十分な教育資金と老後資金のために

1.年初来パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

 まるのんPF : + 9.8% (+1.6%)
 TOPIX    : ▲ 9.0%  (+3.0%)
 日経平均   : ▲ 7.7%  (+3.8%)
 東証2部    : ▲ 7.2% (+1.2%)
 JASDAQ   : ▲ 6.1% (+1.3%)
 マザーズ    : +37.7% (+12.1%)


2.全体所感

先週も強い動きでしたが、
今週も大型主力銘柄を中心に堅調な動きになったようです。
日経平均は今週も堅調に続伸していますが、
一方で地味な東証2部やJASDAQ銘柄はその堅調さも限定的だったようです。
そしてマザーズ指数は今週も2桁パーセントと、年初来で+38%程度と、
とても盛り上がっているようです。

先週も疑問だったのですが、
なぜこんなに日経平均が強いのか、
きっと考えても答えなどない問題をついつい思考してしまいますが、
大事なことはその予測に注力をして、
ましてそれで投機的な取引をしないことだと思います。

今後も今までの方針やルールなどに準拠して、
冷静な判断をしていきたいところです。

そしていよいよ来週あたりから
3月期決算の本決算が出てきます。
来期の予想がどのような状況になるかに注目しています。

多くのアナリストなどの予測を見ると、
5%以上の増益基調は継続するという見込みですが、
果たしてそんなに好調さを維持する予想になるものでしょうか。
為替水準による押し下げ効果も去ることながら、
目先の経済も決して明るさには乏しく、
特に競争力のない、これまで単にアベノミクスの恩恵において、
なんとなく全体底上げの波に乗っていただけの銘柄と、
本当に競争力のある儲けられる会社というものの差別化が顕著になると思うので、
後者のような銘柄をきちんと探して、変調がない限り、また評価が極端に織り込まれない限り、
長期で投資していくスタンスを今後も続けていきたいです。



3.ポートフォリオ

今週は現金比率とベアETF比率をルールの目安に出来るだけ近づけるように、
ちまちまと取引をしています。
目安に都度、ルールに従わせる必要性もないのですが、
出来るだけ意識はしているつもりですので、
今後も必須とはしないものの、ルールの目安はよく意識していきたいと考えています。
以下のPF構成を見て頂くと、特に目立つのは、丸和運輸機関の比率が下がったことです。
特に丸和運輸機関への評価を変えているわけではないのですが、
株価が目標株価に近づいてきていることと、
来期見通しがやや控え目に出てくることを想定して、
むやみにリスクを取らなくてもよい状況であること、
現金を必要としていたことなどの複合的な判断で対処しました。
だいたい私が売ると騰がるので、買い方の方はチャンスかもしれません(笑)。
※どういう値動きになろうと責任は取れません、念のため。


※クリックすると画像が大きくなります。

20160422_PF内訳


20160422_セクター内訳


セクター別の比率を見てみると、
より不動産の比率が高まっています。
不動産が高いことそのこと自体は元々そうだったので、
あまり気にはしていませんが、
一方で不動産セクターの一般的な見立てとしては、
雲行きは必ずしも明るいものではありません。

マンションの価格をとっても、新幾や中古共に、
需給状況もやや販売側に不利になりつつありますし、
価格も高止まりからやや下落方向に下がっているような報道も目にします。
オリンピックに向けて、また資材費や建築人材コストなど、
構造的な問題も抱えており、足元の成長性にはややネガティブな状況もあります。

但し、わたしの保有する銘柄は不動産の中でもちょっと事業を差別化していたり、
一定の競争優位性があることが認めているので、
今の所、大きくはネガティブな印象を持っています。
とはいえ、サンセイランディックは上値余地は十分と思っていますが、
こちらも1Q決算は毎度酷いものということもありますので、
ナンピン分でだいぶ比率も上位になっているので、
その辺の兼ね合いも検討した結果、とりあえず今週は少し売却しています。



※今週から概要部分だけ大きくキャプチャを取りました。
20160422_保有銘柄一覧(概要)



※従来の保有銘柄一覧もこちらに取っています。
20160422_保有銘柄一覧


いつも材料には無風のコムチュアですが、
今週は株価も堅調に推移してくれたようでとりあえずは良かったです。
ただ、サイエンス会社を設立したというだけですし、
これからこれを収益化していくのが難しいので、
とにかく巡行速度に乗る前に、
多少時間がかかると思いますので、ゆっくり見守りたいと思います。
株価の方も暴騰してくれなくていいので、ゆっくり評価されていって欲しいです。

それから日経平均が堅調に推移していることもあり、
ベアETFがついに含み損になっています。
ナンピン地獄でへたくそだなとも思われるかもしれませんが、
私の中では買付単価を下げて、逆転で儲けてやろうという意思というより、
あくまでルール目安に従ったヘッジ資産を形成させることを目標にしているので、
騰落による損益にはあまり興味を持っていません。




念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 3276 日本管理センター
 3277 サンセイランディック
 9467 アルファポリス
 3844 コムチュア
 9090 丸和運輸機関
 7164 全国保証
 2686 ジーフット
 3179 シュッピン
 2384 SBSHD
 3230 スターマイカ
 1384 ホクリヨウ
 9414 日本BS放送
 2152 幼児活動研究会
 4245 ダイキアクシス
 3134 Hamee
 2764 ひらまつ
 ※評価額順に記載しています

 1360 日経平均ベア2倍ETF



4.資産状況

※クリックすると画像が大きくなります。

20160422_パフォーマンス推移表



20160422_資産残高推移表


パフォーマンスを示す折れ線グラフですが、
マザーズ指数の伸び率が大きく、来週あたりには再度、
縦軸スケールを変更しないとならないかもしれません。

一方、まるのんPFは+9.8%ということで、
確かに直近の戻りが指数に比べて弱いとか、
マザーズと比べてしまうとゲンナリするわけですが、
各指数と比べてどうだったと議論するのは、
あまり意味のないことだと思います。

ただ、全体の状況を知った上で、自分が置かれている状況を正しく認識することは、
今後も続けていっていきたいと思います。


ゴールデンウィーク前の週末ですので、
あまり外に出てお金を使わずに最低限にしたいなと思っています。
お金を使わなくても、遠くに出かけなくても、
子供とうまく時間を共有することは様々な手段があるので、
家族との時間を大事にして充実した週末を送ろうと思います。
皆さんの週末も充実したものになりますように。

コメント
この記事へのコメント
まるのんさん こんにちは。

久しぶりにコメントします(笑)

Twitterでは、いつも私の子育てに対する不安な気持ちにあたたかい励ましをありがとうございます(^-^)♫

マザーズのバイオバブルの様相もさる事ながら日経もよく分からない強さですよね...経験したことがないので何とも言えませんが違和感が拭えません(ーー;)

(私が無知なだけで、私の知らない何かすごい情報があるのかもしれませんが 苦笑)

まるのんさんのおっしゃるように、投機的な取引に走らないように、というのは本当に共感できます。

百戦錬磨のトレーダーならともかく、長期投資のスタンスをとるなら、違和感を無視してバイオ銘柄や循環して物色されているテーマ株につぎつぎと乗り換えるのは正直どうかな、と考えてしまいます。

(簡単に儲かりそうですが、私とかがテキトーにやったら一瞬でカモられそうですし)

まわりがどうであれ自分の定めた投資方針に忠実にいくことが、やはり大切ではないかと思いますね。
2016/04/23(土) 06:42 | URL | カイト #-[ 編集]
>カイトさん
こんにちは、カイトさん。
コメントを頂きまして、ありがとうございます。
また、いつもツイッターではお世話になっています。
こちらこそ、子育ての件で色々交流を持たせて頂くことも、
大変嬉しく思っています。
私も子育てはとても大好きなので、
育児のお話を伺うのもいつも楽しみにしています。

マザーズの件は確かにバイオ系が盛り上がり、
本当によくわからない動きですし、
自分がその波についていけていないのも、
自分の投資手法を考えれば、
当たり前のことなので、あまり悲観しないようにしたいと思っています。

自分が決めたスタンスから大きく外れるようなことをせず、
後から振り返って、利益となっても損失となっても、
自分が納得出来るようにしていくべきですね。

なかなか難しく、
結果納得感が得られず失敗取引もしてしまいますが、
気を引き締めて出来るだけそうならないように努めていきたいと思います。
2016/04/24(日) 19:41 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/721-8708a6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り