十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


1.年初来パフォーマンス   ※ ( )内は週間パフォーマンス

 まるのんPF :+13.2% (▲0.7%)
 TOPIX  :+7.0%   (▲0.7%)
 日経平均 :+4.8%  (▲0.8%)
 東証2部  :+5.2% (±0.0%)
 JASDAQ :+7.7% (+0.1%)
 マザーズ  :▲11.6% (▲0.1%)


2.全体所感
日々のボラティリティこそ大きいものの、
8月下旬から始まった下落の波がひと段落したのか、
今週は全体的に各指数共に平穏(?)な週になったようです。

とはいえ、まるのんPFは先週の大幅上昇の波に乗れていないのに、
相対的に下落が大きい結果となったようです。

よく指数と比較した時に、
自分にとってネガティブな結果だけが印象に残るので、
実はいつも指数に負けているという感覚は、
実際には定量的結果とは異なるとも言われますが、
ここ最近はめっきりボロボロな結果です。
上昇時には波に乗れず、
下落時には大きく影響を受けるという、
よく、あるあると言われることを身をもって体感しています。

ただ、先日の記事の通り、
そんなイケてない足元の結果も、
さほど気になっていません。

それより決算シーズンに突入するにあたって、
それを無難に乗り切ってくれることをまずは目指したいです。
決算さえ、自分の想定通りに無難に切り抜けてくれれば、
株価はいつかはついてくるという覚悟が必要でしょうから、
そういう覚悟を持つことに注力したいです。

決算シーズンを迎えるにあたって、
不安がないわけではないです。

足元の結果と中長期的な成長シナリオは関連はしますが、
私は別物と捉えています。

直近でヤマシンフィルターが下方修正を出していますが、
急速な自動車産業の冷え込みによる影響が、
早速顕在化したかのような内容ですが、
私は輸出関連銘柄を直接は保有していませんが、
こういう経済の変化が、
例えばインフラ面でダイキアクシスが大丈夫か?とか、
気になることはあります。
ただ、それが中長期的なインフラ計画そのものが
なくなるわけではないはず、とか足元の結果だけで、
すべてを決めつけるのは危険だと思っています。

慎重に足元の状況を踏まえて、
本当に決算を持ち越していいのか、
考えねばなりません。
今週の結果に一喜一憂している場合ではありません。

やはり景気動向が足元で少し変化していることは、
なんとなく確実な情勢の中で、
短期的には含み益が全て吹っ飛ぶくらいの
株価下落もありえると思っています。

ただ、成長シナリオが崩れていないと思うなら、
勇気を持ってその覚悟を決めるしかありません。

今週の断面の13.2%という含み益は、
ある意味では年間目標の15%の近傍なので、
そこまで悪いものではありません。
それだけでもありがたいことなのです。

ただ、これもどうなるかわかりません。
私が大事にすべきは何度も自分に言い聞かせている通り、
業績や成長シナリオです。
ここにとにかくばかのように拘って、
間違ったら反省するというのを繰り返していきたいと思います。


3.ポートフォリオ

※クリックすると画像が大きくなります。

20151016_PF内訳


20151016_保有銘柄一覧


今週はアルファポリスを一部売却し、
インバースETFを更に買い増しています。


アルファポリスの売却は今回の下落の過程で、
買い増しを行っていましたが、
私としては妥当なPF割合まで保有率を上げたつもりでした。
しかし、以下の理由で泣く泣くポジションを少なくしておきました。

まず、アルファポリスの今週の高値水準は、
翌期予想PERベースでも20倍を超えた株価でした。
シュッピンや日本管理センターの反省を反映すると、
目標株価までは上値余地があるとはいえ、
今の私の状況においては、
高PER銘柄の資金がやや多いという感覚がありました。
私は高PER銘柄への投資は今年がデビューですが、
その扱いについてはまだ試行錯誤です。
ですから、この程度が本当に自分でリスク取り過ぎという状況なのかは、
正直よくわかりません。
ただ、暫定的にリスクヘッジのために少し身軽になっておきたい、
そういう判断をしたのが第一の理由です。
今回は暫定的な判断で対応していますが、
ここは改めて反省と今後のアクションプランをブラッシュアップしたいと思います。

第二の理由は、
決算が近いことを意識したものです。
私はゲートのヒットなどの効果は限定的で、
順調だが平穏な決算になると認識していますが、
そうなった時に、直近の決算通過後の各銘柄の動きを見ていても、
期待先行型のイメージが強く印象に残っています。
特に短期的にゲートへの期待はそれなりのものがあると考えており、
それが剥落というシナリオも想定してわずかでも身軽になっておこう、
そう考えたのが理由です。
これは本来私のスタンスではグレーゾーンの判断です。
つまり、短期的な筋の需給や心理面を「予想」しているわけですが、
私のスタンスはあくまでそういうものは「予想」できないというスタンスです。
ですので、こういうことを想定して投資行動を取ることは、
非合理的です。
そのことは承知の上で、苦渋の決断でした。


またインバースの買い増しは
日経平均がどうなるかを予想して、
下がる方にかけた、という趣旨ではありません。

元々は中国経済などの減速が具現化しつつあるというところで、
全体リスクへの備えとしてインバースの比率を高めていますが、
本来、一時的な騒ぎが収束して全体リスクが平穏かすれば、
インバースなどとっとと手仕舞いたいのですが、
むしろ日本経済への影響が徐々に出始めています。

インバウンドの一部に弱さが見られ、
製造業や資源などに弱さが露呈しはじめ、
ヤマシンフィルタ―のように下方修正を出すような企業も出始めています。
日経平均が下がる、騰がるとかの予想ではなく、
全体的に日本経済への影響という次のリスクを念頭に置いた時、
そこへの備えが必要だろうという判断です。

今後、私の保有銘柄やその業種などへの波及もみられるようになり、
それが一過性とは言い難いという判断があれば、
個別保有株を売って現金を作るという更に本質的なリスクヘッジを
とっていきたいと思います。
その時には既に含み益も吹っ飛んでしまっているかもしれませんが、
それもやむなしです。
よくないのは、今の時点で危なそうだから売っておこうと、
今の時点で何の根拠やロジックもないのに、
勝手に保有銘柄の業績や成長シナリオは崩れたと思いこみ、
売却してしまうことなので、とにかく冷静に努めたいと思います。


念のため、ポートフォリオの構成をテキストでも残しておきます。

 2686 ジーフット
 9090 丸和運輸機関
 1357 日経ダブルインバースETF
 4245 ダイキアクシス
 3277 サンセイランディック
 9467 アルファポリス
 3276 日本管理センター
 3844 コムチュア
 3179 シュッピン
 9414 日本BS放送
 2384 SBSHD
 2139 中広
 2764 ひらまつ

 ※評価額順に記載しています


4.資産状況

※クリックすると画像が大きくなります。
20151016_パフォーマンス推移表



20151016_資産残高推移表


資産としてはイマイチなのですが、
そんなことはもうわかっていたことです(笑)。

こうやってグラフや額面で可視化されたものをみると、
案外落ち着くものです。

日々の値動きを見て、う~ん結構やられたなぁ~などと
感覚だけで捉えているとどうも踏ん切りがつかないというか、
あれやこれやと悶々と考えてしまいますが、
こうやって事実を数字やグラフで見てしまえば、
まぁこんなもんか、想像通りダメダメだけど、
また頑張るしかないよなと割り切れます。

頑張るといっても何も出来ないのですがね。。。



最近何かと多忙で、
ツイッターもブログもなおざりなのですが、
仕事では会社の中期経営計画策定に関わっていて、
その策定イベントが社内で始まっていて巻き込まれています。

最終的にIRに出ていくものですし、
それがどれだけ注目されるものなのかは、
株式投資をしている自分自身がよく理解しているつもりなので、
ここは真面目に働いています(笑)。
そういう事情もあり、なかなか投資のことへの時間が割けていません。
(そうです、言い訳です)

それに加え、詳細は控えますが、
子供のことで少し時間を割かねばならないことが続き、
そちらにも時間が取られています。

いずれにせよ、自由な時間がしばらくの間取れなそうなので、
時間を理由にはしたくないのですが、
そうはいっても限られた時間の中でマイペースにいきたいと思います。

私はどれだけパフォーマンスが悪化しようと、
時間が取れなくても、
週間パフォーマンスだけは整理していきたいと思っています。

なかなか読みにくいブログで申し訳ありませんが、
おつきあい頂けると幸いです。
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん こんにちは。

今週もお疲れさまでした。

まるのんさんも仕事と家庭のことで多忙なご様子ですね...。

偶然にも自分も同じような事をブログに書いてました(^^;;

お互い無理せず両立を目指しましょう(^^)

言い訳でもなんでも、自分自身を守れるのは、他でもない自分ですからね(笑)

我々は一切の妥協も許されない高いノルマをかせられたプロフェッショナル集団に属しているわけじゃないですから(^^;;

つらい時は弱音を吐いて、ともに励ましあい、時に休息をとり、互いに高め合いましょう。

ふぁいとです(^-^)/
2015/10/17(土) 10:23 | URL | カイト #-[ 編集]
1週間お疲れ様でした!

私も仕事に追われ、子供たちが熱を出しとほとんど相場や個別株に時間を取れない分、隙間時間にツイッターや指標を見たりして相場観だけは失わないようにと思っていました。

しかし、これが兼業投資家であり、家庭あり投資家ですよね。のめり込むあまり、本来あるべき姿を忘れないようにしなければと再認識しました(^^;

ただ、おっしゃるように、時間だけは言い訳にしたくないですよね。。。
2015/10/17(土) 14:31 | URL | komomo #-[ 編集]
>カイトさん
こんにちは、カイトさん。

本当にお互い無理はしたくないですね。
投資のことばかり考える週末はそれはそれでとても有益ですが、
投資のことなど忘れて家族と過ごしたり、
本業のサラリーマンとしての仕事に集中したりすることも、
また悪い過ごし方ではないと思いますし、
その時々で一番居心地のよい過ごし方がよいと思います。

プロとしてやっているわけではないというのは、
一見逃げのようでもありますが、
ただ、私はとても共感いたします。

よい意味で個人投資家としての利点を活かせるスタンスを堅持し、
それをずっと貫いていきたいと思っています。

今後も、お互い励まし合い、頑張りましょう!
2015/10/18(日) 22:15 | URL | まるのん #-[ 編集]
>komomoさん
こんにちは、komomoさん。

忙しい時にも相場感を失わないように
という意識はとても大事ですね。
私も最低限の情報を新聞やネットを徘徊して、
隙間時間でチェックは怠っていません。
恐らく適時開示は件名だけは
全て毎日チェックしていると思います。

時間を言い訳にしないようにしつつ、
兼業の個人投資家としての利点を活かして、
ゆるりといきたいと思います。

ついつい、成績が良い方と比べてしまい、
無理なリスクを取ってしまうようなことにないように、
留意したいなと思います。
2015/10/18(日) 22:19 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/612-334a3928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り