要という時には、
価格ではなく長期的に見て子供のためになる価値を第一に考えています。


あくまで親としての私の個人的な見解なので、
そうでないという方もいらっしゃるでしょうし、
ピアノの選択プロセスも共感、違和感まちまちだと思いますが、
そんなピアノ購入をきっかけに、
ブランドというものを不勉強ながら感じた経験になりました。



コメント
この記事へのコメント
まるのん先生、こんばんは。

子供のお金の教育は本当に大切だと思います。。。

私の好きな先日紹介させて頂いた河合先生も仰っていましたが、「本当の」お金持ちは「ケチな」こと「も」教えると、一方、「成金」はなんでも買い与えるという趣旨を読んだことがあります。

確かにそうだなーと感じますし、日本はどちらかというと、「成金」が多いと感じます。

また、引いては、お金よりも大切なことがあることを感じてもらう教育が必要だと思います。

と言いつつ、5歳の息子に仮面ライダーのベルトをせまがれ、買ってしますゆったりでした(笑)


2016/04/27(水) 21:11 | URL | ゆったり #-[ 編集]
>ゆったりさん
こんにちは、ゆったりさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

金融教育はご指摘の通り、体系的に学ぶ機会が極端に少ないですね。
しかも「お金のはなし」はどこかタブー視されている傾向があります。

資金を運用するということに対して、
ギャンブルと揶揄して、そんな儲け話は歓迎しないという風潮があるのも事実です。

しかし、世界経済の循環において、
「お金の流れ」をきちんと把握して、
自分のスタンスに応じて資産を分散させることは、
むしろリスクを下げることだと思うのですが、
日本の多くの方は銀行の普通預金、又は、タンス預金が
一番安全だと思われているように思います。

机上の学びでインフレが起こったら・・・
という理屈を理解している方はそれなりにいるのでしょうが、
では自分がどう行動するかを主体的に決められる方は少なく、
それは金融教育の低さの表れと認識しています。

お金との付き合い方を、
私自身ももっと勉強して経験せねばならないなと感じています。
2016/04/27(水) 23:26 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/723-7d079e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り