十分な教育資金と老後資金のために

Author:まるのん
30代イクメンサラリーマンです。
将来の教育資金と老後資金を形成するため、中長期視点で現物日本株へ投資しています。投資初心者の日々の状況を公表していきますので、叱咤激励のコメントを頂ければ幸いです。
年初来:+21.2%(2017/8/18時点)


現在、私は14銘柄に分散しています。
(正確にはインバース1銘柄を加えて15銘柄ですが)

これが適正かどうかは常に考えており、
そしていつも分散させ過ぎだな、と実感しています。

本来であれば、
5銘柄程度に分散すれば十分だと言われていますし、
実際にそれ以上の分散はリスクヘッジというより、
パフォーマンスを追う中では、
足かせになってしまうという弊害もあると言われます。

実際に、多くの優秀な投資家の方々を見てみると、
5銘柄前後に適度な分散を行って運用されている方が
多いように思っています。

そんな中で、14銘柄で運用をしているわけですが、
絞り込みたい、しかし絞り込めないといったところに、
根本的な初心者投資家としての宿命を感じます。

例えば物流関連への投資を考えた時に、
現時点では2384 SBSHDと
9090 丸和運輸機関の2銘柄を保有していますが、
これもより期待値の高い銘柄に絞るべきなのでしょう。

同じように不動産関連としては、
3276 日本管理センターと
3277 サンセイランディックの2銘柄に分散しています。
最近1413 桧家HDを処分しましたが、
これもようやくといった感じで結果論かもしれませんが、
判断が遅かったなという印象です。

このように同じ業界でも複数銘柄に分散していたり、
色々な銘柄を一本釣りでつまみ食いした結果として、
今のような冗長なPF構成になっています。

理論上では早急に優劣をつけて、
本当に有望だと思える銘柄に絞るべきなのでしょう。
それは理屈ではよくわかるのですが、
一方で、理屈だけでは割り切れない、
自分の感性があるのもまた事実です。
そもそも優劣をつける実力がないという背景もあります。

分散し過ぎることにより、
全体のパフォーマンスを抑制されてしまうリスクはあれど、
感性と実力のなさを自覚して、
敢えてそのリスクを取って運用しています。

その結果、例えば少し前に2352 エイジアが高騰した時も、
足元で9090 丸和運輸機関が高騰しても、
パフォーマンスへの影響は限定的となっています。
本当はこれらの主力級と認定していた銘柄に、
もっと資金を振り向けていれば、
よりパフォーマンスに貢献してくれていたはずです。
逆に直近で調整著しい3079 Dvxが下落しても、
パフォーマンスへの影響も限定的です。
ですからある意味では、
リスクコントロールされているとも思えます。

せっかく汗水垂らして(というほどのことはしていませんが)、
銘柄選定してPFを構成していても、
実際には冗長な構成になって、結果、
パフォーマンスも平凡なものになってしまうわけです。
ただ、これは計画的な平凡でもあるといえます。
冗長なPFであることを敢えて受容して、
その結果も含めてまぁよい、と判断しているわけです。

人様から見れば、もっと丸和運輸機関にメリハリをつけていれば、
もっと高いパフォーマンスを得られていただろうに
結局分散させ過ぎの結果、平凡な結果になっているね、
と評価されるでしょう。
典型的な分散させ過ぎのネガティブ面が顕著になっていると。
その評価は正しいとも思いますし、
それはひとえに自分が丸和運輸機関を有望と判断していながら、
資金を集中投下出来ていない自分の実力のなさなの結果です。
ですからこの指摘自体に何ら反論もないですし、
自分も情けないながら、これが今の私の実力だと、
旗を上げるしかありません。


今市況もよく、またたまたま総じてPFの各銘柄がそれなりに
結果を出してくれていて、全体としては目標を上回る状況で推移しています。
ですから今のこの分散もまぁ仕方のないことと
容易に許容してしまうとずっとこのままなので、
今の感性や実力のなさを一歩進化させる意味でも、
時間がかかってもよいので、もう少し集中投資させられるやり方はないのか、
そんなことを考えながらいきたいと思います。

といいつつ、いくつか監視銘柄も増えてきて、
買いたい銘柄も出てきているので、
更にPFの数が増えてしまうかもしれません。
短期的にはあまりストレスになったり、
何が何でも何銘柄以下にするという足かせは、
逆にマイナスな要素にもなりえてしまうので、
自由で好きなようにやりつつも、
本当に1億円を目指すのであれば、
どこかで徐々に集中投資させられるように、
意識だけはしておきたいとおもいます。
コメント
この記事へのコメント
分散投資は理論上はリスクをどれだけ取れるか、また、ある程度、統計で答えが出ると考えています。
昔勉強した際は、8前後だったような。忘れました(笑)
私は利益プラスしてロマンや趣味も兼ねているので、少し多目に銘柄を保有して、株主通信を読むのが楽しいです。
2015/08/09(日) 19:09 | URL | とし #-[ 編集]
お疲れ様です。
分散と集中については私も常々思案しています。
私はどこを目指すかによって変わるのかなと思っています。

1年以内に2倍、3倍以上を目指すなら集中どころか信用全開で臨む必要があると思いますし、10%以上の成果でよいなら適度な分散が安全かなと。

分散なら私は5銘柄を上限にしてます。
理由は単純に仕事をしながらなので決算ごとに精査する時間が取れないからです。あとは新規発掘に時間をかけたいからです(これがまた時間がかかりますので・・・)。
まあ分散か集中かは人それぞれですからストレスにならないように上手くやっていくしかないですね(^^;)
2015/08/09(日) 21:00 | URL | komomo #-[ 編集]
>としさん
続いてのコメントを頂きましてありがとうございます。
統計学で様々な方々が理論を述べていますが、
それと個人の兼業投資家であるということを踏まえると、
5銘柄前後がよいという印象です。
それ以上の分散は分散本来の意義がより強まるわけではなく、
むしろパフォーマンスを平凡化させるという意見もよく聞きます。
兼業であることからフォローできる範囲にも
限度があるということを考えると、
本来は5銘柄前後がよいのだと思います。

その上で、としさんのように株主通信を読むのも楽しみのひとつだったり、
私のように同じ業態でも2銘柄に分散させてみて、
強制的に緊張感を持たせてフォローし続けることで、
パフォーマンスは平凡化させたとしても、
実体験で銘柄選定などのスキルをOJT(?)で勉強できる機会にしたいなど、
色々な立場があると思うので、
こんな記事を書いておきながらなんですが、
そうはいっても今は現状で良いと判断しています。
だからなんだかんだで、理想にはなかなか近づけないでいるわけです。
2015/08/09(日) 23:53 | URL | まるのん #-[ 編集]
>komomoさん
こんばんは、komomoさん。
コメントを頂きましてありがとうございます。

仰るように目指すものによって変わるというのは、
全くその通りだと思います。

私の場合は年利で15%を一つの目標としていますが、
これは簡単な目標ではありませんが、
一方で信用や銘柄を厳選しなければ
達成し得ないものでもないと認識しています。
もちろんこれは今の好況期だから、
という前提ではあると思いますが、
せっかくこういう恵まれた時にOJT(?)で
私のような初心者投資家が学べる環境があるので、
今はそれに甘えて勉強させてもらおうと、
パフォーマンスの平凡化を犠牲にしてでも、
色々学びたいなと思っています。

いざ本当に銘柄選定の差が出てくる局面になった時、
自分も少しはまともな緊張感を持った分散が出来るように、
今からよく鍛錬しておきたいと思っています。

komomoさんは5銘柄を上限とされているとのこと、
確かにその程度であれば決算などのフォローも行き届きますし、
日々の動向チェックも最低限で済み理想的な構成かもしれません。

なかなか適度な居心地が人の環境やスタンスなど、
様々なファクターで異なるもので、
正解があるものではないので、
だからこそ、よく自分に合った考え方を
確立していきたいなと思っています。
2015/08/09(日) 23:58 | URL | まるのん #-[ 編集]
銘柄数は自分も何度となく考えたテーマです。

今では30銘柄にもなりますが、
実際にPFを押し上げているのは
2銘柄くらいです。

でもその2銘柄に絞ったら
ボラティリティ高すぎて持ってられなかったです。

長い目でみると、
下げにくいことの方が大事なので、
値動きの鈍いインカムゲイン銘柄も
しぶとくホールドしていくつもりです。

2015/08/10(月) 00:05 | URL | fhiyoshi #a2H6GHBU[ 編集]
>fhiyoshiさん
こんばんは、fhiyoshiさん。

やはり普遍的なテーマですよね。
30銘柄というのは私もまた驚きですが、
確かにインカムゲインを主体で、
日々の値動きにはより関与しないというスタンスであれば、
それも成立するかもしれません。

何より資金量の大小でより資金量が多い場合には、
一部をインカムゲインでより安定性重視の
ポジションを持とうとした結果、
高利回りの銘柄に分散してPFを構成するとなると、
確かにこれ位の銘柄数でもむしろ自然なのかもしれませんね。

私も今ではシュッピンや日本管理センターが、
含み益で3倍、4倍になっていますので、
ここに集中投資していれば、、、と一瞬思うのですが、
fhiyoshiさんと同様、そんな芸当出来ないのですよね。
仮に出来ていたとしても、自分のリスクコントロールの範疇で、
途中でポジションを落としていたであろうと思われますしね。
2015/08/10(月) 00:11 | URL | まるのん #-[ 編集]
たくさんの会社を分析して、根拠をもってホールドしリアルタイムで決算を追いかけていくことで得られる経験値は、成長株投資のスキルを高める最適な方法だと思います。これは私のブログ記事競馬予想と成長株投資の共通点でも私の考えを書かせていただきましたが、私自身の競馬予想を通して得た経験から断言できます。(少し偉そうな表現ですみません)

ですからまるのんさんのようにお若い方なら尚のこと、将来本当にいい銘柄を取捨選択する精度を高めるために、今はたくさん分散してホールドされるのはいいことだと思います。
2015/08/10(月) 18:49 | URL | sun #-[ 編集]
>sunさん
こんばんは、sunさん。

経験値を得て、中長期的な自分のスキルとすることを
明確に意識して今があるという点では、
このように認めて下さる方がいて大変嬉しく思います。

セオリーから言うと、銘柄は絞るべき、
そしてそれは確かにパフォーマンスを追求する上でも、
自分自身が集中してフォローし続けられるという点でも、
正解だと思います。

しかし敢えて、正解から少し離れてみて、
将来の自分のために対応することも、
自分が納得してやっているのであれば、
それはそれでよいのだと思うようにしています。

また少しだけ自分の自信を得ることが出来ました。
ありがとうございます!
2015/08/11(火) 00:57 | URL | まるのん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/572-7b378625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り