十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)


私は四半期毎の四季報は全て購入しています。
いよいよ明日はその四季報の発売日です。

この不安定な相場の中で、四季報は売れるのでしょうか。
しかも暴落が完全に織り込まれていないでしょうから、
使い勝手もやや難しいかもしれません。
そもそも四季報なんて読んでいる場合ではないという
方も多いのかもしれませんが、
私はこれまでと同じように粛々と通読したいと思っています。

ネット証券などを使っていれば、
その内容は確認することが出来るのですが、
ネット証券では確認するにしても、
最初から自分の興味のある銘柄など、
特定の銘柄を調べるだけであればよいのですが、
四半期に一度位は通読することで、
新たな発見があるかもしれないと思っていて、
2000円を投資しています。

毎期で通読することはそれなりに大変でもあるし、
前号まで投資不適格と判断した銘柄が
いきなり今号で投資しようとなることは
極めて稀なわけで、
この作業が費用対効果という面でもいかに効率が悪いかは、
明らかなことです。

ただ、私はまだ投資銘柄の発掘ひとつとっても、
練習生を自認していますから、
効率が悪かろうがやるしかないし、
やってみると面白いわけです。

前号まで全く気に留まらなかった銘柄に、
新たに付箋が張られたり、
逆のことがあったりします。

投資スタンスとしてより成長性に重きが置かれたとか、
株価水準が大きく動いたとか、
自分と市場のそれぞれに変化があることで、
このような判断が変わることがあるわけですが、
そういう変化があった時には特に注意深く、
内容を精査する必要がありそうです。

前号と今号で何に変化があったのか、
今号の判断に油断や甘さがないかなど、
慎重に検討する必要がありますね。

こういう時に、ネット証券だけでは、
その評価がやりにくいという面があります。

ファンダメンタルズに重きを置いて、
投資をするのであれば、
四季報には賛否はありますがやはりバイブルだとは思います。
四季報の予想そのものがいい加減とか、
評判がよくない部分もあります。
特に小型株には記者の取材も甘く、
全く見立てと異なるとか、
とりあえず会社予想とイコールにしているとか、
数値そのものが絶対的なものとは思いません。
しかし、自分が改めて定点でチェックする際のきっかけにもなりますし、
うまくこういう機会を得たいと思います。


なお、最近では四季報発売を活かした、
投資もあるようですね。
先取り号とかオンライン会員向けの情報で予め仕込んで置き、
四季報発売で威勢のいいことが表面化したタイミングで、
利益確定をしていくというもののようです。
もちろん実際には色々応用編があるのだと思いますが、
色々なことを考える方がいるものだと思います。


四季報にはCD-ROM版もあります。
私は3月期決算が更新される夏号のみ、
スクリーニングなどの活用のために購入しています。
ですから東洋経済さんへ年間1万5千円を投入していることになります。
それを取り返すくらいのリターンは得たいものです(笑)。


というわけでネット証券ではあと1時間ちょっとで、
情報がUPDATEされますが、私は明日本屋で購入したいと思います。

また保有株がボロクロに書かれて、
明日は相場の弱さに増して暴落という形にもなりそうな予感ですが、
それもまた試練ですね。我慢します。



※当記事の四季報へのリンクはアフィリエイト(広告)を使用しています。


コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

四季報発売日ですね。

少し、違った観点から考えますと、私は読書が好きで、電子ブックの存在も知っていますし、手に取ったこともありますが、やはり紙の本、新聞を買って読み続けています。

理屈ではネットも紙も同じかもしれませんが、やはり紙のほうが、頭に入ります。

また、最近では初心に戻り、PERを電卓で四苦八苦しながら、計算していますが、ネットでは直ぐに分かると思いつつ、実際に計算してみると時間はかかりますが、よく理解できます。

私はやったことがありませんが、チャートを手書きで書くと、利益を得やすい方もいるようです。

一見、遠回り、非効率でも、最終的に近道なケースがあるようですね。

私は自転車通勤なので、重たいので(笑)四季報は週末に購入して分析したいと思います。
2015/09/14(月) 20:50 | URL | とし #-[ 編集]
>としさん
こんばんは、としさん。

私も紙派ですね。
やっぱり、電子的な媒体だと検索のしやすさはありますが、
自分の興味のあるところしか読まず虫食いのようになってしまいます。
紙で読むことで、気が付いたところを書き込んだり、
付箋を挟んだりできる点もよいですね。

電卓を使ったり、
エクセルで自分で数値を計算したりすると、
実感も沸くのでよいですね。
さすがにチャートは自分では書きませんが、
そういう非効率的なことでも、
その人その人にあったやり方があるのでしょうね。

私は、今日、早速四季報を買いましたので、
早速読み始めてたいと思います。
2015/09/14(月) 22:01 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/599-afc7ea2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り