十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


ジーフットの8月の月次が開示されています。

こちら (PDFファイル)


全店で100.4%で既存店で94.8%ということで、
引き続き、既存店ベースでは前年割れが続いています。
ですが、当社は利益重視でセール等の適切なコントロールで
対応しているためにそこまで悲観する必要はありません。
客数86.4%、客単価が109.8%というのもまた極端ですね。

さて、2Qまでの月次が取り纏まったので、
少し数値のお遊びです。

まず上期としての全店売上の前年比は99.4%となり、
前年を若干割り込む形になりました。
当社の1Qの月次と決算短信の売上高はぴったり一致しているので、
2Q累計での数値はほぼFIX出来ます。
概算で計算すると以下のようになります。

2Q累計売上実績(前期) : 54,038百万円
2Q累計売上概算(今期) : 53,714百万円(▲0.6%)
2Q累計売上予想(当初会社開示) : 56,000百万円

1Q累計売上実績(前期) : 29,442百万円
1Q累計売上実績(今期) : 29,199百万円(▲0.8%)

売上高ベースで見ると、
2Q累計で2,286百万円(4%)の未達となります。


さて、大事な利益についてですが、
利益率を算出してみます。

1Q累計営業利益率の実績(前期) : 6.6%
1Q累計営業利益率の実績(今期) : 8.1%

2Q累計営業利益率の実績(前期) : 5.1%
2Q単計営業利益率の実績(前期) : 3.3%

これを見て、2Qの営業利益率がどの程度の水準になるかです。

まず、上期予想を達成可否をみてみます。
上期業績予想では営業利益3.100百万円ですから、
1Q実績から引き算をすると、2Q単計で必要な額は、728百万円です。
2Q単計売上は前述の数値を引き算すれば、24,515百万円です。
というわけで、上期予想の達成のためには、
2Q単計で営業利益率3.0%が必要となります。

前期が3.3%に対して予想達成ラインは3.0%です。

前期の2Q期間中の出退店は、
出店30、退店9です。
今期の2Q期間中の出退店は、
出店39、退店6です。

PB化率の進捗で原価率が改善すると共に、
出退店による人件費の増減などを考慮する必要があります。

出店が前期より増えているので、
その分人件費は増えてると思いますが、
一方でPB化率が向上していることから、
トータルでみると、
前期よりは改善している水準ではないかと思います。
ざっくり、営業利益率は2Q単計で5.0%とみます。

すると2Q単計での営業利益は1,226百万円となります。

以上から、業績予想としては以下の通りです。
(一部数値は丸めています)

<上期実績予想>
売上高  : 53,720百万円
営業利益 : 3,600百万円(利益率:6.7%)

純利益   : 2,000百万円

<会社予想との乖離>
 売上高  : ▲4.1%
 営業利益 : +16.1%


さて、私の稚拙な皮算用では上記のようになりますが、
1Qの結果から、大幅な上振れや上方修正を期待しているとすると、
そこまで喜ばしい状況ではないと思われます。

仮に単純に1Qと同水準の利益率であれば
営業利益は4.350百万円となり、
計画比40%の上振れとなり上方修正水準となりますが、
ここまでは期待し過ぎだと思います。
出店による人件費増などコスト要因もありますし、
いくらローコストオペレーションといえど、
人件費だけでなく光熱費などあらやるコストが上昇傾向でしょう。
過度な期待は禁物だと思います。
また客数減少がみられますので、
販促費を積み増すこともあると思います。

売上が計画未達となったことで、
どの程度利益に影響しているかが心配ですが、
上記の通りエイや-でも数字遊びをしてみると、
そこまで悲観的な状況ではないと思われます。
ただ、市場が既に上方修正などを期待して、
今の株価となっているとすると、
また決算後に失望売りとか出るのでしょうか。

しかし、会社予想ベースのEPSでPERを計算すると、
11.4倍となります。
当社が名証でかつ、元々PER1桁台の常連だったことを考えると、
多少は高いのでしょうか。
いや、しかし今の増益ぶりからみれば割安だとも思えますが、
どうなるのでしょうかね。

私の目標株価算出は13%成長で17.2期でPER14倍で、
1,361円としていますが、
これはそのまま維持していますので、
この水準の評価を受けるまでホールドです。
とりあえず、そろそろ東証に行って欲しいのですがね。

例外としては、私の皮算用の結果より下振れした場合、
その理由によって評価ということになろうかと思いますが、
基本的に会社予想より上であれば許容するつもりです。
また下振れすることがあれば、
特にその理由を注意深くみて判断することになると思います。

失望売りでもなんでも構わずホールドします。
とりあえず、明日はまた下落するのでしょうね。
前年割れを嫌気とか言われてね・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/597-1c6d447d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り