十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)



1.年初来パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

 まるのんPF : ▲3.5% (▲2.2%)
 TOPIX    : ▲9.4%  (▲2.9%)
 日経平均  : ▲9.9%  (▲2.9%)
 東証2部   : ▲6.7% (▲3.7%)
 JASDAQ  : ▲5.7% (▲3.7%)
 マザーズ   : ▲9.7% (▲8.3%)


2.全体所感
年初が始まって歴史的な続落記録を作って騒がれていましたが
1週目は主に大型主力株が崩れたわけでして、
個人投資家が好む中小型株は相対的に耐えていました。
しかし、中小型株がこのまま耐えられるわけはなく、
いずれ循環して軟調に推移する局面が来るだろうなと漠然と先週の記事で、
ここに記していたわけですが、
早速その余波が中小型株にもやって参りました。
主力大型株も引き続き軟調に推移していますが、
今週はマザーズを中心に新興中小型銘柄が弱い推移となっています。
まるのんPFも1週目の▲1.3%より更に下値を切り下げて▲4.0%まで週央で落ち込み、
その後▲3.5%というところで一旦今週は終わりましたが、
やはり漠然とした不安があります。

ただ、これはあくまで漠然とした不安であり、
個々の銘柄を見ると不安がない銘柄がないとはいいませんが、
スターマイカーにしろホクリヨウにせよ直近決算があった銘柄においても、
想定通り堅調な状況とみていますので、
ファンダメンタルズにおいて不安は実はあまり抱いていません。
(もちろん今後の経済状況に応じて波及するリスクには注視が必要ですが)

ですから、漠然とした市場に対する不安というものは、
初心者が長期投資スタンスで相場と対峙する上では大敵であり、
ついつい目先のリスクオフだ~の流れに翻弄とされてしまいそうになりますが、
保有する個別銘柄の状況に大きな不安がないのであれば、
その状況に応じて適正な比率で今後も保持を続けて冷静に対処をしたいものです。

市場は反発の様相を見せつつも、
やはりとても売り圧力が強い印象であり、
今日も前場始まって一旦今週2度目の反発を実現してくれていましたが、
長くは続かず最終的には続落という結果に終わっています。
こういう相場が弱い展開の時に、売りから入っていくという戦法に憧れ、
実際に『うまく』この下げ相場でも利益を積み上げている玄人もおられると思いますが、
私は自分の投資方針に従って深追いはせず、
今の状況を受け止めて長い目線で備えようと思います。


3.ポートフォリオ

※クリックすると画像が大きくなります。

20160115_PF内訳


20160115_セクター内訳



20160115_保有銘柄一覧

今週実施した取引についてはツイートもしていましたが、
今週は主力だったジーフットを一部売却しています。
2月優待銘柄ということもありやや控えめに売りましたが、
もう少しどこかのタイミングで分散して利益確定をしていきたいと、
今は考えています。
理由は簡単で、今週9.1%下落していながらも、
目標株価までのGAPは28%程度となっていて、
他の銘柄に比べると期待値が小さくなってきていることが第一の理由です。
実はこの傾向は続いていましたが、
店舗拡大から機構改革の実現による成長は継続するとみていますが、
直近の会社IRの回答などを見ていると、
総合的に見ると少しポジションを減らしてPF中位で保有するのが妥当という判断です。
そもそも今の現金が少ないということ、また他の銘柄の方が期待値が大きいということで、
資金シフトの兼ね合いもあり決行しています。

買い増しはSBSHD、幼児活動研究会、スターマイカです。
SBSHDは確かに暖冬で荷動きが鈍化しているとか、
物流業にとっては原油安の恩恵と手放しで喜べない事情も台頭している中ですが、
鎌田社長の物流企業として大手入りを目指すM&Aを中心とした戦略は、
まだまだ期待が持てます。
PER7倍、PBR1倍割れ、ROEも上昇傾向で10%を超える見込みというあたりで、
物流業界という地味な分野であるもののもう少し評価されてもいいかなと
買い増し(というか長い目線で見れば買戻しですね)を実施しています。

幼児活動研究会は元々計画していた通りで
昨年末に買い付けを始めてからとりあえず分散して買うことを決めていたので、
ここは満足しています。

スターマイカはこの軟調な相場の中で今週はプラスです。
(先週6%近く下落しているので反発力が弱いともみえますが・・・)
こちらも直近決算が堅調ですし、想定通りの事業進捗も見られますので、
当初の想定通り決算を確認してから追加する予定だったものを、
実践しています。

このほか、昨日決算を開示しているホクリヨウも買い増し計画を掲げて、
指値を置いていましたが、こちらは約定しませんでした。
予め取引基準を決めていて、
安易に指値を変えることをしない対応したのですが、
結果的にあと少しで決算前に買えたところの機会を逃してしまうことになりました。
ただ、確かに残念ではありますが、決めた通りに行動したので、
納得感はありますし、想定では2Qでは会社計画水準まで落ち込むと想定しますので、
まぁこれからまだ買い増しのタイミングはありそうなので、焦りません。

下落率が大きいところでは、アルファポリスが2桁%下がっています。
先週も6%超下がっていますので、年初から見ればざっくりS安一発食らった気分です。
でも、ビジネスモデルが崩れたわけでもなく、
今日もIRメールが届いていますが、順調に新たなヒット作、
またゲーム事業の開始に向けて準備が進んでいるようですから、
のんびり応援していきたいと思います。
こちらは無配なので、そういうものを期待する投資家の方は、
このマザーズの荒れ具合に翻弄されて値動きも不安定になるのかもしれません。
私はそんなの関係ないので、じっくりじっくりです。


ジーフットの下落が大きいのは、
やはり未達懸念の台頭と暖冬影響により、
3Qもいまいちということで目先の業績に不安があるので、
このような市況では一層ひどい評価になってしまいますね。


セクター別で見ると小売、物流をもう少しずつ絞り、
ITに振り向けたいです。
ITは現在コムチュアだけなのですが、
エイジアや情報企画、eBASE、エンカレッジテクノロジー辺りを検討しているのですが、
決め手がなかなかなかったり、
エイジアがやっぱりいいかなと思っていると今日のように暴騰しているのをみたりして、
また思考がリセットするという状況です。
こちらも焦っていかず他の銘柄も含めてゆっくり考えようと思います。


ちなみに現金比率は15%、ベア2倍ETFが13%です。
まるのんポートフォリオPERは13.5、東証1部PERは15.4です。
以下の投資方針の目安(あくまで目安とする指標)では以下の比率を想定しています。

2016ポートフォリオ構築方針(ヘッジ比率)
※すみません、図の表記が日経平均となっていますが、
今は東証1部PERを目安にしてみています。(また変更するかもしれません)


目安の適正比率はざっくり現金15%、ベアETFは10%程度です。

ですので、現金はほぼOK、ベアETFはやや多いかなということで、
このあたりからも無意識に不安が増強されているのかなと自己分析しています。
別にこの目安が正解ではないので、無理にそこに合わせるために、
リバランスをきめ細かく対応するということよりかは、
そのことを意識して、今後の資金の配分を考えていきたいと思います。



念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 9090 丸和運輸機関
 3277 サンセイランディック
 3276 日本管理センター
 2686 ジーフット
 9467 アルファポリス
 3179 シュッピン
 3844 コムチュア
 7164 全国保証
 2384 SBSHD
 2152 幼児活動研究会
 3230 スターマイカ
 9414 日本BS放送
 2139 中広
 1384 ホクリヨウ
 4245 ダイキアクシス
 2764 ひらまつ
 2749 JPHD
 ※評価額順に記載しています

 1357 日経平均ベア2倍ETF

4.資産状況

※クリックすると画像が大きくなります。
20160115_パフォーマンス推移表


20160115_資産残高推移表


各指数と比べると踏ん張っているともみえますが、
これはベアETFを組入れているので当たり前のことです。
むしろベアETFを組入れているのに、
下がっているというのは個別銘柄の下落が響いていて、
決して私の銘柄選択がよいわけではありません。
また、そもそもこの短い期間で勝った、負けたということを論じること自体が
ナンセンスなのでその指数を超えているかどうかは、
どうでもいいことです。(感情論ではどうでもよくないのですが(苦笑))

私が注目しているのは、やはりPF下位ですが、ホクリヨウとスターマイカの動きです。
いずれも週間プラスになっていますが、
直近決算も堅調であり、このようにファンダメンタルズがきちんとしていれば、
きちんと評価してもらえるというのは健全だなと感じています。

年初来で▲3.5%となり目標の+15%からはいきなり出遅れることになりました。
もちろんまだまだこれからなのですが、厳しい1年になることは想定していましたので、
そうそう簡単に昨年までのように勝てないと思うのですが、
だからといってやることは変わらないはずなので、
これまで通りにやっていきたいと思います。



明日から週末を使ってゲレンデに行ってきます!
子供は初めてのゲレンデですので、
暖冬で雪がない中ですが、
まずはソリでも使って雪遊びを楽しんできたいと思います。
もちろん、ふるさと割を使って半額旅行ですが(笑)。


先物がまた大変なことになっているようですが、
そんなことは一旦忘れて楽しい週末を過ごしたいと思います。
これが現物オンリーの気楽さかもしれません。



コメント
この記事へのコメント
スキーには生憎の暖冬ですが、小さいお子さんと一緒であればむしろ楽しみやすいかもしれませんね。
ここ数年スキーに行けてないので羨ましいですね。

先週今週とTOPIXと自分のPFは悲惨な有様ですが、仕事が極度に忙しくなってしまったため、何もできていません。
その分精神的には落ち着いていられているので、逆に良いかもしれませんが(笑
まるのんさんが去年から予見していたように、今年はボラリティの高い年になりそうですね。
インバースETFの長期保有も良いのかなと思えてきました。

しっかり時間を取って情報分析をして、このチャンスに優良銘柄を購入していきたいですね。



2016/01/16(土) 18:45 | URL | ムルムル #-[ 編集]
>ムルムルさん
こんにちは、ムルムルさん。
返信が遅れてしまいまして申し訳ありません。

やはり雪が少なく暖冬を実感しましたが、
それでも子供と楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
もちろん、この週末は日経先物の暴落のことなど、
すっかり忘れて楽しめました(焦)。

指数連動型ETFは特に長期で持つには、
コストもかかりますし、
期待する動きからも乖離するので、
短期でスイングさせていくのがセオリーと思いますが、
私は細かなコストやパフォーマンスより、
大枠の中でのリスクヘッジを主目的にしているので、
このセオリーを破って自分としては合理的と思える範囲で、
保有を継続しています。

明日はまた大暴落が待っていると思いますが、
冷静に事前に決めたことだけをやるようにしたいと思います。
2016/01/17(日) 23:02 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/668-6c63bedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り