十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+11.5%(2017/5/22時点)


2384 SBSHDの決算が開示されました。

ツイートもしましたが、
思い込みで引け後だと思っていたのですが、
13時開示ということで、昼休みに慌てましたよ(笑)

なにせ開示されたのを知ったのは、
株価の暴落ですからね。
あっという間に10%以上暴落しましたが、
どんなに悪い決算を出したのだろうと、
資料を見ると、至って順調。

確かにインドの再編についてはやや気になりますが、
会社予想の上振れも期待通りの水準でしたし、
何が起こったのがわかりませんでした。

営業利益ベースで20%程度の上振れ着地です。
純利益こそ、減損処理によって上振れ幅は一桁%ですが、
それでも計画比上振れです。
ちなみに会社予想EPSに基づくPERは11倍割れです。
来期予想では当然10倍割れです。

何をそんなに急いで売るのかなと思うのですがね。


さて簡単に数字を確認しておきます。

2384決算数表(2015年12月期2Q)

2384決算グラフ(2015年12月期2Q)


IRに確認しようと思ったのは、以下2点。

(1)インドの減損処理の背景について
(2)上期の上振れ要因は結局何が主体なのか


(1)のインドのについては、
今回減損処理したアトラス社は元々単体での回復が難しいことは認識しており、
前期により大きな会社(Transpole社)を買収しましたが、その時に、
このように子会社して傘下で再建を図る計画だったとのことです。
従って、そもそも会社としてもこのような会計処理は
元々どこかでやらねばならない認識のようでした。
それがたまたま今期だったという印象です。
業績がよかったので、ここで身軽になっておきたかったという、
裏の意図もあったのではと邪推しています。
いずれにせよ、今回の処理で身軽になり、
今後の収益性を求めていくとのことでした。
やはりM&Aというのは一筋縄ではいかないのだなと思いますね。
いずれにせよ、一過性の問題として私は認識しました。

(2)の件ですが、説明資料上は、原油安、為替差益、価格転嫁進捗の
3拍子のようですが、どれが主体的なのかは気になります。
IR担当の方によると、まず原油安は効いているとのことでした。
また価格転嫁は当社にとって大口顧客である雪印乳業との契約で、
価格転嫁が4月から適用となったことが挙げられるようです。
4月からということは2Qからなんですね。
来年の3月までは少なくても今の価格でいけるようなので、
今後それがどの程度利益率に貢献してくれるのか、ここは楽しみです。


以上のようにIR担当の方と話していても、
目新しい懸念もなく、むしろ適正に事業運営されている印象です。


これらを踏まえて、本日買い増しを行いました。
急落局面で拾いたかったですが、
上記の確認を経るうちに戻してしまい、
結局引け際での取引となりました。

目標株価も自信度も特に変更ありませんが、
現時点で60%弱の上値余地を展望できる点と、
相対的にPERが低く保有する際の安心感もあり、
短期的には荒くなるかもしれませんが、
中計が終わる頃には、
成長と共にもう少し評価されると思っています。

実は数ヶ月前にこの水準で多少売っているので、
一貫性がないわけですが、
その時々で最善を尽くすという考えの下で対応しました。


#この後、3276日本管理センターも分析しないとなりません。。。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは、謎manです。
いつも、感じておりますが、
非常に分析も丁寧ですし、
読んでいても、読みやすく勉強になります。
思わず、コメントしてしまいました。
これからも、頑張ってください☆
2015/08/12(水) 22:45 | URL | 謎man #-[ 編集]
>謎manさん
こんにちは、謎manさん。

応援のコメントを頂きまして恐縮です。

私自信も手探りでどうすればわかりやすく、
自分自身の判断を的確に出来るのか、
今でも悩みながら記事を書いています。
ですので、このようなリアクションを頂けることは、
大変な励みになります。

私の分析は謙遜でもなんでもなく、
まだ独自性が足りず自分としては満足していません。
今は見聞きした情報(FACT)をベースにした羅列であり、
ここから想定をするにあたり、
洞察力がまだまだ不足していると感じています。
この洞察力は先見性にもなり、
投資判断には重要な要素となると思います。

事実を紐解くことはようやく出来るようになりつつあるので、
あとはこの事実から如何に将来を推察するか、
そちらにも軸足を置いた分析が出来るように、
今後も頑張りたいと思います。

読者の皆様のリアクションがあるからこそ、
続けられる面もありますので、
今後も気軽にコメントを頂けますと嬉しいです。
ありがとうございます。
2015/08/12(水) 23:14 | URL | まるのん #-[ 編集]
大変ご無沙汰しております。物流銘柄で素晴らしいパフォーマンスをあげられていますね。SBSに関しては決算後の下落で買い増しとのこと、日頃の分析があるからこそだと思います。丸和運輸もそうですが、すでに100%上昇は素晴らしい限りです。

私はといいますと、最近は良い割安成長株が見つかりませんで、割安ではないものの成長性の高い銘柄を物色しております。お時間よろしければ、まるのんさんのご意見をお聞かせ下さい。

一つ目はすでに人気化しているエニグモです。今期のCM費用を除くと現在の1300円でPERは30倍強、成長率30-40%からすると買えませんが、年末発表予定の海外バイマには大変な魅力を感じます。バイヤーの70%が英語でのやりとりが可能で実現性は高そうです。質の高いサービスが得意な日本人、円安、ZOZOとは一線を画しているなど好材料がそろっているように感じます。テクニカル的には信用買残が多過ぎて嫌になりますね。まるのんさんも気づいておられると思いますが、BS11が上がらないのはこれが原因のように思います。

そしてもう一つがサイバーリンクスです。こちらはテーマ性と昇格間近、一年間のボックス圏を抜け出しテクニカル的には全く問題ないということで、すでに少しずつ集めています。ドコモショップ、クラウドサービスとも魅力的です。会社方針が保守的なのが嫌気されますが、それがかえって今後の成長余地を残しており、教育、医療など官の需要を満たし、抜群の成長性を感じます。

長々と失礼しました。また参考にさせていただきますね。
2015/08/13(木) 23:19 | URL | 素人投資家A #-[ 編集]
>素人投資家Aさん
こんにちは、素人投資家Aさん。
SBSHDについては、記事にもある通り、
一度売却している水準での買戻しであり、
一貫性がないなと反省しています。
私の中では少なくても前に売却した判断は、
失敗取引だったといえます。
結果論ではなく、プロセスを重視したいのです。

割安銘柄は本当に見つかりませんね。
私も日々時間が空くと、スクリーニングかけていますが、
驚くほどに割安成長銘柄は見つかりません。
ですから割安性を妥協して、
それに勝る成長性を買おうという発想も、
私も全く同じです(笑)。

ですから、逆に安易に高PERを許容しないように、
意識を強く持っておかないといけないと感じています。

私は元々はPER10倍割れ、
妥協しても10倍台前半までしか買いませんでしたから、
今ではPER20倍くらいまでは買っている自分を、
客観的にはとても危険な兆候でもあると感じています。

もちろん理論上はそれに勝る成長性を遂げる銘柄を発掘出来れば、
満足いく成果をあげられるわけですが、
それは同時にハードルが上がっているわけですから、
自分の実力と併せて身の丈のリスクを取るようにしたいと思います。


さて、2つの銘柄を紹介頂きました。
コメントでの返信なので、詳細な分析は割愛しますが、
(機会があれば記事で取り上げたいと思います)
エニグモについては、注目度高いですね。
CM効果を除いてPER30倍強という水準は、
率直に言って、新規で買いに入るには、
私には敷居が高いと感じます。
成長率が30-40%というのも確かに
会社計画上はそれ位を見込んでいるようですが、
これだけの高い成長性をそのまま受容するには、
それなりの自分の理解に基づかないと難しいです。

そこで事業を改めて見てみると、
CM効果で確かに認知度が一気に向上して、
ユーザーが増えるでしょう。
それによって、成長することもわかります。
海外バイマについても魅力はあるでしょう。

ただ、この認知度向上や
英語が扱えることでの優位性を活かしたとして、
それが成長率で30-40%までいくのか、
私には判断が出来ません。

実力がある方が、それでもシミュレーションして、
成長性が勝ると自信を持てるなら、
積極的に攻めてよいと思うのですが、
私には難しいですね。
銘柄の問題ではなく、私の実力の問題です。
ビジネスモデルや成長性も十分です。
このPER水準を受けても自信を持って買えるほどの
選力眼が自分にないわけです。


サイバーリンクスについては、
四季報で増額されていたことで、
私も監視をしています。
クラウドサービスへの傾斜により
利益率は向上していくでしょうし、
昇格期待もありますね。
テクニカルは私は全く理解出来ていないので評価できませんが、
全体としては面白い銘柄だと思います。

私が現時点で購入を見合わせている背景はいくつかあります。
ひとつはモバイル事業(ドコモ)です。
私は出来ることならクラウドサービスなど、
主業に出来るだけ集中して欲しいと思っています。
また決算説明資料からも読み取れますが、
スマートフォン市場も防災ソリューション市場も、
今後は安定期になると思われ、
成長分はクラウドサービス市場です。
そういう意味からもここに集中するのがいいと思うのです。
そしてeBASEなど強力な競合も存在しています。

売上や利益の成長性を見ても、
現在の20倍超のPERをたやすく受け入れていいものか、
ここに一抹の不安があり躊躇しています。

また、そもそも私はIT銘柄として、
コムチュアやエイジアを保有しています。
どちらも業態は違いますが、
クラウドサービスを主業にしていますので、
これ以上銘柄を分散させたくないという
個人的な状況も判断に影響しています。

東証1部への昇格や足元では上方修正確実と思いますので、
あとは市場の期待が先行していないようであれば、
有益な銘柄だと思います。


完全に雑感で恐縮ですが、よろしくお願いします。
2015/08/13(木) 23:58 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/575-97380cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り