十分な教育資金と老後資金のために

*月間パフォーマンス記事は劣後していました。
 既に丸和運輸の大暴落でここから大きく目減りしていて、
 虚しい気持ちもないわけではないですが、
 一応形式的に月末時点の記事としてUPしておきます。

1.パフォーマンス   ※ ( )内は月間パフォーマンス

            年初来パフォーマンス  (月間パフォーマンス)
 まるのんPF : +15.2%   (+2.2%)
 TOPIX    : + 10.7%   (+10.4%)
 日経平均   : + 9.4%   (+9.7%)
 東証2部   : + 6.9%   (+4.6%)
 JASDAQ  : + 8.6%   (+4.7%)
 マザーズ   : ▲11.1%   (+4.5%)


2.全体所感
週末と月末が一致していますので、
特に改めての所感は割愛したいのですが、
やはり指数の強さが際立っています。
TOPIXはなんと月間で2桁%の上昇となっています。
そしてインバースでリスクヘッジをしているわけで、
当然相応の被害を被っています。
ただこれを「被害」と見るのは少し違和感があります。
こうやって上昇すると失敗したかのようにも思いますが、
私は全くそうは思っていません。
リスクが増している中で、
妥当な対応を継続出来ていると思っています。
ですから、この月間成績の不甲斐なさだけで、
自分の判断の良し悪しを安易に語らないようにしないとなりません。

3.銘柄に対する所感

銘柄毎に月間のボラティリティのうち、
5%増減したものをいつもここに列挙していますが、
先月に続き、今月もボラティリティが大きいので、
主たるところだけ列挙します。
(詳細は後述で貼付している銘柄一覧をご覧下さい。)

 ◆上昇率上位
  2686 ジーフット +17.3%
  2384 SBSHD +13.0%
  9414 日本BS放送 +9.9%

 ◆下落率上位
  1357 日経ダブルインバース ▲17.5%
  3179 シュッピン         ▲11.2%

 他の銘柄も含めた月間パフォーマンスは以下の表の通りです。

20151030_保有銘柄月間パフォーマンス


4.運用来パフォーマンスについて

20151030_運用来推移


2014年当初からの運用来パフォーマンスは
+43.5%です。
1年と10ヶ月でこの結果は、
年利15%を目標としている自分としては、
十分過ぎる結果です。
とりえあえず、3Q決算を通過して多少下がることがあっても、
なんとか2年目複利で32%程度は維持して今年が終われればよいです。



◆月初のポートフォリオ
20150930_PF内訳


◆月末のポートフォリオ
20151030_PF内訳




 買 1357 ダブルインバース(買い増し)

 売 9467 アルファポリス (一部売却)


 現金比率は、前月末の15.0%から23.9%まで向上しています。
 これは、海外ETFを全て解約して現金化したためです。
 ただ、これでも現時点のPFの状況などを総合的に判断すると、
 やや現金が少ないかなという印象です。
 PF全体のPER水準は13.6倍です。

 ただ、年初来でこの水準なのは、6月中旬以来のことですが、
 この時はまだ全体が上昇基調にある中で、
 PF全体のPERは15倍前半位で、
 その時の現金比率は21%弱でした。
 これが、妥当であったかは怪しいですが、
 今はインバースを買い増している状況の中で、
 PERが小さい中で現金比率は高いので、
 全体的に6月の時よりはリスクは軽減出来ています。
 リターンを更に追い求めたいといった時には物足りませんが、
 そこまで欲張るつもりはないので、
 今の状況はやはりそこそこ居心地のよい状況かもしれません。



 詳細のPFの順位は以下の通りです。

********************

 1位 2686 ジーフット(2) ↑
 2位 9090 丸和運輸機関(1) ↓
 3位 1357 日経ダブルインバース(3) →
 4位 4245 ダイキアクシス(5) ↑
 5位 3277 サンセイランディック(6) ↑
 6位 3276 日本管理センター(7) ↑
 7位 9467 アルファポリス(4) ↓
 8位 1413 コムチュア(8) →
 9位 3179 シュッピン(9) →
10位 9414 日本BS放送(10) →
11位 2384 SBSHD(11) →
12位 2139 中広(12) →
13位 2764 ひらまつ(13) →



来月の月間パフォーマンスでは、
決算通過による暴落という惨劇を受けて、
嘆いている自分の姿が想像に難くないわけですが、
そんなものに屈せず、頑張っていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/11/05(木) 23:44 | | #[ 編集]
非公開でコメント頂きましたので、
お名前は伏せ、
内容についてのコメントは割愛させて頂きますが、
当方へのブログのリンクについては歓迎いたします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
2015/11/06(金) 00:28 | URL | まるのん #-[ 編集]
まるのんさん、お久しぶりです。

しっかりとリスクヘッジをされて自分を制御されているのは、流石ですね。
私も頭ではわかっているのですがなかなか上手く出来ず、必要以上にリターンを求めてしまう気持ちを抑える難しさを痛感しています、、、特に指数に置いていかれるとさらにリスクを取りたくなってしまいます;

今一度自分の投資に求めるリターンを見つめ直した上で合理的な行動をとらなければいけないことを考えさせられました。

私もカメラ好きなのでカメラ市場が小さくなっているなか (底打ちも近いのかもしれませんが)シュッピンに頑張っていただきカメラ好きが増えて欲しいと思っています。
ただ、カメラに興味のない人がデジカメWatchや雑誌等でマップカメラを目にする機会があるかどうかは疑問なのですが、、笑
2015/11/06(金) 20:48 | URL | Beyan #-[ 編集]
>Beyanさん
こんばんは、Beyanさん。
ご無沙汰しております。
今週も成績が全く奮わない中、
以前からの読者の方にもこのようにコメントを頂けて光栄です。

しっかりかどうかはわかりませんが、
リスクヘッジは私も試行錯誤です。
元々リスクヘッジは現金比率を用いて、
ある程度コントロールしていたつもりですが、
8月の暴落やその背景である世界経済を見渡した時に、
個別銘柄で買いポジションを持ちながら、
ヘッジをしていくことを考えた時に、
インバースを入れ、かつ何に投資しているかわかりにくい、
海外ETFを売却して現金を作るなど、
色々試行錯誤中です。


カメラについては、
確かにiPhoneで十分きれいな写真が撮れるという現状の中で、
敢えてマスでマップカメラのような業態の
認知度があがる必然性があるのかは未知数です。

ニッチなところで一定程度のサイクルで利用されれば、
一種のストック性のような感覚で収益が上がるのかもしれません。
ただ、ニッチであることと、サイクルがどういう周期を辿るかは、
やはり読みにくくこの部分は大きなリスクですね。

成長限界という面では、EC売上やEC会員数の動向には、
特に注視が必要だと感じています。

個人的な感触としては、そろそろEC会員数が鈍化するのではないかと
心配していますが、実際にはまだそのような傾向は読めず、
社長もこの部分はまだまだ余地があるという読みのようです。
結果がついてきているので、
今の所信じていますし、カメラ愛好家に直接リーチするのではなく、
例えば、カメラ愛好家になりやすい、
カメラには関係のないものの男性専門誌(時計とかインテリアとかでしょうか)
に広告出稿して新たなニーズを掘り起こしていて、
それが奏功しているそうで、そんなものかと感心しています。

いつそのトレンドが変わるかはよく見ていかないといきませんが、
今のところそんな不安を横にしつつ中計達成を見守っていきたいなと思います。


私も実はカメラの買い替えを検討していて、
これまで風景写真などに強いキヤノンの5Dを使っていましたが、
子供など動態を撮影することが多くなってきたので、
7Dに機種変更したいなと思っています(笑)。
もちろんやるならシュッピンの制度を使ってやるつもりです。
2015/11/06(金) 22:59 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/619-124fda11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り