十分な教育資金と老後資金のために

 まるのんPFは、年初来で+2.3%、週間で+0.1%となりました。
 TOPIXは、年初来で-7.0%、週間で-0.9%となりました。

 今週は終わってみればほぼ横ばいの週でした。
 各指数とも週明けの月曜には大幅上昇したものの、
 その後はダラダラと下げていき、結局先週末比でほぼ横ばいとなりました。

 まるのんPFも同じような結果でしたが、
 主要運用ベースでは、とりあえず微増という結果でした。
 週後半は我慢の日々でしたが、振り返ってみると、まぁ仕方ない感じです。

 個人投資家の方々の中には、花が咲き大きく伸長されたもいる一方で、
 指数並に甘んじてしまっている私のような者もおります。
 益々格差社会のようになっていますが、
 私も日々試行錯誤しながら少しでも浮上出来るように頑張りたいと思います。


◆主要運用ベース
20140228_主要運用(資産推移)
20140228_主要資産(パフォーマンス)
※クリックすると画像が大きくなります。

 まるのんPFは、先週に引き続きなんとか先週比プラスを維持した格好になりました。
 各指数はマザーズを除いて若干の微減となり、
 マザーズはこれまでの下げもきつかったためか若干の微増でした。
 ただ、総括すると、今週はまるのんPFも含めて、横ばいだったという認識です。
 月曜の上昇が大きくその後の下げも続いたことから、
 印象としては随分振り回されている感じが強く、我慢の毎日でした。

 また、現金比率については若干ですが、比率を高めました。
 ウクライナとか中国とか北朝鮮とか色々情勢が動きそうなネタがくすぶっていますので、
 いざという時のためにも現金比率を高めたいと思っています。
 とはいえ、現時点で手放したい銘柄もないことから、困ったものです。
 ここ何日か考えていた、機動的な取引をもう少し積極的に行えば、
 現金比率も相場の状況に応じてきめ細かな対応が出来るかもしれません。
 ある程度腰を据えて長期での保有を考えている銘柄は主要運用ベースから外して、
 NISA側に寄せていくのも検討したいと思います。




◆全運用資産ベース(参考)
20140228_全資産(資産推移)
20140228_全資産(パフォーマンス)
※クリックすると画像が大きくなります。

 全運用資産ベースでは、寝かしている資産が大半を占めているため、参考値です。
 



◆保有株の状況
 マネックス証券では、日本株の個別銘柄を日常管理しているメイン口座です。
20140228_マネックス株式


 SBI証券では、インデックス投信(海外を組み入れ)とNISA口座です。
20140228_SBI株式

 全体的に横ばいですので特に目立った変化はないです。
 NISA口座において、1951協和エクシオが少々伸びましたが、
 一方で9787イオンディライトが権利落ちで下落しています。




◆個別銘柄の状況
20140228_監視銘柄の状況

元々住宅関連はPERが低めですが、1413桧家HDはお手頃価格な気がします。
次期の成長性が鈍化している点が少々気掛かりですが、
これは、当社が事業拡大の転換期にあること、
またその一環で本社移転も織り込まれているとのことで、
今期の減益見通しは許容できるかなと考えています。
ただ増税後の影響がどこまで出るかは慎重な見極めが必要で、
本業において大きな下方修正がないかは注視が必要だと考えています。




【参考】PF資産管理について
 PFの管理は全資産ベースと日常管理している主要運用ベースの2つで管理しています。

 全資産ベースとは、金、RETI、投信などの定額買付を含む資産で、
かつNISA用の現金(夫婦で200万分)を合算した運用成績です。
一方、主要運用ベースは、私が日常取引で売買している日本株の個別銘柄と
その運用向けの現金にフォーカスを当てた運用成績です。
今年の目標として、この主要運用ベースで年利回り15%を目標としています。
TOPIXなどの主要指標との比較の観点ももうひとつの目標に取り入れたいのですが、
まだ定められていません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tryinvesting.blog.fc2.com/tb.php/57-84430c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
◆最近のお気に入り