十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)

1.相場・指数の確認と雑感

日経平均   14,277.67 -49.99 (-0.35%)
TOPIX  1,154.93  -9.77  (-0.84%)
東証2部指数   3,554.62 -42.71 (-1.19%)
JASDAQ指数 96.26 -1.36 (-1.39%)
マザーズ指数 782.96 -19.71 (-2.46%)

本日も各指数はマイナスとなりました。
金曜日の大幅下落を受けて反発せずの続落でした。
売買代金も2兆円割れと低水準で、特にマザーズの下落が大きく、
個人はだいぶ弱いのでしょう。

2.PF状況の確認
本日時点のPF損益は+4,700(前日比-17,800円)となっています。
これにより含み損益率は+0.23%(前日比-0.88%)となりました。
TOPIXと同等の被害となりました。
本日一時含み益が4万台まで回復したので、機動的な取引を考慮して、
一旦売ろうか悩んだのですが、今日も下手に動かないと思い何もしませんでした。
今日の所も終値だけを見るとその判断が正しかったのかどうか・・・。
これでPFは6連続下落です。辛うじて年初来プラスを維持していますが、
もう首の皮一枚でしょう。

本日は7879ノダの公募増資による下落で年初来マイナス転落を覚悟しておりましたが、
2352エイジアの謎の上昇に助けられ、マイ転は明日以降に持ち越しになりました。

3.売買記録・コメント
◆買い
なし
◆売り
なし

4.その他トピック
3月に入って2405FUJIKOH、7879ノダと保有株のうち2つが公募増資ということで、
大幅下落に見舞われまして、散々たる状況です。
業績やビジネストレンドなどは分析をして、
自分なりのシナリオを考えて投資をしているつもりですが、
資本政策として公募増資を含めた対応に関する分析は出来ておりませんでした。
というか、個人投資家レベルの情報でそこまで見極めることが出来るのでしょうか。

2405FUJIKOHは昨年に返済猶予期間となっていた借入金の一部を一括返済しており、
負債が軽くなった一方で、新規事業に対する投資が必要となった点、
多少はそういった可能性も考えてはいたのですが、
それが現実のものになるとは思いませんでした。

7879ノダについては、現金も多く財務面ではリスクも少ないと認識していました。
こちらは新株発行ではないため、
直接的に1株当たり利益の希薄化にはないと思っているのですが、
まだ基本的なところが勉強不足なのか、
本日のここまでの下落も解せないのが本音です。

いつまでこのトンネルが続くのかわかりませんが、辛抱しないといけませんね。

なお、3276日本管理センターが900円台半ば位まで調整すれば、
一旦今の特定口座の保有株を売って、NISAで改めて買いたいと考えています。



※自分自身を更なる律するためにも個人投資家パフォーマンスランキングさんに参加させて頂きました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/71-68a9a987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り