十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


3277サンセイランディックの決算が開示されています。
3Qが単期赤字という壮絶な決算です。
早速中身を確認します。


3277_(2015年12月期3Q)PL表



まず売上高ですが、3Q単で14億ということで、
在庫が枯渇していた1Qの11億に次ぐ低調さです。
在庫はそれなりに積み上がってきていた認識ですが、
なぜこの程度の売上に留まったのか、
これはチェックポイントとなります。

そして利益面では3Q単で赤字となっていますが、
これは単純に売上高が足りないためであるといえます。
1Qの時でもどうでしたが、
売上高が減るとすぐに損益分岐点にひっかかり、
赤字となる性質があります。
それだけ不安定なビジネスということになります。

捌ける物件数や規模が大きくなれば、
仕入や販売の濃淡でここまで収益がぶれることもないのでしょうが、
今の同社のビジネス規模からするとやむ得ないかなという感じです。

3277_(セグメント情報)



セグメント毎の情報も出ています。
今3Qの販売は底地が868百万円、居抜き物件が102百万円です。
2Qでは利益率の高い底地のボリュームが大きく
1,882百万円販売したのに対してだいぶ減っていますが、
それに輪をかけて減ったのが居抜き物件です。
2Qでは760百万円で、
在庫が枯渇していた1Qですら250百万円ですから、
如何に今3Qが販売で苦戦したかがわかります。

当然ながらその理由は気になります。
が、短信ではこれ以上わかりません。
というわけでIR照会となります(笑)。

一方で仕入状況をみます。


3277_(仕入と収支の相関)


3277_(仕入詳細)



BSの販売用不動産の費目はなんと
87億まで積み上がっています。
しかし、今3Qでの仕入は約21億ですから、
そこまで突出していません。
ですから、過去の仕入分が積み上がっていることになります。

これが販売滞留によるものか、
他要因によるものかは、
先ほどの3Qの販売苦戦の状況の要因でもあるので、
この部分は必ず聞いておきたいポイントです。


仕入の内訳ですが、
底地が634百万円、居抜き物件が1,381百万円です。
居抜き物件の仕入は四半期単位に見ると
過去最高ではないでしょうか。
相続税などの兼ね合いもあるのでしょうかね。

一般的に見て、底地の方が利益率が高いです。
底地で35%程度、居抜きで25%程度が標準のようです。
従って、単純に考えると底地を仕入れた方が、
利益にも繋がり易く嬉しい!となるのですが、
ただ、底地の方が調整などの結果によって、
収益計上まで時間を要するなど、
弊害やリスクもあります。
4Qで計画達成を意識するのであれば、
居抜き物件のボリュームが多いことは、
良いことだとは思います。
中長期的に見ればどうでもいいことなんですが。
底地の仕入がやや低調になったのは何か特段の理由があるのか、
このあたりは軽く聞いてみてもいいかなと思いました。


さて、上方修正期待が一転して、
未達懸念へと台頭して市場からは厳しい評価がなされると想定しますが、
4Qのハードルだけ確認しておきます。

通期業績達成のためには、
売上で55億弱、営業利益で9億ちょっとが必要です。
営業利益率で16.8%ですが、これが現実的などうかということです。
3Qでボリューム自体が減ったことの要因にもよりますが、
在庫の積み上がり状況などから見れば、
実現不可ではない水準でしょう。
ただ、それなりにハードルは高いのではないかと推測します。
もし、3Qの減速が期ズレの影響であれば、
4Qでその分の下駄を履けるのかなとは思います。

利益面ですが、
仮に上記売上のハードルを越えた場合ですが、
営業利益率で16.8%が求められます。
そんなに!?と思うのですが、
実は2Qでは17.3%をマークしています。
基本的に損益分岐点を超えてくると、
利益率は一気に向上するわけですから、
これだけの売上増を前提とするならば、
十分達成できるのではないかと思います。
もちろん販売予定の仕入物件には、
それぞれ収益性にばらつきがあるので、
その状況にもよりますが・・・。

結局、数値面を見ていくと、
3Qで販売が落ち込んだ理由は何か、
そしてそれを踏まえて4Qでいけるのか、
この辺りが一番気になります。
仕入状況は特に変調なく全般堅調なので、
特に問題意識は持ちませんでした。


というわけで、IR照会の内容と、
それを受けた私の見解を以下に整理します。
なお、なおQA形式ではなく、
見聞きした内容をサマリします。




【IR照会を受けて見聞きした情報(サマリ)】

◆今3Qの実績について、
元々、1Qに仕入れた居抜き物件について、
3Qに販売するという形で取り組んできたが、
測量などの作業的に収支計上が3Qに間に合わず4Qへ期ズレとなった。
このため、3Qは計画下ブレの状況で推移した。
なお、底地物件と違って、
居抜き物件ではいわゆる在庫滞留は発生しにくい構造である。
このため、4Qには収支計上が出来る見込みである。

◆仕入状況について
底地物件の仕入は2Q時の仕入と比べると、
抑制され一服感があるものの、
これはタイミングの問題である。
(仕入で無理をしないという文化のためと推測)
総じてみれば仕入は順調な状況と認識している。
またこれは仕入専属チームを組成した効果も出ている。
従来は仕入れたものを販売するということで、
どちらかが手薄になってしまうなどのジレンマがあったが、
それが徐々に改善してきており、その効果が出始めている。

◆4Qの状況について
居抜きの期ズレのこともあるが、全般的に堅調に推移している。
3Qの状況から不安に思われる投資家もおられるかと危惧し、
短信上、4Qでの販売は順調に推移している旨、
敢えて一言言及したものである。
理由も明確のため、特に業績予想に対して楽観も悲観もしていないが、
引き続き邁進していく。



【私の印象】
短信を開いて利益面を見た時に、
まさかの(3Q単)赤字には驚かされました。
同社の収益構造を見るとまだビジネス規模全体が小さく、
ちょっとした販売数・金額がブレると一気に利益項目を直撃するという点で、
なかなかスリルある銘柄であるな、と改めて思いました。
会社側の説明では、売れると思っていたものが滞留して売れていないとか、
そもそも売れるものがないという構造的なものではなく、
測量等の手続きが想定よりやや長引いたことで、
引き渡し期間の問題で期ズレしたということで、
かつこれらがきちんと4Qに収支計上できるということでしたから、
私は問題がないと判断しています。
ただ、これは会社側の見解を信じた場合ですし、
実際には測量等が長引いたことで余計なコストがかからないのかとか、
収益面で懸念もあります。
またそもそも居抜き物件は底地に比べると利益率は低く、
そちらのボリュームが多いということで、
より利益面でのハードルが意識されます。
(粗利率は概ね、底地で35%、居抜きで25%程度です)

結局のところ、私は現時点でまだまだ期ごとの安定性には欠ける
今の事業状況を踏まえて、
末永く会社を信じられるかどうかが試される決算だと思います。
今期業績予想を開示した際に、
上期では苦戦するが下期で盛り返しますという内容に、
疑心暗鬼になった方も多くびっくりさせられました。
また、1Q開示時には上期苦戦どころか、
赤字でどうするんだ!?本当に大丈夫か?と
更に不安は深まったわけです。
ところが、2Qでは大きく計画超過して
ポジティブサプライズになるわけですが、
この時に通期業績予想は修正していません。
冷静に考えるとそれだけ期ごとの不安定さがある中で、
早々たやすく修正などできないということの証拠でもあります。
そして、今3Qで再び赤字になると。
しかし、足元は好調というわけです。

これだけ不安定な動きに付き合ってられないという方は、
そもそも同銘柄など保有しない方がいいでしょう。
そして、通期で上方修正を期待し、
3Qでも躍進を期待していた方には残念な結果とはなりますが、
では、ここで投げますかという話です。
もちろんその判断は個々にどのようなシナリオで保有していたかで、
対応も変わりますが、私は長期的に同社の成長を期待しています。
また、社員や社長さんなどと会話をさせて頂いていて、
この会社文化に照らしてみた時に、
これはタイミングの問題であり、
全般のシナリオは何ら変わらないという見解を、
私は支持したいと思っています。

短信で色々言い訳をするのではなく、
さりげなく、足元では順調というフォローを入れる辺りも、
私はとても好感が持てます。
色々言い訳を並べてロジカルに大丈夫です、というアピールは、
それはそれでよいのですが、
そういう短期的に○か×かということに捉われず、
また華美を排して永続性を重視するという
企業理念に掲げている社訓と同様にマイペースでいってくれればいいです。
何せPER10倍程度の評価の銘柄ですからね。



なお、これで決算通過で暴落を相次いでひいていて、
私の決算持越し銘柄を空売りしていれば儲かるかもしれません。
残念ながら、もう今回の決算期は終わりましたが、
次回の決算期には空売りすることをお勧めします(笑)。
(責任は持てません、あくまで仮定の話です)

ある程度想定出来ていたとはいえ、
そんな想定や心理でいちいち売買するようなスタンスではないので、
甘んじて受け入れるしかないのですが、
なかなか暴落というのは慣れないものですね。

高PERが低成長性を確信されて暴落ならいいのですが、
高PERでその水準に見合う成長性を継続していながら暴落したり、
低PERで成長性こそ評価が難しいながらも着実に事業運営されている銘柄も
暴落したりと結局暴落銘柄の見定めには自信を持ってよさそうです(笑)。



9090 丸和運輸 (中PER)
 業績好調 → 暴落

3276 日本管理センター (高PER)
 業績好調 → 暴落

3277 サンセイランディック (低PER)
 業績ふつう? → 暴落?

2139 中広 (低PER)
業績停滞 → 暴落

3844 コムチュア (低PER)
 業績好調 → 下落

3179 シュッピン (高PER)
 業績好調 → 暴落

4245 ダイキアクシス (低PER)
 業績停滞 → 暴落
 

※唯一まともに上昇してくれたかな。
9467 アルファポリス (高PER)
 業績好調 → 上昇



なお、PTSで買い増しを行いました。
ちょうど今期EPSが89.1ですので、
これを達成する前提で考えると、
PERはちょうど10倍程度です。
週明けもPTS以上に暴落するかもしれませんが、
これだけ不安定な業績では仕方ないですし、
しかしそれでも信じて気長にいきたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です。
twitterに合わせてkomomo改め「はんたーらびっと」にいたしました。

まるのんさん、相変わらず仕事が早くて驚かされます。
最初、決算の字面だけを見たときは変な汗をかいてしまったくらい動揺してしまいました。

が、よく見ればそう騒ぐこともなかったかなという印象です。
気になったのは在庫の積み上がりですが、記事にあるような会社側の説明であれば気にすることもないかなと思いました。
ただ前提にそれを信じることできればとの話ですが、私もそうだろうと考えたので、継続保有のつもりです。

チャート的には揉み合い下離れとなり形が悪いですが、長期の押し目と考えて拾おうかとも思ってます。

しかし、今回の決算はいろいろ被弾してしまいました。精神的に来るものもありますが、頑張りたいですね(^^)
2015/11/14(土) 00:50 | URL | はんたーらびっと #-[ 編集]
>はんたーらびっとさん
こんばんは、はんたーらびっとさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

私も短信表紙の「▲」の羅列を見て、
真っ青になりましたよ(笑)。
あ~ぁ、やっちまったって感じで、
不思議ととりあえずPDFファイルを一度閉じました。

その後、単に前期比マイナスというだけでなく、
2Qの数値を見てみると、
赤字かぁ~とさらにゲンナリします。

今回は従来のように事前の予測をしていなかったので、
出てきた数値がどれ位いいのか悪いのか、
判断がすぐに出来ないはずだったのですが、
瞬間的にだめなやつだ~と悟りました。

ただ、それで売りだぁ~と投げる準備をするのは、
あまりに拙速なわけですので、
なぜそうなったのかを考えようと思って、
あとは記事にした通りのプロセスです。


結局ツイートもしましたが、
様々な意味で会社のことを信じられるかどうかだと思います。
期ズレという点においても
通期業績予想においても、
在庫の状況という点においても、
これだけ不安定な状況の中で、
トレンドは変わらないと信じ通せるかどうかが試されそうです。
もちろん信じて裏切られることだって当然あるわけで、
(そこに悪意がなくても結果的にそうなることはありますね)
数年に渡って自分のシナリオが崩れていないと
そう判断出来るかどうかで対応が変わりそうです。

チャートのことはわかりませんが、
いずれにせよ、2Qでは通期の上方修正期待もありましたから、
それが一気に剥落し、むしろ未達懸念が台頭しているわけで、
暴落は避けられないでしょう。
ただ、同銘柄はPER水準も決して高くなく、
ある程度のところで下げ留まって欲しいと願望しています。


私も今回の決算は銘柄がよいものもイマイチのものも、
なりふり構わず売られてしまい、
個人的にはパフォーマンス目標も未達がほぼ確定のような様相ですが、
くじけずに頑張りたいと思います。
2015/11/14(土) 01:35 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/628-06d05136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り