十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+12.0%(2017/5/26時点)


株価形成というものは、様々な視点から評価されるものです。
テクニカルに基づいた思惑でも動きますし、
需給面でも大きく株価は変動します。
抵抗線を下抜けてトレンドが変わるから売りだ~とか、
買い残が積み上がり、
売り圧力が強まるだろうという思惑だったり、
はたまた優待新設で、
いわゆる優待族の方々が殺到したりという感じです。

これらに起因した株価形成については、
私はその存在は否定もしないですし、
実際そういう思惑で大きく動くものと理解しています。
ですが、これらを起因とした株価形成は、
いずれも短期的なものであると捉えています。

需給面がずーっと悪化しっぱなしということはなく、
悪化していることを理由にポジションを変える人が増え、
それによって株価は動きますが、
需給面では改善をしてくるわけです。
また優待族の方々が殺到したとしても、
落ち着けば、マクロで見れば無風状態に戻るわけです。
また新たな短期的な材料や状況が生まれれば、
それはそれで短期的な株価形成に影響を与えるわけですが、
はっきりいって、その動きを捉えて、
波乗り出来るほど、私には経験もスキルもありません。
本当はこういう波に乗れた方が、
短期的に『効率よく』運用が出来るわけですが、
そもそもその効率性にうつつをぬかし、
身の丈に合わないことをするとろくなことがないと思うのです。


ですから、私は株価形成を見ている中で、
この短期的な要因に基づくものには、
出来るだけ右往左往しないように努めているつもりです。
もちろん努めていても、
右往左往してしまうわけなので、
この1週間の暴落を前に、
わけのわからないツイートをしていたりします(笑)
今日は月給分が吹っ飛んだなとかね・・・。


そして私は株価形成でもうひとつの視点での評価を、
重視しています。
それは企業業績の成長性とそれに対する期待度によるものです。

株価とは要するにその会社の価値を値付けされているわけで、
いわゆる時価総額の単元あたりの価値であるわけです。
企業の価値とは何で決まるのか。
企業が事業活動を通して利益を創出すること、
その収益で決まりますし、
それは単に今これだけの収益を上げたという実績だけでなく、
または、これまでの実績で積上げた、
キャッシュなどの資産規模だけでなく、
将来に渡ってそれらを蓄積していける
力を成長性として評価されるものだと理解しています。

私は収益を1株当たり利益(EPS)で定量的に捉え、
その何倍(何年分)の利益までを見据えて評価されているか、
これがPERなわけですが、この指標を大事にしています。
株価は、EPSの水準感とその成長性を期待してそのEPSの何倍まで
評価されるかを示すPERとで決まるわけで、
このロジックで割り出される株価については、
短期的なものではなく、中長期的な株価形成を評価するのに、
とても納得感があるものです。

EPSを伸ばすためには、
ビジネスモデルがしっかりしていないとなりません。
ビジネスモデルが不安定だと、
一過性の事象に良くも悪くも振り回され、
そんな不安定なビジネスを市場は評価しないでしょう。
そうなるとPERも一般的には下がるでしょう。

一方でビジネスモデルがしっかりしていて、
着実に成長を続け、
今後もその成長が続くと自信がある場合、
また過剰な期待が既に織り込まれていない場合に、
投資妙味があるのだと思います。

ビジネスモデルを見極め、
自分がその企業の成長イメージをしっかり持てて、
実際にそのラインで進捗していれば、
あとは自分が十分評価されたなと思うまで、
黙ってホールドしておけばいいわけです。

もちろん人が判断することなので、
ビジネスモデルの強さや成長シナリオの読みが、
想定と異なる状況になる場合もありますが、
その時はその時のベストを尽くして評価して、
最善の策を講じていく。
失敗もしますが、我慢してこれを継続していけば、
きっと成功確率は上がり、
そして資産も目標ラインには乗せられると思うわけです。


さて、自分の株価下落に対する狼狽ぶりを整理するために
改めて自分が捉えている株価というもの、
そしてそれの扱いについて書き連ねました。
当たり前のことなのですが、
このように何度も文章にしてみると考えが整理されます。
私のような初心者は常に自分を見失わないように、
このような整理は続けていきたいと思います。

そして、このことを念頭に置いて、
PFの個別銘柄の状況も整理しておきたいと思います。
なにせ、月曜も大暴落のようですからね。
今のうちに、「覚悟を決める」ためには、
よく考えておかないとなりませんので。

個別銘柄の記事については、
また明日にでもあげられればあげようと思います。
コメント
この記事へのコメント
EPSは相場の転換点では無力なのでご注意下さい。
http://toyop.net/blog-entry-1655.html

PERを基準にすると、リーマンショック直前は割安、ショック後は割高という判定になります。
2015/08/23(日) 08:50 | URL | AKI #-[ 編集]
暴落は、PFの銘柄を再チェックする良い機会ですね。

自分はこの機会に選択と集中の度合いを増してみようと思います。

2015/08/23(日) 16:34 | URL | fhiyoshi #a2H6GHBU[ 編集]
>AKIさん
こんにちは、AKIさん。
ご忠告のコメントを頂きましてありがとうございます。

確かにPBRで評価した方が、
よりその企業の体力(資産)をベースに算出されるので、
良い面もあると思います。

私は一応PER、PBRの双方ともに
気には留めていますが、
PERの方が日常的に使うので、
少し勉強をしないといけませんね。

PERよりPBRの方が、
指数との連動性が高いというのは、
資産については、利益と違い、
市況の変化に対して変化が少なく、
分母であるBPSがEPSに対して安定的に
推移する傾向があるために、
このような結果になっていると認識しており、
自然なことだなと思います。

ですからより全体的な割安さを評価できるのは、
PBRなのだと思いますし、
実際海外ファンドが焼野原状態となった時に、
まずはPBR1倍割れをごそっと買い、
その後で選別して本当によい銘柄だけ残すというような
手法を取ると聞いています。
そういう意味では、本当の暴落局面が今後来た時に、
かつ実態経済不安が押し寄せEPSが読めないとなった時には、
PBRを基準として一気にドライブするというのは、
必要なことなのだと思いました。

理想では、リーマンだろうが、震災だろうが、
EPSが大きく落ち込むことがなく、
PERで適正に評価できる銘柄を
出来るだけ扱いたいなとも思います。
仰るように●●ショックがやってきて、
いきなり利益が半分に落ち込みますとなれば、
EPSなど使い物にならないわけですので、
そういうようにならない不況耐性を備えた
銘柄に投資をしたいですね。

色々考えるきっかけを与えてくださり、
ありがとうございます。

2015/08/23(日) 17:50 | URL | まるのん #-[ 編集]
>fhiyoshiさん
こんにちは、fhiyoshiさん。

PFの銘柄を再チェックというのは、
実は好調でも不調でもない、
平穏時にやるのが一番いいですね。

変に悲観的になったり、
楽観的になったりせず、
ニュートラルに評価が出来るので。

しかし概ね平常状態だなと思う時に、
では、全銘柄チェックをやろうと思い立って、
手を動かすことが、出来ていないあたり、
私にはまだまだ信念が足りないのかなとおろろおしてしまいます。
今晩には、メモ書きの記事を上げる予定です。

選択と集中、といっても5銘柄程度まででしょうが、
が本当に出来れば私も理想だなと思っていますが、
実際として1個1個の銘柄を見ると、
なかなか見切りをつけようとう気にならずしまいです。

言葉で言うのは簡単ですが、
実際の行動となると、本当に難しいものですよね。
2015/08/23(日) 17:54 | URL | まるのん #-[ 編集]
まるのんさん(先生)こんばんは。

ひとつ失礼かもしれませんが、お願いがあります。 今回の危機を乗り越えると、余裕資金がちょうど100万円くらいになる見込みです(泣)
この金額で心機一転運用を開始して、記録をつけたいのですが、毎週のコメントにブログの感想と運用のメモを書いてもよろしいでしょうか?本当は自分のブログを開設すべきですが、自分の性分に合わず、また、blog開設の勉強時間もないので。。失礼は承知ですので、無理なら無理と言っていただいて大丈夫です。ご検討お願いいたします。

2015/08/23(日) 19:32 | URL | とし #-[ 編集]
>としさん
こんばんは、としさん。

心機一転の運用開始されるということで、
新たな門出なのですね。
どういった投資スタンスを持たれるのかも興味がありますが、
パフォーマンスの記録を付けられるのであれば、
ご自身のブログを開設された方が良いようにも思いますが、
諸々の事情で私のブログのコメント欄を
活用されるというのであれば、私としては一向に構いません。

ただ、としさんのためにもせっかくパフォーマンスを記録し、
それをコメント欄とはいえ周知の事実とされるのであれば、
ご自身のブログなどを開設して情報発信された方が、
何よりご自身のためにもなると思います。
(すみません、偉そうな言い方で)

ですので、実は私としてはいつまででも私のブログを活用頂けるのは
よいのですが、
敢えて、期限を決められてはいかがでしょうか。
ブログ開設のための準備やら、
ご自身のブログで情報発信していくとなると、
その覚悟もまた確固たるものになると思います。
そういう準備期間として例えば3か月とか半年と決めて、
その期間は私のブログを活用頂き、
その後はご自身のブログでその記録をより
自分の責任において運用されるのが一番理想的ではないかと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
2015/08/23(日) 23:01 | URL | まるのん #-[ 編集]
言ってることとダブルインバース買ってる矛盾が半端ないですね
2015/08/25(火) 21:51 | URL | 通りすがり #8VWsmIws[ 編集]
>通りすがりさん
こんばんは、通りすがりさん。
言っていることと、
やっていることが矛盾しているとのご指摘ありがとうございます。
私は自分の中では色々思い悩んで行動しているつもりですが、
私は投資センスがないので、
矛盾もしますし、合理的でないのかもしれません。
ご指摘ありがとうございます!
2015/08/25(火) 23:34 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/582-baea5d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り