十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


1.年初来パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

 まるのんPF :+13.0% (+1.6%)
 TOPIX  :+13.9%   (+1.2%)
 日経平均 :+13.9%  (+1.6%)
 東証2部  :+7.8% (+0.5%)
 JASDAQ :+10.7% (+0.5%)
 マザーズ  :▲9.1% (+4.2%)


2.全体所感
今週は週明けのPF中位のサンセイランディックの暴落に見舞われ、
出鼻を挫かれたというか、
泣きっ面に蜂状態からスタートした週でしたが、
後半には盛り返してくれました。
ただ、別に何か材料が出たわけでもなく、
単なる気まぐれだと思っています。

日経平均は今週再三2万円タッチを試すような展開だったようですが、
そんなお楽しみは来週以降に持ち越されたようです。

しかし、なんでこんなに指数は強いのでしょうか。
いや、単に8月下旬の暴落分を戻しているだけともいえるわけですが、
やはり相場の先行きを読むのは難しい、というか無理ですね。

マザーズがいまだ年初来で大幅マイナスの状況ですが、
ボラティリティも大きく、今週は週間で4%超の上昇となっています。
主体別動向を見ても、海外が買い個人が売るという構図が続いているようですが、
個人の心理が改善してくるとまた活況になるのでしょうかね。
私の保有銘柄にはあまり関係がなさそうなのですがね・・・。


3.ポートフォリオ

※クリックすると画像が大きくなります。

20151120_PF内訳


20151120_保有銘柄一覧



今週はいくつか売買をしています。

まずダイキアクシスについて
見通しそのものは変えていませんが、
少し自信度が低下していることと、
不透明感が強まっていることは事実ですので、
ポジションを落としました。
現金比率が十分あればこの対処は不要でしたが、
他銘柄の買い増しもセットで考えていたため、
全体として現金比率を下げないようにとの思いでした。

買いについては、まずサンセイランディックです。
まだダラダラ下げていますし、
下げれば投げが出て、また我慢出来ずに売りが出て、
という悪循環なので、長期の方でないと辛いと思います。
もちろん業績や長期的見通しが変われば、
長期投資家こそ、一番損失を被るかもしれません。
私は中長期見通しは変えていませんので、
(ちょっとツイートし過ぎました・・・)
今の下げの局面では拾わせて頂いています。

また日本管理センターについても決算後のIR照会も踏まえて、
まだ少し早いとも思いましたが、買い増し決行しています。

シュッピンについても同様の観点で買い増しをしています。
こちらは日本管理センターに比べるとだいぶこなれた株価になりましたので、
1000円割れで拾えたのは良かったです。
なお、今日暴騰しているようですが、
なんの材料もないので、すぐに落ち着くところに落ち着くと思います。
この高騰でウハウハとか安易な思考にならないようにしないといけません。

以上のことから、サンセイランディックがPF上位層に格上げされ、
一度は単元まで利益確定したシュッピンも再び中位まで格上げとなりました。


私のスタンスからすれば何度も取引することもないのですが、
銘柄感の自信度などを踏まえてポジション調整は
冷静かつ合理的に考えての結果であれば正当化してよいと思っています。


念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 2686 ジーフット
 9090 丸和運輸機関
 1357 日経ダブルインバースETF
 3277 サンセイランディック
 9467 アルファポリス
 3276 日本管理センター
 3179 シュッピン
 3844 コムチュア
 9414 日本BS放送
 4245 ダイキアクシス
 2384 SBSHD
 2139 中広
 2764 ひらまつ

 ※評価額順に記載しています


4.資産状況

※クリックすると画像が大きくなります。
20151120_パフォーマンス推移表



20151120_資産残高推移表


パフォーマンスとしては年初来13%ということで、
目標15%までまだ少し間があります。
目標はあくまで目標でこれはとても大事なのですが、
その達成可否で○×と評価していくのは少し乱暴だと思います。
と目標を下回りそうな時にこういうことを言うと、
単に負け惜しみのようであるわけですが・・・。

大事なことは目標としている水準から大きく乖離した時には、
その理由を分析して、ポジションの取り方や投資対象銘柄の
考え方などをチューニングする必要があるのでしょう。

日経平均が2万に肉薄する中で、
優秀な投資家の方はどんどん高値を取り、
資産を構築されているわけですが、
私は停滞しています。
しかし、そこで下を向いているわけにもいきません。

幸いにして、本業のサラリーマンの仕事が大変忙しい上に、
家族との時間もなかなか立て込んでいて、
あまり相場に対して一喜一憂する余裕がない状態で、
ある意味、この距離感はとてもいい心地です。

ただ、投資分析などに割ける時間も少なくなっているのは問題なので、
それは時間を作るという視点で対応していきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
どうも初めまして。
家庭や仕事とのバランスは大切ですよね。そしてなかなか難しいと思います。
良ければ日経ダブルインバースについて質問させてください。
私も最近買ったのですが、最近の下落幅と9月の暴落時の上昇幅から、手放してしまいました。
しかし未だにやっぱり持ってた方が…と悩んでしまうことがあります。
まるのんさんはどのようにお考えでしょうか?
2015/11/22(日) 21:51 | URL | ムルムル #-[ 編集]
>ムルムルさん
はじめまして、ムルムルさん。
インバースについてのご質問、ありがとうございます。
ちょうどよい機会でしたので、
私のインバースに対する現在の考えを、
自分のためにも整理をしたいと思い別記事にいたしました。
(よい機会を与えて下さり、ありがとうございます)

http://tryinvesting.blog.fc2.com/blog-entry-631.html



インバースは通常は短期的な騰落に対して、
扱う商品ですし、ムルムルさんの9月の指数の戻り局面で、
きちんと利益確定させたのは、
ETFで利益を追求するやり方として、
よいやり方だと思います。
私の場合は、記事にも書いた通り、
インバースETFで利益を追求しようとも思っておらず、
また相場の動向を予想することが極端に苦手なので、
敢えて、長期でマクロのリスクヘッジのためと割り切っています。

多くのインバースやレバレッジETFをやる方は、
デイトレや数日間のトレードではないでしょうか。
ですから、欲しいと思ったら買い、
逃げたいと思ったら売るということの繰り返しで、
扱うのも良いやり方ではないでしょうか。

私は自分の投資スタンスとして、
たまたま指数の予想はしない(できない)ということと、
あくまで個別銘柄へのキャピタルゲインを、
長期で獲得するというのがメインなので、
こちらに集中しつつ、インバースも活用するということで、
今後も対応していきたいと思います。

短期的にどうなるかはきっと私がこう思うというのと逆になるでしょう(笑)。
そういう意味では私は日経2万を超えるのは、
やはり高いと感じるので下がると思っているので、
実際には2万を超えて年末にかけて高値更新の局面が来そうですね。


あまり参考にならずに申し訳ありません。
2015/11/23(月) 01:04 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/630-e97c5a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り