十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


前回の記事 で私は企業業績の成長性と業績面に対する
期待度で株価形成がなされていると考えている点を、
改めて整理しました。

ということで、現時点で暴落したPFの個別銘柄が、
どんな状況であるか、一度保有銘柄のサマリをしておきます。

週末パフォーマンスの記事 の再掲になりますが、
まずは保有銘柄の一覧の画像です。

20150821_保有銘柄一覧


では、資産額順に簡単にサマリしていきます。
なお、私のPFの個別のサマリメモのようなものです。
自分向けの記事で恐縮です。


◆9090 丸和運輸機関
 PER(今期 → 翌期) 20.6 → 19.6
 分割発表と業績好調で中長期の見通しは良好。
 今期はもしかすると上方修正があるかもしれない。
 現時点の評価はだいぶいいところまで評価されており、 
 目標株価までの上値余地も縮まる。
 今回の調整の煽りも受けていないことから、
 後から被弾は想定しておく必要がありそう。
 一単元が大きく、分割後にリバランスの対象として、
 少しポジションを落とすことも想定しつつ、
 現時点では、調整の波が遅れてやってきても、ホールド継続。

◆2686 ジーフット
 PER(今期→翌期) 12.3 → 10.9
 月次はなんとかプラスを維持。
 売上より利益重視の姿勢なので、
 正直、決算が出ないとなんともいえないが、
 客足低下は気になるものの、計画線では推移可能と思われる
 名証から東証への昇格も視野に入っており、注目要素と思われる。
 中国天津の影響も懸念されているかもしれないが、
 そもそも閉鎖中は1店舗で、かつ保険にも入っているので、
 はっきりいって業績には影響はないでしょう。
 ここから一段の上値は決算進捗を見ないとならない。
 優待もあり、そもそも売りが少ない状況と思われるが、
 如何せん流動性も低いので、まとまった売りが出ると、
 一気に株価が動くので、今後も不安定な株価形成になりそう。
 こちらも特に懸念が台頭しているわけではなく、
 下落しても死んだふりするつもりです。

◆9467 アルファポリス
 PER(今期→翌期) 19.2 → 16.7
 直近高値が4000円ところなので、
 40%弱の値下がりに見舞われる。
 初回の目標株価3750円にタッチした時に、
 一度利益確定を出しておけばよかったと後悔しても
 後の祭りなのだが、目標株価を見直したのは、
 自分の中では長期的には合理的判断と思っているので、
 仕方ないと思っている。
 先週の買い増しもやや早く、結果的に含み益をすべて溶かしてしまったが、
 私の現在の買付単価は2626円で
 今期予想PER20倍、来期予想PER17.5倍で保有するように買い付けた。
 この水準感は当社を成長株として位置付ければ、
 慎重に判断したとしても、十分魅力的と感じている。
 ただ、当社への投資はハイリスクハイリターンであることは認識している。
 今のビジネスモデル上、例えば投稿者が減ることで、
 魅力的なコンテンツが継続して生み出せない可能性や、
 着手しているゲーム事業では一般的には失敗することも多い。
 PERも決して低くないわけであり、
 今は失望に失望、不安に不安が助長されてきて、
 もうどこまで突っ込むのかという状況と思われる。
 既に配分はリスクに対してやや高い状況であり、
 ここからの買い増しは自分の中では厳禁としておきたい。
 一方でリスク管理の面から、
 泣く泣く少し縮小させることも検討しなければならないが、
 ここはどこまで覚悟を決めて、当社に付き合えるか、
 それがものをいうと思う。
 2000円割れとなっても黙ってホールドしていられるか。
 
◆3277 サンセイランディック
 PER(今期→翌期) 12.6 → 10.9
 この調整局面で、まさかの週間プラスで、
 高値更新を続けている。
 決算はよかったし、ようやくまっとうな評価に向けて、
 株価修正中の認識であるが、
 一旦は短期的には調整を強いられるかもしれない。
 ただ、今の資産配分は概ね満足しているので、
 こちらもそのまま放置。
 次回の決算で積み上がった販売用不動産がどう収益化したか見ていけば、
 更なるファンダメンタルズの評価が出来そうなので、
 それまで買い増しはお預けしておく。

◆4245 ダイキアクシス
 PER(今期→翌期) 10.3 → 9.4
 決算後、こちらも暴落しているのだが、
 私はそこまで悲観するような決算ではないと捉えている。
 確かに、下期から風力発電システムの販売状況や、
 インドネシアの海外事業は不確実性も高く、
 どうなるかわからないといえば確かにそうだが、
 そんなことは前々からわかっていたし、
 どうなるかわからないから投資しないといったら、
 投資なんてできないからな。
 当社は現在の保有銘柄の中で目標株価までの上値余地が一番大きく、
 期待値も大きく、PER水準も低いので、
 もう少し割合を高めておきたいのだが、
 如何せん、現金がない。 
 1100円割れは買っていきたいと想定していたが、
 現金比率のこともあり、より慎重にいくために、見合わせている。
 1000円割れ(今期PERで10倍割れ)が見られれば、
 買い増しを発動するかな。
 
◆3276 日本管理センター
 PER(今期→翌期) 30.5 → 24.4
 決算後、大暴落銘柄の一角(笑)。
 直近で30%程度の下落かな。
 期待が大きいとサプライズのない当社の決算は売られるのだが、
 そもそもサプライズが起こりにくいビジネス形態であり、
 勝手に期待、勝手に失望の展開だと思われる。
 上期業績はほぼ会社計画通りと平凡なものと捉えられているが、
 決算説明などを見れば、順調であることは揺るぎがない。
 成長性も継続する算段が強いと思っており、
 武藤社長の手腕をみるに継続して自信度A(強気)としている。
 目標株価までの上値余地は55%ということで、
 個人的には買い増しをしてもよい水準まで来ていると考えている。
 ただ、個人投資家の冷え込みや、
 そうはいっても依然としてPEE30倍が続いているので、
 そのタイミングは難しいなと思う。
 無理をして買い増す必要はないので、
 来週の更なる下落を見ながら、
 拾えると思えば拾いたいな。PER25倍に向けてかな。

◆3844 コムチュア
 PER(今期→翌期) 12.9 → 11.1
 こちらも今回の調整の煽りを受けて上値余地は大きくなっている。
 事業の成長性は継続していると思われるので、
 なかなか株価が付いて来ずに苦戦しているが、
 ここはこのまま放置でよいかな。
 成長率とPER評価を見ると、明らかに乖離しているのだが、
 また不採算案件が出るかもしれないという点などを想定しておくと、
 過度に一極集中させる程の自信があるわけでもなく、
 現時点で自信度はC(中立)としているので、
 それに照らすとよいところかなと思う。
 万が一PER10倍割れとということがあれば検討しようかな。


◆9414 日本BS放送
 PER(今期→翌期) 16.3 → 14.2
 当社は概ね成長性は認知度向上による成長を期待しているが、
 今後も認知度向上のために、
 広告宣伝費を継続的に計上する戦略を取るだろうということで、
 成長率を15%から12%に下方修正する。
 これに伴い、目標株価算出時のPERを18.5倍として、
 目標株価を1610円に下方修正。
 自信度もB(やや強気)からC(中立)へと修正する。
 上値余地は60%程度ということになる。
 元々の目標株価2000円からの大幅下方修正なのだが、
 元の目標株価では上値余地的にも即座に買い増しを検討してもよかったが、
 そういう感触でもなく改めて精査をしてみると、
 これくらいの評価ということで、妥当な配分という結果になった。
 そもそも需給がかなり偏っていて、
 なかなか戻らないというわけだが、これはある意味ではチャンスでもある。
 ただ、実はPERもそこまで小さいわけでもなく、
 成長性15%程度とみると、今の水準でも妥当という感触である。
 もちろん数年後までをみれば間違いはないと思うが、
 今の現金比率を高めて備えておきたい局面で、
 少し売っておいてもいいかなという気さえしている。

◆2384 SBSHD
 PER(今期→翌期) 10.2 → 8.6
 当社も金曜の暴落局面で調整しなかったが、
 決算後に十分に調整していたし、
 PER水準から見ても、下値は限定的なのではないかと思う。
 ただ、今回の調整の煽りをまだ受けていないので、
 短期的には、金曜の分も含めて
 まだ調整の波を受ける可能性はあると考える。
 2倍達成時に半分は利益確定済なので、
 あとは、悠々と構えていたいと思う。
 確かに指標面からは買い増しをしてもよいのではという水準なのだが、
 M&Aの効果などで若干不透明さが残っていることもあり、
 あまり勝負に出なくてもよいかという感触です。
 原油安の効果も全く当社には評価を与えてくれていないが、
 また忘れた頃に業績に反映されて気が付くのだろうか。

◆3179 シュッピン
 PER(今期→翌期) 26.5 → 22.6
 ここはインバウンド銘柄と思われていて、
 中国の景気悪化懸念という大義名分のもとで、
 大きく調整が続いていると思われる。
 当社のEコマースの成長性企業としてみれば、
 十分投資妙味がある水準まで落ちてきていると思われる。
 一方で、仮にインバウンド効果が剥落してきたとしても、
 影響は限定的ではないかと思う。
 事実、月次乖離を見ていても、Eコマースの成長に揺るぎはない。
 自信度B(やや強気)で上値余地は55%なので、
 買い増しを検討してもよいが、
 マザーズ市況も荒れているし、
 既に優待恩株状態なので、このまま放置かな。

◆2139 中広
 PER(今期→翌期) 15.3 → 13.5
 足元の決算はやや期待より下振れしていたものの、
 その後のIRへの確認の結果、何ら問題なしと判断している。
 優待新設もあり、いよいよ1部昇格が視野に入るが、
 圧倒的に株主数が足りないので、
 今後、分売や更なる対策が出てくるかもしれない。
 ただ、これらは私の主体とした評価方法ではない。
 ファンダメンタルズ的に見ると、
 今の水準で買い増しは検討出来ないし、
 だからといって売却する水準ではない。
 このまま放置かな。
 なお、IR確認結果などを踏まえて、
 自信度をD(やや弱気)からC(中立)に修正します。

◆2352 エイジア
 PER(今期→翌期) 15.5 → 13.5
 既にこちらもほぼ利益確定を実施済で
 残りは様子見しているが、
 現金確保のためにも売却を検討してもよいかもしれない。
 別に成長シナリオは不変でなんとなく継続保有しているわけではないのだが、
 相対的に現金確保のためには、売却を検討してもよいかもと思っている。

◆2764 ひらまつ
 PER(今期→翌期) 12.8 → 11.1
 将来性の見通しとして、
 私はホテル事業如何によると思っている。
 足元では、決算も私は順調だと思っているが、
 インバウンド効果を期待した、市場からは失望されている模様。
 そもそもインバウンド効果といっても超限定的だと思う。
 中国を始めとした外国人旅行者が
 食費や宿泊費にはあまりお金をかけないと言われていて、
 (実際にファストフードや簡易宿泊所や民宿などが流行っています)
 わざわざ日本にやってきて、
 予約が必要でかしこまった食事をするとも考えにくいと思っている。
 もちろんそれなりに需要はありそうだが、
 業績に大きく表れるような効果は限定的なのではないか。
 実際にそのような決算だったと思うが、
 十分その実績は出してくれていると思う。
 当社は優待も魅力だし、水準もホテル事業が化ければ、
 大きな値上がりが期待できるとも思っているし、
 継続保有かな。あとはNISA残高の端数がちょうど、
 そろそろ買えそうな値段になってきたので、
 もしそこまで落ちてくれれば買い増しをしようと思う。


 さて、以上をまとめると、以下のようになる。

<買い増し検討>
3277 サンセイランディック ※次回決算後に検討
4245 ダイキアクシス ※1000円割れで検討
3276 日本管理センター ※1400円~1500円あたりまで買い増し検討
3844 コムチュア ※1900円割れで買い増し検討
※買い増しのタイミングではセットでインバースの保険を追加してリスクヘッジを調整
※別途NISA残枠分で中広かひらまつを1枚どうしようかな。

<売却検討>
9090 丸和運輸機関 ※分割後に水準感で判断
9414 日本BS放送 ※現金比率確保のために一部売却を検討(権利落ち前がよいか)
2352 エイジア  ※現金比率確保のために残り1枚の売却を検討

というわけで、明日暴落しても少なくても狼狽売りはしません。
(本当か!?)

あとは全体として、目標の年利回りの15%ラインに到達した時に、
一旦今年の目標分を確定させるために、
全株処分するかどうかということも色々悩んでいます。
ただ、その水準まで下げるということは、
相対的にその時のPFの魅力はあがっているわけで、
(もちろん各企業の収益見通しが不変という前提ですが)
今は継続保有だろうと思っています。
ただ、悩んでいることは事実であり、もう少し考えたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
まるのんさん、こんばんは

色々悩まれているようですね。各銘柄についてきちんと考察されており、それに基づく行動をされているのは素晴らしいですね。
実は私も色々悩んでいることから勝手に仲間意識を持たせてもらっています、、笑

私は週末悩んだ結果、一部銘柄を売ることに決めました。正直業績に対しては割安十分割安だと考えているのですが、今回を機にキャッシュポジションの考え方を明確にしたので、自分の中では狼狽売りではない!と言い訳しています笑

今回は授業料をを払ってしまい、更に短期的には損をする結果になるかもしれませんが、トータルで考えれば安い授業料だったと将来言いたいですね。

いつも通り自分の話でお恥ずかしく申し訳ないのですが、また一週間頑張りましょう!
2015/08/23(日) 23:32 | URL | beyan #-[ 編集]
>beyanさん
こんばんは、beyanさん。
仲間意識を持って頂いているとのこと、
嬉しい限りです。
どうしても投資をしていると、
なかなか悩みを共有できる場がないので、
こういう匿名同士の交流の場とはいえ、
共感して頂ける方がいて、
このようにいつもコメントを頂けることを
嬉しく思います。

キャッシュを確保されるということで、
魅力ある銘柄と別れるという判断は、
苦渋の決断だったと思いますが。
それはよく検討されたプロセスがあれば、
英断だと思います。

私も自分で自分を狼狽売りではない、と
明日売ったとしても胸を張っていようと思います。

今回の暴落を期に、
単に損得で感情的になるのではなく、
そこから何を学ぶかをよく考えて
次に生かすことが大事だと思っています。

特に私のように経験が浅い投資家は、
今回のことでもまたひとつ学ぶ機会を頂けたと思い、
相場に感謝したいと思います。
といいつつ、明日の暴落が怖いわけですが(笑)。

これからも些細なことでもぜひいろいろコメントを頂ければ、
幸いに思います。
2015/08/23(日) 23:56 | URL | まるのん #-[ 編集]
今日「も」大暴落で、また、日経先物「も」下げているので、100%近く負けです。
(追証を払えない。。。)

唯一の救いは、証券口座を2つ分けていたこと(社会貢献口座)、投資の原点である、長期投資の投資信託に少しストックがあるので、何とかなる見込みです。。

10数年の間に株式投資で資産を約2倍程度~2.5倍に増やしましたが、ここ数週間で帳消しになりました。

でも、不思議なことに自己責任なので後悔はなく、今週から来週に全てを精算し、またゼロから始めたいと思います。

資金が半減しても、知識や経験、そして、反省があれば資産はまた戻ってくると考えています。

また、原点である「社会に必要とされる会社は《長期的に》株価は上がる」ことを念頭に、また正反対に(非科学的だと非難が多いですが(笑))チャートを再勉強し株式市場に臨みたいと思います。

まるのんさんの言う通り、ブログ開設も勉強したいと思いますが、当面、まるのんさんへの書き込みで再出発を図りたいと思いますので何卒よろしくお願いします。



2015/08/24(月) 21:47 | URL | とし #-[ 編集]
>としさん
こんばんは、としさん。

今日(もう昨日ですが)はもう銘柄関係なく売られました。
こういう時に自分だけ大きく食らって
自分はダメなんだなんて思うのは、
本当に馬鹿馬鹿しいのでやめることにしています(笑)。

10数年積み上げたものが帳消しになり、
新たにゼロからの出発とは、
きっと言葉で私が把握する以上に、
辛く思い切った判断なのだと思います。

知識や経験、反省が次に活かせるという発想は、
本当にその通りだと思いますので、
私もそのような観点で今の状況(結果)だけに悲観せず、
長期的に見ていきたいなと思いました。

こちらこそ、いつもコメントを頂きましてありがとうございます!
2015/08/25(火) 00:39 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/583-df5c0121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り